レポート:「笑い」と「コメディ」を追求し尽くした舞台!喜劇「おそ松さん」ゲネプロ前インタビュー

2018年11月14日に、11月15日~20日まで東京・日本青年館ホールにて、11月23日~11月25日まで京都・京都劇場で上演される喜劇「おそ松さん」のゲネプロ前インタビューが行われました。

今回の囲み取材では、おそ松役の高崎翔太さん、カラ松役の柏木佑介さん、チョロ松役の植田圭輔さん、一松役の北村諒さん、十四松役の小澤廉さん、トド松役の赤澤遼太郎さん、トト子役の出口亜梨沙さん、イヤミ役の窪寺昭さん、チビ太役のKIMERUさん、ハタ坊役の原勇弥さん、松造役の佐久間祐人さん、松代役のザンヨウコさんのキャスト全員が取材に応じて頂けました。

6つ子役の6人から「今回の舞台への意気込み」のコメントとして、

高崎翔太さん(おそ松役)「おそ松さん、頑張りたいと思います。よろしくお願いします。」(緊張した面持ちで)

柏木佑介さん(カラ松役)「今回の舞台はF6がいないという事で、F6が担っていた花の部分を全てカラ松が担っていかなければなと思っています。頑張っていきます!」

植田圭輔さん(チョロ松役)「『喜劇』と銘打っている時点で逃げられないというか、笑わせていきたいと思います。」

北村諒さん(一松役)「キャスト全員がのびのびと楽しくやっています。楽しみにしていて下さい。」

小澤廉さん(十四松役)「喜劇と言う事で、僕たちが心の奥底から楽しんで、その空気を感じて貰って、お客様に笑って頂ければと思います。頑張り、マッスルマッスル!」

赤澤遼太郎さん(トド松役)「お客様以上に僕たちも楽しんで、凄い笑いの絶えない空間に出来れば良いなと思います。」

とコメントされていました。


<喜劇「おそ松さん」概要>
喜劇「おそ松さん」は、TVアニメ「おそ松さん」の舞台化。TVアニメ「おそ松さん」の舞台は、これまで第1弾『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』(開催:2016年9月29日~10月23日)、第2弾『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』(開催:2018年3月1日~3月11日)が東京と大阪で上演され、第1弾・第2弾ともに、すべての公演で満員御礼の大ヒットを記録しました。今作は“喜劇”と銘打ち、「おそ松さん」の神髄ともいえる“笑い・コメディ”の要素をさらに追及した内容のステージとなる。

同舞台では、幅の広い笑いを表現するため、6つ子の父・松造、母・松代が初登場。佐久間祐人とザンヨウコがそれぞれ松造と松代を演じ、松野家が勢揃いする。舞台「おそ松さん」でもお馴染みのキャラクターとなった、トト子、イヤミ、チビ太、ハタ坊の4人が脇を固め、総勢12名となったキャストたちがシリーズ史上、最高の笑いをお届けする。


<喜劇「おそ松さん」>
日程・劇場:
東京:
日本青年館ホール 11月15日(木)~11月20日(火)
京都:
京都劇場 11月213日(金・祝)~11月25日(日)
※公演回数・日時は変更の可能性があります
※チケット全公演完売

京都千秋楽ライブビューイング情報:
2018年11月25日(日)17:00上映
一般販売(先着順)一般発売中:
http://w.pia.jp/t/kigeki-osomatsusan-lv/

出演者:
【おそ松】高崎翔太
【カラ松】柏木佑介
【チョロ松】植田圭輔
【一松】北村諒
【十四松】小澤廉
【トド松】赤澤遼太郎
【トト子】出口亜梨沙
【イヤミ】窪寺昭
【チビ太】KIMERU
【ハタ坊】原勇弥
【松造】佐久間祐人
【松代】ザンヨウコ

スタッフ:
原作:赤塚不二夫「おそ松くん」
演出:小野真一
脚本:小峯裕之
主催:喜劇「おそ松さん」製作委員会2018

主催:
エイベックス・ピクチャーズ株式会社


<京都千秋楽ライブビューイング情報>
最終日の11月25日(日)京都千秋楽公演を全国の劇場でライブビューイング実施決定!全国の映画館で6つ子の活躍をみよう!

ライブビューイング日時:
2018年11月25日(日)17:00上映開始
※上映開始時間は変更になる可能性がございます。

チケット:
3,800円(税込/全席指定)
※本公演同様、未就学児は入場不可
※出演者変更に伴う払戻し不可
※別途プレイガイド手数料がかかります

一般販売中(先着順):
・受付方法:WEB予約・購入、店頭直接購入
http://w.pia.jp/t/kigeki-osomatsusan-lv/
※詳細は受付ページをご確認ください。
※上映劇場など詳細は公式HPをご覧ください。


オフィシャルHP:
https://osomatsusan-stage.com/6tsugo/

オフィシャルTwitter:
https://twitter.com/osomatsu_stage

©赤塚不二夫/喜劇「おそ松さん」製作委員会2018

レポート:新宿のゴジラが見守る中で役者陣がアニゴジを語る!「『GODZILLA 星を喰う者』公開記念舞台挨拶」レポート

2018年11月10日、東京・新宿にあるTOHOシネマズ 新宿において、「『GODZILLA 星を喰う者』公開記念舞台挨拶」が行われました。今回の舞台挨拶では、ハルオ・サカキ役の宮野真守さん、メトフィエス役の櫻井孝宏さん、ユウコ・タニ役の花澤香菜さん、マイナ役の上田麗奈さん、ミアナ役の小澤亜李さん、静野孔文監督、瀬下寛之監督が登壇されました。

最初にMCの方からの質問で、“作品が出来ての率直な感想”について、宮野さんは今回の作品に込められたメッセージについて、見る側に受け取って欲しいとコメントされていました。

櫻井さんは「虚淵さんの気配があります。」と話し、虚淵玄さんの哲学的な作家性についてコメントされていました。その話を踏まえ、静野監督は脚本を担当した虚淵さんの世界観を出来る限り表現したと話していました。

“作品の見どころ“について、瀬下監督は人間関係から、世界の繋がり、それ以上のものについて、様々な面から楽しんで貰いたいというコメントをされていました。

次に予告編の中へ気になるシーンをセレクトした「アニゴジ予告編から紐解きます」が行われ、スタッフによる「ハルオとユウコのシーン」と「ハルオとミアナ? or マイナ?とのシーン」、「メトフィエスの企みのシーン」がピックアップされ、ハルオ役の宮野さんが思わず女性陣からの攻めにたじろぐ場面が見られました。

続いて、MCからの説明で、宮野さんが櫻井さんを褒める意味で、「櫻井さんのセリフの音色が凄く心地よい。」と話していたそうで、宮野さんからも「櫻井さんから出てくる音色が心地良かった。」と宮野さんが櫻井さんの演技と現場での安心感について、大絶賛されていました。

櫻井さんも「宮野さんが現場の雰囲気などを全部作っていた。」と櫻井さんも宮野さんの事を大絶賛されていました。

“ゴジラに携わっての感想”については、上田さんは「(今回のGOZDILLAの)世界がアフレコ現場やブースの中で作られていた。」と話し、監督もキャストの芝居から映像の作り方に影響を受けたことや、上田さん自身も他のキャストの影響で芝居が変化していた話を披露されていました。

小澤さんは重厚な世界観の中でも、監督の現場づくりの雰囲気の良さで乗り切れた話を披露されていました。

MCからの“ゴジラのコンテンツが特撮の様式美から生まれ変わろうとしている過渡期の一翼を担った感想は?”という質問について、瀬下監督は「アニメのゴジラだけではなく、ゴジラというキャラクターが羽ばたいていくのかという転換点に僕たちはいるのでは無いか。」と話し、静野監督は「(作品を)見てこないというのも仕事の一つだったと思います。」と知らないからこそ作れる新しいゴジラの世界観について、話をされていました。

“ゴジラに二年関わってきましたが、今思うゴジラとは?ゴジラとの向き合い方”について、宮野さんは「今回のゴジラのドラマも、人間が生み出してしまった負の産物の意味と、僕自身も中心にいないといけないなと思いました。」とゴジラシリーズのメッセージ性の強さと、宮野さん自身がゴジラに惹かれる理由を話していました。

最後に“劇場の皆様への一言”では、代表をして宮野さんから「僕らにしか作れないゴジラを作りました。たくさんの人にたくさんの想いを感じて欲しいです。」とコメントされ、舞台挨拶が終了しました。


<映画 作品概要>
『GODZILLA 星を喰う者』
2018年11月9日(金)全国公開

<スタッフ>
監督:静野孔文・瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
音楽:服部隆之
副監督:吉平”Tady”直弘・安藤裕章
プロダクションデザイン:田中直哉・Ferdinando Patulli
CGキャラクターデザイン:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:渋谷幸弘
色彩設計:野地弘納
音響監督:本山 哲

<キャスト>
宮野真守
櫻井孝宏
花澤香菜
杉田智和
梶裕貴
小野大輔
堀内賢雄
中井和哉
山路和弘
上田麗奈
小澤亜李
早見沙織
鈴村健一

主題歌:
XAI「live and die」(TOHO animation RECORDS)
主題歌アーティストXAI公式サイト:
http://x-a-i.com
主題歌アーティストXAI公式twitter:
https://twitter.com/XAI_desu
製作:東宝
アニメーション制作:
ポリゴン・ピクチュアズ
配給:
東宝映像事業部
映画公式サイト:
https://godzilla-anime.com
映画公式twitter
https://twitter.com/GODZILLA_ANIME

©2018 TOHO CO., LTD.

レポート:化物語から見ている人にはたまらない作品「続・終物語 初日舞台挨拶」レポート

2018年11月10日、東京・新宿にある新宿バルト9において、「続・終物語 初日舞台挨拶」が行われました。こちらの舞台挨拶では、阿良々木暦役の神谷浩史さん、老倉育役の井上麻里奈さん、MCとして阿良々木火憐役の喜多村英梨さんと阿良々木月火役の井口裕香さんが登壇されました。

早朝の舞台挨拶にもかかわらず、多くのファンが会場に詰めかけ、作品の期待度の高さが伺えました。

今回の劇場版では阿良々木火憐と阿良々木月火の「ファイヤー・シスターズ」が宣伝隊長として務めていると言うことで、喜多村さんと井口さんが今回の舞台挨拶もMCとして登場されました。

そして、神谷さんと井上さが登壇され、MCの二人から井上さんは物語シリーズでは、今回の舞台挨拶がイベントでの初めての登壇では?と言う事で、井上さんも初めてかも?と話していました。

ここからは、いくつかの質問を通じて、物語シリーズについて、掘り下げていこうという「続・終物語Q&A」が行われました。

「完成した終物語を(キャスト陣は)事前に見ていると思いますが、ネタバレの無い範囲での率直な感想」という質問が神谷さんと井上さんにされ、神谷さんは率直に「(上映時間が148分と)長いな」と感じられた事と、井上さんは「(育の話が)幸せだった。」と話していました。

次に「続・終物語は鏡の世界を描いているが、鏡の世界にいたら、どんな自分がいると思いますか。」については、神谷さんはステージに立っている時の姿は「裏」と話し、鏡に映っているのが本当の姿では?という話をされていました。

井上さんは正反対の自分が分からないと話し、神谷さんも井上さんは「隙が無い」と話し、裏と表が分からないという話をされていました。

今回の「続・終物語」はTVシリーズで6話分を凝縮して、劇場版として上映されているそうです。アフレコも全6話と言う事で行われたそうで、上映時間が148分という長尺になったそうです。

神谷さんは物語シリーズは、偽物語以降、物語シリーズはある文法に則ってアニメが作られているそうですが、最初から最後まで繋げて見ると、一本の作品として、見られるのでは無いかと話していました。

井上さんはアフレコで1,2話を録った後に劇場版になるというのを知って、1話ずつ上映するのかと思ったら、6話まとめて上映という事で、驚かれたそうです。

これから作品を見る方へのコメントとして、神谷さんは「物語シリーズでは、普段ヒロインがOPを歌うが、今回は暦が歌っているので、聞いてみて下さい。」と話し、井上さんは「今回は育で無い育が見られるので注目して欲しい。」と話されました。

最後に作品の注目点として、井上さんは「鏡の世界という事で、鏡物語では無いのかと思うのですが、話を見ると、なるほどだから続なんだなとスッキリすると思います。」、神谷さんは「続・終物語から見るのはハードルが高いですが、化物語から見ている人にはたまらない作品だと思います。」、喜多村さんは「色んなキャラクターもスポットが当たってきて、奥深いキャラクターが見られたのでは無いか。」、井口さんは「瞬きをしない勢いで見て下さい。」とコメントされ、舞台挨拶が終了しました。


『続・終物語』
全国劇場にてイベント上映中
配給:アニプレックス

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

レポート:アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』完全新作アニメーション「BNWの誓い」先行上映会イベントレポート

2018年11月4日、東京・日比谷にあるTOHOシネマズ 日比谷において、アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』完全新作アニメーション「BNWの誓い」先行上映会が行われました。今回の先行上映会では、スペシャルウィーク役の和氣あず未さん、サイレンススズカ役の高野麻里佳さん、ダイワスカーレット役の木村千咲さん、ゴールドシップ役の上田瞳さん、ビワハヤヒデ役の近藤唯さん、ナリタタイシン役の渡部恵子さん、ウイニングチケット役の渡部優衣さんが登壇されました。

先行上映が終わり、キャスト7人がステージ上に登壇し、イベントが始まりました。今回のイベントでは、『ウマ箱』第4コーナー(アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』トレーナーズBOX)に収録される完全新作アニメーション「BNWの誓い」の話を中心に話題が展開されました。

最初のトークコーナーでは、「BNWの誓い」の収録時でのBNW(ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケット)の3人で息を合わせるエピソードや、今回活躍したゴールドシップのシーンや、親子が会話した感動のシーン、面白さに振り切ったシーンなどの話をキャスト7人が熱く語っていました。

続いて、クイズ「BNWの誓い」では、先ほど上映された「BNWの誓い」の全3話からクイズが出題され、Bチーム(近藤さん、木村さん)、Nチーム(渡部恵子さん、上田さん)、Wチーム(渡部優衣さん、和氣さん)に別れ、クイズに挑戦されました。

基本的な問題から、難問が出題され、回答者も会場を巻き込んだ形で回答をし、優勝チームは全問正解したNチームとWチームで、両チームで豪華賞品を獲得していました。

イベントの最後に代表して和氣さんからのコメントで、「ウマ娘の良いところは全員が主役になれるところで、これはもう一生続けてもいい作品では無いか。」とコメントされ、イベントが終了しました。


『ウマ娘 プリティーダービー』トレーナーズBOX 第4コーナー 12月19日(水)発売!

公式サイト:
https://umamusume.jp

レポート:映画の応援にゴジラも舞台に登壇!第31回東京国際映画祭 特別招待作品 クロージング作品上映「GODZILLA 星を喰う者」舞台挨拶レポート

2018年11月3日、東京・六本木を中心に行われていた第31回東京国際映画祭 特別招待作品でクロージング作品上映「GODZILLA 星を喰う者」の舞台挨拶が有楽町・東京国際フォーラム ホールCにて行われました。今回の舞台挨拶では、ハルオ役の宮野真守さん、メトフィエス役の櫻井孝宏さん、ユウコ役の花澤香菜さん、マイナ役の上田麗奈さん、ミアナ役の小澤亜李さん、静野孔文監督、瀬下寛之監督、主題歌アーティストのXAIさんが登壇されました。

クロージング作品の上映の前に、第31回東京国際映画祭クロージング・トークとして、アンバサダーの松岡茉優さんとフェスティバル・ディレクターの久松猛朗さんが登壇され、今回の映画祭の総括をしていました。

クロージング・トークに続いて、第31回東京国際映画祭 特別招待作品 クロージング作品上映「GODZILLA 星を喰う者」のワールド・プレミアが行われました。

宮野さん、櫻井さん、花澤さん、上田さん、小澤さん、静野監督、瀬下監督の順番に舞台に登場し、今回の「GODZILLA 星を喰う者」に絡めた挨拶などを述べられていました。

キャストからは、今回の「GODZILLA 星を喰う者」はゴジラ映画劇場三部作の最終作であり、「今回のゴジラが見せたかったゴジラ」だと話していました。また、映画を見てから、内容を語りたくなる作品では無いかと話していました。「GODZILLA 星を喰う者」では、今回の東京国際映画祭でレッドカーペットが歩けるのは、ゴジラが「ムービースター」と言う事を実感されたそうです。

MCから今回の作品について、どのように向き合ったかという質問については、一人の男の生き様をたくさん感じて欲しいと話していました。他のキャストの人も生き様を見て欲しいという話と、他の人との関係性について、注目して欲しいと話していました。

キャスト陣は一旦、舞台から捌け、主題歌アーティストであるXAIさんが登場し、今回の映画の主題歌である「live and die」を熱唱されていました。歌が終わり、再度キャスト陣が登場し、XAIさんの歌声を絶賛されていました。そして、再び「GODZILLA 星を喰う者」の話になると思いきや、会場内に「ゴジラのテーマ」が流れ、その音楽に合わせてゴジラが登場しました。

ゴジラを交えたフォトセッションが行われ、最後に代表で宮野さんから「自信を持ってお届けできる作品です。」とコメントされ、舞台挨拶が終了し、ワールド・プレミアが上映されました。


<映画 作品概要>
『GODZILLA 星を喰う者』
2018年11月9日(金)全国公開

<スタッフ>
監督:静野孔文・瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
音楽:服部隆之
副監督:吉平”Tady”直弘・安藤裕章
プロダクションデザイン:田中直哉・Ferdinando Patulli
CGキャラクターデザイン:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:渋谷幸弘
色彩設計:野地弘納
音響監督:本山哲

<キャスト>
宮野真守
櫻井孝宏
花澤香菜
杉田智和
梶裕貴
小野大輔
堀内賢雄
中井和哉
山路和弘
上田麗奈
小澤亜李
早見沙織
鈴村健一


主題歌:XAI「live and die」(TOHO animation RECORDS)
主題歌アーティストXAI公式サイト:
http://x-a-i.com
主題歌アーティストXAI公式twitter:
https://twitter.com/XAI_desu


製作:東宝
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部
映画公式サイト:
https://godzilla-anime.com
映画公式twitter:
https://twitter.com/GODZILLA_ANIME

©2018 TOHO CO., LTD.