レポート:雪降る渋谷に巫剣たちが華麗に舞い踊る!「天華百剣-斬-音楽祭〜繚乱の宴〜」第二部ライブレポート

2020年1月18日、東京・渋谷にあるduo MUSIC EXCHANGEにおいて、「天華百剣-斬-音楽祭〜繚乱の宴〜」が行われました。今回は第二部をレポートします。

今回のライブでは、城和泉正宗役の大野柚布子さん、小烏丸役の大和田仁美さん、稲葉郷役の古賀葵さん、江雪左文字役の佐藤亜美菜さん、義元左文字役の篠田みなみさん、七香・八宵役の白石晴香さん、桑名江役の高橋李依さん、牛王吉光役の千菅春香さん、小夜左文字役の秦佐和子さん、透し正宗役の飯田ヒカルさん、庖丁正宗役の柳原かなこさん、ほりぬき正宗役の春川友紀さん、鈴木このみさんが出演されました。

時間となり、Overtureで会場が雪の寒さを吹き飛ばすくらい一気に暖まった所で、トップバッターは“御華見衆 椿組”(大野さん、高橋さん、千菅さん、白石さん、大和田さん)が今回のライブのキービジュアルで使用されているキャラクターが着ているデザインの新衣装で登場し、「久遠に咲く華」を会場と一体となって歌い上げ、次はライブでは初登場となる”庖丁三姉妹”(飯田さん、柳原さん、春川さん)が「庖丁三姉妹、見参!」ではポップなサウンドと共に、会場もライブ初登場の三人を盛り立てるように盛り上がっていました。

続いて、”SAMONJI”(篠田さん、佐藤さん、秦さん)は登場前に三人ならではの会場とコミュニケーションを取った所で、”SAMONJI”も新衣装姿で登場し、「GO-MA-N-E-TSU」を雪が人の体温で溶けるくらいのしっとりさで、次の”稲葉郷”(古賀さん)は『「茶房でわいわい系」おしゃべりタイム♪』を今回のライブでは唯一の一人での歌唱でも、古賀さんも他のユニットに負けないくらいのエネルギッシュさで歌い上げていました。

古賀さんが歌い上げたところで、大野さんと白石さんがステージに登場し、今回初披露となる大野さん、白石さん、古賀さんの3人組ユニット”ざんなまぁ~ず♪”をお披露目したところで、”ざんなまぁ~ず♪”の「ざんなまのうた♪」では賑やかに楽しく歌い上げていました。

そして次の”御華見衆 椿組”が「椿組名物帳」はメロディアスに、「紅、華を咲かせて」はマイクスタンドにマイクを挟み、ロックでパワフルに歌い上げ、会場も5色のペンライトを力強く振って、盛り上がっていました。

ここまでライブパートで駆け抜けてきた所で、ここでバラエティーコーナーとして「御華見衆・絆ジェスチャー任務(ミッション)!」が本日ライブに出演している12人がステージに登場し、ユニット別でジェスチャー対決が行われました。どのチームも真剣なジェスチャーを見せ、その熱意に押される形で勝負は全チーム優勝で決着しました。

ここからはライブパートは後半戦となり、「天華百剣 -斬-」でもOPテーマを担当していた鈴木このみさんが登場し、「蒼の彼方」と「全部君がいたから知ったんだ」をヴォーカリストならではの伸びやかな歌声を披露し、会場も鈴木さんと一体となって、盛り上がっていました。

次は”稲葉郷”と”庖丁三姉妹”のユニット、”稲葉郷 with 庖丁三姉妹”による「祭り恋し夢のあと」ではタオルパフォーマンスを見せ、続いては”庖丁三姉妹”で「夢追い華」を力強く歌い、そして小刀を使ったダンスフォーメーションも披露していました。

ここからラストスパートで、”SAMONJI”の「刀身をやさしくタップ♡」ではキュートに、”御華見衆 椿組“の「闇を切り咲く華」が華麗に舞い踊り、ライブが終了しました。

しかし、会場からの熱いアンコールの声に応え、本日出演した13名が登場し、最初に特報として、ゲーム3周年を記念して、「天華百剣 -斬-」キャラクターソングアルバム第二弾「百華繚乱 弐」の制作が発表され、会場もこの発表には大変盛り上がっていました。

そして、キャスト13名から本日のライブや「天華百剣 -斬-」との思い出などの熱い感想が述べられ、最後は”ALL CAST”で「久遠に咲く華」を歌い、「天華百剣-斬-音楽祭〜繚乱の宴〜」が終了しました。


<セットリスト>
1. 久遠に咲く華(御華見衆 椿組)
2. 庖丁三姉妹、見参!(庖丁三姉妹)
3. GO-MA-N-E-TSU(SAMONJI)
4. 「茶房でわいわい系」おしゃべりタイム♪(稲葉郷)
5. ざんなまのうた♪(ざんなまぁ~ず♪)
6. 椿組名物帳(御華見衆 椿組)
7. 紅、華を咲かせて(御華見衆 椿組)
8. 蒼の彼方(鈴木このみ)
9. 全部君がいたから知ったんだ(鈴木このみ)
10. 祭り恋し夢のあと(稲葉郷 with 庖丁三姉妹)
11. 夢追い華(庖丁三姉妹)
12. 刀身をやさしくタップ♡(SAMONJI)
13. 闇を切り咲く華(御華見衆 椿組)
EN. 久遠に咲く華(ALL CAST)


<インフォメーション>
・天華百剣関連
「天華百剣 -斬-」キャラクターソングアルバム第二弾「百華繚乱 弐」の制作が決定!

・鈴木このみ関連
1.「鈴木このみ 6th Live Tour ~Unveil~」開催決定
6月7日(日)Zepp DiverCity Tokyo
6月14日(日)Zepp Nagoya
6月21日(日)Zepp Osaka Bayside

2.4月から放送スタートするTVアニメ「Re:ゼロから始まる異世界生活」第2期のOPテーマの担当が決定!


「天華百剣 -斬-」公式サイト:
https://tenkahyakken.jp/zan/

「天華百剣 -斬-」公式Twitter:
https://twitter.com/tenka_zan

レポート:かわいいラスカルと煌めくKING OF PRISMのコラボはとても美味しい?「あらいぐまラスカル×KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- コラボカフェ」内覧会レポート

2020年1月17日から2月24日まで、原宿AMO CAFEで行われるキャラクター界のKING(!?)ラスカルとKING OF PRISM -Shiny Seven Stars-のコラボカフェが行われます。(心斎橋AMO CAFEでは1月23日~3月1日まで)

今回、開催を前にマスコミ向け内覧会が行われました。今回はフォトレポートを中心にお届けします。


<グッズ>
今回展開されるグッズは、あらいぐまラスカル×KING OF PRISMでも二種類のタイプが用意されており、2F AMO CAFÉではラスカルとKING OF PRISMのキャラクターのちびキャラコラボバージョンが、1F Prism StoneではラスカルとKING OF PRISMの等身大コラボバージョンのグッズが販売されています。

ちびキャラについては、KING OF PRISMのキャラがラスカルのミミの姿と可愛い出で立ちを披露しています。

また、今回のコラボで、KING OF PRISMのメンバーが身につけているPrism Stoneのエプロンも1FのPrism Stoneで販売されているとのことで、お揃いを身につけたい方は是非手に入れて下さい!


<外観>
あらいぐまラスカル×KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-のコラボイラストがお出迎え!


<内装>
エーデルローズのメンバーとラスカルが皆さんをお出迎え!


<フードメニュー>
AMO CAFEのコラボメニューの特徴として、毎回メニューが美味しいことが挙げられます。今回提供されるフードメニューは、それぞれ各キャラクターを意識したもので、特にインパクトがあるメニューはカケルとミナトのメニューだと思います。どういう内容かは、是非店舗で確かめてみて下さい。


AMO CAFE:
https://amocafe.shopinfo.jp

© NIPPON ANIMATION CO.,LTD
©T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

レポート:ロックな楽曲でファンを魅了!悠木碧・ニューシングル「Unbreakable」発売記念イベントレポート

2020年1月15日、東京・池袋にある池袋サンシャインシティ アルパB1F 噴水広場において、声優・悠木碧さんの2020年1月15日に発売されたニューシングル 「Unbreakable」発売記念イベントが行われました。

今回のイベントはCDシングル「Unbreakable」発売当日のイベントと言う事もあり、噴水広場には平日夜にも関わらず1000人を超すファンが会場に詰めかけ、悠木さんの人気の高さと、真冬にも関わらず、噴水広場が大変熱くなった中でイベントが行われました。

悠木さんがステージに「Unbreakable」のCDジャケットと同じ姿で登場すると、会場からも「似合ってる!」「かわいい!」などの声援が起きていました。

そして、悠木さんから今回の楽曲「Unbreakable」の話として、楽曲として(TVアニメ「インフィニット・デンドログラム」が格好良い作品なので、)格好良い楽曲になれば良いなという話や、以前アニサマで着た軍服の衣装の評判が良かったため、今回のMVでの衣装も軍服を意識されたそうです。

また、今回の衣装ではお腹の部分がシースルーという悠木さんにとって衣装では新しい試みをされていることや、MVではタイトルに因んで物を壊すシーンがあったものの「親の躾が良かったのか、物を壊すとちょっと胸が痛む…。」と本音もポロリ。MVでは自身の心の葛藤とも戦っていた様子でした。

そして、ライブパートでは、バリバリロックな「Unbreakable」と、続けて悠木さんの伸びやかな歌声で会場を魅了した「Break down」の二曲が披露され、会場に詰め掛けたファンもそれぞれの曲の雰囲気に酔いしれている様子でイベントが終了しました。


<リリース>
2020年1月15日発売
NEW SINGLE「Unbreakable」

初回盤COZC-1609/10 1800円+税

通常盤COCC-17700 1200円+税

©海道左近・ホビージャパン/インフィニット・デンドログラム製作委員会

CD収録内容:
01.Unbreakable
作詞:hisakuni
作曲・編曲:金崎真士
02.Break down
作詞・作曲・編曲:hisakuni
03.Unbreakable(Instrumental)
04.Break down (Instrumental)

DISC2(DVD)
「Unbreakable」ミュージックビデオ +メイキング


悠木碧公式サイト:
https://columbia.jp/yukiaoi/

悠木碧公式Twitter:
https://twitter.com/staff_aoi

レポート:ARPの4人の可能性は無限大!TVアニメ「ARP Backstage Pass」先行上映会レポート

2020年1月11日、東京・池袋にある池袋HUMAXシネマズにおいて、TVアニメ「ARP Backstage Pass」先行上映会が行われました。今回の先行上映会では、理事長役の井上和彦さん、松本晴臣役の駒田航さんが登壇されました。

時間となり、イベントが始まると、冒頭から今回は残念ながら会場に来られなかったシンジ、ダイヤ、レイジ、レオンのARPメンバーからのARPらしさ溢れるビデオレターが上映され、ビデオレター上映後は会場からも暖かい拍手が送られていました。

次に、キャストトークショーと言う事で、理事長役の井上さん、松本晴臣役の駒田さんが登壇され、会場からも大きな拍手で迎えられていました。

MCから二人に、ARPのメンバーからの会場へのビデオレターについての感想を聞かれ、井上さんも駒田さんも普段通りの4人だったと話し、自由さや彼らの拘りの強さが出ていたのではないかと話していました。

続いてアニメの話となり、井上さんと駒田さんについて、自身が演じたキャラクターについての話では、理事長を演じた井上さんは、最初に威厳のある「理事長!」という感じで演じたところと、「もうちょっと柔らかく演じて欲しい。」というディレクションを受け、再び役作りをされて、現在の形になったそうです。

駒田さんは自身の演じた松本晴臣について、コミュニケーションが苦手そうだが音楽が好きで、突き詰めて前に進んでいく性格と話していました。普段は大人しいが語り出した時の熱くなる時のギャップや、シンジと松本は絡むが、どういう気持ち悪さを松本が出すかを楽しみにして欲しいという話をされ、会場からも笑いを誘っていました。

そして、アフレコの話では、今回ARPのメンバーは声優初挑戦と言う事で、井上さんと駒田さんからどういう感じで行われたかが披露され、井上さんは音楽の才能があるからリズム感が良く、コツを掴むのが旨いと話し、4人は本人を演じているが自分を演じるのは難しいのではないか、自分を演じるのも上手だと話していました。そして、4人が演技出来てしまう事を絶賛されていました。

アフレコ裏話として、レイジはレオンがいない時にレオンを演じる事があり、井上さんは芝居を上達させるためにやっているのかなと話し、シンジは面倒見が良い所、ダイヤは休憩中にハードな筋トレをする、レオンは良くセリフを噛んでいると話し、4者それぞれのエピソードを話していました。また、4人共通の話として、アフレコ現場に4人ともギリギリで到着することが多く、アフレコ現場のメンバーからも「早く来い!」と突っ込まれているそうです。

今回、先行上映会で上映される1話の見所として、井上さんは「今まで表の部分が多かったが、そうじゃない部分がたくさん見られる。多分新しい所じゃないかなと思います。」。駒田さんは「今もバリバリ活動しているARPがこういうプロセスを踏んできているバックステージや、バックボーンが見えてきて、なるほどと思うだろうし、もっと応援したくなるアニメーションになっているかなと思います。」と話されていました。

最後に一言コメントとして、井上さんは「(皆さんが)凄くワクワクしていると思いますが、始まったら超ワクワクします。楽しんで下さい。」。駒田さんは「本当にワクワクすると思います。次の話が気になると思います。」とコメントされ、先行上映会のトークパートは終わりました。

トークパート終了後に、第1話の上映会が行われましたが、次から次へと出てくるARPの新情報の数々に、そのたびに会場からも歓声が起きていました。


2月9日ARP Backstage Pass スペシャルイベント開催決定!!
場所:池袋HUMAXシネマズ 生中継:シンジ・ダイヤ出演
詳細は後日発表致します!


1月14日0:00よりアニメEDテーマソング ARP 「Celebrate Good Time」配信決定!!
1月28日0:00より第1話初披露のCROSS BONE(ダイヤ・レイジ)「BlacK Sapphire」配信決定!!


ARP_B2-A

<作品情報>
放送情報:
2020年1月13日(月・祝)よりTOKYO MXにて毎週月曜23:00から放送開始
2020年1月13日(月・祝)よりBS11にて毎週月曜25:00から放送開始
2020年1月14日(火)よりJ:COMテレビ「アニおび」にて毎週火曜23:30から放送開始
2020年1月13日(月・祝)よりdアニメストア/dTVにて毎週月曜23:00から配信
ほか

<スタッフ>
原作・プロデュース:内田明理(株式会社ユークス)
監督:えんどうてつや
シリーズ構成:友永コリエ
アニメーション制作:ダイナモピクチャーズ

・主題歌
OP:ARP「Burn it up」
ED:ARP「Celebrate Good Time」

<キャスト>
シンジ 役:シンジ
ダイヤ 役:ダイヤ
レイジ 役:レイジ
レオン 役:レオン
理事長 役:井上和彦
松本晴臣 役:駒田航
叶永嗣 役:浪川大輔
理事長の秘書 役:江口拓也

<あらすじ>
次世代ARダンス&ボーカルグループ「ARP」が待望のドキュメンタリーアニメ化!
avexからデビューし横浜を拠点にライブを重ね、着実な人気を獲得してきた彼らは、アーティスト養成校として名高いISM横浜校の生徒でもある。そこに集った4人のメンバー、生粋のエリートでありながら音楽に対する葛藤を抱くシンジ、幼いころから共に施設で育ちアウトロー精神で音楽とともに戦ってきたレベルクロス ダイヤ・レイジ、4オクターブの美声と圧倒的なダンスとルックスで周囲から孤立しながらも音楽を心から愛するレオン。彼らが出会うまでと、デビューしてからこれまでの日々のあらゆる喜びも苦しみも、日常もライブの舞台裏まで! メンバーごとに掘り下げながら描き出す。


アニメ公式サイト:
http://arp-anime.com/

アニメ公式Twitter:
https://twitter.com/arp_anime

© ARPAP

レポート:荒牧「『憂国のモリアーティ』がどのように進化していくか見守っていきたい」舞台「憂国のモリアーティ」集合インタビュー&ゲネプロフォトレポート

2020年1月10日から1月19日まで東京・六本木のEX THEATER ROPPONGI、1月31日から2月2日まで大阪・梅田の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで行われる舞台「憂国のモリアーティ」。

今回、舞台に先立ち、マスコミを招いた集合インタビューが行われました。今回のインタビューでは、ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役の荒牧慶彦さん、アルバート・ジェームズ・モリアーティ役の瀬戸祐介さん、ルイス・ジェームズ・モリアーティ役の糸川耀士郎さん、ジョン・H・ワトソン役の松井勇歩さん、シャーロック・ホームズ役の北村諒さんが応じて頂けました。


<作品への抱負、見所について>

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役:荒牧慶彦さん
「『憂国のモリアーティ』という作品は、先にミュージカル版が大盛況に終わり、その後にアニメも発表され、それに続けて舞台版も上演されると言うことで、これから盛り上がっていく作品だと思います。内容も凄く面白いですし、僕自身も『憂国のモリアーティ』がどのように進化していくか、見守っていきたいと思います。まずは、舞台『憂国のモリアーティ』をまだモリアーティを知らない皆様に向けて、本当に素晴らしい作品だという僕らの思いを込めて皆様にお届けします。視覚的にも内面的にもハラハラドキドキする内容となっておりますので、たくさん楽しんで頂けたらと思います。」

アルバート・ジェームズ・モリアーティ役:瀬戸祐介さん
「大体、全部荒牧くんが言ってくれたとおりです。(笑)今回の作品は、人間の価値観の深層に凄く迫る作品だなと僕自身は思います。見ている皆さんも自分の価値観と比較するのも面白いですし、僕らもこの一ヶ月間、演出の西田さんの下、西田さんが作品を凄く理解してくれていたので、僕ら自身も西田さんに付いていくのが成功させる近道だなと思い、細かい所まで作り込んできたので、その世界観を堪能して欲しいなと思います。見所としては、この兄弟チームとシャーロックチームは空気感が凄く違うので、一幕目は主に僕ら兄弟ですが、二幕目はホームズ達が入ってきて、二つの空気感が混じるところが、見所なんじゃないかなと思います。」

ルイス・ジェームズ・モリアーティ役:糸川耀士郎さん
「僕はこの話を頂いてから、ここにいるキャストの皆様の名前を拝見して、本当にこの人達と一緒に『憂国のモリアーティ』を作ることを楽しみにして稽古に挑みました。荒牧さんもおっしゃっていたのですが、ミュージカル版が先に上演されて、舞台『憂国のモリアーティ』として何をお客様に届けるのかと、僕も稽古前から凄く悩んでいたのですが、今完成した作品を場当たりして、これは舞台にしかない魅力もたくさん詰まっている作品になっているなと思っています。僕も初日の幕が開くのが、仕方がないです。誰一人休まず、凄く動き回って舞台を作るので、一人怪我無く千秋楽まで迎えられたらなと祈っています。」

ジョン・H・ワトソン役:松井勇歩さん
「この作品は演劇の良さが存分に詰まりまくった作品になったなと場当たりをしながら思って、その作品の中でモリアーティの作品自体が、明るいか暗いかと言えば、暗い話がメインで、事件性のある話が多いのですが、僕が演じるワトソンは一番明るいキャラ、ワトソンの存在意義をしっかりと舞台上で皆さんにお届け出来ればと思います。」

シャーロック・ホームズ役:北村諒さん
「舞台『憂国のモリアーティ』という作品で集まって、キャストを見た時に凄く楽しみになりましたし、演出が西田大輔さんと言う所で一番ワクワクしました。凄く人間味のある舞台になるだろうなと始まる前に勝手に思っていて、それが実際に稽古を重ねていく中で、『憂国のモリアーティ』という作品の登場人物が、より人間味を増したり、人によってはある意味人間味がなかったり、はっきり描かれているなと思いました。そこを見て頂きたいのと、瀬戸君も言っていましたが、モリアーティ兄弟達とホームズ達とのコントラストもはっきりと出ているので、そこも見所に楽しんで頂ければと思います。」


<ゲネプロフォトレポート>


<舞台「憂国のモリアーティ」公演概要>
【公演日程/会場】
東京公演:2020年1月10日(金)~1月19日(日)
EX THEATER ROPPONGI
大阪公演:2020年1月31日(金)~2月2日(日)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

【キャスト】
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:荒牧慶彦
アルバート・ジェームズ・モリアーティ:瀬戸祐介
ルイス・ジェームズ・モリアーティ:糸川耀士郎

セバスチャン・モラン:君沢ユウキ
フレッド・ポーロック:設楽銀河
ジョン・H・ワトソン:松井勇歩
ミス・ハドソン:野本ほたる

アイリーン・アドラー:立道梨緒奈
マイクロフト・ホームズ:早乙女じょうじ

シャーロック・ホームズ:北村諒

レニー・ダブリン男爵:佐久間祐人
マグワイア大佐:塚本拓弥
スザンナ:芳賀恵子
ダドリー・ベイル:瑛
ベンジャミン・バートン:一内侑
ルシアン・アトウッド:石井寛人
テイト・パーシヴァル:本間健大
チャールズ・バスカヴィル:早川勇平

Dancer:市川絵美/黒沢茉莉衣/佐藤侑愛/脇坂舞美

【スタッフ】
原作:
構成/竹内良輔、漫画/三好輝
脚本・演出:西田大輔
主催: 舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会
後援:テレビ朝日


公式サイト:
http://officeendless.com/sp/moriarty-st/

公式Twitter:
https://twitter.com/moriarty_stage

© 竹内良輔・三好 輝/集英社
© 舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会