レポート:庄司「歴史あるプリティーシリーズの一員となれて、立てたことに嬉しく思います。」「Pretty Live! ~One for All !!!~」昼の部ライブレポート

2022年7月3日、東京・中野にある中野サンプラザにおいて、「Pretty Live! ~One for All !!!~」が行われました。今回のライブには、桃山みらい役の林鼓子さん、青葉りんか役の厚木那奈美さん、紫藤める役の森嶋優花さん、黒川すず役の徳井青空さん、だいあ役の佐々木李子さん、輝イブ役の指出毬亜さん、ソルル・紫京院ひびき役の斎賀みつきさん、ルルナ役の山村響さん、白玉みかん役の渡部優衣さん、ガァルル役の真田アサミさん、ファルル役の赤﨑千夏さん、緑風ふわり・ファララ・ア・ラーム役の佐藤あずささん、赤井めが姉ぇ役の伊藤かな恵さん、虹色にの役の大地葉さん、幸多みちる役の山田唯菜さん、華園しゅうか役の朝日奈丸佳さん、夢川ショウゴ役の山下誠一郎さん、三鷹アサヒ役の小林竜之さん、高瀬コヨイ役の土田玲央さん、大江戸シンヤ役の河合健太郎さん、ウシミツ役の鵜澤正太郎さん、香田澄あまり役の飯田里穂さん、マリオ役の橘龍丸さん、陽比野まつり役の廣瀬千夏さん、弥生ひな役の内田彩さん、甘瓜みるき役の相良茉優さん、心愛れもん役の鈴木杏奈さん、皇あまね役の庄司宇芽香さん、御芽河あうる役の藤寺美徳さんが出演されました。今回は昼の部をレポートします。

時間となり、ライブが始まると、トップバッターは鈴木杏奈さんの新曲「Chasing the dream」。澄み切った歌声に会場も熱狂的に応援していました。

そして、本日登場するキャストが紹介され、続いて、廣瀬千夏(陽比野まつり)さんの「マジ・ワッチャパレード」では、元気に明るく弾けていました。ペンライトの海にも感動されていた様子でした。次の相良茉優(甘瓜みるき)さんの「イワナイ」では、甘く優しい歌声で会場を魅了し、鈴木杏奈(心愛れもん)さんが「こんな世界に告ぐ」をゴシックな世界観をクールに歌い上げました。

プリマジチームのMCを挟み、続いて斎賀みつき(ソルル)さんが「Despertar del SOL!」が力強く歌いあげ、佐藤あずさ(ファララ・ア・ラーム)さんが「サンシャイン・ベル」を軽やかに眩しく輝くように歌い上げていました。真田アサミ(ガァルル)さんの「0-week-old」では、優雅に眩しすぎる笑顔で歌い上げ、渡部優衣(白玉みかん)さんは、「ピュアリ☆スマイリィ」を笑顔でキュートに歌い上げ、朝日奈丸佳(華園しゅうか)さんは「Step!Step!Step!」を歌声にエネルギーを注力し、弾けながら歌っていました。

ここからは2曲連続で新曲ということで、大地葉(虹色にの)さんの「サマーナイトEvolution!」では、思わずタオルを振り回したくなる元気の良いパフォーマンスに、山田唯菜(幸多みちる)さんの「StarLight★HeartBeat」もキャラクターのイメージをさらに広げてくれるようなスタイリッシュな曲を披露していました。

徳井青空(黒川すず)さんの「キューティー・ブレイキン」はハードに格好良く歌とダンスを決め、佐々木李子(だいあ)さんの「フレンドパスワード」は情感豊かに目を閉じるとそこにキラキラの世界が見えてくるように歌い、指出毬亜(輝イブ)さんの「プラネタリウムの殻」では、夜空の下でささやきかけるように優しく歌い上げ、山村響(ルルナ)さんの「Lustro della LUNA」では、大人の雰囲気を感じさせる歌声を披露しました。

ここからは男プリパートということで、小林竜之(三鷹アサヒ)さんが「MYCS」を情熱的なパフォーマンスと会場を巻き込んでのパフォーマンスが圧巻でした。山下誠一郎(夢川ショウゴ)さんの「エスコート・パレット・ショウタイム!」は王道のアイドルソングという感じで、堂々と歌い上げ、土田玲央(高瀬コヨイ)さんの「SHOW ME SO SWEET RULE」では、甘い歌声に激しいサウンドが交じり合い、魅惑的な世界を魅せてくれました。

河合健太郎・鵜澤正太郎(大江戸シンヤ・ウシミツ)さんの「Darkness Soul」では、2人の絆の強さと魂の叫びが感じられました。橘龍丸(マリオ)さんの「チョコレートアイスクリーム・トルネード」はハードなロックで会場を魅了していました。

伊藤かな恵(赤井めが姉ぇ)さんの「ヴァーチャデリアイドル♥ 」では、キュートに会場全員を虜にしてしまう魔法をかけていました。斎賀みつき・赤﨑千夏・佐藤あずさ(紫京院ひびき・ファルル・緑風ふわり)さんによる「Neo Dimension Go!!」では、新しい事を切り開いていく姿が曲からも感じられました。

ここから3曲は新曲!内田彩(弥生ひな)さんの「Starlight!」伸びやかな歌声に激しいダンスに会場も魅了されていました。庄司宇芽香(皇あまね)さんの「The Secret Garden」では、歌劇を行うような振る舞いに、会場も歌劇のような舞台に魅了されているかのようでした。藤寺美徳(御芽河あうる)さんの「滲む、馨る、」では、語りかけるような歌声にその世界観に引き込まれるようでした。

飯田里穂(香田澄あまり)さんが「カオティックハリケーン」を華麗なダンスと語りかけるように感情を込めた歌を披露し、森嶋優花(紫藤める)さんが、「スペース!スパイス!スペクタクル!」を元気よく弾けていました。厚木那奈美(青葉りんか)さんの「キラリ覚醒☆リインカーネーション」では、しっとりとした曲調に芯の強さを感じさせる歌声を披露し、林鼓子(桃山みらい)さんの「TOKIMEKIハート・ジュエル」では、伸びやかな歌声に眩しい笑顔を魅せ会場を魅了していました。

ここからはラストスパート。林鼓子・厚木那奈美・森嶋優花(桃山みらい・青葉りんか・紫藤める)さんによる「ドリーミング☆チャンネル!」を息の合ったダンスフォーメーションと3人の歌声のハーモニーが会場に響き渡りました。

ここで新情報として、「アイドルランドプリパラ」の新キャラが発表されました。これには、会場からも大きな拍手が起きていました。


<ポォロロ役:林鼓子さん>


最後に一言挨拶として、相良さんは「とても楽しかったです。来週も見逃せない話になっているので、アニメも見てください。」、庄司さんは「歴史あるプリティーシリーズの一員となれて、立てたことに嬉しく思います。」、鵜澤さんは「ライブが楽しいです!本当に楽しいライブでした!」、大地さんは「皆様に会えるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。」、朝日奈さんは「ツアーで一度歌ったきりの曲だったので、久しぶりに歌えて嬉しかったです。」とコメントされていました。

最後は、全員で「Make it!」を歌いあげ、ライブが終了しました。


<2022年9月24日 (土)「Pretty Live! ~All for One !!!~」開催決定‼>
プリティーシリーズの『アイドルタイムプリパラ』『キラッとプリ☆チャン』『ワッチャプリマジ!』のアイドルたちが大集合するプリティーシリーズスペシャルライブ「Pretty Live! ~All for One !!!~」が、9月24日(土)中野サンプラザにて開催決定!秋のライブは「All for One !!!」をテーマに、デュエット・チームライブ盛りだくさんの1日限りのスペシャルライブ!本日より公式HP1次先行開始!

イベント名:
Pretty Live! ~All for One !!!~

会場・日程:
2022年9月24日(土)中野サンプラザ
昼の部:【開場】13:00 【開演】14:00
夜の部:【開場】17:00 【開演】18:00
※生配信も実施予定です。

出演者:
林鼓子(桃山みらい役)/久保田未夢(萌黄えも役・北条そふぃ役)/厚木那奈美(青葉りんか役) /若井友希(緑川さら・レオナ・ウェスト役)/森嶋優花(紫藤める役)/茜屋日海夏(真中らぁら役・金森まりあ役)/徳井青空(黒川すず役)/佐々木李子(だいあ役)/大森日雅(月川ちり役)/山北早紀(東堂シオン役)/佐藤あずさ(緑風ふわり役))/大地葉(虹色にの役)/山田唯菜(幸多みちる役)/朝日奈丸佳(華園しゅうか役)/河合健太郎(大江戸シンヤ役)/鵜澤正太郎(ウシミツ役)/廣瀬千夏(陽比野まつり役)/内田彩(弥生ひな役)/相良茉優(甘瓜みるき役)/鈴木杏奈(心愛れもん役)/庄司宇芽香(皇あまね役)/藤寺美徳(御芽河あうる役)/小池理子(みゃむ役)/引坂理絵(チムム役)/吉河順央(きゃろん役)ほか
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。

会場チケット価格 (税込):
【一般チケット】8,600円
※3歳未満入場不可 ※全席指定 ※今回親子席の販売はございません。
会場チケット『プリパラ/プリチャン/ワッチャプリマジ! 』公式HP1次先行受付:
【チケットご購入の方はこちら(抽選)】
受付日時:7月3日(日)20:30~7月17日(日)23:59
受付URL:
https://w.pia.jp/t/prettylive-allforone/

特別協賛:株式会社タカラトミーアーツ
主催:エイベックス・ピクチャーズ株式会社


配信チケット:
①昼の部配信チケット 3,900円(税込)
②夜の部配信チケット 3,900円(税込)
③通しチケット 7,000円(税込)
④応援チケット付き昼の部配信チケット 4,900円(税込)
⑤応援チケット付き夜の部配信チケット 4,900円(税込)
⑥応援チケット付き通しチケット 8,000円(税込)
⑦応援チケットのみ 1,000円(税込)
※応援チケットの購入のみでは本公演はご覧になれませんのでご注意ください。

配信期間:
▽各公演開始 ~ 2022年7月10日(日)23:59
※上記時間以降のアーカイブ配信(見逃し配信)はございません。
※アーカイブ配信は各公演終了から3時間後より配信開始予定となります。
※アーカイブ開始時間は状況により遅れる場合がございます。

配信チケット販売:
【配信チケットご購入の方はこちら】
▽単品チケット:2022年6月17日(金)18:00 ~ 2022年7月10日(日)22:00
▽通しチケット:2022年6月17日(金)18:00 ~ 2022年7月10日(日)20:00
▽応援チケット/応援チケット付きチケット:2022年6月17日(金)18:00 ~ 2022年6月23日(木)23:59

受付URL(チケットぴあ):
https://w.pia.jp/t/prettylive-liveview/

受付URL(ミクチャ):
http://prettylive.mixch.tv
※お申込み方法及び注意事項は受付画面よりご確認ください。

配信プラットフォーム :
ミクチャ

【視聴推奨環境】
●スマートフォン、タブレット
・視聴端末
・iOS端末:iPhone 7以降、iOS 11.0以降
・Android端末:Android 8以上
・通信ネットワーク
Wi-Fiまたは4G、5G回線(キャリア通信制限の対象外)をお使いのうえ、20Mbps以上の環境でご鑑賞ください。スマートフォンでご視聴いただく場合、高音質・高画質にて配信をお届けするためアプリ版でのご視聴を推奨いたします。アプリのインストールがお済みでない方は、以下のURLより事前にアプリをインストールいただくようお願い申し上げます。
https://app.adjust.com/lwoh9py(アプリインストールURL)

公式サイト:
https://avex.jp/primagi/

公式Twitter:アニメ公式:
https://twitter.com/PrettySeriesPR

ゲーム公式Twitter:
https://twitter.com/T_ARTS_PRETTY

© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ IPP製作委員会
© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ PCH3製作委員会
© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ PM製作委員会
© T-ARTS / syn Sophia / ILPP

レポート:東山「映画だけのオリジナルの話という事で、台本を握った時からドキドキした。」映画「ゆるキャン△」初日舞台挨拶レポート

2022年7月1日、東京・有楽町にある丸の内ピカデリーにおいて、映画「ゆるキャン△」初日舞台挨拶が行われました。今回の舞台挨拶では、花守ゆみりさん、東山奈央さん、原紗友里さん、京極義昭監督が登壇されました。

時間となり、舞台挨拶が始まると、キャスト陣へ暖かい拍手が送られました。

最初に、公開初日が、縁がある富士山の山開きの日と重なったことを喜び、初日を迎えての感想では、京極監督は「初日を迎えられて、ホッとしています。」と話し、制作をしていたら、作品の上映時間が増えてしまった裏話を披露されていました。

花守さんは「作品の資料を見た時に、これは全力で取り組みたい。」と思って、収録に挑んだそうです。東山さんは「映画だけのオリジナルの話という事で、ゼロから話を作られ、台本を握った時からドキドキした。」と話し、今回のテーマも映画でなければ描けなかったのではないかと話していました。原さんは「試写会の時に『良かったよ。』という話になり、皆さんが見るまでネタバレ禁止だったので、それが話せるようになるのが嬉しい。」と作品について、今まで語りたいのを我慢していた様子が伺えました。

TVシリーズから5人が大人になった設定については、京極監督は「TVアニメが終わってから、映画を作りましょうという話になり、映画はオリジナル(のストーリーを)を考えてみようかという話になって、TVシリーズ1期のなでしこの妄想シーンの大人の姿が面白かったので、その5人を見たいなと思い、そこから実現可能かどうかをあfろ先生と(話して)一緒に作っていった。」そうです。

大人キャラクターを演じるにあたっては、東山さんは「大人として成長した姿をスタッフと調整をして、セリフからそういう文章になっていたので、特別に意識しなくても演じられた気がします。」と話し、原さんも「大人だからという意識はしなかった。」という話もされていました。花守さんは「大人ってそうだよね。」というシーンが映画にはあり、「変わらないところと変わった所があったので、一呼吸しました。」と世界観の変化について行けてない面もあったと胸の内を披露されていました。

京極監督は「5人の大人になった姿を想定して、職業については、あfろ先生に聞いて、逐一返答を頂いて決めた。」そうです。声優のアフレコのディレクションについては、京極監督からは声優陣が自身で作ったキャラクターが出来上がっていたので、そのままの演技を活かされたそうです。

今回の作品のキャラクターが大人だから出来ることとして、「キャンプ場を作る。」という内容が新しいドラマが出来るのではないかと話していました。

今回の作品については、原作が無いので、ロケハンをして、こういう物語が出来ると考えてから、再度ロケハンを最低2回はして、それを20~30回ほど行われたそうです。

最後に一言コメントとして、原さんは「部長としてみんながここまで作ってくれたことを誇りに思う。社会人の人には刺さる言葉があると思います。見て良かったなと思う作品になっていると思います。」

東山さんは「映画を見て、私は映画館でゆるキャン△が出来て嬉しかったなと思います。映画も120分の尺があって、(今日は)もっともっと(監督の)話を伺いたいと思ったのですが、まずは映画を見て感想を書いて頂ければと思います。」

花守さんは「私の所にメールで友達から3,4人コメントが来ていて、私はまだ劇場で見てないので、早く野外活動をしたいなと思います。」

京極監督は「今日はたくさんのお客様にゆるキャン△が支えられてきたことが嬉しいです。一期の話を貰った時に映画を作るとは思いませんでした。ちょっと長いですけど、最後まで楽しんで頂ければと思います。」とコメントされ、初日舞台挨拶のトークパートが終了しました。


映画『ゆるキャン△』
全国大ヒット上映中!
配給:松竹

©あfろ・芳文社/野外活動委員会

レポート:7月15日(金)公開『劇場版アイカツプラネット!』『アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~』完成披露特別上映会レポート

2022年6月27日、東京・池袋にあるグランドシネマサンシャイン 池袋において、『劇場版アイカツプラネット!』『アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~』完成披露特別上映会が行われました。

今回の上映会には、伊達花彩さん、小椋梨央さん、長尾寧音さん、渡邊璃音さん、瑞季さん、エイミーさん、宇野愛海さん、羽野瑠華さん、木村隆一監督、3時のヒロインの福田麻貴さん、かなでさんが登壇されました。

時間となり、キャスト陣の伊達花彩さん、小椋梨央さん、長尾寧音さん、渡邊璃音さん、宇野愛海さん、木村監督が登壇すると、会場から暖かい拍手で迎えられました。

作品の面白さについては、伊達さんが「見どころは全部です!」と力強く推していました。

撮影中のエピソードについては、小椋さんはアニメと実写パートはスタッフも一緒だったので、より「アイカツプラネット!」らしさを感じられるのではと話していました。

渡邊さんは、バンドを組んだシーンがあるが、(普段とは)ギャップがあったのでは?と話していました。

長尾さんは初日からテンションが高かったと話し、いつもと違う私が出ていたのでは?と話していました。

宇野さんは明咲さんの登場シーンが凄いと話していました。

一旦、キャストメンバーが入れ替わり、瑞季さん、エイミーさん、羽野瑠華さんが登壇され改めて見どころを聞かれると、瑞季さんは温暖差の所、エイミーさんは指先、羽野瑠華さんはピアノの所をあげ、それぞれの見どころに注目して欲しいと話していました。

ここで、アイカツ!の応援団でもある3時のヒロインの福田麻貴さん、かなでさんが登壇し、二人とも今日の衣装にお姫様みたいだと喜ばれていました。

そして、ミニゲームのアイカツ!チャレンジでは、伊達さんと3時のヒロインの二人が代表して、可愛いポーズを取り、アイカツ!らしいアイドルポーズ(!?)を披露されていました。

最後に挨拶として、木村監督と伊達さんから一言コメントとして、木村監督からは「『劇場版アイカツプラネット!』『アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~』両作品とも楽しんでください。』」

伊達さんは「私たちが心から楽しんでいる姿や気持ちが皆さんに伝われば良いなと思います。」とコメントされ、上映会のトークパートが終了しました。


<『劇場版アイカツプラネット!』ストーリー>
大好きなみんなに ありがとう
私立星礼高等学校に通う音羽 舞桜は、
アイカツプラネット!でトップアイドル・ハナとして活躍する高校2年生!
プラネットプリンセスグランプリから数か月。仕事で忙しい毎日を送る中で、
いま活躍できているのはファンや仲間のおかげだということを改めて感じた舞桜は、
大切な人たちにありがとうを伝えるため、「アイカツプラネット!大感謝祭」を開催することに。
バンドに、斧に、ミュージカル…それから崖登りも!?
ファンや仲間に喜んでもらえるための、
みんなの「楽しい」を詰め込んだ、盛りだくさんな感謝祭がはじまる!
劇場でも、なりたい私へミラーイン☆
アイカツプラネット!始まります!

<STAFF>
企画・原作・制作:BN Pictures
原案:バンダイ
監督:木村隆一
脚本:千葉美鈴
キャラクターデザイン:宮谷里沙
色彩設計:大塚眞純
音響監督:菊田浩巳
音楽:渡部チェル:小野貴光:津田ケイ
実写制作:東北新社
配給:BN Pictures

<CAST>
音羽舞桜・ハナ:伊達花彩
珠樹るり・ルリ:小椋梨央
本谷 栞・シオリ:渡邊璃音
梅小路響子・ビート:長尾寧音
栗六 杏・アン:エイミー
月城愛弓・キューピット:瑞季
陽 明咲・ローズ:宇野愛海
糸井紗良・サラ:羽野瑠華


<『アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~』ストーリー>
あかりがスターライトクイーンに輝いたのち、いちごとあかりは、
二人のユニット『コスモス』として、初めてのライブを行い大成功!
こうして時が過ぎていくなか、スターライト学園・高等部3年のいちごたちは、
半年後に迫る卒業を意識し始める。
卒業しても、アイドル活動は続く。しかし、卒業は通過点であり、ひとつの分岐点でもある。
いちご・あおい・蘭たちは、アイドルとして、これからどんな道を歩んでいきたいかを、
ひとりずつ、大切に考え始める。

<STAFF>
企画・原作・制作:BN Pictures
原案:バンダイ
監督:木村隆一
脚本:加藤陽一
キャラクターデザイン:やぐちひろこ
色彩設計:大塚眞純
音響監督:菊田浩巳
音楽: MONACA
配給:BN Pictures

<CAST>
星宮いちご:諸星すみれ
霧矢あおい:田所あずさ
紫吹 蘭:大橋彩香
大空あかり:下地紫野

<主題歌>
「MY STARWAY」
作詞:こだまさおり
作曲・編曲:石濱 翔(MONACA)
歌:わか・ふうり・ゆな


公式サイト:
http://www.aikatsu.net/


劇場版アイカツプラネット!
7月15日(金)全国公開
配給:BN Pictures
©2022 BNP/AIKATSU PLANET THE MOVIE

アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~
7月15日(金)全国公開
配給:BN Pictures
©2022 BNP/AIKATSU 10th STORY

レポート:「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」完成披露キラキラ舞台挨拶付き上映会レポート

2022年6月25日、東京・新宿にある新宿ピカデリーにおいて、「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」完成披露キラキラ舞台挨拶付き上映会が行われました。今回の上映会では、脚本の松原秀さん、studioぴえろ プロデューサーの富永禎彦さん、DJ KOOさん、おそ松さんが登壇されました。

今回の舞台挨拶は、上映会終了後に行われました。松原さんと富永さんが登壇されると、ユーモアを交えた自己紹介に会場からも、暖かい拍手が送られていました。

最初に6年も続いた作品を振り返り、富永さんが「すぐに終わると思っていたのに(続いたのが凄い)」と素直な感想を述べられていました。

松原さんはキャスト陣も6年経つとスタンスが変わってきて、特にチョロ松役の神谷さんが、急に訛る所(6人が紫になる所)があって、他の5人も乗っかってきた所が面白かったと話していました。

富永さんはチョロ松の農作業の話を振り返り、当時違う映画の農作業に影響され、描いたところが印象的だと話していました。

その他、コマ送りで見ないと分からないネタもあるので、是非商品版で確認して欲しいと話していました。

そして、呼びにくいと言われていたヒピポ族の名前の由来は「非ピーポー」から来ていたそうで、これには会場からもなるほどの声が漏れていました。松原さんは会場からの反応に意外な様子でした。

ここで、スペシャルゲストとして、おそ松さんと、DJ KOOさんが登壇され、DJ KOOさんがゲストの理由は今回の舞台挨拶の「キラキラ」から来ているそうです。そして、作品の「おそ松シリーズ」とDJ KOOさんが同じ年という事で、応援に駆け付けたそうです。

DJ KOOさんがコメントで「おそ松DJ!おそ松さん最高です!Yeah!」と会場を盛り上げて、颯爽と去られました。

そして、7月8日、9日、16日に豪華舞台挨拶が発表され、会場からも大きな拍手が起きていました。

今回の作品の裏話では、テーマをアドベンチャーにしようという方向出しがあり、「グーニーズ」や「スタンドバイミ―」を参考にして制作されたそうです。

最後のコメントでは、松原さんは「7月8日から(上映されるので)何度も見て下さい。」、富永さんは「会場が埋まっていて感動しました。スタッフ・キャスト全力で作ったので、これからも応援よろしくお願いします。」とコメントされ、舞台挨拶が終了しました。


「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」公式サイト
https://osomatsusan.com/hipipo

「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」本予告YouTubeURL

https://youtu.be/HoDAyUQGnv4

「おそ松さん」公式Twitter:
https://twitter.com/osomatsu_PR

© 赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

レポート:山下「こんな個性があるのか!」『僕のヒーローアカデミア』新作オリジナルエピソード先行上映舞台挨拶レポート

2022年6月19日、東京・六本木にあるTOHOシネマズ 六本木ヒルズにおいて、『僕のヒーローアカデミア』新作オリジナルエピソード先行上映舞台挨拶が行われました。今回の舞台挨拶では、緑谷出久役の山下大輝さん、相澤消太役の諏訪部順一さんが登壇されました。舞台挨拶が始まると暖かい拍手で会場へ迎えられました。

6月16日はヒーローデーという事で、様々なイベントが展開されてきましたが、最終日の今日は今回の舞台挨拶が行われました。

山下さんも台本を読んで、どのパートの時の話かと楽しんでいるそうです。諏訪部さんはキャラがキャラなので、真剣に真面目に挑まれているそうです。

最初は「HLB」について、感想は山下さんは内容が凄いと話し、諏訪部さんも「檜山さんなので、ものすごいテンションのキャラクター」だと話していました。

アフレコについては、諏訪部さんは他のキャラのテンションが高い中で、一人クールだったので、声が聞こえていたかな?と心配されたそうです。また、兼ね役についても披露され、そこにも注目してほしいと話していました。

「笑え!地獄のように」では、山下さんが「こんな個性があるのか」と話し、その個性を当てられたキャラが面白いのではと話していました。「笑え!地獄のように」については、5期のインターン時期の話なので、時系列を含めて、楽しんでほしいと話していました。

そして、ここからはTVアニメ第6期の話となり、最新PVがここで解禁されました。


https://youtu.be/cDoQMIE2l3w

6期への気持ちについては、諏訪部さんは「5期の最後はヴィランを大フィーチャーしていたが、これからはハードになるのでは?」と話していました。山下さんも1期=1年の歴史を振り返り、「いろいろ背負うものが出来て成長したのでは?」と話していました。

諏訪部さんは原作週刊誌の読者ということで、先は知ってはいるものの、コロナ前に行われていたアフレコでの1年A組が全員そろった中でやっていたのが懐かしく感じられたそうです。

収録の雰囲気については、山下さんは「アカデミア(学生)感はなく、プロの現場が強いかな。」と話していました。諏訪部さんは「自分のメンタルを削りながらやっていかなくては。」と思うくらい、緊迫感のある現場であると話していました。

6期で注目のキャラクターについては、諏訪部さんは自身が演じるキャラをあげ、ここまでかかわってきた思い入れを音に出さないように演じた話をされていました。

山下さんは逆で前のめりになっているので、「違う一面も出せているのでは?」と話していました。

ここで、ヒーローフェス2022の告知がされ、過去最大級のイベントを楽しみにして欲しいと話していました。

最後にメッセージとして、諏訪部さんは「最後まで原作に寄り添って、走り抜けていきたいです。」、山下さんは「いろんな視点で楽しめるヒロアカを応援してください。」とコメントされ、舞台挨拶が終了しました。



TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』
http://heroaca.com/
新作オリジナルエピソードが今夏より各動画配信サービスで配信開始
TVアニメ6期2022年秋放送開始