公式レポート:KEN THE 390と福山潤が町田市の魅力を語りつくした! イベントレポートが到着

11月2日(土)、東京都町田市にある町田市民フォーラムにてトークイベント「Start」が開催され、HIPHOPアーティスト・KEN THE 390と人気声優・福山潤のふたりが登壇した。

このイベントは町田市が制作したPRアニメーション「Start」のお披露目イベントでもあり、同アニメのエンディングテーマの歌詞を手がけた町田市出身のKEN THE 390が司会を務め、福山潤をゲストに迎える形で進行。

福山はエンディングテーマでボーカルを担当しているほか、アニメでは主人公・ヒロトを演じている縁もあって出演。約1時間に渡り、町田の魅力について熱いトークが繰り広げられた。

オープニングトーク後、さっそく「町田市の印象」を聞かれた福山は、開口一番「正直、昔はやんちゃという印象がありました」と暴露するも「大学と言えば”町田キャンパス”と思うくらい、最近では”学生の街”という印象が強い」と、近年の町田の印象を語った。

ステージ上のスクリーンには町田市の地形やアクセス図、人口グラフなど、さまざまな情報が映し出されながらトークが進行していく。町田市の人口は43万人で東京都第11位であることを知った福山は、意外そうな顔で「中野区よりも人口が多いんですね。(中野って)東京の中でもかなり幅をきかせているのに」とポツリ。

またここ15年で犯罪認知件数が激減しているグラフを見て「まるでロボコップが配備される前と後みたい」と例えると、KEN THE 390も「実は本当に配備してるんじゃ?」と乗っかるなど、笑いを交えつつ町田の隠れた魅力が明らかになっていく。

なかでも町田市の子どもの転入超過数が東京都で第1位、かつ全国4位であることが明らかになると福山は「町田が若者文化の発信地になる可能性がある」と絶賛。KEN THE 390も「ファッションも音楽も、じつは町田は昔からカルチャー発信の街なんですよ」と猛アピールした。

続いてはKEN THE 390が個人的に大好きだという”仲見世商店街”を写真でプレゼン。KEN THE 390イチ押しのカレー店「アサノ」には、カレー好きな福山も「さらさらなスープがカツと合いそう」と興奮。

さらに商店街名物の大判焼がステージに登場して実食タイム。KEN THE 390から「断っておきますけど、びっくりするくらい普通の味です」と言われた福山は「それがいいんですよ。流行を求めるならタピオカ屋へ行けばいい」と返すと、会場は大爆笑に包まれた。

そして話題は町田市のPRアニメーションへ。主演を務める福山が「大人になると価値観も変わり、街に対する見え方や感じ方も変わってくる。そんな人生のターニングポイントが描かれている作品」と語ったのちに、スクリーンに完成映像が上映された。


【町田市PRアニメ「Start」】
●ストーリー
帰宅中、マキに買い物を頼まれたヒロト。学生時代以来、降り立つ東京都町田市。当時遊んでいたまちは、古きもの、新しいものがバランスよく共存している心地よいまちになっていた。興味を持ったヒロトはその週末にマキとケイタと一緒に町田を再訪するのだった…。
●原案:カツセマサヒコ
●キャスト: ヒロト 福山潤、マキ 豊口めぐみ、ケイタ 古木のぞみ、電車内アナウンス・店員 仲田ありさ
●エンディング・テーマ: 「Start」 KEN THE 390 & 福山潤
作詞: KEN THE 390 作曲・編曲: Kan Sano
●劇中テーマ: 「In this town」 野崎良太(Jazztronik)
●総合プロデュース: (株)ポニーキャニオン
●企画・製作: 町田市
●町田市ホームページ
https://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/city_promotion/machidacp/CP_START.html

●東京都町田市PRアニメーション「START」


約5分20秒のアニメーションが終わると、観客からは大きな拍手が湧き起こった。KEN THE 390が「最後はちょっとウルっときました」と言うと、普段は非日常の世界でキャラクターを演じることの多い福山も「一般家庭の日常の一コマを演じられたのは貴重で楽しかったです」と告白。

さらにふたりは、アニメに登場する短いセリフのやりとりや言動から主人公・ヒロトの性格を分析。「駅ビルには入っていない豆大福をお土産にするあたり、そうとう奥さんのことを愛している」という結論に達するなど大盛り上がり。

話題がエンディングテーマの制作秘話に及ぶと、歌詞を書き下ろしたKEN THE 390が「自分の優先順位が変わった瞬間をポジティブに捉えて応援する曲にしたかった」と、歌詞に込めた想いを解説。さらにボーカルを担当した福山の歌声を「いい声すぎてびっくりした」と絶賛すると、「今日はよく眠れます」と福山が大いに照れる一幕も。

一方でKEN THE 390の歌詞作りやラップスキルを間近で体験できたことについて「すごく勉強になりました」と、福山にとっても有意義なレコーディングであったことを振り返った。

イベント最後のコーナーは、観客から募集した質問に2人が答えていくというもの。「これから始めてみたいことは?」や「行列に並んででも欲しいものは?」などの質問が2人にぶつけられる。福山は東京オリンピックまでに自転車での移動を再開したいと言い、週300〜400kmを漕いでいたころの自分を取り戻したいと語った。

またKEN THE 390は「町田でどうやってラップスキルを磨いたか」という質問に対し、この会場の近くにある町田市立中央図書館で勉強をして、この会場1Fにあるディスクユニオンに寄ったのち、少し遠くの芹ヶ谷公園でラップの練習に明け暮れていた高校時代を告白。

そしてこの話をきっかけに話題はふたりのデビュー時代へ。”早くに有頂天となりすぐに挫折を味わう”という、奇しくも似た経験を持つふたりは、人生においては”早めの挫折が重要”との教訓に大共感。活躍するフィールドは違えども、似た価値観や仕事観を持っていることが分かったところで、時間いっぱいとなった。

最後に観客と記念写真を撮影して、約1時間のイベントは終了。町田市の魅力を再確認できたのと同時に、登壇したふたりの魅力も存分に光ったイベントとなった。


【町田市今後のイベント情報】
イベント名:『「町田は東京の中の神奈川?」というテーマを新百合ヶ丘で真面目に語る』
出演者:キン・シオタニ、KEN THE 390
主催:東京都町田市、ポニーキャニオン
日時:令和元年11月24日(日)14時から15時まで(13時30分より受付開始)
会場:イオンシネマ新百合ヶ丘(川崎市麻生区上麻生1丁目19−1イオンスタイル新百合ヶ丘6階)
アクセス:
https://www.aeoncinema.com/theater/access/81001_access.html
参加費:無料
申し込み:応募フォームに必要事項を記入(詳細は応募フォームをご参照ください)
内容:トークイベント
応募フォーム:
http://pc-ent.jp/entry/tj67ew4p0/
イベントページ:
https://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/city_promotion/machidacp/talk2019.html

公式レポート:11月22日(金)公開! 新作劇場OVA「フラグタイム」完成披露上映会レポート!

2019年11月22日より期間限定劇場公開される劇場OVA「フラグタイム」完成披露上映会イベントが、11月7日に東京・新宿バルト9にて開催された。

待望の完成披露上映に続いて行われたトークショーには、森谷美鈴役の伊藤美来さん、村上遥役の宮本侑芽さん、小林由香利役の安済知佳さんが登壇。作品にまつわるテーマを中心に、さまざまなトークを繰り広げてくれた。

まず、原作を読んだ際の作品への印象については、伊藤さんが「読む前は、女の子ふたりがきゃっきゃする姿をたくさん見せてくれそうな作品だと思っていたんですが、実際は森谷が3分間時間を止める能力を持っているというファンタジー要素があったりもしますし、村上の深い悩みなどを通じて、高校生ならではの思春期の悩みがリアルに描かれていると思いました」とポジティブなギャップについて語ると、宮本さんは「映像で時間が止まる様子がどう表現されるかわくわくしていたんですけど、映像にすごく映えるんです!」と出来に太鼓判。さらに安済さんも「映像になったことで、時間が止まったシーンの背徳感がプラスされているんですよ」と続ける。

その安済さんが、自ら演じる小林について「いい意味で鈍感力のある子。避けられても、普通に森谷に接せるところがうらやましい!」と評する一方で、伊藤さん・宮本さんはともに演じるキャラクターに共感する部分が多かったとのこと。伊藤さんは物語が進むにつれての森谷の変化について熱弁し、宮本さんも心の苦しいシーンが多かったと語っていたので、ぜひ劇場でその言葉の意味を確かめてほしい。

さて、そんな伊藤さんと宮本さんは、本作の主題歌としてEvery Little Thingの「fragile」をデュエットでカバー。この選曲には伊藤さんが「天才!」と大絶賛。「『フラグタイム』の『フラグ』は『脆い』という意味で、『fragile』も同じ意味なんです」と理由を解説すれば、宮本さんもさらに「歌詞が作品そのまんまでびっくりしちゃいました」と続けていた。

そしてトークコーナーのラストでは、作中でも重要となってくる要素を絡めた「3分間だけ時間を止めることができたら、何をする?」といった質問に3人がパネルで回答。安済さんと宮本さんはこの劇場を舞台に選び、宮本さんは「ポップコーンフレーバーを全て食べる!」安済さんは「(劇場の)みなさんの顔を観ます!」と、劇場ならではの回答する。一方、この会場に限らず願望を書いた伊藤さんの答えは、「ヒーローショーの時間を止める」。特撮ヒーロー好きの伊藤さん、「技の瞬間に時間を止めて、至近距離から決めポーズを見てみたい」と熱望していた。

最後に3人から公開にあたってひと言ずつ挨拶が。「森谷と村上のすごく熱くて、ちょっとじっとりもしていて甘苦しい、濃厚な3分間をぜひたくさんの人に味わってもらえたら嬉しいです(安済さん)」「本当に、私自身も助けられた作品です。青春時代、誰かのことを思い出していただけるような作品になっていると思います(宮本さん)」「高校生という短い時間だけど、森谷と村上のふたりはその間にすごく成長します。その一生懸命生きてる姿を見て、はっとしてもらえたりドキッとしていただければ(伊藤さん)」

そんな青春ならではのみずみずしい感情の動きと恋心を全国のスクリーンで観られるのは、11月22日から。期間限定での上映となるので、ぜひ見逃さないようチェックしてほしい。


<新作劇場OVA『フラグタイム』>
【劇場公開概要】
2019年11月22日より、新宿バルト9/池袋HUMAXシネマズ/ユナイテッド・シネマ豊洲/109シネマズ名古屋/梅田ブルク7/TOHOシネマズなんば/T・ジョイ博多/ユナイテッド・シネマ札幌ほかにて期間限定公開

上映館情報詳細:
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=fragtime


【ムビチケ情報】
「特製クリアファイル付きムビチケカード第2弾」好評発売中
販売劇場:上映劇場
金額:1,300円(税込)
※ムビチケカードは対応劇場のみ使用可能なカードタイプの前売券です。
※ムビチケカード1枚につき、特典1枚のお渡しとなります。
※数量限定のためなくなり次第終了となります。
※内容・仕様は予告なく変更・終了する場合がございます。
※販売のない劇場もございます。予めご了承下さい。


【キャスト】
森谷美鈴:伊藤美来
村上遥:宮本侑芽
小林由香利:安済知佳
島袋美由利
拝師みほ
梅原裕一郎
田所あずさ
高橋未奈美
佐倉綾音

【スタッフ】
原作:さと『フラグタイム』(秋田書店刊)
監督・脚本:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:須藤智子
プロップデザイン:西本成司
色彩設計:岩井田洋
美術監督:本多敬
美術設定:本多敬、佐藤正浩、きむらひでふみ
撮影監督:口羽毅
編集:後藤正浩
音楽:rionos
主題歌:「fragile」
歌:森谷美鈴(CV:伊藤美来)&村上遥(CV:宮本侑芽)
アニメーション制作:ティアスタジオ
配給:ポニーキャニオン

【イントロダクション】
「3分間だけ、あなたのこと好きにさせて。」

誰とも関わりたくない、関われない。
人付き合いが苦手な森谷美鈴は、1日3分間だけ時間を止められる高校生。
ある日彼女は、時間が停止している間に、クラスいちの美少女・村上遥のスカートの中を覗いてみたが、なぜか村上には時間停止の力が効かず、秘密がバレてしまう。
お詫びとして森谷は、村上の願いを何でも聞くと約束するが…

【キャラクター紹介】
森谷 美鈴 / Misuzu Moritani
1日3分間だけ時間を停止させられる高校生の女の子。ある日、時間を止めている間にクラスいちの美少女・村上遥のスカートを捲っていたところ、彼女には能力が効いておらず、時間停止の秘密がバレてしまう。それ以降、村上に振りまわされるようになるが、同時に彼女の魅力に強く惹かれるようになっていく。

村上 遥 / Haruka Murakami
森谷のクラスメイトの美少女で、常にクラスの中心にいる人気者。森谷が止めた時間の中で、なぜか一人だけ動くことができる。ある日、そんな森谷の秘密を知ってしまい、いろいろな「お願い」を森谷にするようになる。

小林由香利 / Yukari Kobayashi
森谷と村上のクラスメイトの女子高生。他人と話すのが苦手な森谷にも気さくに話し掛ける、誰にでもフラットな態度の女の子。


【音楽商品情報】
「フラグタイム」主題歌「fragile」
2019年11月20日発売
PCCG-70467
1,091円+税

〇CD収録内容
1、fragile
作詞:持田香織
作曲:菊池一仁
編曲:谷口尚久
歌:森谷美鈴(CV:伊藤美来)&村上遥(CV:宮本侑芽)
(Every Little Thingによる楽曲のキャラクターソングカバー)
2、AM11:00
作詞・作曲:TUN
編曲:谷口尚久
歌:森谷美鈴(CV:伊藤美来)&村上遥(CV:宮本侑芽)
(HYによる楽曲のキャラクターソングカバー)
3、fragile(instrumental)
4、AM11:00(instrumental)
〇仕様・特典
キャラクターデザイン須藤智子描き下ろし アニメイラストジャケット仕様

「フラグタイム」オリジナルサウンドトラック
2019年11月20日発売
PCCG-01839
2,500円+税
〇CD収録内容
rionosによる劇場OVAの背景音楽全曲と、劇場予告編デモを完全収録。
〇仕様・特典
特製12Pブックレット(rionosによる各曲ライナーノーツ収録)

<原作コミックス情報>
原作:さと『フラグタイム』秋田書店<少年チャンピオン・コミックス・タップ!>/全2巻

試し読みはこちら:
https://souffle.life/manga/frag-time/


アニメ公式サイト:
https://frag-time.com

アニメ公式Twitter:「フラグタイム」アニメ公式:
https://twitter.com/fragtime_anime

©2019 さと(秋田書店)/「フラグタイム」製作委員会

公式レポート:次世代声優育成ゲーム『CUE!』メインキャスト勢揃いの初ミニライブイベント「Nice to meet you!」オフィシャルレポート到着!さらに2020年4月12日に1stライブ@Zepp Tokyo開催決定!

10月25日(金)よりサービスを開始した次世代声優育成ゲーム「CUE!」の初ミニライブイベント「Nice to meetyou!」が11月2日(土)、3日(日)の2日間、池袋の新ライブハウスharevutaiにて開催された。

「CUE!」のゲーム内に登場する声優事務所AiRBLUEに所属するメインキャラクター16名のキャストが勢揃いでお送りした初めてのイベントということもあり、チケットも事前に完売となった。その反響のため、2日間ともニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVEでの無料配信も実施された。

イベントの内容は、トーク&ミニライブ。イベント開始前の影アナでは、harevutaiステージ背景LEDに映像が投影され、「CUE!」より六石陽菜と丸山利恵が登場してイベントに関する注意事項をアナウンスするという仕掛けも。

「CUE!」メインキャラクター16名が、4名ずつ所属するチームFlower、Bird、Wind、Moonが、イベントオープニング映像で順番に紹介され、映像が終わると同時に1曲目「Forever Friends」がスタート。イントロが流れてAiRBLUEの16名がステージの上手、下手の両側から登場すると、会場からは大きな歓声が上がった。

「Forever Friends」は『CUE!』ゲーム内のオープニング主題歌となっており、会場に集まっているファンも待ってましたと言わんばかりに、キャストにシンクロするように手振りで参加し、会場は一体感に包まれる。

1曲目が終わると、六石陽菜役の内山悠里菜から代表してまずは挨拶があり、その後出演者全員がそれぞれ自身のキャラクターとして一言と、挨拶を順番に行った。そのあとは、まず1つ目のトークコーナー。

キャスト16名が4チーム「Flower」「Bird」「Wind」「Moon」に分かれて、トークコーナーのお題について回答をし、一番良い回答だったチームをニコニコ生放送のアンケートにて決定。一番良かったチームにはiTunesカード5,000円分が1人1つずつプレゼントされるというコーナー内容だ。

イベント2日間通して課されたお題は、「自分たちのキャラのチームのここがかわいい!」「CUE!のシナリオエピソードでこれがいい!」、そして「自分たち自身のエピソードでこんないい話!」の3つ。賞品獲得に俄然やる気を出したキャスト一同は、オリジナリティ溢れる回答で会場に笑いや拍手を度々起こしていた。そしてアンケートの結果、なんと2日間とも優勝したのはMoonチーム!Moonチームにはその場で目録が贈呈された。

そのまま2つ目のトークコーナーへ。ここで、2チーム対抗ゲームとなるため、ステージ上にはWindとMoonの計8名が残り、その司会をBirdチームから恵庭あいり役
飯塚麻結と、九条柚葉役村上まなつが担当。ゲーム内容は、答えが4文字になるクイズが出題され、それをチームメンバーが1文字ずつ回答し、単語を完成させるというもの。

クイズの内容はすべて「CUE!」に関するもので、初心者でも簡単にわかるものから、シナリオを読み込まないと正解できない難易度の高いものまであり、計4問の出題となった。チームワークが試されるこちらのゲームでは、負けたチームに罰ゲームが用意されており、Windが負けたら「大人のお姉さん」で、Moonが負けたら「中二病」で、「よ」「ろ」「し」「く」の4文字のあいうえお作文でCUE!の告知をするというもの。(2日目の罰ゲームは、お題が逆になっていた。)

また、全問正解でiTunesカードを5000円プレゼントされるというご褒美の発表もあったが、1日目の第1問を両チームが正解した以外は、両日通してすべて不正解という結果で、どちらも罰ゲームを受けることに。罰ゲームでゲームコーナーが締まったところで、続いては、キャラソンステージ。

まずはFlowerチームが登場し、テーマ曲「One more step!」を披露。その後Birdチームより同じくテーマ曲「ドリ☆アピ」をお送りした。2曲とも、ひたむきに夢を追うキャラクターと、実際に新人声優として奮闘しているキャストの姿がリンクする楽曲で、フレッシュさが溢れるステージとなった。

また本楽曲は、FlowerとBirdチームのメンバーで活動している声優ユニット・DIALOGUE+として今年のアニメロサマーライブけやきひろばステージに出演した際に初披露していたが、CUE!の衣装をまとってのステージは初めてとのこと。

Flower、Birdチームのステージが終わると、先ほどのゲームコーナーの再開。今度はFlowerとBirdチーム8名がステージに残り、司会をMoonチームから、宇津木聡里役小峯愛未と、明神凛音役佐藤舞の2名が担当。ゲームコーナーの内容は先ほどと同様に4文字クイズとなっており、罰ゲームはFlowerが負けたら「儚い少女」で、Birdが負けたら「うるさい鳥」であいうえお作文を披露する。

蓋を開けてみると、1日目は両チームとも全問不正解、2日目はFlowerチームのみ1問正解という残念な結果になり、どちらのチームも罰ゲームを受けることに。全問正解によるiTunesカードのプレゼントはどのチームにも渡ることはなかったが、会場のファンの方も参加できるような一体感の生まれるゲームコーナーだった。

さて、最後のゲームコーナーが終わると、ここからはWindとMoonのキャラソンステージへ。この2チームのテーマ曲のステージ披露は今回が初めてということで、ファンもお待ちかねのライブとなった。

Windからは「Steppin‘ Girl」、Moonからは「ヒカリニ染マル未来」を披露。それぞれのキャラクターらしく可愛らしい歌詞と、軽快なリズムとメロディーで構成されているWindのテーマ曲、また対照的にキャラクターの秘めている強さがそのバンドサウンドの激しさに表れているMoonのテーマ曲という、毛色の違う2曲が立て続けに披露され、「CUE!」楽曲の多様さも感じるステージであった。

その後は、キャスト16名がステージ上に揃い、告知コーナーに移る。すでに発表している、11月27日(水)発売のAiRBLUE 1stシングル「Forever Friends」やそのリリースイベント開催情報など一通りお知らせしたところで、来年1月22日、2月12日にそれぞれCUE!チームシングルが2枚ずつリリースされることが発表となった。

1月22日はFlowerとBird、2月12日にはWindとMoonのシングル発売となる。「CUE!」ゲーム内アニメの主題歌楽曲と、本イベントで披露されたチームテーマ曲、そしてさらなる新曲も収録されるシングルとのことで、期待が高まる。こちらのシングルもリリース記念イベントがそれぞれチーム毎で開催される。そして、コミックマーケット97への「CUE!」出展も決定。夏のコミックマーケット同様、キャストが登場することも発表された。

さらに最後に、2020年4月12日に、CUE!1st Party「Hello, beautiful tomorrow!」開催の決定、そしてその会場がZepp Tokyoと発表されると、会場はどよめきに包まれた。

告知パートが終わると、16人全員で新曲「さよならレディーメイド」と、「Forever Friends」をもう一度披露。2日目の公演では、楽曲ラストに感極まるキャストが続出し、最後に16名を代表して六石陽菜役の内山悠里菜が涙ながらに「これからもCUE!とAiRBLUEをよろしくお願いします!本日はありがとうございました!」と、満員の会場に精一杯の感謝の気持ちを表して、2日間のCUE! Mini Live Event「Nice to meet you!」は幕を閉じた。

初めてのイベントで発表も盛りだくさんとなり、今後の展開に期待が持てる公演であった。次のAiRBLUE出演イベントは、11月17日(日)「Forever Friends」リリース直前ミニライブ@サンシャインシティ噴水広場となっている。観覧無料ということで、CUE!に興味を持った方は是非足を運んでみてはいかがだろうか。


<『CUE!』公式サイト>
https://www.cue-liber.jp/


◆ CUE! Mini Live Event「Nice to meet you!」
・配信アーカイブ1日目 ※期間限定公開

・配信アーカイブ2日目 ※期間限定公開

◆ CUE! 01 Single 「Forever Friends」
【発売日】
2019年11月27日

【アーティスト】
AiRBLUE

◇初回限定盤(CD+DVD)
PCCG-01840 / 1,800円+税
◇通常盤(CD only)
PCCG-01845 / 1,273円+税

【収録内容】
1.Forever Friends
作詞/作曲:shilo
編曲:伊藤 賢
2.さよならレディーメイド
作詞/作曲/編曲:奈須野新平(Rebrast)
3.Forever Friends(Flower ver.)
4.Forever Friends(Bird ver.)
5.Forever Friends(Wind ver.)
6.Forever Friends(Moon ver.)
7.Forever Friends(Instrumental)
8.さよならレディーメイド(Instrumental)

◆CUE! チームシングル
CUE! Team Single 01「Knocking On My Dream」/AiRBLUE Flower
発売日:2020年1月22日(水)
品番:PCCG.01859
価格:1636円+税

CUE! Team Single 02「にこにこワクワク 最高潮!」/AiRBLUE Bird
発売日:2020年1月22日(水)
品番:PCCG.01860
価格:1636円+税

CUE! Team Single 03「Good meal, Good life」/AiRBLUE Wind
発売日:2020年2月12日(水)
品番:PCCG.01861
価格:1636円+税

CUE! Team Single 04「MiRAGE! MiRAGE!!」/AiRBLUE Moon
発売日:2020年2月12日発売
品番:PCCG.01862
価格:1636円+税
※収録楽曲は後日公開いたします。

○AiRBLUE 1st Single「Forever Friends」発売直前ミニライブ
日程:2019年11月17日(日)
①14:00開演
②16:30開演
会場:池袋サンシャインシティ 噴水広場
(〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-2)
内容:トーク&ミニライブ ※観覧無料(優先観覧あり)

出演:
・内山悠里菜(六石陽菜 役)
・稗田寧々(鷹取舞花 役)
・守屋亨香(鹿野志穂 役)
・緒方佑奈(月居ほのか 役)
・鷹村彩花(天童悠希役)
・宮原颯希(赤川千紗 役)
・飯塚麻結(恵庭あいり 役)
・村上まなつ(九条柚葉 役)
・安齋由香里(夜峰美晴 役)
・松田彩希(神室絢役)
・山口愛(宮路まほろ 役)
・鶴野有紗(日名倉莉子 役)
・立花日菜(丸山利恵 役)
・小峯愛未(宇津木聡里 役)
・佐藤舞(明神凛音役)
・土屋李央(遠見鳴 役)

☆優先観覧エリア入場方法など詳細はこちら
https://www.cue-liber.jp/?nid=369


○CUE! 1st Party「Hello, beautiful tomorrow!」
日程:2020年4月12日(日)
[1部]13:30 開場/14:30 開演
[2部]17:30 開場/18:30 開演
会場:Zepp Tokyo
料金:7,700円(税込)

◆出演
AiRBLUE
・内山悠里菜(六石陽菜 役)
・稗田寧々(鷹取舞花 役)
・守屋亨香(鹿野志穂 役)
・緒方佑奈(月居ほのか 役)
・鷹村彩花(天童悠希役)
・宮原颯希(赤川千紗 役)
・飯塚麻結(恵庭あいり 役)
・村上まなつ(九条柚葉 役)
・安齋由香里(夜峰美晴 役)
・松田彩希(神室絢役)
・山口愛(宮路まほろ 役)
・鶴野有紗(日名倉莉子 役)
・立花日菜(丸山利恵 役)
・小峯愛未(宇津木聡里 役)
・佐藤舞(明神凛音役)
・土屋李央(遠見鳴 役)

【チケット先行申し込みについて】
11月27日(水)発売 AiRBLUE 1st single「Forever Friends」に本公演の優先販売申込券が封入されます。
※CDには「イベント優先販売申込券」と「ゲーム内アイテム(LPゼリー EX、金の貯金箱)プレゼントコード」の2種類が封入されます。

【枚数制限】
1シリアルナンバーにつき 各公演 1枚まで

【先行申込受付期間】
申込受付期間 2019/11/27(水) ~ 2020/1/14(火) 23:59
抽選結果発表 2020/1/17(金) 19:00以降
支払手続期間 2020/1/17(金) 19:00 ~ 2020/1/21(火) 23:59
※受付は先着順ではございません。お申込み多数の場合は抽選となります。


▽「CUE!」キャラクターPV
https://www.youtube.com/playlist?list=PLd-tWPXl3uj4rmmK6d6eEGgrtFJ2Qoaum

▽『CUE!』試聴動画・アニメPV
https://www.youtube.com/playlist?list=PLd-tWPXl3uj7Muc0erwPj-M_RweNj7DlT


<『CUE!』キャラクター:キャスト名>
【Flower】
六石陽菜(むついし はるな):内山悠里菜
鷹取舞花(たかとり まいか):稗田寧々
鹿野志穂(かの しほ):守屋亨香
月居ほのか(つきい ほのか):緒方佑奈
【Bird】
天童悠希(てんどう ゆうき):鷹村彩花
赤川千紗(あかがわ ちさ):宮原颯希
恵庭あいり(えにわ あいり):飯塚麻結
九条柚葉(くじょう ゆずは):村上まなつ
【Wind】
夜峰美晴(よみね みはる):安齋由香里
神室絢(かむろ あや):松田彩希
宮路まほろ(みやじ まほろ):山口愛
日名倉莉子(ひなくら りこ):鶴野有紗
【Moon】
丸山利恵(まるやま りえ):立花日菜
宇津木聡里(うつぎ さとり):小峯愛未
明神凛音(みょうじん りんね):佐藤舞
遠見鳴(とおみ めい):土屋李央


<CUE! 詳細>
タイトル:CUE!(キュー)
ジャンル:次世代声優育成ゲーム
開発・運営:株式会社リベル・エンタテインメント
音楽・ライブ制作:株式会社ポニーキャニオン
キャラクターデザイン:シソ(Twitter : @si_soo)
デザイン:株式会社日本デザインセンター、株式会社KOMEWORKS
価格:基本プレイ無料 (一部アイテム課金制)
対応OS:iOS/Android (機種によりご利用頂けない場合があります)

©Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.

公式レポート:諸星すみれ・デビューミニアルバム「smile」リリース記念イベント・ららぽーと新三郷イベントレポート

声優・歌手の諸星すみれが、デビューミニアルバム「smile」のリリースを記念して、ららぽーと新三郷 スカイガーデンにてイベントを開催。当日は朝から大勢のファンが会場に集結した。

イベント開始時刻の14時になると、ステージに諸星すみれが登場。まずはアルバムの一曲目にもなっている「はじまれ」を披露。会場のスカイガーデンは、吹き抜けの屋外ステージ。彼女の澄んだ歌声が場内に響き渡ると、買い物に訪れた一般客までもが足を止めステージに注目していた。

一曲目を歌い終えた彼女は、多少緊張した表情で集まった大勢のファンに感謝の気持ちを伝えた。そしてステージ前方の観覧エリアのみならず、2階のテラスまで集まっているファンを見渡し、「ありがとうございます」と頭を下げた。続いて披露した二曲目は、現在放送中のTVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』のオープニングテーマ「真っ白」。来場者がみな温かい眼差しで聴き入っている姿が印象的だった。

二曲を終えるとMCが登場してミニトークコーナーを行ない、ソロデビューした感想などをインタビュー。「ミニアルバムを制作している段階から夢見心地でした。受け入れてもらえるかな…と不安な気持ちもありました」と率直な気持ちを伝えた。

また、「実はドッキリでした」と言われるのではないかと半信半疑だったエピソードを紹介すると、場内に大きな笑いが起こった。さらに、友だちとカラオケに行ったとき、自分の曲(「真っ白」)が入っているのを見つけて歌唱した話や、『犬フェス2!』のステージでは両手を使わなければ、震えてマイクを持てないほど緊張していた話なども紹介。

最後の質問「今後チャレンジしてみたいことは?」に対しては、「自信はないんですけど……」と前置きをした上で「弾き語りをしてみたい。それと、踊りながら歌ってみたいです、1曲だけ…(笑)」と照れながら返答。客席からは期待に満ちた大きな拍手が起こっていた。

そしてリリースイベント後半戦。再びマイクを手に取り、三曲目「青い関係」、四曲目「初めての主役」を披露。なかでも初披露となった「青い関係」では、魅力ある歌声に詞曲の良さも相まって、ファンの方々の心をグッとつかんだ素晴らしいステージとなった。ミニライブに続いての特典お渡し会では、集まったファンひとりひとりへ特典を手渡し。会場は本人の人柄が垣間見える笑顔=smileに満ちていた。

デビューミニアルバム発売記念リリースイベントは、終始ほっこりした空気が流れる温かい現場だった。諸星自身と彼女を支える優しいファンにとって、想い出の一日になったに違いない。デビューしたばかりの彼女だが、今後どのようなアーティストに成長していくのか目が離せない。
(撮影・テキスト:佐藤ポン)


<デビューミニアルバム 「smile」>
限定盤/VTZL-170:CD+BD 3,600円+税
通常盤/VTCL-60510:CD 2,700円+税

収録曲:
1.はじまれ
2.真っ白
3.Beautiful Flower
4.アスファルト
5.初めての主役
6.足りない音はキミの声
7.青い関係

限定盤同梱Blu-ray収録内容:
「真っ白」 Music Video

公式レポート:舞台「俺たちマジ校デストロイ」マジステLIVE2019「NEO★FES」オフィシャルレポート到着!

舞台「俺たちマジ校デストロイ」が1日限りのスペシャルLIVEとなるマジステLIVE2019「NEO★FES」(マジステライブニセンジュウキュウネオフェス)」が、本日11月4日(月・祝)に東京・日本青年館ホールにて開催されました。以下、本日のイベント昼公演の様子をお伝えいたします。

本公演は、オールキャストによる舞台オープニングバージョンの「マージナルデイズ・デストロイ!」で幕を開け、トモ(谷水力)が「みんな~!今日は楽しんでいってくれよな~!」と叫ぶと客席からは早速大歓声が沸き起こります。

続けて舞台公演の日替わりLIVEパートで披露したオリジナルユニットのトモ(谷水力)・ニーナ(野口稜介)・メグ(熊谷魁人)・キスケ(永田聖一朗)によるブンブン!の掛け声でおなじみの「Boom Boom Bomber!」、トモ(谷水力)・ジュン(堀海登)の激しいロックチューン「Shine VS Knight」、ニーナ(野口稜介)・ミユ(小南光司)セクシーな腹チラ、床ドンのダンスが魅力的な「NaKeD」、メグ(熊谷魁人)・キスケ(永田聖一朗)・ユッキー(大橋典之)の「RIDE ON WAVE」を続けて披露し会場を盛り上げました。

トークコーナー後、メイド衣装のミユ(小南光司)とジュン(堀海登)によるユニットみゅうにゅうが登場し「ラブリージュース♡100パーセント」を披露すると会場からは、超絶カワイイミユくん!ジュンくん!のコールが起こり大きな盛り上がりをみせました。

その後辰生(神永圭佑)と竜(横井翔二郎)のユニット、プリンスワンが登場し舞台公演でも大人気だった「ロミオとカナリア」をクールに歌い上げると、続けてライブ初披露となる新曲「Twilight Wish」を披露すると客席からは大きな歓声が上がり、2人のセクシーで激しいダンスと美声に酔いしれました。

プリンスワンのMCが終わると、今回のスペシャルライブ限定となるシャッフルユニットでのメドレーがスタート。舞台公演時の日替わりユニットのメンバーをさらにシャッフルしてLIVEを行うという、まさに1日限りのスペシャルメドレーを披露しました。

メドレーはミユ(小南光司)・ユッキー(大橋典之)による「Shine VS Knight」で始まり、メグ(熊谷魁人)・キスケ(永田聖一朗)の「ラブリージュース♡100パーセント」では2人がスカートを履いて登場。客席から可愛い~!!という大歓声があがりました。ジュン(堀海登)・竜(横井翔二郎)の「NaKeD」では溢れる色気で観客を魅了し、注目ポイントの床ドンでは客席から黄色い歓声が。

最後はトモ(谷水力)・ニーナ(野口稜介)・辰生(神永圭佑)による「RIDE ON WAVE」で、メドレーが終了。大興奮のままライブはラストスパートへ。今回のLIVEで初披露となるマジ校デストロイの新曲「C‘mon  Now!」が披露されると、会場のボルテージは最高潮までヒートアップ。「MAGIC CALL!!」では一体感のあるコール&レスポンスが会場中に響き渡りました。

ラストMCでは、トモ(谷水力)が「舞台が終わっても、素敵な仲間たちとまたLIVEが出来るなんて夢みたいな時間でした。本当にありがとうございました。」とコメント、舞台自体が初めてだったニーナ(野口稜介)は「僕にとってはすべてが初めてだったこの作品で、いろんなことを一から教えてくれる素敵な先輩方に恵まれ、沢山のファンの方に出会えて大袈裟ではなく本当に幸せでした。僕にとって特別な作品になりました。」とコメントすると、会場からは感動しすすり泣くファンも。ミユ(小南光司)は「マジ校デストロイとしてまた一緒にLIVEが出来て幸せでした。本当にダンスや歌が難しい楽曲が多かったのですが皆さんの笑顔や大きな歓声を聞いて、頑張って練習してきてよかったなと心から思いました。みんなにも元気を与えられていたら嬉しいな。」と、ジュン(堀海登)は「今回、シャッフルユニットとして他のユニットの楽曲を踊れたのが新鮮で凄く楽しかったです。皆さん、漆黒に溺れられましたか?」とコメントすると客席からは溺れたー!と大きな歓声が響き渡りました。と語ると会場は暖かい歓声と拍手で包まれ、最後はオールキャストで「マージナルデイズ・デストロイ!」を歌い上げ、大歓声に包まれたまま本公演は幕を閉じました。

尚、夜の部の映像と新曲は2020年3月27日(金)発売のDVD&Blu-rayに収録されます。


<マジステLIVE2019「NEO★FES」開催概要>
イベントタイトル:マジステLIVE 2019「NEO★FES」
日程:2019年11月4日(月・祝)
【昼の部】開場:15:30/開演:16:00
【夜の部】開場:18:30/開演:19:00
会場:日本青年館ホール(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-1)
出演者:
谷水力/野口稜介/熊谷魁人/永田聖一朗/小南光司/堀海登/大橋典之
横井翔二郎/神永圭佑 ほか
主催:エイベックス・ピクチャーズ株式会社


<マジステLIVE2019「NEO★FES」パッケージ情報>
マジステLIVE2019「NEO★FES」Blu-ray&DVD
発売日:2019年3月27日(金)
Blu-ray価格:9,720円(税込)
DVD価格:8,640円(税込)

【内容Disc2枚組】(Blu-ray&DVD共通)
DISC1<本編>
夜の部収録予定
DISC2<特典映像>
キャスト撮影による稽古映像&バックステージ映像
CD
新曲ライブ音源

【DVD&Blu-ray販売店舗別特典】
≪HMV≫ ※公演会場分も対象
ブロマイド9枚組
≪Amazon≫
ブロマイド2枚組
≪アニメイト≫
ブロマイド
※特典は、ご予約していただいた店舗様にて商品引渡し時にお渡し致します。
※特典は数量限定に付きなくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。
※商品仕様、特典内容、デザインは予告なく変更となる場合がございます。
※一部お取扱いの無い店舗(ECサイト)等もございますので、お近くの店舗へお問い合わせください。


舞台「俺たちマジ校デストロイ」

公式サイト:
https://majidesu-stage.com

公式Twitter:
https://twitter.com/hmajiko_stage

ⓒMarumero Tanaka/KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ