公式レポート:TVアニメ「プリパラ」生配信ライブ 「Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!」オフィシャルレポート到着! “バーチャルアイドルライフプロジェクト”も始動!!

TVアニメ「プリパラ」シリーズのキャストが出演する無観客生配信ライブ「Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!」が開催されました。

オープニングは「ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!」からスタート。出演キャスト20人が元気いっぱいの笑顔で登場します。VTRの後トップバッターを務めたのはちり(大森日雅)、しゅうか(朝日奈丸佳)。「頭が高ーい!」のコールから始まる「ゴー!ゴー!ゴージャス!」でセレブリティ感溢れる楽曲を披露しました。

続いて舞台中央に踊り出たのはドロシー(澁谷梓希)&レオナ(若井友希)。「Ha Cha Me Cha テレパシー」で息ピッタリのパフォーマンスを披露します。楽曲の途中でまさかのシオン(山北早紀)もサプライズ登場。配信を見ているファンを一気に引き込みます。

続く「トンでもSUMMER ADVENTURE」ではドレッシングふらわーの5名がダンスで豊かな個性を見せつけました。

MCパートではファンからリアルタイムで配信に届いている感想を紹介し、配信ならではのファンとの交流を楽しむ一幕も。続いてふわり(佐藤あずさ)がステージ中央に登場。ヤギをモチーフにした新衣装でお馴染みの楽曲「コノウタトマレイヒ」でステージを緑一色に染め上げます。

MY♡DREAMのゆい(伊達朱里紗)、みちる(山田唯菜)はチーム曲「ハートフル♡ドリーム」を2人で歌唱し、続くしゅうか(朝日奈丸佳)が「Miss.プリオネア」を華麗に歌い上げます。

らぁら(茜屋日海夏)、みれい(芹澤 優)の「ま~ぶる Make up a-ha-ha!」にDressingPaféの「CHANGE! MY WORLD」と安定感のあるパフォーマンスでバトンをつなぎ、NonSugarが「リザーブ・ザ・リバース!」でフレッシュな笑顔を届けました。

続いて壮厳な前奏と共に現れたのはひびき様こと紫京院ひびき(斎賀みつき)。「純(ピュ)・アモーレ・愛」で圧倒的な歌唱力と存在感を見せつけました。ここでふわり(佐藤あずさ)が再びステージへ。サプライズで新曲「パルプス・ノンフィクション♪」を初披露し、配信を見ているファンからは「パルプスの伊吹を感じる」「さわやか!かわいい!」と喜びのコメントが殺到しました。

ライブ後半戦では黒一点のWITHが登場。「Giraギャラティック・タイトロープ」・「スーパー・ダーリン」で男プリならではの力強い歌唱でギャラクシーなステージを魅せます。

Gaarmageddonの「神曲!~Gaarmage Tourism~」・ NonSugarの 「シュガーレス×フレンド」・MY♡DREAMのゆい(伊達朱里紗)、みちる(山田唯菜) による「Believe My DREAM!」とプリパラの名曲たちが次々と繰り出され、「ラン♪ for ジャンピン!」ではDressingPaféが間奏中に“ドレパ”にちなんだあいうえお作文を即興で披露。“どんなときでも・列車は続くから・信じてついてこい!”と3人で言葉をつなぎ、 ライブの盛り上がりは最高潮に。満を期してSoLaMi♡SMILEの3人が顔を揃え「HAPPYぱLUCKY」を満面の笑顔で歌い切ると、ライブはいよいよ終幕へ。

告知コーナーでは早くも本ライブのBlu-ray化が発表。併せて7月に開催された「キラッとプリ☆チャン」初単独ライブ「Hello!プリ☆チャンワールド」のBlu-rayも来年2月26日の同日発売することが解禁となりました。また「Hello!プリ☆チャンワールド」は動画配信サービス「あにテレ」での独占二次配信も決定いたしました。

さらに、今まで謎に包まれていたプリパラのアプリ情報についても新たなお知らせが。VTRにて「バーチャルアイドルライフプロジェクト始動!」というキャッチコピーのもと、スマートフォンアプリ「アイドルランドプリパラ」の配信が決定となり、新たなロゴが発表となりました。2021年春に配信予定となります。

最後の挨拶では真中らぁらを演じる茜屋が「プリパラの単独ライブもSoLaMi♡SMILEでのパフォーマンスも本当に久しぶりでドキドキしたんですが、いざステージに立って横に並んだ2人を見たら、とても安心ができました。こうしてプリパラのライブをお届けできるのが本当にありがたいです」と画面の向こうのファンへ感謝を語り、南みれい役の芹澤優は「この3人(SoLaMi♡SMILE)から始まったプリパラという物語がこんなに大きくなったのは本当にすごいことだなと思います。バーチャルアイドルライフという新しいプロジェクトの展開もあるので楽しみです!」と今後のプリティーシリーズの新たな展開に期待をのぞかせました。

ラストは「Crew-Sing! Friend-Ship♡」を全員で歌い上げ、本ライブは大盛況のまま幕を閉じました。本公演は昼の部・夜の部の全2公演行われ、19時から行われる夜の部の配信チケットはチケットぴあにて発売中となります。詳細はCD・DVD公式サイトよりご覧いただけます。
https://avex.jp/pripara/

TVアニメのみならず、イベントでもますます盛り上がりを見せるプリティーシリーズに、引き続きぜひご期待ください。


イベントタイトル:
Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!(無観客生配信)
配信日:
2020年9月20日(日)
・昼の部:15:00~(配信スタート)
・夜の部:19:00~(配信スタート)
チケット受付URL:
https://w.pia.jp/t/pripara-friendship/

出演者:
茜屋日海夏(真中らぁら役)
芹澤 優(南みれぃ役)
久保田未夢(北条そふぃ役)
山北早紀(東堂シオン役)
澁谷梓希(ドロシー・ウェスト役)
若井友希(レオナ・ウェスト役)
牧野由依(黒須あろま役)
真田アサミ(ガァルル役)
渡部優衣(白玉みかん役)
斎賀みつき(紫京院ひびき役)
佐藤あずさ(緑風ふわり役)
田中美海(真中のん役)
大森日雅(月川ちり役)
山下七海(太陽ペッパー役)
伊達朱里紗(夢川ゆい役)
山田唯菜(幸多みちる役)
朝日奈丸佳(華園しゅうか役)
山下誠一郎(夢川ショウゴ役)
小林竜之(三鷹アサヒ役)
土田玲央(高瀬コヨイ役)
※出演を予定しておりました大地 葉(虹色にの役)は不参加となります

特別協賛:
株式会社タカラトミーアーツ

主催:
エイベックス・ピクチャーズ


<パッケージ情報>
本日開催した「Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!」と7月18日に開催された「Hello! プリ☆チャンワールド」のライブBlu-rayが2021年2月26日に同日発売が決定!!

「Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!」Blu-rayには昼の部・夜の部どちらも収録!特典としてキャストコメント映像も収録されます。

「Hello! プリ☆チャンワールド」Blu-rayには夜の部のライブ映像とキャストコメント映像が収録されます。
どちらも本日より、予約受付が開始いたします。詳細はCD/DVD公式ホームページよりご案内しております。


<二次配信情報>
動画配信サービス「あにてれ」にて、7月18日に開催された「Hello! プリ☆チャンワールド」昼の部の独占配信が決定!
配信情報:
配信先:動画配信サービス「あにてれ」
https://ch.ani.tv/articles/1/6846

販売期間:
先行版:2020年10月18日(日) 0:00~2020年10月24日(土) 23:59
通常版:2020年10月25日(日) 0:00~2020年11月17日(火)23:59

価格:2,000円(税別)
※先行版はキャストコメント付映像になります
※初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です
※映像は一部編集しております


<アプリ情報>
スマートフォンアプリ「アイドルランドプリパラ」配信決定!!
「バーチャルアイドルライフプロジェクト始動!」というキャッチコピーのもと、スマートフォンアプリ「アイドルランドプリパラ」のロゴが公開されました!2021年春にアプリが配信予定となります。
今後の詳細はタカラトミーアーツより発信いたします。


公式サイト:
https://avex.jp/pripara/

公式Twitterアニメ公式:
https://twitter.com/prichan_PR

公式Twitterゲーム公式:
https://twitter.com/T_ARTS_PRETTY

© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ IPP製作委員会
© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

公式レポート:村田太志、松岡禎丞『海辺のエトランゼ』公開後舞台挨拶に登壇!お気に入りシーン生再現のサプライズにファンもキュンキュン必至!

現在公開中の映画『海辺のエトランゼ』の公開後舞台挨拶が20日、都内にて行われ、村田太志(橋本駿役)、松岡禎丞(知花実央役)が登壇した。公開を迎えた今の気持ちや、周囲の反響について話したほか、村田のお気に入りのシーンを舞台上で生再現するサプライズも飛び出し、ファンにはたまらない舞台挨拶となった。

『海辺のエトランゼ』は、沖縄の離島を舞台に小説家の卵と少年の初々しい恋愛を描く、紀伊カンナ原作の劇場アニメ。BL(ボーイズラブ)に特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」の第3弾として公開中であり、作品評価も非常に高く、Filmarks の「初日満足度ランキング」では第3位にランクイン(9/14時点)、Yahoo!映画レビュー★4.06(9/16時点)と各種映画サイトで引き続き非常に高い評価を得ている。

「初日の舞台挨拶映像でも『ホッとした』と話したのですが、今も別の意味でホッとしてます」と笑みを見せた村田。当時の状況もあり、アフレコ収録も1か月後ろ倒しになったことを明かしました。様々なことを乗り越え公開を迎えた今、村田のSNSなどには前向きなコメントが多く届くと言い「僕たちのやってきたことが報われたと思いました」と満面の笑みをみせました。松岡は「無事に公開を迎えられて、皆さんに届けられたことが嬉しい」とコメント。「(海辺のエトランゼの)あの世界観が皆さんの心に残るように演じていたので嬉しいです」と続けました。

お互いが演じた駿、実央という役柄について、村田は「原作より(駿の)めんどくささが増している」と苦笑いを浮かべます。「ト書きに“ぶたれるクズ男”“走るクズ男”と書かれていまして…愛がないと書けないですよね」と笑いました。一方、松岡は「ドラマCDでは間尺がきまっていないため、ある程度自由にできるのですが、映画は間尺が決まっているので…」と、映像だからこその大変さがあったようだが、「ドラマCDのラインは崩したくないと思ったので、ドラマCDを主軸にして、実央を演じました」と口にしました。

公開後舞台挨拶ということもあり、2人に本編のお気に入りのシーンを問うと、村田はファンの間でも「キュンキュンする」と評判になっている、実央がベッドの上で「バカッ」と駿に向けて言うシーンをあげました。松岡自身も「(そのシーンは)こだわりました」明かし、テストで感触をつかみ本番では少しだけテストより気持ちを乗せたといったコメントをする中、舞台上では徐々にその「バカッ」を生で聞きたいという雰囲気に…。松岡は「えっ!? ここで?」と驚くものの、村田が駿のセリフで助け舟を出すと、松岡はテレながらも「バカッ」を披露しました。

最後に2人から「みなさまの前で舞台挨拶をさせていただけるということが、今のご時世本当にありがたいことだと思います。これからも『海辺のエトランゼ』をよろしくお願いいたします」と松岡。村田は「エトランゼが大好きでたまらない人達が作った作品です。普通の恋愛をしている2人がちょっとずつ前に進んでいく物語です。ご覧になっていただいて、優しい気持ちになっていただければ嬉しいです」と言葉を寄せ、舞台挨拶は幕を閉じました。


<about 『海辺のエトランゼ』>
心が、洗われるようなボーイズラブ。

小説家の卵の橋本駿と海辺に物憂げに佇む少年、知花実央。そんなふたりの初々しくも、もどかしい関係を描き、多くの読者の心をとらえたコミック「海辺のエトランゼ」(紀伊カンナ作・祥伝社刊)が、2020年夏、ついにBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて劇場アニメとなる。

アニメ化にあたって、作者・紀伊カンナ本人が監修、キャラクターデザインを担当。制作は2Dおよび3Dアニメーションを主軸とした映像制作を行っている、老舗スタジオのスタジオ雲雀。そして監督を務めるのは、「ダンガンロンパ The Animation」の演出を担当し、『宝石の国』1巻発売記念フルアニメーションPVなどで瑞々しい演出力を見せた大橋明代。

ふたりのドラマと美しい沖縄の自然を、光、色彩、音、すべてにこだわり丹念に描く。また、駿と実央の繊細に揺れ動く心を表現する、村田太志(駿役)と松岡禎丞(実央役)の演技にも注目。

静かにくり返す波の音。満天の星空。ゆったりと流れていく時間。訪れたものすべてを包み込む沖縄の離島で、純粋で、あたたかく、でも不器用なふたりの恋が育まれる。

<Story>
『海辺のベンチでひとり佇む少年。 そんな彼が無性に気になった』

小説家を目指す青年・駿は、海辺の少年・実央に思わず声をかけた。――「ちょっと、君!」

それをきっかけに、実央も駿のことを意識し始めるが、彼は島を離れなくてはならなかった。「はやく大人になりたい」そう言い残し、実央は去っていく。

3年後、実央は駿のもとに戻ってきた。少しだけ大人になって。はにかんだ笑顔を浮かべながら。

叶わないはずの想いが、通じあったとき、止まっていた時間が動き出す。

<CAST>
橋本駿:村田太志
知花実央:松岡禎丞
桜子:嶋村侑
絵理:伊藤かな恵
鈴:仲谷明香
おばちゃん:佐藤はな

<STAFF>
原作:紀伊カンナ「海辺のエトランゼ」(祥伝社on BLUE comics)
監督・脚本・コンテ:大橋明代
キャラクターデザイン・監修:紀伊カンナ
総作画監督:渡辺真由美
エフェクト作画監督:橋本敬史
美術監督:空閑由美子(STUDIOじゃっく)
色彩設計:柳澤久美子
撮影監督:美濃部朋子
編集:坂本雅紀(森田編集室)
音楽:窪田ミナ
音楽制作:松竹音楽出版
主題歌:「ゾッコン」MONO NO AWARE(SPACE SHOWER MUSIC)
音響監督:藤田亜紀子
音響効果:森川永子
録音調整:林淑恭
音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:スタジオ雲雀
配給:松竹ODS事業室
製作:海辺のエトランゼ製作委員会

公式サイト:
https://etranger-anime.com

公式Twitter:
https://twitter.com/etranger_anime


『海辺のエトランゼ』絶賛公開中
配給:松竹ODS事業室

(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会
(C)紀伊カンナ/祥伝社 on BLUE comics

公式レポート:『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』完成披露上映会実施上映前舞台挨拶に小西克幸、M・A・O、小野賢章、 宮田俊哉(Kis-My-Ft2)が登壇“大のアニメファン宮田、初の声優挑戦作品の完成に感無量!!”

この度、伝説的アニメ「妖怪⼈間ベム」の⽣誕50周年を記念してリブート版として制作されたTVアニメ『BEM』を映画化した『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』の完成披露上映会が9⽉19⽇(⼟)に都内劇場で開催され、ベム役の⼩⻄克幸、ベラ役のM・A・O、ベロ役の⼩野賢章、そして本作で声優に初めて挑戦したバージェス役の宮⽥俊哉(Kis-My-Ft2)が舞台挨拶に登壇。イベントの最後にはサプライズで、先⽇32歳の誕⽣⽇を迎えた宮⽥さんをケーキでお祝いした。

本作のアフレコが⾏われたのは昨年の12⽉ごろ。その後、新型コロナウイルスの感染が拡⼤し、アフレコ当時は予想もしなかったような⼤きな変化が社会にもたらされたが、⼩⻄さんは「率直にいまの気持ちは、こうして映画を公開することができてよかったなという思いです。⾒ていただかなければ作品は完成しないので、、公開できることが嬉しいです」とホッとした様⼦。

M・A・O さんも⼩⻄さんの⾔葉にうなずき「劇場で公開できることが嬉しいし、こんな状況の中で、⾜を運んでくださるみなさんがたくさんいることがすごく嬉しいです」と満⾯の笑み。⼩野さんも、無事にお披露⽬を迎えたことを喜びながら「作品⾃体、すごく⾯⽩くなっているので早くみなさんに⾒てほしいです」と出来栄えに⾃信をのぞかせた。

⼀⽅、ジャニーズきってのアニメ好きとしても知られる宮⽥さんは、錚々たる声優陣に囲まれて「ここに⽴ってていいのか…」と緊張の⾯持ち。「⼩⻄さん、M・A・O さん、⼩野さんという、僕が散々、(視聴者として)⾒たり聴いたりしてきた⽅とここに並んでいるというのは、プレッシャーでしかないです」と困惑しきり。

これに対し、⼩⻄さんは「逆ですよ︕ こっちが散々⾒てました」と返し、⼩野さんは⾐装を指して「⾊がかぶってしまってすみません(笑)︕」とイジリ、和気あいあいとした仲の良い様⼦をうかがわせた。アニメ好きとあって宮⽥さんは、今回の声優のオファーに、⼆つ返事でひきうけたのかと思いきや、好きだからこそ安易に声の仕事をすることにためらいもあったそう。「昔からアニメが好きだったので『ちょっと無理です…。できないよ』と思い、お話をいただいたのは嬉しかったですが、やるからにはレッスンとか指導していただける環境がないと、好きなアニメを台無しにしてしまうと思いました」と振り返る。

レッスンでは「マイクの前で⽚⼿で台本を持ってめくったら『それだと紙の⾳をマイクが拾ってしまうのでとダメです』というところから教えていただきました」と全くのゼロからのスタートだったと述懐。完成した作品を⾒ての感想を問うと「アニメから⾃分の声がするということに、違和感というか、恥ずかしいです︕」と苦笑まじりに恥ずかしそうに語っていた。

だが、そんな宮⽥さんの声優ぶりについて、⼩⻄さんは「すごいです。声優さんですよ。俺たちの商売あがったりですよ︕」と絶賛。「第⼀声からうまいなと思ったのは、ちょっと(会話の相⼿と)距離のあるシーンだったんですが、その距離感をちゃんと出している」と語り、「ジャニーズさんは、絶対に(宮⽥さんを)声優業界に⼊れた⽅がいい︕」とイチオシ︕

M・A・O さんも「⾃分が⼀番最初に声優をやったとき、こんなに上⼿にできたか…︖ と思いまいた」と初めてとは思えない宮⽥さんの演技⼒の⾼さに驚いた様⼦。⼩野さんも「よく声が通りますよね」と宮⽥さんの声優としての適性の⾼さに太⿎判を押していた。

1968年に放送された伝説的アニメのリブート版への出演という点について、⼩⻄さんは「僕らが作る作品も、さらに50年続いてつないでいける作品になればいいなと思っていました。キャラもリニューアルされていたので、これから始まる新しいベムを作れればと思っていました」と振り返る。M・A・O さんは「最初は『あのベムをですか︖』という気持ちがあったけど、その世代ごとの⾊を⼊れながら作ってくださっていたので、今回のベラなら私にもさせていただけるのかな︖ ご縁があったのかなという思いで、いい緊張感で携われたと思います」と語る。

出演が決まった当初は、ベロ役をやるということが「全然ピンと来なかった」という⼩野さんだが、「(オリジナル版と⽐べて)だいぶ変わっていたので、⾃分が思うベロを⼀から作っていき、⼒を抜いて楽に演じさせてもらいました」と語った。

宮⽥さんは、ベムの親友のバージェスを演じているが「⼦どもの頃に(オリジナル版を)再放送で拝⾒し、去年のTV シリーズも⾒ていて思ったのは、⼦どもの頃は『怖いな』としか思わなかったけど、⼤⼈になって⾒たらメッセージがあって、世代ごとに捉え⽅が違う作品だなということ。そこに⾃分が⼊るというのは『どうしよう︖』という気持ちでしたが、ジャニーズの先輩である⻲梨(和也)くんが実写ドラマ版をやってて、ジャニーズともつながりある作品なので、頑張らなきゃ︕という思いでした」と作品の魅⼒と思いを⼝にした。

ちなみにバージェスという役は、宮⽥さん⽈く「宮⽥史上最も軽薄な役」とのことだが「裏のある役ということで、僕は裏でも表でもこんな調⼦で裏がないので(笑)、裏がある⼈間ってどういう⼈間かな︖ と考えました。『軽薄ってなんだ︖』『裏があるってなんだ︖』とノートに書いたりして作っていきました。監督にバージェスはどういうキャラクターかを聞いたら『深夜の通販番組のノリ』と⾔われて、全然ピンと来なかったんですけど(苦笑)、やってるうちにだんだんそんな気持ちになってきました」とキャラクターを作っていく過程を明かした。

さらに、この⽇のイベントでは、9⽉14⽇に32歳の誕⽣⽇を迎えた宮⽥さんをサプライズで特製ケーキでお祝い︕ 何も知らされていなかった宮⽥さんは、突然現れた巨⼤なケーキに驚きつつ「今年はこういう状況で、近い距離でお祝いしてもらうのは無理かなと思っていたので嬉しいです」と満⾯の笑み。「去年は『⽇本⼀かわいい31 ちゃい(歳)です』と⾔ってたので(笑)、今年は『⽇本⼀かわいい32 ちゃい』で頑張りたいと思います︕」と抱負を⼝にしていた。

最後に声優陣を代表して⼩⻄さんが「映画のコピーで『ついに願いは叶えられる』とありますが、どういう願いが叶えられるのか︖ みなさんの⽬で確認していただければと思います」と呼びかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。


『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』は10⽉2⽇(⾦)より全国ロードショー。
ストーリー:
リブラシティの事件から2 年。⾏⽅不明となったベムたち妖怪⼈間の⾏⽅を探し続けていた刑事・ソニアは、⽬撃情報を元
に「ドラコ・ケミカル」という製薬会社を訪れる。そこで出会ったのは、逞しく成⻑し、たった⼀⼈で悪と戦い続けるベロ、戦いを拒み、普通の⼥の⼦としての暮らしを望むベラ、そして、ベムにそっくりな姿の”ベルム”という男だった・・・。 ベルムは、⾃分のことをベムと呼ぶソニアとの接触以来、毎夜、悪夢にうなされることになる。愛する妻と⼦どもに囲まれた暖 かい家庭。優しい街の⼈々とのいつもの交流。気の置けない同僚と、やりがいのある仕事。そんな、⾃分にとってごく普通の、 変わらないはずの⽇常が、⾳を⽴てて崩れ落ちていく―。「俺は⼀体、誰なんだ・・・?」 彼らの運命はすれ違い、交錯し、やがて妖怪⼈間誕⽣の秘密へと繋がる。⻑年抱いていた夢の答え。果たして妖怪⼈間が 選び取った未来とは・・・!?


<概要>
『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』
2020年10⽉2⽇(⾦)全国ロードショー
製作:劇場版BEM製作委員会

<スタッフ>
原作:ADK エモーションズ
監督:博史池畠
脚本:冨岡淳広
キャラクター原案:村⽥蓮爾
キャラクターデザイン・総作画監督:松本美乃
モンスターデザイン:関川成⼈ ⾊彩設計:⽵⽥由⾹
美術監督:⾦⼦雄司
CG ディレクター:磯部兼⼠
ビジュアルエフェクト:森川万貴
編集:村上義典
⾳響監督:⻲⼭俊樹
⾳楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS 未知瑠
主題歌:「unforever」歌:りぶ 作詞・作曲・編曲:TK(凛として時⾬)
⾳楽制作:フライングドッグ
制作:Production I.G
配給:クロックワークス

<キャスト>
ベム:⼩⻄克幸 / ベラ:M・A・O / ベロ:⼩野賢章
ソニア:内⽥真礼 / ウッズ:乃村健次 / Dr.リサイクル:諏訪部順⼀
ドラコ:⾼⽊渉 / グレタ:伊藤静 / エマ:⽔樹奈々 / バージェス:宮⽥俊哉(Kis-My-Ft2)
マンストール:⼭寺宏⼀


公式サイト:
https://newbem.jp/2020_mv/

公式Twitter:
https://twitter.com/newbem2019

©ADK EM/劇場版BEM製作委員会

公式レポート:2021年放送TVアニメ「天地創造デザイン部」メインキャスト5名による座談会が開催!キャストがデザインした生き物とは?座談会レポート全文到着!

2021年放送開始予定のTVアニメ「天地創造デザイン部」のメインキャスト5名による座談会が実施され、榎木淳弥(下田役)・梅原裕一郎(木村役)・諏訪部順一(水島役)・岸尾だいすけ(金森役)・大空直美(冥戸役)が原作への想いやアニメ収録への意気込みを語った。

<※本座談会はアフレコ開始前の3月初旬に実施されたものになります。>


原作を読んだ感想について諏訪部は「面白おかしい漫画ですが、動物に関するネタはきちんとした情報に基づいていますよね」。

梅原は「ふざけて作ったのかなと思うような性質の生き物も、この作品を読んでいるともしかしたらこうやってデザインされたのかなと思えてくる。ファンタジーではありつつも、すごくリアルに感じました」と興味深げに語った。

もともと生き物の雑学が好きという大空も、漫画で初めて知った生き物の生態が多かったと言い、「色んな生き物への「へぇ~!」がたくさんで楽しめました」と声を弾ませた。

岸尾は「『このマンガがすごい!2019オトコ編』10位にランクインしそうな作品ですね」とコミックスの帯をなぞりながらしみじみと語り、周囲の笑いを誘いました。

自身が演じるキャラクターの印象について榎木は「下田はまだ生まれたばかりの天使なので知らないことも多く、視聴者の方と同じ目線で一緒に楽しんだり驚いたりできるキャラクターなのかなと思っています。デザイン部にとっては癒しのような存在で、そこは僕と共通していますね。」と笑顔で語り、他のキャストからイジられる一幕も。

座談会の終盤にはキャストが新たな生き物をデザインするイラスト企画も実施され、各々がスケッチブックに自分の考えた生き物を描き上げた。『最強の美男美女』、『カフングイ』、『超正義菌』などネーミングからして個性の感じられる生き物たちが次々と“創造”され、終始和気あいあいとした雰囲気で本座談会は幕を閉じた。

キャストの描いたイラストも掲載されている本座談会の写真付き全文はTVアニメ「天地創造デザイン部」公式サイトにて公開中となる。
https://tendebu.jp/special/interview_zadankai.php

2021年の放送に向けてますます勢いをつける話題の“生き物創造お仕事コメディ”「天地創造デザイン部」の気になる最新情報については公式サイト、公式Twitter、「モーニングtwo」本誌にて今後も随時発表予定となります。
https://tendebu.jp
https://twitter.com/tendebu_PR


<TVアニメ「天地創造デザイン部」座談会レポート>

――原作を読んでのご感想をお聞かせください。
榎木 まるで生き物図鑑を読んでいるような感覚になりました。知っている生き物でも「こんな一面があったんだ」という発見がありましたし、「こんなデザイン、絶対不採用だな」と思って読んでいても採用されていたりして、いろいろな生き物に詳しくなれますね。ためになる知識が詰まった作品だなと思います。
大空 もともと生き物の雑学が好きなので知っていることもあったんですけれど、全然知らなかったこともやっぱりあって。コアラが親の排泄物を食べて育つなんて、初めて知りました! 雑学が好きなのは「へぇ~!」となる感覚が好きだからで、この作品はそんな「へぇ~!」がたくさんで楽しいなと思いながら読んでいました。
諏訪部 面白おかしいマンガですが、動物に関するネタはきちんとした情報に基づいていますよね。創作ジョークかと思いきや、実は本当のことというのも結構あって。楽しみながら学べる作品ですね。
榎木 巻末に載っている参考文献の出典数がすごいんですよ!
梅原 学術的にもちゃんとしていますよね。
岸尾 それでいて漫画としても面白い。『このマンガがすごい!2019オトコ編』の第10位に入りそうなくらいですね。
榎木 既に入っていますから! コミックスの帯読んだだけじゃないですか(笑)。
岸尾 どうしてもそれを言いたくなって(笑)。
梅原 地球上には本当にいろいろな種類の生き物がいて、「ふざけて作ったのかな」と思うような性質の生き物も存在しているじゃないですか。でも、この作品を読んでいると、「もしかしたらこうやってデザインされたのかな」と思えてくるんですよ。ファンタジーではありつつも、すごくリアルに感じました。
諏訪部 環境に適応して生きていくための必要不可欠な要素かと思いきや。実はあまり意味のない器官とか機能って結構あるんだよね。むしろウィークポイントと言っていいようなものとかも。まさに神の悪戯って感じ(笑)
榎木 キクガシラコウモリの偽乳とか。
大空 乳は出ないから意味ないですもんね。
榎木 そう、子供がただぶら下がるためだけにある(笑)。本当に不思議ですよね。


――神様が発注してデザイン部がデザインするという世界観の設定については、どのように思われましたか?
大空 神様のことをクライアントと呼んでいるところとか、妙にリアリティがありますよね。
榎木 そもそもデザイン部のみんなは何なのかが気になります。下田は天使だけれど、みんなは違うんですかね? コミックス1巻の冒頭で下田が来たときに、「来たな天使ども」と言っていますし。
諏訪部 確かに。そのあたりの設定は現状ふわっとしているね。そこツッコむのは野暮かも(笑)。
岸尾 金森の性別も謎だよね。温泉は火口と一緒に入っているし。
榎木 もしかしたら性別がないのかもしれない。
諏訪部 まぁ、そういうのは雰囲気で流しておいた方がいいんじゃない?
榎木 土屋さんに孫がいるのも謎!
大空 そうですよね。どうやって家族を作るんでしょう?
諏訪部 そういうところイジるのも野暮!(笑)
榎木 もう全部が野暮になる(笑)。


――ご自身が演じられるキャラクターの印象をお聞かせください。
榎木 下田はまだ生まれたばかりの天使なので知らないことも多く、視聴者の方と同じ目線のキャラクターなのかなと思っています。可愛い可愛くないの基準も割と現代社会の一般人の感覚に沿っているので、視聴者の方と一緒に楽しんだり驚いたりできるような立ち位置になると思います。デザイン部にとっては癒しのような存在で、そこは僕と共通していますね。
一同 (笑)。
岸尾 よし、どんどんイジっていこう!
梅原 木村は「食べたら美味しいか、美味しくないか」に飽くなき探求心を持っているキャラクターです。食にこだわり過ぎて、周りから引かれることもあるんですけど、そこも面白いところだなと思っています。
諏訪部 動物園や水族館に行って、「美味しそう」と言うタイプだよね。
梅原 そうですね。僕は食への探求心がないので、その点に関しては完璧には理解できないところです(苦笑)。オーディションの段階から普段やる役とは違ったので、ぜひ演じてみたいと強く思っていました。
諏訪部 水島は機能からデザインを起こすタイプですね。発想が非常にロジカル。しかし、そんな中にロマンもあったりして。自分もベースは論理的に物事を考えるタイプなので共感が持てますね。あぁ、一応申し上げておくと、ロジカルだけでなくエモーショナルも大切にするタイプです。なので、もし自分が生き物をデザインすることができたとしたら、めっちゃ可愛いやつにするでしょうね(笑)。
岸尾 金森は美しいものへのこだわりが強いキャラクターです。美へのこだわりという意味では、僕も毎日パックしています。
諏訪部 本当に!?
岸尾 ちゃんと毎日やってるよ~。導入剤を入れてから化粧水つけてる。
大空 本格的! 毎日はすごいです!
諏訪部 それは美のため?
岸尾 肌を褒められるから肌に気を遣っているだけで、それ以外のこだわりはあまり無いかな。金森の性別は先ほども話に上がりましたが、これまでもジェンダー関係なくいろいろな役をやらせていただいているので、今回も演じるのを楽しみにしています。
大空 冥戸ちゃんはオーディションのセリフも刺激的な言葉ばかりでした。生き物の生殖器を可愛いと思う子なので、そういった言いにくい言葉をガンガン言うんですよ(笑)。こんなに可愛らしい見た目だけれど、可愛いと思う基準が独特で、発想もちょっとグロテスクですね。
諏訪部 代表作が毒蛙なんだよね。
大空 毒が好きで、他の人のデザインにもよく「毒入れる?」と言っています。私も演じるにあたって、冥戸ちゃんが「可愛くて好き!」と思うものを、頑張って好きになれるようにしたいです!
榎木 それはやめた方がいい!(笑)


――原作の中で好きなエピソードを教えてください。
大空 ラッコのお話はたまらんですね! 寒くて手をバンザイするとか、海藻を体に巻き付けるとか、仲間と手を繋いで泳ぐとか、本当に“可愛い”の塊でキュンキュンしました。私は冥戸ちゃん役ですけれど、可愛い生き物が好きなので……。
榎木 じゃあ冥戸とは真逆なんですね?
大空 そうなんです。私としては海原さんが生み出す生き物が好みです。
梅原 僕はダイオウイカとクジラのエピソード。実際にああいった進化の過程だったのかは分からないですけれど、それぞれの個体がどんどん大きくなっていくところが面白かったです。ダイオウイカにはロマンを感じますね。
岸尾 クラーケンじゃん!
梅原 一時期ダイオウイカの特集番組が組まれたりして、流行ったじゃないですか。ダイオウイカだけじゃなくて、深海にはものすごい数の生き物がいて、「まだまだ見たことが無い生き物がいるんだろうな」というロマンを感じます。
榎木 僕は慰安旅行のお話が好きです。
諏訪部 “金属も溶かす超強酸胃液のヤバイ生物”が出てくるヤツだ!
榎木 こいつ可愛いんですよ~。
諏訪部 でも、鍋の具になっちゃうからね(笑)。
榎木 僕もここからまさかカニに流用されるとは思わなかったです(笑)。人間の食欲ってすごいですよね。「何でこれを食べようと思ったのか」という見た目の生き物も、普通に食べているじゃないですか。
大空 本当ですよね!
榎木 人間の強さを再認識しました。きっとあのエイリアンですら、実在していたら食べていたんじゃないかな。それと、慰安旅行は単純にみんなの仲の良さが見えるエピソードなところも好きなポイントです。
岸尾 僕は龍かティラノサウルスで迷っています。
梅原 両方とも今は作れない生き物ですね。
岸尾 そういうのが好きなんだよね。ティラノサウルスよりも、龍のエピソードが濃かったから龍にしよう! 口が肛門なのは衝撃だった!
大空 龍を成立させるための辻褄合わせがすごかったです。
諏訪部 最初にゴールがあって、そこにどうやって到達するかの道筋を考えていく感じだよね。あれこれ提案しては失敗する流れがとても面白かったなぁ。
梅原 生き物として成立するための条件がちゃんと自然界にあるところも、上手くできているなと思いました。
岸尾 不採用だったけれど、実在してほしい生き物はいっぱいいるよね。でも、龍は駄目だな(笑)。
榎木 糞を撒き散らしますからね。ペガサスも居てほしくないなぁ。
岸尾 ペガサスからコウモリになった流れは秀逸だったけれどね。
大空 「これがこれになるんだ!?」と驚きました。クイズみたいな要素がありますよね。
榎木 そうそう。「これは何の生き物になるんだろう?」と考えながら読むのも楽しいです。
諏訪部 結局のところ、「全部のエピソードが好き」ってなりますよね。どれも採用に辿りつくまでの経緯が面白いし、可愛い生き物もたくさん出てくるし。
梅原 どのエピソードがアニメ化するのかも、楽しみですよね。
榎木 どれもほぼ一話完結だから順番を変えても楽しめますし、どんな構成になるのかワクワクしています。


――原作の中で好きなキャラクターや気になるキャラクターを教えてください。
榎木 上田って謎ですよね。何を考えているのか分からないですし。登場もポイントポイントなので、どういう存在なのかが気になります。
諏訪部 強いて言うなら神様ですね。声が聞こえるだけの。
梅原 どんな姿をしているのかも分からないですしね。
岸尾 僕は天界から地獄に転職した横田かな。
榎木 あの中二病の!
岸尾 見た目はアレだけれど、いい人だからね。
大空 仕事も丁寧ですし。
岸尾 クライアントとしては、とってもいいクライアントだと思う。
諏訪部 神様と違ってオーダーが明確なのは、下請け的には大変ありがたいよね。
梅原 具体的に案を出してくれますよね。
岸尾 でも、それが普通のことですよね?(笑) 神様がちょっと適当なだけ。
諏訪部 いや、神様みたいなクライアントは結構いるよ。雰囲気だけしかイメージ出来てなくて具体的な提案はしてこないのに、「違うんだよな~」とか言ってきたりする(笑)。
榎木 下請けあるあるですね(笑)。
梅原 僕は土屋が好きですね。自分が作った最高傑作の馬に囚われ続けているところが、すごく可愛いなと思います。孫のためにいろいろ作ってあげている姿も、好感が持てます。
大空 私も土屋さんがすごく好きで!
梅原 あら。
大空 馬に対するこだわりがすごくて、ユニコーンとかペガサスとか、何とかして採用にしようとするところが素敵です。4巻のラストで若返っていたので、その後どうなったのかも気になっています。


――原作でデザインされた生き物の中で、ペットにするならどの生き物がいいですか?
諏訪部 鍋の具にされちゃうやつはなかなか魅かれますね。
梅原 イセエビもいいですよね。
大空 でも、やっぱり可愛い方がいいので、飼えるならラッコを飼いたいです。
榎木 お風呂場で飼うの?(笑)
大空 はい!
榎木 僕は宝石を作る鳥、最終的にダチョウになったやつです。ダチョウを放し飼いして、ダイヤを作ってもらいます。
諏訪部 まず原石がないと。ただの石ころからダイヤにはならないからね(笑)。
榎木 資産運用みたいな感じで、原石を胃の中で10年寝かせます。
梅原 僕はカメレオンですね。もともと爬虫類が好きで、飼いたいと思っていた時期もあったんですよ。でも、生きている餌しか食べないし、いろいろとハードルが高くて。
諏訪部 ハエとかあげないといけないんだよね。
榎木 ハエを保存しておくのが嫌だ……!
梅原 大変ですよね。そういう問題がクリアできて飼えるならカメレオン。可愛くない?
榎木 可愛くない(即答)。
梅原 (笑)。
岸尾 僕はケルベロスで。
榎木 何用ですか?(笑)
岸尾 カッコいいのが懐いてきたら可愛いかなって。頭が3つあるから一頭くらいにはツンデレがいてもいいし。
諏訪部 住宅事情とか現実的なことを考えると、実際に飼うのは難しい生き物が多いよね。大きく育っちゃうやつとか。でも、体が大きい生き物って、幼少期の姿が愛くるしいやつ多い気が。小さいのに足が太くて大きかったり。あのバランスがたまらないですよね。


――自分が神様だったらどんな生き物を発注しますか?
岸尾 人を乗せて飛べる、いい感じの生き物かな。
榎木 車いらないですね。
梅原 それで現場移動したいです。
岸尾 勝手にちゃんと移動してくれるくらい頭がよくて、安全に飛んでくれる生き物で!
諏訪部 家の整理整頓してくれる生き物。
榎木 それはもうロボット掃除機でいいじゃないですか(笑)。
諏訪部 ロボット掃除機を使うには、床を綺麗にしておかないといけないんだよ。物があれこれ置いてあったりすると使えない。だから、うちのロボット掃除機はずっと冬眠中。というわけで、楽しみながら片付けをしてくれる生き物をお願いします。
梅原 お母さんみたい(笑)。
大空 私は小学生の頃から酷い花粉症に悩まされているので、花粉を吸いとってくれて、さらにペットとして飼える生き物がいいです。花粉やハウスダストを吸いとって綺麗にしてくれる……空気清浄機ですね(笑)。諏訪部 これも家電でどうにかなるやつ(笑)。
榎木 家電ってすごいんだな……。
大空 文明の力で既に生み出していましたね……。
諏訪部 でも、それが可愛い生き物だったら、家電品以上に愛情持てるよね。
大空 はい!
梅原 僕は栄養バランスがめちゃくちゃ良くて、食べれば食べるほど痩せる生き物がいいですね。
諏訪部 食用か……(笑)
梅原 それさえ食べていればいい生き物を作ってほしいです。
岸尾 大豆ミートでいいんじゃない?
梅原 いや、それよりもさらに美味しいもので、ちゃんとお肉がいいです。食べることが面倒くさいのも回避されるのもいいですよね。完全食動物です。
岸尾 いいね、キャラにもちゃんと合ってる!
榎木 僕は完璧な美男美女。
一同 ?
諏訪部 美しい人間? 何のために?
榎木 見て楽しむため(笑)。
諏訪部 鑑賞用!?(笑)
榎木 見たら一瞬で癒されるような美男美女です。見る人によって姿形が変わって、その人の理想の姿形になるんです。毎朝それを見たら、「よし、仕事いくか」とやる気も出るじゃないですか。「いってらっしゃい」まで言ってくれるといいですね。
諏訪部 見るだけ? ノータッチ?
榎木 清い存在です。お触り禁止です。
岸尾 プラトニックなんだね(笑)。


――今後、原作に出てきてほしい生き物は?
大空 カモノハシです。卵を産むけれど哺乳類なところとか、ずっと不思議だなと思っていたのでもっと生態を詳しく知りたいです。もしデザイン部が作ったなら、どういう経緯で卵を産ませたのかが気になります。それとタコ! タコって脳みそが9つもあるんですよ。
梅原 足それぞれにあるんですよね。
大空 そうなんです。足に一個ずつと本体に一個。海洋生物は変な生き物が多いから、これからもたくさん取り上げてほしいです。
諏訪部 意外と身近な生き物がまだ登場していないですよね。犬とか猫とか。
梅原 人間も気になります。他の生き物に比べたら特殊ですよね。体毛が他の生き物に比べて薄い理由とか知りたいです。
榎木 それをいったら猿も知りたい。人間に進化する過程はどうしたのか、あらかじめ「ここから進化させる」と決めて猿を作ったのかなとか。
岸尾 僕は恐竜系が好きなので、現存するもので恐竜に近いとされているコモドオオトカゲかな。原作には絶滅した生き物も登場していたけれど、今いる生き物の方がタメになるし面白いと思うし。
諏訪部 意外と足が速いヤツだ!
岸尾 某珍獣ハンターが追っかけたヤツです。噛まれたらマジで死にます。


――今後アニメ『天地創造デザイン部』とコラボしてほしい企業、企画はありますか?
諏訪部 まず思いつくのは動物園ですよね。
岸尾 馬繋がりでJRAとか?
榎木 実際にデザイン会社に生き物のデザインをお願いしてみたいです。
大空 発注してみたいー!
諏訪部 原作に登場する生き物たちや、みんなが描いた生き物をCGにしてその場で動かすとか。
梅原 リアリティがありますね。
諏訪部 あ、そういうのもうあった(笑)。あと、珍しい生き物を食に繋げる企画なんかも人気が出そう。
岸尾 カフェじゃなくて、ガッツリ食べられるようにレストランにしよう!
梅原 ゲテモノ料理ですか?
諏訪部 ゲテモノ苦手な人は多いでしょ。
榎木 虫とかじゃなければ大丈夫。動物の肉なら一通りいける気がする!
梅原 虫はちょっと厳しいですね。
岸尾 昆虫食、今流行ってるけどね。
諏訪部 お菓子とかもいろいろ出てきたね。
大空 みなさん昆虫は……。
諏訪部 大空さんは昆虫好きなの? 食べ物という意味で。
大空 いやいやいや!
榎木 今の振りは食べられる人の振りでしたよ(笑)。
大空 無理です無理です!(笑)


――原作ではためになる生き物トリビアが紹介されています。ご自身の知られざるトリビアを教えてください。
榎木 大学で友達に「声優になる」と宣言したとき、隣に座っていた知らないおじさんにすごく応援されました。
諏訪部 何で知らないおじさんが大学に居るの!?
大空 どういう状況なんです!?
榎木 ロビーみたいに椅子があるところで話していたんですよ。友達には心配されて「一回考え直してみろ」と怒られたんですけれど、隣に座っていたおじさんが急に「いいと思うよ」とカットインしてきて(笑)。未だに誰なのか分からないままです。
諏訪部 もしかしたら神様だったのかも(笑)。
榎木 そうかもしれません(笑)。神様なおじさんが応援してくれたおかげで、今の僕がいます!(笑)


――放送を楽しみにしているファンへメッセージをお願いします。
大空 原作を読んで、「生き物ってまだまだ自分の知らないこんな面白い子たちがいたんだ」と感じました。アニメを見ていただければきっと生き物の面白さをもっと知っていただけるだろうし、生き物好きの方が増えると思います。生き物について語ることが好きなので、この作品を通してそういう輪も広がると嬉しいです!
岸尾 とても楽しい作品ですし、キャストも楽しい人が揃っていますので、いい天地創造ができると思います。ぜひとも楽しみにしていてください。
諏訪部 老若男女問わずどなたにでもオススメできる、とても面白くてためになる作品です。ぜひ放送が始まった暁には、ご視聴どうぞよろしくお願い致します。
梅原 ストーリーやキャラクターが面白いだけでなく、勉強にもなる作品だと思います。生き物への興味に繋がると思いますし、学問の入り口としてとても分かりやすい作品なので、ぜひ幅広い年齢の方々に見ていただきたいです。
榎木 お話も楽しいですし、読んでいて知的好奇心がかきたてられる作品ですので、年齢問わず多くの方に見ていただけたらいいなと思います。個人的に気になっているのは、生き物の鳴き声をどうするかですね。SEなのか、誰かがやるのか(笑)。アニメでの生き物の描き方も楽しみにしていただけたらと思います。


★生き物を創造しようのコーナー★
<「生き物名」+解説>
■榎木「最強の美男美女」
デザインのポイントは半分男性で半分女性なところ。見る人の理想の姿形に変わりますが、美男美女のどちらかになるのではなく、半分のまま。美しいものは性別関係なく癒されますからね。「おはよう」と「いってらっしゃい」を言ってくれます。美女は髪の毛が長くてヒールを履いています。服装はワンピースと短パンです。美男には力コブがあります。

■梅原「最強の知能」
人間より大きい脳みそだったら、人間を超える知能を持つんじゃないかなと思いながら描きました。目と口は一応つけましたが、それ以外は全てのエネルギーを脳みそに注げるようにしています。大きさは1mくらいですね。いろいろやってくれるから、一家に一匹いると便利だと思います。

■岸尾「超正義菌」
菌です。善玉菌です。どんな菌にも負けず、全部倒してくれます。僕はデザイン力がないのでシンプルに描きました。めっちゃニコニコしている笑顔です。

■大空「カフングイ」
花粉を食べてくれる可愛いフワフワを考えました。原作のデザインを参考にして、軽量化のためにフワフワの中身は小さくしてあります。飛ぶ生き物は排泄物をよくしますが、この子の排泄物は人間の身体にいいマイナスイオンみたいなものなので、とても可愛くてエコな子です。

■諏訪部「ネコちゃん」
目はモザイクじゃなくてサングラス……いや、こういう目です。これ自体が目です。世界的にがんばれる感じがありますね。クールジャパンを代表するネコちゃんです(笑)。


<TVアニメ「天地創造デザイン部」作品情報>
面白くてためになる!話題の生き物創造お仕事コメディ TVアニメ「天地創造デザイン部」2021年放送決定!!
作品名:TVアニメ「天地創造デザイン部」
原作:蛇蔵&鈴木ツタ・たら子「天地創造デザイン部」(講談社「モーニングtwo」連載)

<スタッフ>
監督:増井壮一
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:大橋幸子
プロップデザイン:今門卓也
色彩設定:田中美穂
美術監督・美術設定:根本洋行(アートチーム・コンボイ)
撮影監督:寺本友紀
編集:本田優規
音楽:松尾早人
音響監督:飯田里樹
音響制作:スタジオマウス
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作:旭プロダクション
製作:天地創造デザイン部製作委員会

<キャスト>
下田:榎木淳弥
上田:原由実
土屋:井上和彦
木村:梅原裕一郎
水島:諏訪部順一
金森:岸尾だいすけ
冥戸:大空直美
海原:竹内良太
火口:泊明日菜
ケンタ:木野日菜
横田:逢坂良太
虫部:水島大宙
神様:龍田直樹
ほか

「天地創造デザイン部」は、原作:蛇蔵&鈴木ツタ、作画:たら子による共同原作で(「モーニングtwo」(講談社刊)にて2017年より連載中)、現在までにコミックスの累計発行部数は30万部を突破(既刊5巻)、さらに「このマンガがすごい!2019オトコ編」(宝島社刊)にて第10位にランクインした人気漫画。天地を創造した万能の神(クライアント)が、地上の生き物を造ることが面倒になり下請けの天地創造社に依頼。神様との連絡役である天使や、デザイナー・エンジニアたちが、日々模索、奮闘しながら生き物たちを生み出す過程を描いた“生き物創造お仕事コメディ”となる。

わがまま放題の神様からの、ときに矛盾をはらむオーダーに悩まされる天使とデザイナーたち。「すっごい高いところの葉っぱが食べられる動物」「かわいくて、かわいくない生き物」など無理難題なオーダーに対して、突飛なアイデアと独創的なデザインで様々な生き物の創造にチャレンジしていく様を愉快に描いた本作は、その独特の世界観や、面白くてためになる生き物トリビアが話題を呼び老若男女問わず幅広い層からの支持を得ている。


TVアニメ「天地創造デザイン部」公式サイト:
https://tendebu.jp

TVアニメ「天地創造デザイン部」公式Twitter:
https://twitter.com/tendebu_PR

TVアニメ「天地創造デザイン部」ティザーPV URL:

ⓒ蛇蔵&鈴木ツタ・たら子・講談社/天地創造デザイン部製作委員会
ⓒ蛇蔵&鈴木ツタ・たら子/講談社

公式レポート:GUMI生誕10周年配信ライブを開催!バーチャルとリアルが同居する空間

昨年6月26日に生誕10周年を迎え、5月より次代へダイブするためのイベントプロジェクト『SPACE DIVE!! 2020』を始動したボーカロイド「GUMI」。7月15日発売の2枚組コンピレーションアルバム『SPACE DIVE!! feat. GUMI』に続いて9月6日に無観客配信『【Streaming+】SPACE DIVE !! 2020 -GUMI 10th anniversary LIVE-』の開催が企画された。

当日、スペシャルゲストとしてGUMIの隣から演奏で場を盛り上げたのは、GUMIの代表曲の作者であるボカロPの164、蝶々P、buzzG、YM。さらにGUMI同様に株式会社インターネット出身のボーカロイド「音街ウナ」、「神威がくぽ」がゲストで登場。バーチャル/リアルが同居した2時間は、周りの存在がGUMIを支えるだろう未来を実感させた。

1曲目のイントロが流れてから、スポットライトの下、普段のミニスカコスチュームに身を包んだGUMIが、顔に両手をかざし目を瞑ったままの立ち姿で、うっすらと現れた。ライブは、GUMIによるジャンプを合図に、現実へとダイブするポップチューン「セツナトリップ」からスタート。いくつものカラフルな星が円状になりくるくると回転していく。

この日は、ステージ手前の中央に設置された透過スクリーンが、画面越しでライブを視聴するファンから見たGUMIを立体的に映す役割を果たしていた。配信ライブとはいえ、まるでキャラクターが目の前に居るかのような臨場感をもたらすことができるのは、バーチャルならでは。

バチバチと反射し合う赤い照明と響く低音が混ざる「モザイクロール」から、鬱屈した気持ちが充満する様子を描いた「ケッペキショウ」へ。不安定な心の向かう先に待っていたのは全編英詞の「ECHO」。途中で分身したGUMIが緊張感の走る圧巻のダンスを見せた。

「昨年、めでたく10周年を迎えることができました。今年から次の10年が始まります。これもみなさんの応援のおかげです。今日は10周年分の感謝を込めて精一杯パフォーマンスをするので、世界で一番最高の時間を私と一緒に過ごしましょう!」

鍵盤から流れる音色に合わせてGUMIが言葉を丁寧に紡いだのは、ピアノが全体を引き立てるバラード「心做し」。その音色の持ち主は蝶々P。バーチャル/リアルの演奏が融合する光景は、それぞれがお互いに足りないものを補い合っているよう。流れるたくさんの♡の映像を背景に、全身を使って恋する気持ちをチャーミングに描いた「夜もすがら君想ふ」「告白予行練習」の後には、buzzGと「星の唄[reprise]」を奏で、切ない感情を指先にまで込める「会いたい」と近未来的でエレクトリックな「フラジール」を続けた。

ここでステージに呼んだバーチャルゲストの音街ウナが登場する。ウナとファンから愛にあふれたおめでとうコールを受け取り「ウナちゃん、みんな、本当にありがとう!」と感謝したGUMIは、ふたりが並び相対的に踊った「再演(音街ウナ・GUMI)」から、歌の主役をウナへとバトンタッチ。ユーロビートを彷彿とさせる「はやくそれになりたい!」「カンデンさせちゃうぞ」をパワフルに歌いきったウナと引き換えに突如、神威がくぽが中毒性の高い「ダンシング☆サムライ」で降臨するも、一言も残さず姿を消したことに、GUMIは感嘆の声を上げた。

パンツスタイルに着替えたGUMIが「最後まで飛ばしていくぞー!」と気持ちを切り替えると、歪むギターが印象的な「天ノ弱」が流れ始め、164との共演ステージに。濃厚でエモーショナルなサウンドに乗るGUMIの歌声は確かに前を見つめ、しっかりとその身一つで立っていた。この日のゲスト、ファン含め、様々な人たちとの関わりが、相乗効果を生み、GUMIは成長していく。これから先も変わらずに。YMによるベース音が刻み込まれた「十面相」は、GUMIの歌声を怪しげに彩った。

『SPACE DIVE!! 2020』のテーマソングとして164が書き下ろした「GALAXY(Under my identity)」から始まるアンコール。壮大で宇宙が似合う楽曲だ。今は目に見えなくても、努力はいつか実を結ぶ、そんな思いを込めたGUMIの歌声と再度ステージに立った164によるギターサウンドが、次代の橋へと虹をかけていく。「誰かの心臓になれたなら」を届けると「アンコールありがとう!今日はこうしてみんなを傍に感じて世界で一番最高の時間になりました!これから先の10年もどうぞよろしくお願いします!」と、傍に居て欲しいといわんばかりの愛を画面の向こう側に飛ばした。

高速BPMにロックテイストの「拝啓ドッペルゲンガー」をラストに、コンピレーションアルバム『SPACE DIVE!! feat. GUMI』のDISC1の楽曲を中心とした25曲を詰め込んだセットリストを完成させたGUMI。「またみんなに会えることを楽しみにしてるよ!今日は本当にありがとう!またね~!」そう言うと、しばらく画面の奥に向かって大きく手を振った後、ポッと姿を消した。

(TEXT:小町碧音)


<【Streaming+】SPACE DIVE !! 2020 -GUMI 10th anniversary LIVE->
9月6日 18:00~
セットリスト
1.セツナトリップ
2.モザイクロール
3.ケッペキショウ
4.ECHO
5.チェックメイト
6.アイラ
7.心做し
8.夜もすがら君想ふ
9.告白予行練習
10.星の唄[reprise]
11.会いたい
12.フラジール
13.再演(音街ウナ・GUMI)
14.はやくそれになりたい!
15.カンデンさせちゃうぞ
16.ダンシング☆サムライ
17.天ノ弱
18.きょうもハレバレ
19シリョクケンサ
20.十面相
21.バレリーコ
22.敗北の少年
En1.GALAXY(Under my identity)
En2.誰かの心臓になれたなら
En3.拝啓ドッペルゲンガー


<SPACE DIVE!! feat. GUMI>
品番:PCCG-01912 / [2CD] 2,800円(本体)+税
発売日:2020年7月15日(水)発売

DISC 1
セツナトリップ / Last Note.
ECHO / CIRCRUSH(CircusP+Crusher-P)
心做し / 蝶々P
告白予行練習 / HoneyWorks
会いたい / Dios/シグナルP
星の唄 [reprise] / buzzG
天ノ弱 / 164
きょうもハレバレ / ふわりP
バレリーコ / みきとP
だれかの心臓になれたなら / ユリイ・カノン

DISC2
GALAXY(Under my identity) / 164
カンケイナイトファンキー / ナナホシ管弦楽団
アンベシル滑落奇譚 / TaKU.K
センティメント / ポリスピカデリー
雨ニ酔ウ / あめのむらくもP
あしゅらしゅら / ユリイ・カノン
アノニマスファンフアレ / ツミキ
死について / シャノン
もうあなたを一人で戦わせたりしない / 傘村トータ
ハローワールド / monaca:factory


2019年に生誕10周年を迎えたボーカロイド「GUMI」
2020年、次代に向かう「GUMI」のイベントプロジェクト「SPACE DIVE!! 2020」が始動!
その第一弾として、コンピレーションアルバムが豪華2枚組で発売決定!
DISC1はライブ予習盤。イベント開催に先駆けてセットリストから厳選された楽曲を収録。
DISC2には164による「SPACE DIVE!! 2020」テーマソング「GALAXY(Under my
identity)」の他、ポリスピカデリー、monaca:factory、ユリイ・カノンなど人気ボカロPが書き下ろし楽曲を提供!他にも「アノニマスファンフアレ」、「死について」、「もうあなたを一人で戦わせたりしない」など動画共有サイトで話題の人気曲を収録。
ジャケットイラストは、大人気イラストレーター「たま」による描き下ろし。

<GUMIとは…>
株式会社インターネットが提供するバーチャルボーカリスト「VOCALOID Megpoid」のキャラクターである。
歌手・声優「中島愛」の声をベースに制作された、歌詞とメロディを入力し誰でも歌を歌わせることができるパソコン用ソフトウェア。日本語に加えて、英語の歌も歌わせることができ、日本のみならず、海外にも多くのクリエーターやファンがいる。