公式レポート:J-P0P・至極の名曲を熱唱!!J-POPヒットソングカバーアルバム「[Re:collection] HIT SONG cover series feat.voice actors 1st Live」公式レポート到着!

豪華男性声優が贈るJ-POPヒットソングカバーアルバム「[Re:collection] HIT SONG cover series feat.voice actors」初となる単独公演が本日、サンシティ越谷市民ホール 大ホールにて開催された。昼の部はCSテレ朝チャンネルにて生放送が、そして夜の部はマホキャストにて生配信も行われ、全国のファンに至極の一夜が届けられた。

[Re:collection] (略称:リコレ)は2022年7月27日(水)に発売されたJ-POPカバーアルバムで、1990年代・2000年代・2010年代の誰もが知る名曲30曲が年代別に収録されている。そんな本アルバムから、本日の公演には、大河元気、梶原岳人、狩野 翔、岸尾だいすけ、新垣樽助、鈴木崚汰、沢城千春、千葉翔也、林 勇、野島健児、森田成一ら11名の豪華男性声優が登場。一夜限りの夢のLIVEが幕を開けた。

オープニングVが終わったところで会場のあちこちでペンライトが灯り始め、会場は準備万端。どこか懐かしさを感じさせるような、カラフルなセットがきらめく舞台に登場した野島健児がポルノグラフィティの名曲「サウダージ」を歌唱し、会場が真っ赤なペンライトを揺らし応える。野島健児が「それでは早速始めていきましょう!」と盛り上げ、会場は大きな拍手に包まれた。

90年代の名曲から開幕すると、ステージに現れたのは岸尾だいすけ。玉置浩二の名曲「田園」を力強く歌い上げ、会場を一気に盛り上げた。続いて登場した新垣樽助はMy Little loverの「Hello,Again ~昔からある場所~」を歌唱。会場中がその優しい歌声に聴き入った。

続いて90年代の名曲を歌唱した新垣樽助・野島健児・岸尾だいすけに、ライブ後半に登場する大河元気・沢城千春・森田成一・梶原岳人を加えたMCコーナーがスタート。歌唱曲ごとに変化するペンライトがとてもきれいに揃っていたと述べる歌唱を終えた3人。話題は歌唱・収録時の感想へ…と思いきや、キャストの掛け合いに会場は大盛り上がり!終始笑みの絶えないMCタイムとなった。

続く2000年代パートでも誰もが知るJ-POPの名曲たちが次々と披露された。登場した森田成一がコブクロの「蕾(つぼみ)」を歌唱し、その力強く伸びやかな歌声に会場中がうっとりと聞き惚れた。間髪入れず登場した千葉翔也がGReeeeNの「キセキ」、大河元気がロードオブメジャーの名曲「大切なもの」を熱唱。そして登場した林勇が「全力少年」で会場を盛り上げ、客駅もリズムに合わせたペンライトで応戦する。

その後MCパートへ。2000年代の楽曲を歌った林勇・大河元気・森田成一・千葉翔也に加え、狩野翔・岸尾だいすけ・新垣樽助・鈴木崚汰が登場し、歌唱の感想に花を咲かせた。「学生時代にたくさん聞いた曲なので、気持ちをその頃に戻しながら歌った「と千葉翔也。大河元気は客席のペンライトが青く灯っていたことも相まって空を見ながら歌ったようだと述べた。

そしてライブは終盤へ。ステージに登場した鈴木崚汰が川崎鷹也「魔法の絨毯」を歌唱。続いて狩野翔が柔らかくもパワフルな歌声で秦基博の「ひまわりの約束」を歌い上げ、その余韻が会場中に染み入る。続く沢城千春がFUNKY MONKEY BΛBY’S「あとひとつ」を歌唱し、2010年パートが終了する。

最後のMCパートでは2010年代の楽曲を披露した鈴木崚汰・狩野翔・沢城千春とともに、梶原岳人・林勇・野島健児・千葉翔也がステージに登壇。2010年代パートのトップバッターを務めた鈴木崚汰は、会場を埋める一面のペンライトを見てエモーショナルな気持ちになったと述べる。沢城千春が自分らしく気持ちよく歌えた、この曲を歌えてよかったと述べ、和やかな雰囲気で最後のMCパートが終了する。

大トリを飾ったのは梶原岳人。大人気となったドラマで使用された楽曲で一世を風靡した星野源の「恋」を歌唱し、甘い歌声で会場を包み込んだ。ドラマと共に話題となった振り付けも一部ともに披露し、大盛り上がりの中ライブはエンディングを迎えた。

最後のあいさつでは参加キャストから一言ずつメッセージが!当時のことを思い出した、会場のお客さまと同じ気持ちで楽しめたなど、思い思いにライブの感想を語った。梶原岳人が歌もダンスも気持ちよく楽しめたと述べ、キャスト全員のありがとうございました!の一言に会場中から大きな拍手が巻き起こり、[Re:collection]1st Liveは大盛況で幕を閉じた。

本公演では、なんと[Re:collection]新シリーズの決定も発表!次はどんなキャストが、どんな音楽を届けるのか…期待に胸が膨らむ。昼の部はは2023年2月26日(日)にCSテレ朝チャンネル1での再放送が予定されている。また、夜公演は、2023年1月29日(日)23:59までアーカイブでも視聴可能&配信チケットは引き続き、発売中!さらに、本公演の夜の部をを収録したBlu-rayの発売も決定!詳細はイベント特設サイトをチェック!
https://recollection-songs.com/1stlive

音楽とともによみがえる、大切な思い出。音楽を通して、“青春”と巡り合う、そんな願いを込めてお届けした[Re:collection]シリーズ。新たな展開にもぜひご注目いただきたい。


<セットリスト(昼の部)>
M1. サウダージ / ポルノグラフィティ Vo.野島健児
M2. 田園 / 玉置浩二 Vo.岸尾だいすけ
M3. Hello,Again ~昔からある場所~ / My Little lover  Vo.新垣樽助
M4. 蕾(つぼみ) / コブクロ Vo.森田成一
M5. キセキ / Greeeen  Vo.千葉翔也
M6. 大切なもの / ロードオブメジャー Vo.大河元気
M7. 全力少年 / スキマスイッチ Vo.林勇
M8. 魔法の絨毯 / 川崎鷹也 Vo.鈴木崚汰
M9. ひまわりの約束 / 秦基博 Vo.狩野翔
M10. あとひとつ / FUNKY MONKEY BΛBY’S  Vo.沢城千春
M11. 恋 / 星野源 Vo.梶原岳人


[Re:collection] HIT SONG cover series feat.voice actors新シリーズの発売が決定!
参加声優・楽曲の解禁の続報をお楽しみに!


[Re:collection]1st Live Blu-ray発売が決定!
本日1月22日 (日)開催[Re:collection] HIT SONG cover seriesfeat.voice actors 1st Liveの夜の部を収録したBlu-rayの発売が決定!
発売予定日:2023年6月30日(金)
品番:EYXA-13912~3
価格:9,900円(税込)
仕様:Blu-ray2枚組
特典映像:
・バックステージ映像ほか


【楽天チケット限定Blu-ray予約購入特典】本編未収録!キャストコメント映像(配信)
※特典映像の配信は、発売日近辺を予定しております。詳細は追ってご案内いたします。
※Blu-ray予約購入特典は2023年4月30日(日) 23:59までに楽天チケットでBlu-rayの予約購入された方が対象となります。
配信詳細は下記販売ページをご確認ください。
※2023年1月22日(日)に開催のイベント会場限定施策に参加の方も、自動的に予約購入特典の配
信対象となります。

楽天チケット販売ページはこちら:
https://r-t.jp/recollectionsongs_pkg

他店舗別特典も決定!詳細は公式HPへ:
https://recollection-songs.com/1stlive/discography/


<イベント概要>
イベント詳細:
実施日:
2023年1月22日(日)
昼の部:開場 15:30 開演 16:00
夜の部:開場 18:30 開演 19:00

会場:
サンシティ越谷市民ホール 大ホール

出演者:※五十音順
大河元気、梶原岳人、狩野 翔、岸尾だいすけ、新垣樽助、鈴木崚汰、沢城千春、千葉翔也、林 勇、野島健児、森田成一、

チケット価格:
一般チケット: 8,200円(税込/全席指定)発売中

イベント特設サイト:
https://recollection-songs.com/1stlive


<配信情報>
●昼の部
CSテレ朝チャンネル1にてアンコール放送決定!!
アンコール放送詳細:
◆2月26日(日) 午後1:30
[Re:collection]見逃せない直前SP!豪華声優陣が語る、ライブの超注目ポイント!

◆2月26日(日)午後2:00
豪華男性声優陣によるJ-POPの祭典![Re:collection] HIT SONG cover series feat.voice actors 1st Live

CSテレ朝チャンネル[Re:collection]特設サイトは下記URLから
https://www.tv-asahi.co.jp/ch/recommend/recollection/

CSテレ朝チャンネルの視聴方法は下記URLから
https://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0634/

●夜の部
1月29日(日)まで見逃し配信!配信チケット発売中!

販売日時:
2022年12月22日(木)18:00 ~2022年1月29日(日)21:00

アーカイブ視聴期間:
各公演開始 ~ 2023年1月29日(日)23:59
※アーカイブ配信は公演終了から準備できしだい配信開始予定となります。
※アーカイブ開始時間は状況により前後する場合がございます。

特典映像視聴期間:
・2023年1月29日(日)18: 00~2023年2月5日(日)23:59

配信チケット価格:
・配信チケット 3,900円(税込)
・キャストコメント映像特典付き配信チケット 4,500円(税込)
※キャストコメント映像は特典映像視聴期間中にご視聴いただけます。

チケット購入:
・イープラス:
https://eplus.jp/recollection1st_st/

・チケットぴあ:
https://w.pia.jp/t/recollection-pls/

・楽天チケット:
https://r-t.jp/recollection-songs_st

・mahocast:
https://www.mahocast.com/at/live/1576/9352

配信プラットフォーム:
・mahocast:
https://www.mahocast.com/

<特典映像視聴方法>
上記の視聴期間でmahocastのトップページの「ARCHIVE」で【★特典映像★】「[Re:collection] HIT SONG cover series feat.voice actors 1st Live」の画像をクリックしてご視聴ください。
mahocast ARCHIVEページ:
https://www.mahocast.com/bc/broadcast


イベント特設サイト:
https://recollection-songs.com/1stlive

公式サイト:
https://recollection-songs.com

公式 Twitter:
https://twitter.com/Recolle_songs

公式 TikTok:
https://www.tiktok.com/@recolle_songs

©️ 2022 AVEX PICTURES INC.

ニュース:READING MUSEUM「後宮衛士隊」イベントレポート公開!さらにリーミュ第7弾 「デッドロックド・Dランカーズ」開催決定!

本日1月22日に開催された「後宮衛士隊」は、声優・浪川大輔が館長を務め、新進気鋭の作家と豪華声優陣のタッグによって織りなされる新感覚朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM」の第6弾公演。脚本は「薬屋のひとりごと」の原作者・日向夏が担当し「後宮」を舞台にする本作は、2日間に渡り9名の豪華声優陣が日替わりで出演し、本日22日の公演は山口勝平(一号役)、伊東健人(二号役)、八代拓(三号役)、永塚拓馬(四号役)、梅原裕一郎(五号役)の5名が登壇しました。

皇族たちが多くの妃・女官とともに暮らす「後宮」を舞台に、その場所で皇族の護衛を務める「後宮衛士隊」。

朱色を基調に後宮の奥めいた雰囲気が設計された空間と、物語の展開を補足する中央のスクリーンで構成されたステージセット。

生演奏で奏でられるピアノの音色とともに、山口勝平演じる一号のナレーションが始まると会場は一気に本作の雰囲気に彩られていきました。

物語の始まりは時の皇帝が崩御、世継ぎの準備が進められる中、「第二皇子の焼死体が発見された」という一報から物語は動き出します。梅原裕一郎演じる五号によって死体発見当時の状況が説明され、直前まで任務についていた後宮衛士隊メンバー全員が重要参考人として当時のアリバイを確認することに。さらに第二皇子についていた護衛が、西夫人によって既に処刑されたという報告とともに舞台は真っ赤な照明に暗転、不気味なピアノの演奏をバックに会場は一気にシリアスな雰囲気に包みこまれます。

しかし一転、山口勝平が演じる部隊最年長の衛士・一号の「そういうわけで、儂らの立場、めっちゃ危ういんよ。」という和やかな台詞に他メンバーからツッコミが入るなど、シリアスさとコメディさの緩急を5名のキャストが見事に演じ分けました。さらに物語は捜査資料を元に犯人捜しの議論が繰り広げられていきました。永塚拓馬演じる、少し怠惰でマイペースな性格・四号の「ただでさえ深夜に起こされて眠いっていうのに…」という台詞の通り、後宮の時刻は寅の刻(深夜三時)。第二皇子の就寝前の行動をもとに死亡推定時刻は亥の刻正刻(夜十時)からの三時間に絞られていきました。そして後宮衛士隊メンバーの動機の聴取が始まると、それぞれメンバーの過去が語られていきます。そして物語は「神剣」と呼ばれる、代々皇帝に引き継がれている国宝を中心に展開されていきます。

「資格なき者が触れれば、その身を焼かれる」という恐ろしい力が様々な憶測を巻き起こし、物語は加速していきながらメンバーそれぞれが抱える出生の秘密、後宮衛士隊が存在する本当の目的、など核心に向けて突き進んでいきます。

最後は全ての謎が明かされ、伊東健人が演じる部隊長・二号による「さあ、行くぞ。皆、用意はいいか?」という声かけとともに舞台は煌々と白い明りに照らされ、物語は終わりを迎えました。

本編終了後、5人が再びステージに登場しアフタートークが行われました。
「自身の役以外に演じてみたいと思うキャラクターは?」という質問に、梅原は「三号、中々演じる機会のないタイプのキャラクターなので」と言及、さらに永塚は一号、山口は絶対にオファーが来ないだろうという理由で二号を選択、「もし演じることができるなら頑張ってデブキャラを作りこみたい、ただの食いしん坊キャラみたいなね」と笑いを誘いました

。伊東は四号と言及、「キャラクターの異質さ、周りが骨太なキャラクターが多い中での抜けた雰囲気が魅力的」と語りました。そして楽屋裏での浪川大輔とのトークの話になると、まさかの本人がサプライズ登壇。浪川が演じてみたいキャラクターはという問いにまさかの西夫人と回答。本編内では深堀ることのなかったキャラクターの話題に華が咲きました。

最後に告知コーナーにて、READING MUSEUM第7弾「デッドロックド・Dランカーズ~百万探偵都市の最後のヨスガ~」の開催が発表。2023年5月6日(土)、7日(日)に開催されることが明かされ、観客からは喜びの拍手が湧き起こる中、本公演は閉幕しました。

なお、本日開催した22日[昼の部・夜の部]の公演は各種プラットフォームにて、アフタートーク含めた全編を視聴いただける配信チケットを発売中です。詳細は本公演公式サイトよりご覧いただけますので、ぜひ配信でも本作の世界観をお楽しみください。

https://reading-museum.com/lineup/kokyueishi.php


<READING MUSEUM「後宮衛士隊」概要>
「リーディング・ミュージアム」とは
「READING MUSEUM」は、声優・浪川大輔を館長に迎えた新感覚朗読劇プロジェクト。2020年9月に第1弾「池袋ナイトアウルテールズ」、さらに2021年1月に第2弾「池袋シャーロック、最初で最後の事件」、5月に第3弾「デッドロックド・ディティクティヴズ~百万探偵都市の史上最悪密室~」、7月には第4弾となる「池袋ナイトアウルテールズ2」、そして今年1月に第5弾「デッドロックド・デリヴァリーズ~百万探偵都市の殺人宅配(マーダー・オーダー)~」が上演され、好評を博しました。新進気鋭の作家によって紡ぎだされる珠玉の物語と超豪華声優陣による圧巻の演技。2つのコラボレーションが生み出す予測不能の朗読劇はファンの間で話題を呼んでいます。


<公演情報>
タイトル:
「後宮衛士隊(読み:こうきゅうえいしたい)」
日程:
①2022年1月21日(土)
【昼の部】 開場13:30~ 開演14:15~
【夜の部】 開場17:30~ 開演18:15~
②2022年1月22日(日)
【昼の部】 開場13:00~ 開演13:45~
【夜の部】 開場17:00~ 開演17:45~
劇場:
〒170-8630 東京都豊島区東池袋3丁目1−4
文化会館ビル 4F サンシャインシティ
劇場公式HP:
https://sunshine-theatre.co.jp/
出演者:
●2023年1月21日(土)昼の部 / 夜の部
【一号】山口勝平 【二号】佐藤拓也 【三号】仲村宗悟 【四号】西山宏太朗 【五号】土岐隼一
●2023年1月22日(日)昼の部 / 夜の部
【一号】山口勝平 【二号】伊東健人 【三号】八代拓 【四号】永塚拓馬 【五号】梅原裕一郎


<作品情報>
イントロダクション:
声優・浪川大輔が館長を務め、新進気鋭の作家と豪華声優陣のタッグによって織りなされる新感覚朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM」第6弾。待望の新作は、シリーズ累計1800万部を超える大ヒット作「薬屋のひとりごと」原作者として知られる「日向夏」が脚本を担当し、「後宮」を舞台にした新たな物語を書き下ろした。緻密に作りこまれた世界設定と、何重にも張り巡らされる謎が物語の展開を加速させる、一瞬も目が離せない後宮クライムミステリーを、ぜひご堪能ください。

ストーリー:
「後宮」そこは皇族たちが多くの妃・女官とともに暮らす場所。多くの因縁と感情が渦巻くその場所で仕える「後宮衛士隊」は皇族を第一に考え、自身の名前・経歴、時には命すらも捨てて、その責務を何代にも渡り全うしていた。

時は時代の変わり目、40年間即位を果たした皇帝が病に臥した後、崩御してしまう。皇帝の長男である第一皇太子への世継ぎの準備が進められていたそのさなか、世継ぎのライバル・第二皇太子が焼死体の姿で発見された。

第一発見者である後宮衛士隊の面々は、この奇怪な事件の真相を追いかけていく。彼らが抱える秘密と後宮に潜む因縁、この国に代々受け継がれる「神剣」の存在、幾多にも絡まりあう謎が導き出す、一つの結末とは…。

<スタッフ>
原作:READING MUSEUM 「後宮衛士隊」
脚本:日向夏
上演台本・演出:村井雄
ビジュアル:トマトスープ
デザイン:円と球
クリエイティブプロデュース:星海社
主催:READING MUSEUM「後宮衛士隊」製作委員会

配信チケット情報:
★アーカイブ配信あり!配信チケット販売中‼
対象公演:
2023年1月22日(日)
【昼の部】開演:13:45~【夜の部】開演:17:45~

配信チケット:
①1dayチケット:6,800円(税込)
※1月22日(日)昼の部・夜の部の2公演が視聴可能
※2公演のアフタートークが視聴可能
※特典映像付き

②シングルチケット:3,400円(税込)
※1月22日(日)昼の部・夜の部のうち1公演が視聴可能
※選択した公演のアフタートークが視聴可能


販売URL
楽天チケット:
https://r-t.jp/kokyueishi_st

チケットぴあ:
https://w.pia.jp/t/kokyueishi/

マホキャスト:
https://www.mahocast.com/at/live/1578/9360

券売期間:
2023年1月7日(土)10:00~1月29日(日)18:00

アーカイブ期間:
各公演終了後~1月29日(日)23:59
※アーカイブ開始時間は状況により遅れる場合がございます

配信特典:
内容:ステージ定点全編映像
※昼の部・夜の部の2公演が視聴可能です。
※アーカイブ期間中何度でも視聴が可能ですが、開始時間は状況により遅れる場合がございます。
※諸事情によりスケジュールや内容は変更する場合がございますので、予めご了承ください。


READING MUSEUM 第7弾公演 「デッドロックド・Dランカーズ」開催決定!
作品タイトル:
READING MUSEUM「デッドロックド・Dランカーズ~百万探偵都市の最後のヨスガ~」
開催日程:
2023年5月6日(土)、5月7日(日)


公式サイト:
https://reading-museum.com/lineup/kokyueishi.php

公式Twitter:
https://twitter.com/READING_MUSEUM

©後宮衛士隊 / READING MUSEUM

公式レポート:「日本ホラー映画大賞」ホラーマスターが選考委員として登壇&講評!

株式会社KADOKAWAアニメ事業局・局長 工藤 大丈の挨拶から始まった受賞式。続いて、株式会社KADOKAWA エグ井上伸一郎チェアマンより「前回と比べて、新しいタイプのホラージャンル作品が集まった」とコンペティションの総括がされました。

その後、選考委員6名の紹介がなされ、選考委員長を務めた清水崇より「ゆりやんさんが今年から新たに選考委員に加わりましたが、笑いのサービスを取り入れる暇もない真剣さで、何時間もかけて選考した。」と挨拶がありました。

ここで受賞作品の発表へ。

人物・怪物などのほか、造形物・アイテムに特徴を持ったイメージを含む優れたキャラクターが登場する作品「豆魚雷賞」に選ばれたのは『絶叫する家』。
プレゼンター小出祐介よりトロフィーが渡され、株式会社Ampus 原田より選考のポイントと、賞金10万円が授与されました。原田より「画とロケーションが格好良く素晴らしかった。監督の演出力を感じた。」と選考コメントされました。

映画プラットフォームならではの視点で、観る者が怖さを「楽しめる」、映画ファンに広く愛される作品を選出した「MOVIE WALKER PRESS賞」には『笑顔の町』が選ばれました。プレゼンターの宇野維正よりトロフィーが渡され、MWP、下田より「笑顔に潜む怖さと、それ以上に編集力の高さが決め手になった。演出も素晴らしい。」と選考のポイントと、賞金10万円が授与されました。

心霊スポット探索・怪談を体当たりで取材するYouTubeチャンネル『オカルト部』により選考・配信され、「配信動画で見たい!!短編作品」に贈られる「オカルト部門賞」には『The View』が選出。プレゼンターの小出祐介よりトロフィーが渡され、朝日新聞社、吉岡より「最後までワクワクさせられ、エンタテインメント性が高い」と選考のポイントと、賞金10万円が授与されました。

前例のないアプローチに果敢に挑み、新しいホラー体験を与える作品に贈られる「株式会社闇賞」は『FAAAWWW!!!』が受賞。プレゼンターの堀未央奈よりトロフィーが渡され株式会社闇、頓花より「観た瞬間から圧倒的。非常に破天荒ではあるが、多くの方に愛される作品」と選考のポイントと、賞金10万円が授与されました。

“オトナ”になる前の荒削りで、尖った、最新の感性とセンスを持つ原石に対して贈られる「ニューホープ賞」には『NEW GENERATION/新世代』が。FROGMANよりトロフィーが渡され、株式会社DL、大橋より「ロケーション、撮影、音響のどれも素晴らしい。構成の巧みさから、ホラー映画の未来を開拓しようという気概に満ちた作品。」と選考のポイントと、賞金10万円が
授与されました。

今年新たに新設され、記憶に刻まれるような恐怖や狂気の演技を見せてくれた出演俳優に送られる優秀俳優賞「ホラーちゃんねる賞」には『彼は僕だったかもしれない』に出演した二色冬香に。堀よりトロフィーが渡され、株式会社モバコン、大橋より「15歳の二色さんに、ドラマ、映画業界を支える存在になってほしい」と選考のポイントと賞金5万円が授与されました。

続いて、ホラー・アニメーション分野への斬新なアプローチを観点に選考されたアニメ部門賞には『学校が嫌いだ』が選ばれた。FROGMANよりトロフィーが渡され、FROGMANより「ホラーアニメは難しい。でもこの作品には最初から最後まで強烈なメッセージがある。詩のように絵を刻んでいくパワーに圧倒された。」と選考のポイントと、賞金20万円が授与されました。

将来性を感じさせる作品に贈られる審査委員特別賞は『いい人生』が受賞。ゆりやんレトリィバァは「人間です」という一言から始まり、「ホラー映画が大好きでとても楽しみにしていた。想像を超える強さが感じられた。他の審査員の方々も斬新だという声があがっていた」とコメント。受賞者とも息の合った掛け合いで会場内が笑いに包まれた。そして、トロフィーと賞金15万円が授与されました。

そして、最後に大賞を『ミッシング・チャイルド・ビデオテープ』が受賞することが発表になりました。副賞として製作委員会製作による応募作品のリメイク版または完全オリジナル作品の新作長編映画の監督を担当することになる大賞。選考委員長・清水崇監督より「特出したものがあった。群を抜いていた。」と、コメントがトロフィーと賞金20万円とともに贈られました。受賞した『ミッシング・チャイルド・ビデオテープ』の近藤亮太監督は「頭が真っ白。北海道の両親にも早く伝えたい。」と喜びと戸惑いを隠せない表情。実は、近藤は第1回の“MOVIE WALKER PRESS賞”を受賞しており、2回目にして栄えある大賞を手にしました。

全ての賞が発表となり、清水選考委員長、堀未央奈、FROGMAN、小出祐介、宇野維正、ゆりやんレトリィバァでの今回の講評が行われ、堀は「しばらくホラーから離れた生活をしていたが、私にはホラーが必要だということが分かった」と今回を機に改めてホラーへの気持ちに気づかされた様子。ゆりやんは「選考会議ではボケないんですね、と他の選考委員の方から言われた。受賞者の人生がかかっているので、ボケないで真剣に選考した。」と話しました。

また、清水監督は「毎年監督としてのライバルを増やしている」ことに複雑な表情を浮かべながらも、レベルが高く新しいホラーの切り口の作品に心の高ぶりを感じさせました。第2回の今回は、前回よりもクオリティが更に上がったことを選考委員は実感しており、次回以降の開催と応募作品に大きな期待と楽しみを抱いているコメントが相次ぎました。

また、授賞式では、第1回の大賞を受賞しました、下津優太監督作品『みなに幸あれ』の特別映像が初解禁され、下津監督が挨拶をしました。圧倒的な存在感を放ち今最も注目を集める俳優、古川琴音を主演に迎え、同名タイトルを長編にグレードアップし、2023年中の劇場公開が決定しております。ぜひ『みなに幸あれ』にもご注目ください。


<「第2回 日本ホラー映画大賞」受賞一覧>
応募期間:
2022年10月3日(月)10:00 ~ 2022年11月30日(水)23:59
応募資格:
プロ・アマチュアを問わず、年齢、性別、国籍などの制限なく、どなたでもご応募いただけます
対象作品:
実写映像作品 3分~90分程度の未発表・完全オリジナル新作
アニメーション映像作品 10秒~30分程度の未発表・完全オリジナル新作

[大賞]
授賞作品:『ミッシング・チャイルド・ビデオテープ』 近藤 亮太
賞金 20万円
副賞 運営委員会製作による新作長編映画(応募作品のリメイク版または完全オリジナル作品)の監督をご担当いただく

[アニメ部門賞]
授賞作品:『学校が嫌いだ』 奥田悠介
ホラー・アニメーション分野への斬新なアプローチを観点に選考/賞金 20万円

[選考委員特別賞]
授賞作品:『いい人生』 川上颯太
将来性を感じさせる作品に贈られる/賞金 15万円

[ホラーちゃんねる賞]
授賞作品:『彼は僕だったかもしれない』 二色 冬香
記憶に刻まれるような恐怖や狂気の演技を見せてくれた出演俳優に送られる優秀俳優賞/賞金 5万円

[ニューホープ賞]
授賞作品:『NEW GENERATION/新世代』 三重野広帆
“オトナ”になる前の荒削りで、尖った、最新の感性とセンスを持つ原石に対して贈られる/賞金 10万円

[株式会社闇賞]
授賞作品:「FAAAWWW!!!」 鬼木幸治
前例のないアプローチに果敢に挑み、新しいホラー体験を与える作品に贈られる/賞金 10万円

[オカルト部賞]
授賞作品:『The View』 中野滉人
「配信動画で見たい!!短編作品」に贈られる
選考・配信は、心霊スポット探索・怪談を体当たりで取材するYouTubeチャンネル『オカルト部』/賞金10万円

[MOVIE WALKER PRESS賞]
授賞作品:「笑顔の町」 小泉雄也
映画情報プラットフォームならではの視点で観る者が怖さを「楽しめる」、映画ファンに広く愛される作品を選出/賞金10万円

[豆魚雷賞]
授賞作品:『絶叫する家』 比嘉光太郎
優れたキャラクターが登場する作品に贈られる(人物・怪物などのほか、造形物・アイテムなど、特徴を持ったイメージを含む)
/賞金10万円


<運営委員会>
主催:株式会社KADOKAWA/ホラーちゃんねる
協力:株式会社ディー・エル・イー/株式会社闇/オカルト部/MOVIE WALKER PRESS/豆魚雷

公式Twitter:
https://twitter.com/jp_horror_fc

公式サイト:
http://movies.kadokawa.co.jp/japan-horror-fc/

公式レポート:男性声優5人組グループ「GOALOUS5」ベストアルバム発売も発表された「構成員集会」昼公演公式レポートをお届け!

男性声優5人を起用したグループ「GOALOUS5」(ゴーラスファイブ)は、2023年1月15日(日)にイベント「GOALOUS5 構成員集会」を開催。昼公演の公式レポート。

「GOALOUS5」は、人気男性声優の熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成による5人組グループです。声の力で人々を虜にし「世界声福(征服)」を目指すダークヒーローをコンセプトとして2019年5月22日(水)より活動中。毎週水曜日の17時よりWEB番組「GO5チャンネル」(YouTubeおよびニコニコ動画)を配信しているほか、イベントの開催や楽曲の展開もしており、2023年1月12日にはテーマソング第4弾「Get set, 5!」が発売。
また、2次元キャラクター化プロジェクト「MISSION:GO5(ミッションゴーゴー)」も始動し、ボイスドラマ Vol.03 「好敵手ニ勝利セヨ!」も発売中です。

<イベント「GOALOUS5 構成員集会」昼公演のイベントレポートをお届け!>
2023年1月15日(日)に日本橋三井ホールにて、イベント「GOALOUS5 構成員集会(昼夜2公演)」を開催いたしました。本イベントには、「GOALOUS5」のメンバーである熊谷健太郎さん(ブルー)・小松昌平さん(グリーン)・寺島惇太さん(イエロー)・仲村宗悟さん(ホワイト)・深町寿成さん(ピンク)の5名が登壇し、バラエティ企画に挑戦や、番組でおなじみの5人への相談コーナー「悪の相談室」、そして公開収録のコーナーという形で実施。また、イベントの最後には新情報の発表も行われました。本イベントは、昼夜公演ともに2023年1月25日(水)まで、OPENRECにてアーカイブ視聴が可能です。

アーカイブ配信はこちらから:
https://www.openrec.tv/user/goalous5


<イベント3大発表内容>
(1) ベストアルバム発売決定!
(2) 2次元キャラクター化プロジェクト「MISSION:GO5」第4弾制作決定!
(3) 声福大作線 Blu-ray発売決定!
2022年4月に開催された「声福大作戦~祝★三周年!進めゴーラス!~」と、7月に開催された「声福大作戦~LIVE&READING~」を収めたBlu-rayがそれぞれ発売となります。


<ピッタリ賞は出るのか!?「構成員の中から“オンリーファイブ”を探せ!!」>
おなじみの挨拶とともに登場すると思いきや、影ナレの流れを引きずったGOALOUS5の幹部5人は、いつもの挨拶とは異なるオープニングトークを終えると首領から届いた指令書を確認。最初の指令は「構成員の中から“オンリーファイブ”を探せ!!」というもので、メンバーが会場に集まったエリート構成員(ファン)に質問して、該当する構成員が5人になることを目指す企画です。

熊谷さんは「ゴーラスティック(ペンライト)の電池が切れている人」から徐々に人数を絞ろうとしたり、寺島さんは「今日カレーを食べてきた人」で多くの方の反応があり、仲村さんのアドバイスを元に2人のコンビ愛称「マンゴーラッシー」にちなんだ条件も追加し、5人に近づけることに成功したりと会場も盛り上がります。

深町さんは「寿司屋でガリだけ食べたことがある人」、小松さんは「眼鏡を割った人(3日以内)」とこちらもピタリ賞に近い人数を出していきます。最後に、仲村さんは最近ハマっているという「お風呂で体を洗った泡をつけたまま湯船で一気に流す人」という質問を投げかけるが…―。幹部たちらしい質問が飛び交いつつ、5人ピッタリに近い数を狙いにいく姿が見られました。

<お悩み解決に幹部の親戚も登場!?「悪の大相談室!!」>
続いて、WEB番組「GO5チャンネル」でもおなじみの企画「悪の相談室」イベント出張版を実施。事前に募集したイベントに参加する構成員からの相談を5人が順番に回答するコーナーです。まずは、「スマイルください」と某ファーストフードチェーンに昔存在したメニューを思わせる内容に、5人からとっておきの”スマイル”をお届け。2つ目の「指ハート、ギャルピースの次にバズるポーズを考えてほしい」では、構成員なら見覚えのある仲村さんがよくやる”あのポーズ”を披露。3つ目は多くの構成員から寄せられた「応援メッセージをください!」では、それぞれ熊谷さんは受験生、深町さんは就活生、寺島さんは仕事を頑張っている人、小松さんは1人暮らしを始める人、と次々と個性的な応援メッセージを送ります。最後に、仲村さんは、部活を頑張る人に向けてのはずが、転生している人へのメッセージを送り始め、会場・配信視聴者への笑いを誘いました。

最後の相談「付き合っている恋人の浮気が発覚。相手を後悔させ、けちょんけちょんに振る方法を教えてください」には、「リアルな内容だね」と、実際にシチュエーションを再現した方がいいのでは?と小松さん、寺島さん、深町さんの3人がウィッグを被って再登場。「ゴーラスけちょんけちょん大作戦」と題して、小松さんが扮するグリーンの姉・金髪ロングヘアの”ぐりぐりぐり・ぐり美さん”、寺島さん扮するイエローの姉・ツインテールの“きば美”さん、そして某ホラー映画を思わせる黒髪スーパーロングヘアのウィッグを装着してきた深町さんが登場。この3人が彼女または浮気相手役として、熊谷さんと仲村さんが彼氏役を演じてエチュードを展開。3回実演されたエチュードは、笑える要素からホラー要素などツッコミどころが多い展開で構成員の笑いで包まれていました。アーカイブ配信でも視聴可能なので、実際の演技はぜひ見ていただきたい内容となっています。また、夜公演は別のお題で、熊谷さんと仲村さんがウィッグを被っての熱演を見られます。

<昼公演配役>
(1)彼氏役:仲村さん/彼女役:小松さん/浮気相手役:寺島さん
(2)彼氏役:熊谷さん/彼女役:寺島さん/浮気相手役:深町さん
(3)彼氏役:仲村さん/彼女役:深町さん/浮気相手役:小松さん

<【公開収録】幹部5人のチームワークが試される「ギネスで世界を声福セヨ!!」>
新曲「Get set, 5!」のMVの未公開シーンやNGシーンを含む幕間VTRが流れた後、5人の分身キャラクターである「GO人衆」が登場し、笑いをこらえながらの掛け合い映像も展開されました。その後、web番組「GOALOUS5のGO5チャンネル」初の公開収録をスタートし、「ギネスで世界を声福セヨ!!」という首領からの指令で、紙コップタワー積み上げに挑戦することになります。本挑戦のギネス記録『30秒で84㎝・11段』に、最初に熊谷さんが挑むも48cm・6段という結果で挑戦失敗。1人では難しいということで、全員で協力プレーのはずが応援に徹する仲村さんの戦力がない中、またも失敗。2回目での成功を目指して、シミュレーションを始める5人。小松さんの「織田信長から習って、三段式にした方がいいのでは」と事前の作戦を念入りにした結果は、ぜひ番組の配信をチェックしてみてください。

最後に、「GOALOUS5」の今後の展開が発表された後は、名残惜しい中エンディングとなり5人から構成員へメッセージを送り、2023年初の”声福イベント”は幕を閉じました。

撮影:竹中智也


<「GOALOUS5 構成員集会」アーカイブ視聴>
出演 : GOALOUS5(熊谷健太郎・小松昌平・寺島惇太・仲村宗悟・深町寿成)
アーカイブ視聴期間 : イベント終了後~1月25日(水) 23:59 まで(期間中は何度でも視聴可能)
配信チケット:
通しチケット 9,350円(税込)
第1部チケット/第2部チケット 各4,950円(税込)
チケット販売期間 : 2023年1月25日(水)20:00まで

チケット購入
https://www.openrec.tv/ppv/goalous5-230115

チャンネル視聴URL
https://www.openrec.tv/user/goalous5


<「GOALOUS5」概要>
「GOALOUS5」公式Twitter:
https://twitter.com/sir_goalous


「GO5チャンネル」
YouTube URL:
https://www.youtube.com/channel/UCS-SN6YFilACrIE6CRE8s1w

ニコニコ動画:
https://ch.nicovideo.jp/go5channel

2次元キャラクター化プロジェクト「MISSION:GO5」:
https://www.goalous5.com/

© GCREST, Inc.

ニュース:1月7日(土)に開催された『政宗くんのリベンジR』第1話先行上映会& キャストトークショーのオフィシャルレポートが到着!

累計発行部数350万部(※電子版含む)を突破した原作・竹岡葉月、漫画・Tiv によるコミックスが原作のTVアニメ『政宗くんのリベンジ』【原作:竹岡葉月・Tiv(月刊ComicREX/一迅社刊)】

2017年1月〜3月に第1期が放送された本作品は、デブで冴えなかった真壁政宗が激ヤセしてイケメンへと変身し、かつて自身をこっぴどく振った安達垣愛姫を惚れさせてから最高の形で振るために奮闘する、リベンジラブコメディです。

この度、2023年1月7日(土)に開催されたTVアニメ『政宗くんのリベンジR(リターン)』第1話先行上映回&キャストトークショーのオフィシャルレポートが到着しました。

トークショーに登壇したのは、メインキャストの真壁政宗役の花江夏樹さん、安達垣愛姫役の大橋彩香さん、小岩井吉乃役の水瀬いのりさん。MCを務めたのは吉乃の姉・小岩井成乃役の清水彩香さんで、水瀬さんも「お姉ちゃんがMCをしているので、心強いです!」と、最初の挨拶で話していました。本作は2017年1月から放送された『政宗くんのリベンジ』の第2期に当たる作品。上映会で、久しぶりのイベント開催で胸が高まった様子の観客たちを前に、トークショーがスタートします。

まずは第2期が制作されると聞いたときの感想から。

「時間がかなり経っていたので、第2期をやるんだ!って、ドッキリかと思いました」とかなり驚いたと振り返る花江さん。「私も6年経っていたので、もうないと思っていたんですけど、“第2期を見たいです”という声はたくさん聞いていたので、嬉しかったです」と、大橋さんは喜びを口にします。水瀬さんも「皆さんの愛が次につなげてくれたんだなと思いますし、その愛を6年越しに感じることができて嬉しいです」と話していました。

アフレコも約6年ぶりということで、アフレコ現場の雰囲気を聞かれた3人。まず「水瀬さんはすぐに帰ります」と花江さんが暴露すると、「花江さんは、いつも私のイメージを悪くしようとする!」と反論する水瀬さん。実は大橋さんもすぐに出ていて、一緒に帰っていたそうだ。「早く帰るのは良いことだけど、余韻とかないの?」と漏らす花江さんに対し、「余韻は後で噛み締めてます!スタジオは仕事をする場所ですから」と、水瀬さんの名言も飛び出していました。

この3人のやり取りからも、和気あいあいとした空気は感じられ、時間が戻るような感覚だったという実際のアフレコについては、「(大橋さんと)がっつり共演するのはこの作品くらいなのですが、久しぶりに出す政宗の声が再現できているのかというプレッシャーは強かったです」と花江さん。今回登壇している3人で収録することが多かったそうで、「政宗は愛姫との掛け合いが多いので、一緒に収録できて良かったです」と言うと、大橋さんも「すごく影響を受けていました」と、収録の感想を語っていました。

続いて、キャラクターの復習をしていき、第2期ではどんな展開になっていくのかを、それぞれが話していきます。

最初は、“豚足”と呼ばれて振られた愛姫への復讐のためにダイエットをし、自分に惚れさせてから振る作戦(デッド・オア・ラブ作戦)を遂行中の政宗について。「第1期と違って、いろんなキャラクターたちとの感情の行き来があるので、その中でまた複雑な気持ちになっていく政宗は見どころだと思います」と花江さん。「見た目は子供の頃から変化したけど、内面は変化しているのか。本当の政宗がどんな人なのかがわかるかも」と水瀬さんが言うと、大橋さんは「より人間味が溢れてきます。それと政宗と愛姫の関係性や過去の話には注目してほしいです!」と力強く語っていました。

また、上映会当日は、政宗の誕生日ということで、楽屋にはオリジナルのケーキが用意されていたそうです。

続いて、男嫌いで、言い寄る男子をことごとく振っていたことから“残虐姫”と呼ばれていたが、第1期後半はかわいい面も見え始めてきた安達垣愛姫について。「第2期の愛姫もよく食べています。彼女もいろんな人と関わることによって複雑な感情になることが多いんです。特に第1話でミュリエル・ベッソン(CV.伊藤美来)と出会ったことで、政宗との距離感が変わってくると思うので、そこが注目です!」と大橋さんが見どころを挙げると、「愛姫も心情の変化がありますし、勘違い、すれ違いが多くて、見ていて応援したくなるようなところが多いです」と花江さん。「愛姫と吉乃の関係も、第1期と比べてグッと近くなるから楽しみです。私は愛姫様のカウンターに弱いところがすごく好きなんです」と、水瀬さんは愛姫への想いも含めて語っていました。

最後は、愛姫様のお世話係であり、裏では政宗の復讐作戦に協力している小岩井吉乃について。「第1話から大きな展開があるんですけど、第2期で(愛姫の許婚である)兼次(CV.斎賀みつき)との腹のさぐり合いというか、駆け引きだったり頭脳戦があるので、ラブコメとはかけ離れていますけど、見どころのひとつです」と水瀬さんが話すと、これには姉役の清水さんが参加し、「政宗くんと誰かだけでなく、愛姫と吉乃、兼次と吉乃など、いろいろな関係性が楽しいですし、吉乃の心の葛藤も見られるのが第2期だと思います!」と熱弁。姉妹愛を感じさせるやり取りに心が温まりました。

個性的なキャラクターたちが、活躍していく第2期だということが感じられたところで、注目してほしいキャラクターを3人に聞いたところ、挙がったのは、新キャラクターであるミュリエル。「変なキャラクターだけど、面白いし可愛い。愛姫と政宗がドキドキするような展開に持っていってくれるキャラクターです」と花江さんが説明をすると、大橋さんも「ありがたいです!」とキャラの気持ちにもなりつつ、心からの感想をこぼしてました。

また「第2期の序盤で舞台になっているパリに行くなら、どのキャラクターと行動したいか?」という質問には“朱里小十郎”と、こちらも3人が同じ意見に。「というより、早見沙織さんと……。めちゃめちゃ癒やされそうですよね」と花江さんが言うと、水瀬さんが「それなら私も三森すずこさん(藤ノ宮寧子役)とパリのディズニーランドに行きたい」と乗っかり、大橋さんも「私も同じ事務所の田所あずさちゃん(双葉 妙役)と……」と、質問から趣旨が変わっていくことに。これに清水さんが絶妙の間で「あの、キャラクター……ということなんですけど」とツッコみを入れて、笑いを誘っていたのが印象的でした。

インフォメーションコーナーでは、第2期のオープニング主題歌を、第1期に引き続き大橋彩香さんが担当することが、あらためて発表されました。「『Please, please!』の歌詞を見れば分かるんですけど、第1期の『ワガママMIRROR HEART』よりもさらに想いが強くなっていて、歌詞にも“一生のお願い”など、強い言葉がたくさん入っているんです。とても真っ直ぐな、愛に溢れた疾走感あるラブソングになっています。『ワガママMIRROR HEART』を引き継いだメロディやリズムもあるので、楽曲のフルサイズやオープニング映像も楽しみにしていてください」と、聴きどころを大橋さんが語ってくれました。

キャスト同士の関係性、そして、作品について楽しそうに語る3人の雰囲気も伝わってきたTVアニメ『政宗くんのリベンジR(リターン)』第1話先行上映会&トークショー。最後は3人から、4月からの、第2期“修学旅行編”のスタートを楽しみにしていてほしいというメッセージが贈られ、イベントは終了しました。


公式HP:
http://masamune-tv.com/

公式Twitter:
https://twitter.com/masamune_tv

推奨ハッシュタグ:#MASA_A