ニュース:映画「ギヴン」期間限定特別映像付き上映実施決定!“大人組”と“高校生組”のキャストーク&バンド「ギヴン」ライブ映像!

8月22日(土)より公開される『映画 ギヴン』が、通常上映に加えて、本編に特別映像を追加した上映を期間限定で実施することが決定した。上映期間は8月22日(土)〜8月28日(金)となり、全国の「映画 ギヴン」上映館で実施される。

本上映は『トーク&バンド・ギヴン「冬のはなし」 特別映像付き上映』と題し、中澤まさとも(中山春樹役)、江口拓也(梶 秋彦役)、浅沼晋太郎(村田雨月役)ら映画の中心メンバーである“大人組” が繰り広げる前半と、矢野奨吾(佐藤真冬役)、内田雄馬(上ノ山立夏役)の“高校生組” の後半に分かれて展開。

それぞれに『映画 ギヴン』を観た感想やお気に入りのシーン、アフレコ時に意識したことなど語っており、“ここでしか観られない”キャスト同士の掛け合いを観ることができる。

また、トークパート終了後には、矢野がギターボーカルをつとめるバンド「ギヴン」による「冬のはなし」のライブ映像が付くという贅沢な内容。さらに、ライブ映像は、TVアニメ 9話の舞台となったライブハウス、町田The Play Houseで収録が行われた、ファンにはたまらない内容となっている。


<トーク&バンド・ギヴン「冬のはなし」 特別映像付き上映>
上映期間:8月22日(土)〜8月28日(金)
上映劇場:
https://given-anime.com/theater/
出演:
・矢野奨吾
・内田雄馬
・中澤まさとも
・江口拓也
・浅沼晋太郎
・ギヴン
価格:特別興行2,000円均一(本編+特別映像)
※タイムテーブルは上映劇場によって異なりますので、各劇場のホームページをご確認ください。
※ご来場の際は、マスクの着用をはじめとする各映画館の新型コロナウイルス感染症予防対策へのご協力をお願いいたします。ご協力いただけない場合には、ご鑑賞をお断りさせていただく場合がございます。
※本上映はライブビューイングではございません。収録済みの映像での上映となり、劇場にはゲストの登壇はございません。
※本上映は応援上映ではございません。発声・起立などせず、お静かに着席してご鑑賞ください。


<TVシリーズ期間限定無料配信実施>
実施期間:2020年8月15日(土)00:00〜8月23日(日)23:59まで

FOD:「ギヴン」配信ページ
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5863

TVer:TOPページ
https://tver.jp/


<about 「映画 ギヴン」>
【イントロダクション】
高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、立夏は真冬への想いを自覚し、ふたりは付き合い始める。一方、春樹は長年密かに秋彦に想いを寄せていたが、秋彦は同居人のヴァイオリニスト・村田雨月との関係を続けていて・・・。スクリーンで、春樹と秋彦、雨月の恋が軋んで動き出すーー!

【STAFF】
原作:「ギヴン」キヅナツキ(新書館「シェリプラス」連載中)
監督:山口ひかる
脚本:綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン:大沢美奈
総作画監督:永田陽菜/二宮奈那子
美術設定:綱頭瑛子
美術監督:岡本綾乃/大西達朗
色彩設計:加口大朗
撮影監督:芹澤直樹
CG監督:水野朋也
編集:伊藤利恵
音響監督:菊田浩巳
音楽:未知瑠
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二/秋田信人
アニメーション制作:Lerche
主題歌:センチミリメンタル「僕らだけの主題歌」
配給:アニプレックス

【CAST】
佐藤真冬:矢野奨吾/上ノ山立夏:内田雄馬/中山春樹:中澤まさとも/梶 秋彦:江口拓也/村田雨月:浅沼晋太郎


公式サイト:
https://given-anime.com

公式Twitter:
https://twitter.com/given_anime


『映画 ギヴン』
8月22日(土)公開
配給:アニプレックス

TVアニメ『ギヴン』Blu-ray&DVD、全4巻にて好評発売中!FOD、dアニメストア、Netflix、U-NEXT、アニメ放題、ひかりTVにて配信中!

©キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

ニュース:劇場アニメ「海辺のエトランゼ」公開に先駆け先行有料上映会の実施決定!公開初日には舞台挨拶映像付上映会を実施!追加公開劇場情報到着!

BL(ボーイズラブ)に特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」より公開される、沖縄の離島を舞台に小説家の卵と少年の初々しい恋愛を描く、紀伊カンナ原作の劇場アニメ『海辺のエトランゼ』。このたび、9月11日(金)の全国公開に先駆け、東京・名古屋・大阪の劇場にて先行有料上映会の実施が決定!

また、公開初日には全国の皆さんに舞台挨拶を届けたいという思いから舞台挨拶映像付の上映会を実施!全国の公開劇場にて、公開日9月11日(金)19:00~上映回限定で舞台挨拶風に事前に収録した特別映像をお届けする。本イベントには、橋本駿役の村田太志さんと知花実央役の松岡禎丞さんが登壇。ドラマCDから今回の映画に至るまで、声優を担当した二人が映画「海辺のエトランゼ」ついて深いトークを繰り広げる。

さらに、追加公開劇場情報&劇場グッズ情報が到着!。追加公開劇場では、既に公開が決まっている全国37館のほかに、10月9日より、青森、長野、大分といった新しい地域でも本作の追加公開。待望の劇場グッズ情報は、駿と実央のデカアクリルスタンドセットや猫が描かれたスマートフォンリングなど、『海辺のエトランゼ』の美しく愛らしいイラストが描かれた商品を発売する。

また、松竹通販サイトFroovieでは画集「queue-Kanna Kii artbook-」(祥伝社刊・全国書店にて8月25日発売)の表紙イラストを高精細印刷で再現した複製原画も発売決定!9月11日(金)10時より、松竹通販サイトFroovieで受注販売。


<先行有料上映会>
9月5日(土)新宿ピカデリー(東京)・ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)・なんばパークスシネマ(大阪)の3劇場にて、先行有料上映会を実施。

日時:9月5日(土)15:00~の回
場所:新宿ピカデリー、ミッドランドスクエア シネマ、なんばパークスシネマ
料金:1,800円均一(ムビチケ使用不可)
チケット発売日等、詳細は後日お知らせいたします。

【注意】
※キャスト等の登壇予定はございません。


<舞台挨拶映像付 初日上映会>
全国の『海辺のエトランゼ』公開劇場にて、公開日9月11日(金)19:00~の上映回でご覧頂けます。本編上映前に約25分の舞台挨拶映像を上映いたします。
日時:9月11日(金)19:00~の回
場所:全国の『海辺のエトランゼ』公開劇場
登壇:村田太志(橋本駿役)、松岡禎丞(知花実央役)
※実際の登壇はございません。事前収録映像です。
料金:2,000円均一(ムビチケ使用不可)
チケット発売日等、詳細は後日お知らせいたします。
注意:
※舞台挨拶映像は事前収録しております。
※本映像は9月11日(金)19:00~上映回のみでの上映となります。

<追加公開劇場情報>
既に発表されている全国37館に追加して、10月9日より複数地域で公開決定!
(青森)青森コロナシネマワールド ※10/9~
(青森)フォーラム八戸 ※10/9~
(岩手)フォーラム盛岡 ※10/9~
(山形)ソラリス ※10/9~
(福島)フォーラム福島 ※10/9~
(富山)JMAX THEATER とやま ※10/16~
(福井)福井コロナシネマワールド ※10/9~
(長野)松本シネマライツ ※10/9~
(岐阜)大垣コロナシネマワールド ※10/9~
(奈良)シネマサンシャイン大和郡山 ※10/9~
(鳥取)MOVIX日吉津 ※10/9~
(島根)T・ジョイ出雲 ※10/9~
(山口)MOVIX周南 ※10/9~
(徳島)シネマサンシャイン北島 ※10/9~
(愛媛)シネマサンシャインエミフルMASAKI ※10/9~
(大分)T・ジョイパークプレイス大分 ※10/9~
(鹿児島)鹿児島ミッテ10 ※10/9~


<about 『海辺のエトランゼ』>
心が、洗われるようなボーイズラブ。
小説家の卵の橋本駿と海辺に物憂げに佇む少年、知花実央。そんなふたりの初々しくも、もどかしい関係を描き、多くの読者の心をとらえたコミック「海辺のエトランゼ」(紀伊カンナ作・祥伝社刊)が、2020年夏、ついにBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて劇場アニメとなる。
アニメ化にあたって、作者・紀伊カンナ本人が監修、キャラクターデザインを担当。制作は2Dおよび3Dアニメーションを主軸とした映像制作を行っている、老舗スタジオのスタジオ雲雀。そして監督を務めるのは、「ダンガンロンパ The Animation」の演出を担当し、『宝石の国』1巻発売記念フルアニメーションPVなどで瑞々しい演出力を見せた大橋明代。
ふたりのドラマと美しい沖縄の自然を、光、色彩、音、すべてにこだわり丹念に描く。また、駿と実央の繊細に揺れ動く心を表現する、村田太志(駿役)と松岡禎丞(実央役)の演技にも注目。

静かにくり返す波の音。満天の星空。ゆったりと流れていく時間。訪れたものすべてを包み込む沖縄の離島で、純粋で、あたたかく、でも不器用なふたりの恋が育まれる。

<Story>
『海辺のベンチでひとり佇む少年。そんな彼が無性に気になった』

小説家を目指す青年・駿は、海辺の少年・実央に思わず声をかけた。――「ちょっと、君!」

それをきっかけに、実央も駿のことを意識し始めるが、彼は島を離れなくてはならなかった。「はやく大人になりたい」そう言い残し、実央は去っていく。

3年後、実央は駿のもとに戻ってきた。少しだけ大人になって。はにかんだ笑顔を浮かべながら。

叶わないはずの想いが、通じあったとき、止まっていた時間が動き出す。

<CAST>
橋本駿:村田太志
知花実央:松岡禎丞
桜子:嶋村侑
絵理:伊藤かな恵
鈴:仲谷明香
おばちゃん:佐藤はな

<STAFF>
原作:紀伊カンナ 「海辺のエトランゼ」(祥伝社on BLUE comics)
監督・脚本・コンテ:大橋明代
キャラクターデザイン・監修:紀伊カンナ
総作画監督:渡辺真由美
エフェクト作画監督:橋本敬史
美術監督:空閑由美子(STUDIOじゃっく)
色彩設計:柳澤久美子
撮影監督:美濃部朋子
編集:坂本雅紀(森田編集室)
音楽:窪田ミナ
音楽制作:松竹音楽出版
主題歌:「ゾッコン」MONO NO AWARE(SPACE SHOWER MUSIC)
音響監督:藤田亜紀子
音響効果:森川永子
録音調整:林淑恭
音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:スタジオ雲雀
配給:松竹ODS事業室
製作:海辺のエトランゼ製作委員会


公式サイト:
https://etranger-anime.com

公式Twitter:
https://twitter.com/etranger_anime

『海辺のエトランゼ』
9月11日(金)より全国公開
配給:松竹ODS事業室

(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会
(C)紀伊カンナ/祥伝社 on BLUE comics

ニュース:劇場アニメ「ギヴン」4週連続週替わり来場者特典配布決定!原作・キヅナツキ描き下ろし“ネタバレ有り”4コマ漫画リーフレット!

8月22日(土)より公開される『映画 ギヴン』を目前に控え、4週連続、来場者特典の配布が決定!特典内容は、原作・キヅナツキによる描き下ろし4コマ漫画リーフレット4P(描き下ろし4コマ漫画は見開き2P)となり、毎週週替わりで1種類ずつ配布されることが解禁された。

本作は、ノイタミナ初のBLコミックアニメ化となったキヅナツキ原作による「ギヴン」(新書館「シェリプラス」にて連載中)の映画化。2019年7月11日よりTVアニメの放送が開始となり、SNSを中心に「青春×バンド×BLの組み合わせが最高!」「音楽と映像がエモすぎる!」「登場人物たちの日常にキュンキュンする!」と女性層をメインに瞬く間に口コミが広がり、各話放送後にtwitterトレンドワード入りを何度も果たすなど話題となった。

TVアニメの最終話となる9月19日放送終了後に『映画 ギヴン』をBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて公開することを発表、TVシリーズでは、高校生の真冬と立夏2人の、切なくて淡い恋がメインだったが、映画では、大人メンバーである、春樹、秋彦、雨月の苦くて熱い恋をメインに描く。

描き下ろし4コマ漫画は、映画の後日談となっており、メインキャラクターのその後の日常が垣間見られる内容となっている。また、各週リーフレットの表紙は立夏、真冬、春樹、秋彦がそれぞれに、“ネタバレ有り”であることを警告するデザインとなっている。

※お一人様1回のご鑑賞に対して1枚のプレゼントとなります。
※特典は週替わりで毎週1種類ずつの配布となります。
※来場者特典は数量限定の為、なくなり次第終了となります。


TVシリーズ期間限定無料配信実施
実施期間:2020年8月15日(土)00:00〜8月23日(日)23:59まで

【FOD:「ギヴン」配信ページ】
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5863

【TVer:TOPページ】
https://tver.jp/


<about 「映画 ギヴン」>
【イントロダクション】
高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、立夏は真冬への想いを自覚し、ふたりは付き合い始める。一方、春樹は長年密かに秋彦に想いを寄せていたが、秋彦は同居人のヴァイオリニスト・村田雨月との関係を続けていて・・・。スクリーンで、春樹と秋彦、雨月の恋が軋んで動き出すーー!

【STAFF】
原作:「ギヴン」キヅナツキ(新書館「シェリプラス」連載中)
監督:山口ひかる
脚本:綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン:大沢美奈
総作画監督:永田陽菜/二宮奈那子
美術設定:綱頭瑛子
美術監督:岡本綾乃/大西達朗
色彩設計:加口大朗
撮影監督:芹澤直樹
CG監督:水野朋也
編集:伊藤利恵
音響監督:菊田浩巳
音楽:未知瑠
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二/秋田信人
アニメーション制作:Lerche
主題歌:センチミリメンタル「僕らだけの主題歌」
配給:アニプレックス

【CAST】
佐藤真冬:矢野奨吾
上ノ山立夏:内田雄馬
中山春樹:中澤まさとも
梶秋彦:江口拓也
村田雨月:浅沼晋太郎


公式サイト:
https://given-anime.com

公式Twitter:
https://twitter.com/given_anime


『映画 ギヴン』
8月22日(土)公開
配給:アニプレックス

TVアニメ『ギヴン』Blu-ray&DVD、全4巻にて好評発売中!FOD、dアニメストア、Netflix、U-NEXT、アニメ放題、ひかりTVにて配信中!

©キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

ニュース:映画「ギヴン」メインキャスト5人からコメント到着!FOD、TVerで無料配信決定!映画公開前にTVシリーズをイッキ見!

8月22日(土)より公開される『映画 ギヴン』を目前に控え、矢野奨吾(佐藤真冬役)、内田雄馬(上ノ山立夏役)の“高校生組”と、中澤まさとも(中山春樹役)、江口拓也(梶 秋彦役)、浅沼晋太郎(村田雨月役)ら映画の中心メンバーである“大人組”を合わせたメインキャスト5名から、映画化へ印象や意気込み、公開を楽しみに待つファンへのメッセージコメントが届いた。三者三様に魅力が詰まった『映画 ギヴン』への想いを語っている。

本作は、ノイタミナ初のBLコミックアニメ化となったキヅナツキ原作による「ギヴン」(新書館「シェリプラス」にて連載中)の映画化。2019年7月11日よりTVアニメの放送が開始となり、SNSを中心に「青春×バンド×BLの組み合わせが最高!」「音楽と映像がエモすぎる!」「登場人物たちの日常にキュンキュンする!」と女性層をメインに瞬く間に口コミが広がり、各話放送後にtwitterトレンドワード入りを何度も果たすなど話題となった。

TVアニメの最終話となる9月19日放送終了後に『映画 ギヴン』をBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて公開することを発表、TVシリーズでは、高校生の真冬と立夏2人の、切なくて淡い恋がメインだったが、映画では、大人メンバーである、春樹、秋彦、雨月の苦くて熱い恋をメインに描く。

それぞれが『映画 ギヴン』への熱い想いを語っており、矢野は自身が演じる真冬の成長を感じたようで「歌いたい、曲を作りたいという欲求は、真冬の音楽を確実に成長させていて、真冬自身をも強くさせている印象を受けました」とのこと。一方、内田は「アニメシリーズの後の物語ということで、あの後の2人がどんな形になったのか気になっていたので楽しみにしていました。久しぶりに立夏として真冬の言葉を聞いて、ホッとする感覚もありました!」とコメントを寄せ、付き合い始めた真冬と立夏の“その後”が気になっていたと語った。

中澤は「映画館で観られるなんて嬉しいです!皆さんもそうだといいなと思っています。その場に居る感覚で彼らの日常の空気感を、その場で聴く感覚でライブシーンを、そして恋の痛みと喜びを感じてもらえたらと思います」とコメント。江口は「漫画で読んでてもおもいましたが、複雑な紆余曲折があるシーンが多いので、収録中めちゃくちゃエモエモでした笑」と、感情を揺さぶれた様子。また浅沼は「とてもデリケートでナイーブで、もどかしくて可愛くて、あったかくて苦しくて、美しくて乱雑で、脆くて強い作品だと思っています」と語った。

さらに、FOD、TVerにて8月15日(土)よりテレビアニメ『ギヴン』の無料配信が決定。まだ見ていない人はこの機を逃さず、すでに見ている人は映画公開前の復習として、『映画 ギヴン』への気持ちを高める絶好の機会となっている。


<キャストコメント>

矢野奨吾(佐藤真冬役)
Q1)映画化への印象や意気込みを教えていただけますでしょうか。
再び真冬を演じられることに、劇場のスクリーンでギヴンの世界を観られることに、演者としても一ファンとしても感動と感謝の気持ちでいっぱいです。TVアニメの続編でもあり、気になる大人組の恋と彼らの音楽がどう揺れ動いて結びつくのか、完成が楽しみでなりません!

Q2)映画では、どのようなことを意識してキャラクターを演じられましたでしょうか。特に注力されたところなどございましたら、あわせて教えていただけますでしょうか。
歌いたい、曲を作りたいという欲求は、真冬の音楽を確実に成長させていて、真冬自身をも強くさせている印象を受けました。僕は、真冬の才能は感受性の豊かさにあると思っていて、大人組の恋模様と比例するように熱を帯びて音楽と向き合う真冬には、これまでよりも力強さを感じました。感情的な部分も自然に出せるようになってきたのかなと思います。本編を通して、真冬の成長を感じていただけるように努めました。

Q3)ご覧になるファンの皆さまへメッセージをお願いいたします。
収録台本を読んで、僕は感情の整理が追いつかず、ぐちゃぐちゃになりました。器用なのに不器用で、素直で素直じゃなくて。噛み合ってないようで噛み合ってて、幸せはそばにあるのにどうしようもなく辛くて。報われるってなんなのか。雨月はどこか真冬に似ていて、天才にしかわからない心境を理解しようとするのは苦しくて。煩悶する彼らの姿に、最初から最後まで胸が締め付けられると思います。是非、劇場で確かめ、見届けてください。


内田雄馬(上ノ山立夏役)
Q1)映画化への印象や意気込みを教えていただけますでしょうか。
アニメシリーズの後の物語ということで、あの後の2人がどんな形になったのか気になっていたので楽しみにしていました。久しぶりに立夏として真冬の言葉を聞いて、ホッとする感覚もありました!

Q2)映画では、どのようなことを意識してキャラクターを演じられましたでしょうか。特に注力されたところなどございましたら、あわせて教えていただけますでしょうか。
今回の物語では、「変わった距離感」「変わらない距離感」。これをしっかり感じ取って行くことが大事だと思いました。

Q3)ご覧になるファンの皆さまへメッセージをお願いいたします。
想いは深く根付いてしまうと中々動かせなくなるものかもしれません。それでも、少しでも一歩踏みだそうとする彼らの姿を見届けてほしいと思います。『映画ギヴン』の応援、どうぞ宜しくお願い致します。


中澤まさとも(中山春樹役)
Q1)映画化への印象や意気込みを教えていただけますでしょうか。
映画化についてすごく喜びました。でも驚きはなく不思議とすんなり納得しました。原作もアニメも、雰囲気やテンポ感は映画というジャンルと親和性が高いと感じていたのです。映画館での上映という、画・音・構成などテレビとは違う環境のための各セクションの取り組みに応えていこうと思っています。

Q2)映画では、どのようなことを意識してキャラクターを演じられましたでしょうか。特に注力されたところなどございましたら、あわせて教えていただけますでしょうか。
TVシリーズの頃から自然体なのは変わらなくて、映画でも春樹として感じるままに演じていました。その中で、真冬の歌を聞いて「いま本当は寂しい」ことに気づいてから、つまり、TVシリーズのラストを起点に春樹の心の砂浜に立って、時化たり凪いだりする感情の波に乗っていきました。

Q3)ご覧になるファンの皆さまへメッセージをお願いいたします。
映画館で観られるなんて嬉しいです!皆さんもそうだといいなと思っています。その場に居る感覚で彼らの日常の空気感を、その場で聴く感覚でライブシーンを、そして恋の痛みと喜びを感じてもらえたらと思います。『映画ギヴン』よろしくお願いします!


江口拓也(梶 秋彦役)
Q1)映画化への印象や意気込みを教えていただけますでしょうか。
嬉しかったですね。ついに、梶の深いところを知れる場所に声をあてられるわけですから。アニメでは演じられてなかった部分なので、思う存分やりたいとおもいます笑

Q2)映画では、どのようなことを意識してキャラクターを演じられましたでしょうか。特に注力されたところなどございましたら、あわせて教えていただけますでしょうか。
梶自身の等身大の部分をどうだすか、は意識しました。アニメでは頼れる存在でしたが、彼も同じ人間。ダメな部分もあるでしょう、と笑 そんなところをどう表現するか、頑張りました。

Q3)ご覧になるファンの皆さまへメッセージをお願いいたします。
漫画で読んでてもおもいましたが、複雑な紆余曲折があるシーンが多いので、収録中めちゃくちゃエモエモでした笑 楽しんでもらえるものになっているとおもいます。是非ご覧ください!


浅沼晋太郎(村田雨月役)
Q1)映画化への印象や意気込みを教えていただけますでしょうか。
音楽や絵が繊細に、とても丁寧に作られているのはもちろんのこと、セリフから感じ取れる心の動き、ともすれば空気感までが、こんなにも壊れそうで優しく、かと思えばやるせないほど残酷な作品はなかなかないと感じました。出会えて光栄です。

Q2)映画では、どのようなことを意識してキャラクターを演じられましたでしょうか。特に注力されたところなどございましたら、あわせて教えていただけますでしょうか。
誰かを好きになることに理由なんてなくて、突然降ってくるもの。そして、きっかけなんてただの後付けかもしれない。だから、特別なことでもなんでもない、ごくごくありふれた、誰にでも訪れておかしくないこととして、僕なりの、あの世界での自然さを意識しました。ともすれば埋もれてしまうほど個性がなくて、観終わってから思い出せないほど印象に残らないものになってしまうかもしれない。でも、雨月の持つそこはかとない儚さは、むしろそのぐらいがマッチするんじゃないかと考えました。どこにでもありそうで、消えてしまいそうな雰囲気。それをわずかでも共感していただけたら嬉しいです。

Q3)ご覧になるファンの皆さまへメッセージをお願いいたします。
とてもデリケートでナイーブで、もどかしくて可愛くて、あったかくて苦しくて、美しくて乱雑で、脆くて強い作品だと思っています。大きなスクリーンで繰り広げられる、不器用な彼らの色々を、大切に大切に受け止めていただけたら幸いです。願わくば皆さんにとって、キヅアトになるような、いつまでも残る音楽のような作品になりますように。


<TVシリーズ期間限定無料配信>
実施期間:2020年8月15日(土)00:00〜8月23日(日)23:59まで
【FOD:「ギヴン」配信ページ】
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5863

【TVer:TOPページ】
https://tver.jp/


<about 「映画 ギヴン」>
【イントロダクション】
高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、立夏は真冬への想いを自覚し、ふたりは付き合い始める。一方、春樹は長年密かに秋彦に想いを寄せていたが、秋彦は同居人のヴァイオリニスト・村田雨月との関係を続けていて・・・。スクリーンで、春樹と秋彦、雨月の恋が軋んで動き出すーー!

【STAFF】
原作:「ギヴン」キヅナツキ(新書館「シェリプラス」連載中)
監督:山口ひかる
脚本:綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン:大沢美奈
総作画監督:永田陽菜/二宮奈那子
美術設定:綱頭瑛子
美術監督:岡本綾乃/大西達朗

【CAST】
佐藤真冬:矢野奨吾/上ノ山立夏:内田雄馬/中山春樹:中澤まさとも/梶秋彦:江口拓也/村田雨月:浅沼晋太郎

公式サイト:
https://given-anime.com

公式Twitter:
https://twitter.com/given_anime


『映画 ギヴン』
8月22日(土)公開
配給:アニプレックス

TVアニメ『ギヴン』Blu-ray&DVD、全4巻にて好評発売中!FOD、dアニメストア、Netflix、U-NEXT、アニメ放題、ひかりTVにて配信中!

©キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

ニュース:10月劇場上映・サーフィンアニメ「WAVE!!」劇場本予告&全三部作ビジュアル解禁!OP主題歌は前野智昭ほかのメインキャストで結成の“波乗りボーイズ“に決定!

10月2日(金)より劇場公開のアニメ「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~」(以下、「WAVE!!」)の劇場本予告と全三部作のビジュアルが公開となった。さらに、メインキャストが歌う主題歌情報も解禁された。

「WAVE!!」とは、東京2020オリンピックで初めて競技種目として採用された話題のサーフィンを題材にしたメディアミックスプロジェクト。原作は、乙女向けコンテンツ「B-PROJECT」などを手掛けるMAGES.(LOVE&ART)で、前野智昭演じる主人公“陽岡マサキ”が、小笠原仁演じる転校生“秋月ショウ”と出会い、サーフィンにのめり込んでいく男子たちのオリジナル群像ドラマ。特報PVの公開後、爽やかなキャラクターたちと美しい映像が話題を呼んでいる。

​この度、​10月2日(金)の公開に先駆け、「WAVE!!」の劇場本予告​が公開となった。映像​内​では、主人公マサキが華麗に波に乗るサーファー“ショウ”と運命的な出会いを果たす鼓動が高鳴るシーンから始まり、そのほかの​各​メインキャラクターのボイスも一挙​に公開​​された。​また、​CGを使用したサーフィンシーンもあわせて初解禁となり、鮮明に美しく映る波の表現がサーフィンの物語をより鮮やかに描​いている​。

そして、本作の全三部作ビジュアルも公開​となった​。先日解禁となった第一章のビジュアル​は、実は第二章と第三章​まで​​一枚絵として​繋が​っており​、メインキャラクター8人が大波に乗って​サーフィンをしている​迫力のあるビジュアルとなった。8月7日(金)より新宿バルト9ほか公開劇場にて発売開始となる前売券の“紙タイプ3枚綴り券”は、今回解禁された全三部作ビジュアル​が使用されたデザインとなっている。

さらに、映像内にて主題歌情報も解禁された。本予告にも使用されているOP主題歌「伝説のサーフプリンス」は、​8人の​メインキャラクターの陽岡マサキ(cv.前野智昭)、秋月ショウ(cv.小笠原仁)、田中ナル(cv.中島ヨシキ)、厳名コウスケ(cv.佐藤拓也)、松風ユータ(cv.白井悠介)、木戸ナオヤ(cv.土岐隼一)、フケ倫道(cv.岡本信彦)、森ウィリアム聡一郎(cv.森久保祥太郎)​の全員​から成る“波乗りボーイズ”が歌う豪華楽曲になっている。本楽曲のほか、第一章ED主題歌、ミニドラマを含むCDのリリースが10月14日(水)に決定した。

​映像やビジュアル、楽曲情報も公開となり、8月7日(金)からは前売り券も発売がスタートする​アニメ「WAVE!!」​。​プロジェクトの今後の展開にぜひご期待ください。


<主題歌情報>
劇場OP主題歌「伝説のサーフプリンス」
歌:波乗りボーイズ〈陽岡マサキ(cv.前野智昭)、秋月ショウ(cv.小笠原仁)、田中ナル(cv.中島ヨシキ)、厳名コウスケ(cv.佐藤拓也)、松風ユータ(cv.白井悠介)、木戸ナオヤ(cv.土岐隼一)、フケ倫道(cv.岡本信彦)、森ウィリアム聡一郎(cv.森久保祥太郎)〉

第一章ED主題歌「BEAT BLUE BEAT」
歌:オオアライトライ〈陽岡マサキ(cv.前野智昭)、秋月ショウ(cv.小笠原仁)、田中ナル(cv.中島ヨシキ) 〉


<CDリリース決定!!>
「伝説のサーフプリンス」
価格:1,500円(税別)
品番:USSW-0257
発売元・販売元:MAGES.

《収録内容》
1.『伝説のサーフプリンス』(劇場三部作アニメ「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~」OP主題歌/波乗りボーイズ)作詞・作曲:志倉千代丸 編曲:Yocke
2.『SURFDAYS』(NSA公認サーフィン応援ソング/波乗りボーイズ)
3.ミニドラマ『ドキドキ★リゾートキャンプ初体験!?』
CAST:陽岡マサキ(cv.前野智昭)、秋月ショウ(cv.小笠原仁)、田中ナル(cv.中島ヨシキ)
4.『伝説のサーフプリンス』-Off Vocal-
5.『SURFDAYS』-Off Vocal-


<前売券情報>
8月7日(金)より上映劇場にて販売開始!
※一部お取り扱いの無い劇場もございます。

〇ムビチケカード
キャラクターデザイン“岩佐とも子”描き下ろし!主人公陽岡マサキが描かれたムビチケカード。
全章共通 1,700円(税込/当日1,800円のところ)

〇紙タイプ3枚綴り券
全三部作ビジュアルデザインの豪華な3枚セットのチケット!
全章共通 5,100円(税込)
※舞台挨拶等、特別興行にはご利用いただけない場合がございます。
※ムビチケカードも3枚綴り券も1枚につき1回、いずれの章にもご使用いただけます。


10月2日(金)より全三章連続公開!!
新宿バルト9他、全国映画館にて上映!!

公開日:
・第一章 2020年10月2日(金)
・第二章 2020年10月16日(金)
・第三章 2020年10月30日(金)
※予告なく変更になる場合がございます。


<STAFF>
原作:MAGES.
監督:尾崎隆晴
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクター原案:さらちよみ
キャラクターデザイン:岩佐とも子
総作画監督:岩佐とも子/池田結姫
プロップデザイン:小野可奈子
アクション作画監督:藤井文乃
エフェクト作画監督:才木康寛/星野車蜂
色彩設計:舘絵美子
美術監督:荒井和浩
撮影監督:長谷川奈穂
編集:本田優規
音楽:土橋安騎夫
音響監督:横田知加子
音響制作:デルファイサウンド
アニメーション制作:旭プロダクション

<CAST>
陽岡マサキ:前野智昭
秋月ショウ:小笠原仁
田中ナル:中島ヨシキ
厳名コウスケ:佐藤拓也
松風ユータ:白井悠介
木戸ナオヤ:土岐隼一
フケ倫道:岡本信彦
森ウィリアム聡一郎:森久保祥太郎

<イントロダクション>
「WAVE!!」とは…サーフィンにすべてを賭ける若者たちの青春を描く、乙女向けコンテンツ「B-PROJECT」などを手掛けるMAGES.が原作のメディアミックスプロジェクト。主人公陽岡(ひなおか)マサキが転校生秋月ショウと出会い、サーフィンにのめり込んでいく、イケメン男子たちの群像ドラマ。キャラクター原案は、女性から圧倒的な支持を集める、さらちよみ。2018年よりCDドラマ、キャラクターソングをはじめ、ラジオ、イベント、アプリと、あらゆるメディアへ展開。 2020年10月に、待望の劇場でのアニメ公開が決定した。

<ストーリー>
海の上なら僕たちは自由になれる!文字通り一年中大きな波が海岸を洗い続ける、茨城県の大洗海岸で生まれ育ったマサキは、王子様のような転校生ショウと出会い、一枚の板を挟んで地球と対峙する究極のスポーツ・サーフィンを知る。それは、波乗りの魅力に憑りつかれた少年たちの、終わらない物語の始まりだった。


アニメ公式サイト:
https://wave-anime.com

アニメ公式Twitter:
https://twitter.com/WAVE_animation

©MAGES./アニメWAVE!!製作委員会