ニュース:See-Saw・約19年ぶりの新曲は『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』エンディングテーマ「去り際のロマンティクス」に決定!!

2024年1月26日より全国劇場公開となる『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のエンディングテーマが、See-Saw「去り際のロマンティクス」に決定した。See-SawはVocal & Chorus:石川智晶 Keybords:梶浦由記によるユニット。

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』
https://www.gundam-seed.net/freedom/

See-Sawが「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」のテーマソングを担当するのは、「あんなに一緒だったのに」(2002年:『機動戦士ガンダムSEED』)、「君は僕に似ている」(2004年:『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』)を経て本作で3作目、約19年ぶりとなる。

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』は、C.E.(コズミック・イラ)を舞台に、旧来の人類”ナチュラル”と遺伝子調整された新人類”コーディネイター”の間の戦いを描いた『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に続く、「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」の最新作で、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の戦いのあと、C.E.75年の物語を描いた完全新作となる。

また、「去り際のロマンティクス」が1月24日(水)にシングルリリースされることも決定している。CDシングルには2019年に開催されたフラインドッグ設立10周年記念ライブ「犬フェス!」でサプライズ出演した大ヒットシングル「あんなに一緒だったのに live in 2019 @犬フェス」も収録される。これを記念して、本日より犬フェス!で歌唱した「あんなに一緒だったのに」ライブ映像を1週間限定公開中。


See-Saw
「あんなに一緒だったのに」LIVE IN 2019 @武蔵野の森総合スポーツプラザ ー犬フェス!

https://youtu.be/PXG0W42ZO5o

今回の発表に伴い、石川智晶、梶浦由記、福田己津央監督からのコメントが到着した。


<石川智晶コメント>
このような巡り合わせでまたSEEDに再会でき驚きと感謝です。当時、脚本家の両澤さんから助言を頂き、音楽をつくる上での多くの気づきを得ました。今回の劇場版ではそれを背景に言葉を紡いだつもりです。また福田監督とお話しさせて頂く機会があり、個々のキャラクターの心情から戦争の話まで雑談のように広げて下さり、最終的な着地点が見えました。いつの間にかSEEDらしいものができたかな?と。喜んで頂けたら嬉しいです。

<梶浦由記コメント>
この度は、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』エンディングテーマを再び石川智晶さんと共に作らせていただけたこと、本当に光栄に思っております。20年を経て、ファンの皆様が待ち続けたこの新たな物語の目指すところに、See-Sawの歌が必要であるとお声をかけていただけた喜びを噛み締めつつ、ラストシーンを送るための曲を書かせていただきました。作品の思い、ファンのみなさまの思いに叶うものであればと祈っております。

<福田己津央監督コメント>
まず、素晴らしい曲をありがとうございました。初めて聞いた時は不思議な気持ちでした。どこか幻想的な梶浦さんの曲と、強いテーマを感じさせる石川さんの歌詞が見事な世界観を描き出しており、20年前の『機動戦士ガンダムSEED』の世界と現在(いま)が繋がったように感じました。感情を揺さぶるメロディラインと世界を構築する編曲、登場人物の心情と聞く人の心情を繋ぐ言葉がスッと心に染み込み、映画『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の壮大なエンディングテーマを見事に表していたと思います。「ガンダムSEEDシリーズ」はそのエンディングが象徴的です。「あんなに一緒だったのに」を聞くと各話各話のテーマとシンクロして感動がクライマックスになる魔法のような曲でした。「君は僕に似ている」もそうです。作品世界ではなく身近な語りの言葉が各話のテーマとリンクして心を打ちます。「去り際のロマンティクス」もまた映画のラストを彩る新しい一曲になると私は確信しております。
「ガンダムSEEDシリーズ」監督 福田己津央


<商品情報>
タイトル:去り際のロマンティクス
アーティスト:See-Saw
発売日:2024年1月24日(水)
品番:VTCL-35367
価格:1,320円(税込み)

収録曲:
M-1.去り際のロマンティクス
作詞:石川智晶 作・編曲:梶浦由記
M-2. あんなに一緒だったのに live in 2019 @犬フェス
作詞:石川智晶 作・編曲:梶浦由記
M-3.去り際のロマンティクス(Instrumental)
作詞:石川智晶 作・編曲:梶浦由記

※ジャケットは、アニメ描き下ろしイラスト使用
※初回生産分のみ限定プレミアムパッケージ(クリアケース)

購入特典:
●全国共通特典:ポストカード
※一部、取り扱いの無い店舗もありますので、ご予約、ご購入の際は各店舗にご確認下さい。

●VICTOR ONLINE STOREオリジナル特典:ポスター


《配信情報》
音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて1月24日(水)より配信スタート!
https://jvcmusic.lnk.to/SARIGIWA-NO-ROMANTICS

See-Saw New Single リリース記念SPECIAL PLAYLIST
http://jvcmusic.lnk.to/See-Saw_playlist

※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、Spotify、YouTube Music、LINE MUSIC、Amazon Music、Deezer、AWA、Rakuten Music、KKBOX、TOWER RECORDS MUSIC
※ミュージックビデオはApple Music、YouTube Music、LINE MUSIC、Lemino、U-NEXT、TOWER RECORDS MUSICでご覧いただけます。


『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』
2024年1月26日(金)全国ロードショー

・スタッフ
企画・制作:サンライズ
原作:矢立肇、富野由悠季
監督:福田己津央
脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央
キャラクターデザイン:平井久司
メカニカルデザイン:大河原邦男、山根公利、宮武一貴、阿久津潤一、新谷学、禅芝、
射尾卓弥、大河広行
メカニカルアニメーションディレクター:重田智
色彩設計:長尾朱美
美術監督:池田繁美、丸山由紀子
CGディレクター:佐藤光裕、櫛田健介、藤江智洋
モニターワークス:田村あず紗、影山慈郎
撮影監督:葛山剛士、豊岡茂紀
編集:野尻由紀子
音響監督:藤野貞義
音楽:佐橋俊彦
製作:バンダイナムコフィルムワークス
配給:バンダイナムコフィルムワークス、松竹

・キャスト
キラ・ヤマト:保志総一朗
ラクス・クライン:田中理恵
アスラン・ザラ:石田彰
カガリ・ユラ・アスハ:森なな子
シン・アスカ:鈴村健一
ルナマリア・ホーク:坂本真綾
メイリン・ホーク:折笠富美子
マリュー・ラミアス:三石琴乃
ムウ・ラ・フラガ:子安武人
イザーク・ジュール:関智一
ディアッカ・エルスマン:笹沼晃
アグネス・ギーベンラート:桑島法子
トーヤ・マシマ:佐倉綾音
アレクセレイ・コノエ:大塚芳忠
アルバート・ハインライン:福山潤
ヒルダ・ハーケン:根谷美智子
ヘルベルト・フォン・ラインハルト:楠大典
マーズ・シメオン:諏訪部順一
アウラ・マハ・ハイバル:田村ゆかり
オルフェ・ラム・タオ:下野紘
シュラ・サーペンタイン:中村悠一
イングリット・トラドール:上坂すみれ
リデラード・トラドール:福圓美里
ダニエル・ハルパー:松岡禎丞
リュー・シェンチアン:利根健太朗
グリフィン・アルバレスト:森崎ウィン

・『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』公式サイト
https://www.gundam-seed.net/freedom/

・「機動戦士ガンダムSEED シリーズ」公式X
https://x.com/SEED_HDRP

・『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』公式TikTok公式サイト
https://www.tiktok.com/@seed_freedom_official

©創通・サンライズ


<See-Saw Profile>
Vocal & Chorus:石川智晶 Keybords:梶浦由記のユニット。
1993年7月Vocal:石川智晶 Keyboards:梶浦由記 Bass:西岡由紀子、3人のユニット“See-Saw”としてデビュー。1994年4月より現在の2人となり、1995年2月にシングル「また会えるから」を発売後、それぞれソロ活動を開始する。2001年、梶浦由記がBGMを手掛けたテレビアニメ『NOIR(ノワール)』に「indio」を収録したことをきっかけに“See-Saw”としての活動を再開。2002年、7年振り7枚目のシングル「Obsession」をリリース。
オリコンでは初登場45位ながらも、その後18週に渡ってチャートインし続けロングセラーヒットとなる。10月、MBS・TBS系アニメ『機動戦士ガンダムSEED』のエンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」がオリコン初登場5位を記録。2006年、再び活動休止しそれぞれのソロ活動を展開。
2019年、17年ぶりとなるワンマンライヴ「See-Saw LIVE 〜Dream Field 2019〜」が東京国際フォーラム ホールAにて開催された。

ニュース:DA PUMPのYORIがペットと飼い主が食事をシェアできるブランド「コミフ・コミフデリ」のアンバサダーに就任!YORI「念願のワンちゃんとのお仕事で嬉しい」

DA PUMPのYORIがペットと飼い主が食事をシェアできるブランド「コミフ・コミフデリ」の公式アンバサダーに就任することが決定しました。

コミフ・コミフデリは、ペットと飼い主が食事をシェアできるサービス。人が食べるスイーツやお惣菜と同じ基準の下、品質管理の行き届いた食品工場で製造される冷凍商品で、現在は、スイーツとデリを合わせて約40品目をラインナップ。長年培ったノウハウからワンちゃんに配慮した食材を使用し、砂糖・塩・乳、動物性油脂を出来るだけ抑えた商品づくり行っている。ピザーラやPABLOとのコラボ商品も開発しており、人気を博している。

YORIは幼少期のころワンちゃんと過ごしており、自身にとってワンちゃんは友達であり、相方のような存在。ワンちゃん愛はファンの間でも有名な愛犬家です。

ホットドッグ社長森田氏は「YORIさんはワンちゃんへの愛情がとても深く、ブランドコンセプトに非常に共感してくださっており適任であると確信した」と起用理由を明かしています。

YORIも「ワンちゃんがとても好きで、ワンちゃんとのお仕事を出来ればと思っておりましたので、ご一緒でき大変光栄です!!たくさんの商品を試食させていただきましたが、どの商品もワンちゃんに優しく、人も一緒に食べることもでき、とても美味しいものばかりです。ぜひ、コミフ・コミフデリを手に取ってみてください!!」とコメントした。


<YORI(DA PUMP)インタビュー>
Q:アンバサダーに就任した感想を教えてください。
前からずっとワンちゃんと関われるお仕事をしたいと思っていたので今回コミフさんのアンバサダーに就任させて頂けた事は本当に嬉しく思っています。

Q:「コミフ・コミフデリ」を食べた感想を教えてください。
コミフに関して、ワンちゃんと特別な日を一緒にお祝いする時間を楽しい時間に演出してくれるなと感じました。味付けはとても優しくてホントに美味しいので色んな味を食べたくなりました! コミフデリに関して、ピザーラとコラボしていたりと、充実していて見た目がとても華やかで、見ていてワクワクしてきました!中身はしっかりとワンちゃんの健康の事を考えてくれていて、年齢に合わせて選べるアイテムがあるのも素敵だなと思いました。味付けは素材の味を活かしたシンプルな味付けなのでどのワンちゃんでも安心して食べさせてあげられると思います。

Q:ワンちゃんとの「食」にまつわるエピソードを教えてください。
小さい頃に飼っていたワンちゃんと家の裏庭でBBQをしながらお肉を半分ずつして食べていたのを覚えています。半分ずつして自分が食べようとした時にはもう食べ終わっていて、こっちを見てヨダレを垂らしているので可愛くて結局自分のもあげてしまう、というループから抜け出せませんでした。

Q:誰に「コミフ・コミフデリ」をプレゼントしたいですか?
ワンちゃんを飼っていても、飼っていなくても、ワンちゃんが大好きな人はぜひ手に取って欲しいです。愛情のたくさん詰まった商品なのでぜひ手に取って感じてもらえたら嬉しいです。

Q:2023年を振り返って一言で表現すると?
「点と点」 今年過ごしてきた時間の中で、これは来年やまた先に繋がっていく為の時間や物事なのだろうなと思う出来事がたくさんありました。コミフさんとの出会いもその中のひとつと感じていて、点と点が線になってたくさんの人達が笑顔になっていけばと思い、この一言にしました。


YORI(DA PUMP)プロフィール
生年月日:1980年2月9日
出身地:広島県
血液型:AB型

アンダーグラウンド時代からさまざまなダンスコンテストで優勝を重ねており、世界大会にも出場し上位の成績を収める。

また数々の舞台、メディア出演やモデルなどダンス以外でも幅広く活動し、次世代をマルチに活躍するアーティストの1人である。

広島県三次市観光大使を務めており、グループでは進行役などを任されている。動物愛好家で、特に大の犬好きとして有名である。


<LIVE情報>
「LIVE DA PUMP DA MAGIC HOUR」追加公演の開催が決定!
https://dapump.jp

・日時 : 1月12日(金) 17:30開場/18:30開演
場所 : 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
・日時 : 1月18日(木) 17:30開場/18:30開演
場所 : 千葉・市川市文化会館 大ホール
・日時 : 1月28(日) 16:00開場/17:00開演
場所 : 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール


<CDリリース情報>
DA PUMP 37th SINGLE 「Use Your Body」/「タイトル未定B」
2024年 2月21日(水)発売決定!

今作はDA PUMPのDANCEを堪能!
年代・ジャンル違いのダンス2柱 古き良きザ・エンターテイナー感溢れるファンク「Use Your Body」と、 系統の異なる「タイトル未定B」で2つの表情を味わえる大ボリュームの内容! そして更に豪華盤には今年度のツアー「LIVE DA PUMP DA MAGIC HOUR」初日の9月20日(水)NHKホール公演の映像を収録。


商品詳細・各種特典情報:
https://dapump.jp/news

商品購入URL:
https://dapump.lnk.to/37thsingle


<「コミフ・コミフデリ」について>
公式ウェブサイト:
https://hot-dog.co.jp/

オンラインストア:
https://comif.shop/

公式インスタグラム:
https://www.instagram.com/hotdog.comif/

公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCGm83AixuYpbqN_TpOuIEqA

ニュース:匿名音楽ユニット・ユトレヒトの新曲「泣き虫シュレディンガー」がドラマ特区『犬と屑』のオープニング主題歌に決定!

匿名音楽ユニット・ユトレヒトの新曲「泣き虫シュレディンガー」がドラマ特区『犬と屑』のオープニング主題歌に決定した。2023年6月8日(木)よりMBS、テレビ神奈川にて放送開始となる。2021年6月に「ヤングマガジン」で連載をスタートし、「読む手が止まらない!」「面白くて展開がゾクゾクする」とSNSで大きな反響を呼び、“1番続きが気になるマンガ”と称された大ヒット漫画『犬と屑』の待望のドラマ化。倉悠貴が地上波ドラマ単独初主演を務めるほか、三原羽衣、中村嶺亜(7 MEN 侍 / ジャニーズJr.)らも出演する。全員なにかしらの“闇”を抱えたキャラクターたちによる愛、嫉妬、憎しみ…複雑に絡み合う、人間模様と急展開のラブサスペンスだ。

ユトレヒトは、自主レーベルUtrecht LAB.にて活動する、俯瞰音子(ふかんねこ)とサウンドディレクター・Anonymity.からなる匿名音楽ユニット。1月29日より活動を開始し、すでに3曲をデジタルリリースしている。新曲「泣き虫シュレディンガー」は作詞を俯瞰音子とAnonymity.、作曲と編曲をAnonymity.が手掛ける、疾走感溢れる楽曲。確かめようとしても確かめようのない失った愛を、『シュレディンガーの猫』の文脈を引用して表現している。

主題歌決定に際して、ユトレヒトからコメントも到着している。最前線の才能の交差点となる匿名音楽ユニットの今後に引き続き期待したい。


<ユトレヒトコメント>
はじめまして、ユトレヒトです。『犬と屑』のOP主題歌担当、大変嬉しく思います。原作を読んで、愛憎がパズルのように噛み合う予想外の展開に目が離せなくなりました。「泣き虫シュレディンガー」は、失った愛への執着と諦め、その悲痛な二律背反を歌っています。愛に捉われて苦悩する彼らに、この曲が寄り添えていたら嬉しいです。


<楽曲情報>
ユトレヒト「ココロガワリ」
作詞:俯瞰音子、Anonymity.
作曲・編曲:Anonymity.
Utrecht LAB.


<ユトレヒト プロフィール>
俯瞰音子、サウンドディレクター・Anonymity.からなる匿名音楽ユニット。誰もが心の底に抱える、悩み・苦しみ・切なさ。そのどうしようもなさを音楽にして届ける。キャッチフレーズは「厭世をわくわくしようよ。」2023年1月29日にイントロダクションシングル「ぼくたちのおはなし」、3月8日に「Hex」、4月26日に「ココロガワリ」リリース。新人ユニットながら米山舞など新進気鋭のクリエイターを巻き込む、才能の交差点。

ユトレヒト公式サイト:
https://utrecht-artist.jp/

ユトレヒトYouTube:
https://www.youtube.com/@ut_utrecht

ユトレヒトTwitter:
https://twitter.com/ut_utrecht

ユトレヒトTikTok:
https://www.tiktok.com/@ut_utrecht


<ドラマ概要>
ドラマ特区「犬と屑」

放送情報
2023年6月8日(木)より放送スタート!

MBS 6月8日(木) 24:59~ 第1話放送
テレビ神奈川 6月8日(木) 23:30~ 第1話放送
チバテレビ 6月9日(金) 23:00~ 第1話放送
とちぎテレビ 6月15日(木) 22:30~ 第1話放送
テレビ埼玉 6月15日(木) 23:30~ 第1話放送
群馬テレビ 6月15日(木) 23:30~ 第1話放送

原作:朝賀庵『犬と屑』(講談社「ヤンマガKC」刊)
出演:倉悠貴 三原羽衣 中村嶺亜(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)石川瑠華 長月翠 植村颯太 ほか
監督:上田迅 日髙貴士 片山雄一
脚本:阿相クミコ 岡庭ななみ
オープニング主題歌:ユトレヒト「泣き虫シュレディンガー」(Utrecht LAB.)
エンディング主題歌:二ノ宮はぐ「Liar Life」(avex trax)
音楽:有田尚史
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
製作:「犬と屑」製作委員会・MBS

公式SNS
ドラマ特区公式Twitter:
https://twitter.com/dramatokku_mbs

ドラマ特区公式Instagram
https://www.instagram.com/dramatokku_mbs/

MBSドラマ公式TikTok
https://www.tiktok.com/@drama_mbs

ドラマ公式ハッシュタグ
#犬と屑 #ドラマ特区


公式HP
ドラマ「犬と屑」公式HP
https://www.mbs.jp/inutokuzu

配信:
MBS放送後に、TVer、MBS動画イズム 見逃し配信1週間あり


原作情報
朝賀庵『犬と屑』(講談社「ヤンマガKC」刊)
原作ページ:
https://magazine.yanmaga.jp/c/inutokuzu/

©朝賀庵/講談社/「犬と屑」製作委員会・MBS

ニュース:作曲家「俊龍」による音楽プロジェクト「Sizuk」!新曲「夏を呼ぶ声」リリース記念!YouTube生放送『夏を呼ぶ声-CREATOR MEETING』の開催が決定!

アニメ・アイドル楽曲を中心に数々の印象的な曲を生み出し続ける作曲家「俊龍」による音楽プロジェクト「Sizuk」(ヨミ:シズク)。5月3日(水)より配信が開始された3rd Digital Single「夏を呼ぶ声」のリリースを記念したYouTube生放送『夏を呼ぶ声-CREATOR MEETING』の開催が決定!

本生放送では、同作の作曲を担当した俊龍や、編曲・白戸佑輔、またボーカルを担当したKotohaなど、「夏を呼ぶ声」の制作に参加したクリエイター陣が、「夏を呼ぶ声」や楽曲制作について視聴者と語り合うYouTube生放送になるとのこと。

開催は6月2日(金)20時〜「Sizuk」のYouTubeチャンネルで開催されるとのことで、是非試聴のみならずチャットでも参加し、クリエイター陣と語り合って欲しい。
*Kotohaに関しては少しだけのお時間の参加になるとのことで、ご了承いただきたい。


YouTube生放送『夏を呼ぶ声―CREATOR MEETING』:
https://youtube.com/live/qT0-vb_pMz4?feature=share


<リリース情報>
作曲家「俊龍」による音楽プロジェクト「Sizuk」!3rd Digital Singleは“夏が聴こえる青春歌”

Digital Single「夏を呼ぶ声」/Sizuk
歌:Kotoha
作詞:松井五郎
作曲:俊龍
編曲:白戸佑輔
ジャケットイラスト:フライ

数々の印象的な曲を生み出し続ける作曲家「俊龍」による音楽プロジェクト「Sizuk」!3rd Singleは、作詞には松井五郎、編曲には白戸佑輔、ジャケットイラストにはフライ、そして歌い手にはYouTubeを中心に活躍する歌い手Kotohaを迎え“夏が聴こえる青春歌”を届けます。

発売日:2023年5月3日
Streaming & Download:
https://sizuk.lnk.to/natsuwoyobukoe

収録内容:
M1. 夏を呼ぶ声
M2. 夏を呼ぶ声 Instrumental


松井五郎:
https://avex.jp/matsui/

白戸佑輔:
http://www.dreamonster.jp/creator/shirato_yusuke.html

Kotoha:
https://www.youtube.com/channel/UC3ql_EU4JnaE3Rh3cqbHu6g

フライ:
https://twitter.com/flyco_

「夏を呼ぶ声」MUSIC VIDEO:

https://youtu.be/LQlpqCKUxwI

「夏を呼ぶ声」特典情報:
各音楽配信サイトでの『夏を呼ぶ声プレゼントキャンペーン!』
https://sizuk.info/?p=371


<Sizuk情報>
ー作曲家「俊龍」による音楽プロジェクト「Sizuk」一
アニメ・アイドル楽曲を中心に数々の印象的な曲を生み出し続ける作曲家「俊龍」。「Sizuk」は作曲家「俊龍」が、歌い手/作詞家/編曲家/イラストレーターetc…、様々なクリエイターと共に音楽を届けていく「音楽プロジェクト」となります。

Official HP:
https://sizuk.info/

YouTube:
https://www.youtube.com/@Sizuk_Music

Twitter:
https://twitter.com/Sizuk_official

TikTok:
https://www.tiktok.com/@sizuk_official

Playlist:
https://Sizuk.lnk.to/Sizuk


<作曲家・俊龍>
2007年作曲家デビュー。以降アニメ・アイドル楽曲を中心に数々の楽曲を創出。

[主な提供アーティスト](一部抜粋)
AKB48/SKE48/水樹奈々/茅原実里/小倉唯/石原夏織/三森すずこ/大西亜玖璃/和氣あず未/ゆいかおり/Pyxis/SPR5 /兎田ぺこら/ラブライブ!/THE IDOLM@STER/アサルトリリィ/D4DJ etc…

[提供曲](一部抜粋)
AKB48「言い訳Maybe」「君と虹と太陽と」、SKE48「ごめんね、SUMMER」、水樹奈々「DRAGONIA」「UNBREAKABLE」、茅原実里「too late? not late…」「愛とナイフ」、小倉唯「Raise」「Baby Sweet Berry Love」「Honey Come!!」、三森すずこ「ミライスタート」、大西亜玖璃「ジェリーフィッシュな君へ」、アイドルマスターシンデレラガールズ「Shine In The Sky☆」「Snow Wings」「Yes! Party Time!!」、アサルトリリィ「Edel Lilie」「GROWING」、Pyxis「初恋の棘」、SPR5「インコンプリートノーツ」、兎田ぺこら「ぺこらんだむぶれいん!」etc…

ニュース:亜沙、約4年ぶりのバンド編成による東阪ツアー!大村バンドとのツーマン企画である『亜沙バンド×大村バンド 〜此処は六区〜』の開催を発表!〜「ライブハウスの熱量をお届けしたい」〜

世界的人気を誇る和楽器バンドのベーシストである亜沙のバンド編成による東阪ツアー『亜沙バンド×大村バンド〜此処は六区〜』が、6月4日(日)東京・池袋harevutaiと6月25日(日)大阪・アメリカ村DROPで開催されることが発表された。

今回のライブは、大村孝佳率いる大村バンドとのツーマン企画となっている。亜沙は、約4年ぶりのバンド編成による東阪ツアーで今回もファン待望の情報解禁となった。

あわせて4月28日(金)より亜沙FC遊郭及び大村孝佳 むらっ家にてファンクラブチケット先行受付がスタートしているので要チェックだ。

メジャーデビュー10周年イヤーということで、ライブハウスでの原点回帰ライブとなり、ライブハウスでの本気の熱量をこの機会に体感して欲しい。


<亜沙 コメント>
今をときめくギタリスト大村孝佳さん率いる大村バンドとのツーマンライブを行うことになりました。
亜沙バンドとしても久しぶりに東京だけでなく大阪公演もあり、非常に楽しみなライブです。ホールライブとも違ったライブハウスの熱量をお届けするつもりです。ただのツーマンではなく、ここでしか見れないちょっとした企画も考えています。亜沙バンド×大村バンドでお送りする『此処は六区』お楽しみに!


<公演概要>
亜沙バンド×大村バンド〜此処は六区〜

出演:
亜沙バンド、大村バンド

日程:
【東京公演】2023年6月4日(日) 開場16:15/開演17:00
【大阪公演】2023年6月25日(日) 開場16:15/開演17:00

チケット料金:
・亜沙FC遊郭・大村孝佳 むらっ家 先行:スタンディング 7,700円(税込)
・一般:スタンディング 8,250円(税込)
※ドリンク代別
※未就学児入場不可

チケット受付情報:
【亜沙FC遊郭・大村孝佳 むらっ家先行】
受付期間:4月28日(金)19:00~5月7日(日)23:59
受付URL:
・亜沙FC遊郭先行:
https://bassasa.com/contents/636263
・大村孝佳 むらっ家先行:
https://muracci.jp/
受付枚数:お一人様4枚まで
発券方法:e+スマチケのみ
受付方法:抽選
※FC先行は遊郭会員及び大村孝佳 むらっ家会員の方のみ申込みが可能です。
※スマチケ限定

お問い合わせ:
東京公演:
池袋harevutai:
info@harevutai.com
※お問い合わせの際には必ず【公演名(日程・アーティスト名)】をご明記の上、お問い合わせ頂けますようお願いいたします。)

大阪公演:
キョードーインフォメーション:0570-200-888 ※日祝除く 11時〜18時


<亜沙 Profile>
和楽器バンドのベーシスト。
ロック、歌謡曲をベースとした、どこか懐かしく切ないメロディと歌詞で支持を集めている。動画共有サイトではVOCALOIDやUTAUなどを使い楽曲制作を行うボカロPとしても活動し、2012年に発表した代表曲「吉原ラメント」は様々なアーティストがカバー、さらには小説化や、楽曲の世界観を元に歌舞伎が制作される等、様々な二次創作の広がりを見せている。2021年3月にはアルバム『令和イデオロギー』リリースした。
また和楽器バンドは、2019年にさいたまスーパーアリーナ2days公演、2022年には全国ツアー『ボカロ三昧2 大演奏会』を成功させた。
日本のみならず世界中から注目を集めるアーティストである。


公式HP:
https://bassasa.com/

Twitter:
https://twitter.com/bass_asa

Instagram:
https://instagram.com/asa.bassist?igshid=YmMyMTA2M2Y=

TikTok:
https://www.tiktok.com/@asa.bassist?_t=8WSf3wMXWk5&_r=1

亜沙シルバーアクセサリーブランド「Automata Crown」公式通販サイト:
https://www.izayoi-accessories.com/automata-crown


<大村孝佳 Profile—>
3歳からピアノを習い始め、11歳の時に父親の影響によりアコースティックギターを弾きはじめる。14歳でエレクトリックギターを弾きはじめ、17歳で洋楽のハードロック/ヘヴィメタルに出会い、強い衝撃を受け傾倒してゆく。

2004年8月25日、キーボード/サウンドプロデュースにARTENSIONのVITALIJ KUPRIJを迎え、ボーカルにRICHIE KOTZEN、MARK BOALS、そして DOOGIE WHITEをフィーチャーしたファーストアルバム”Nowhere To Go”をリリースしデビュー。

その後、様々なアーティストのサポートなど精力的な活動を続け、2019年9月から、追加公演を含む全国9ヵ所のワンマンツアー『大村孝佳 15th Anniversary Live Tour METAL NATION TOUR 2019』を開催。2020年9月30日、8年ぶりに待望の5thフルアルバム「Angels In The Dark」をリリース。また、初セルライブDVD作品「METAL PARADOX」をリリース。現在は自身のソロ活動と並行して、バンドC4、サポート等多方面で精力的に活動中。