AbemaTV:下野紘さん生誕祭スペシャルでもプチドッキリ企画!内田真礼さんご指定の“鷹コーデ”でホームラン必至!?『声優と夜あそび』水曜日 下野紘×内田真礼

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2019 年4 月17 日(水)の夜10 時から夜11 時30 分にわたり、『声優と夜あそび【水:下野紘×内田真礼】 #2』を放送いたしました。

本放送では、39 歳の誕生日を迎える下野紘さんのバースデープチドッキリをはじめ、下野さんの主演映画『クロノス・ジョウンターの伝説』の紹介や、内田さんイチオシコーデへの“生着替え”など、さまざまな企画を行いました。

<ハッピーバースデー!下野紘づくしの90分!>
本放送では、2019 年4 月21 日に39 歳の誕生日を迎える下野さんを祝う、(ちょっと早い)ハッピーバースデー企画を行いました。とうの下野さんは、何も知らされていない状態でスタジオに登場。サプライズでお祝いされ、「台本も渡されてないよ!?」「これから90 分、なにすればいいの!?」とボヤきつつも、まんざらでもない笑顔を見せます。

放送の中盤では「内田真礼Presents、下野紘が公開生着替え!?」と題したコーナーを実施。内田真礼さんが選んだ「下野紘さんに絶対に合うコーデ」に、下野さんがスタジオ内で生着替えを行います。

下野さんは赤いカーテンで仕切られた簡素な着替え場に入ると、「俺の生着替えを見て何が楽しいの?」「まさか生着替えをすることになるなんて思わなかったなー」と言いながら生着替えをスタート。内田さんも「まさか先輩が生着替えする現場に居合わせることになるなんて……」と言いつつ、着替える下野さんをチラリと覗き見します。

そして着替える衣装の全容が見えてきた下野さんは「アッハッハッハ!そういうことね!そうかそうか!」となぜか大爆笑。そしてカーテンの向こうから姿を現したのは、内田さんが愛するプロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」のユニフォームに身を包んだ下野さん。スポーツサングラスを着用したレアな姿に視聴者からも「かわいい!」「カッコいい!」「すごく似合ってる!」「ホームラン打ってー!」という大きな反響が寄せられます。

着替えをリクエストした内田さんは「この服で今年はホークスを一緒に応援しましょう!」とご満悦。その様子を見た下野さんは「俺の誕生日じゃないの!?なんで内田の要望聞いてるの!?」とキレのあるツッコミを披露しました。

放送では、ほかにも下野紘さんが主演する『クロノス・ジョウンターの伝説』のPR 時間をかけた“下野紘クイズ”や、浪川大輔さん(木曜日MC)、森久保祥太郎さん(木曜日マンスリーMC)、鈴木達央さん(『声優と夜あそび 木曜日』#1 のゲスト)からのお祝いビデオメッセージの公開、大人気コーナー“シモザップ”では内田真礼さんの体組成をチェックするなど、まさに下野紘づくしの90 分をお送りしました。


〈「アニメLIVE チャンネル」/『声優と夜あそび 2nd Season【水:下野紘×内田真礼】 #2』〉
・放送日時
放送日時:2019年4月17日(水)夜10時~夜11時30分
https://abema.tv/channels/anime-live/slots/DccahDCCTorujd

出演者(敬称略):下野紘、内田真礼
※過去の放送回は、「Abema ビデオ」にて無料でご覧いただけます。

Abema ビデオ『声優と夜あそび 2nd Season』:
https://abema.tv/video/title/218-101


『声優と夜あそび』について:
『声優と夜あそび』は、毎週月曜日から金曜日まで人気声優が2 名ずつ日替わりでMC を務める、業界初となるAbemaTV オリジナルの声優生放送レギュラー番組です。月曜日は安元洋貴さんと江口拓也さん、火曜日は金田朋子さんと木村昴さん、水曜日は内田真礼さんと下野紘さん、木曜日は浪川大輔さんとマンスリーMC(4 月は森久保祥太郎さん)、金曜日は関智一さんと大河元気さんがMC を担当し、トークセッションや、さまざまなコーナーに挑戦してゆきます。

(C)AbemaTV

番組レポート:江口拓也画伯が“夜あそびLINE スタンプ”をプロデュース!独創的な“MC の似顔絵”に安元洋貴さんがひっくり返った!?『声優と夜あそび』月曜日

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2019 年4 月15 日(月)の夜10 時から夜11 時30 分にわたり、『声優と夜あそび【月:安元洋貴×江口拓也】 #2』を放送いたしました。

本放送では、MCの江口拓也さんが番組のLINEスタンプを考えたり、視聴者からTwitterで寄せられた「イケボで囁いてほしい言葉」をダミーヘッドマイクで話したりと、さまざまなコーナーを行いました。


<江口画伯の力作に安元洋貴びっくり仰天!?>
本放送では「目指せ!夜あそびLINE スタンプ」と題して、『声優と夜あそび』のLINEスタンプを考えるコーナーを実施しました。江口さんは独創的なイラストを描くことで知られており、すでにオリジナルのLINE スタンプを販売しています。スタンプ作りで重要なことは「自分だったら何を使いたいか」「イメージがしっかりしていること」と語る江口さん。実際に、テーマに即したイラストをホワイトボードに書いてみることになります。

最初のテーマ「夜あそびしたい時」では、両手にビールジョッキを持つイラストを描き上げる江口さん。安元さんから「頭からビールかぶるヤバい祭りが始まるの?」というツッコミに対して、「こんなつもりでいくよ!っていう比喩表現です」と説明。LINE スタンプでは“気持ち”を表現することの重要さを力説します。続いて、安元さんから「せっかくだから他の曜日のMC を描いてほしい」というリクエストに応え、木曜日MCの「浪川大輔さん」をテーマにイラストを制作します。

シンプルな顔に斜線を入れ「やべ、やきすぎた」というセリフを書き込んだ江口さんは「これは日焼けだけじゃなくて、焼肉行ってお腹いっぱいの時や、胸やけが酷い時にも使えるんですよ」と汎用性をアピール。思わぬ用途に江口さんは腹を抱えてひっくり返りつつも、「これはアリかもしれない」と感心した様子です。続いて火曜日MCの「金田朋子さん」をテーマに、服を脱ぎ捨てながら「きたくご、すぐねたい」と話すイラストを制作。

疲れていて誘いを断りたい時や“疲れるくらい楽しかった”という気持ちを共有したい時に使えるスタンプとして使えることを説明します。

筆が乗ってきた江口さんに、安元さんは「じゃあ僕も描いてもらおうかな」と自分の絵をリクエスト。江口さんは予想外のテーマに驚きつつも「リスペクトしていますから、すぐに出てきますよ!」と迷うことなくホワイトボードに向かいます。そして出来上がったイラストは、“テキーラが注がれたグラスをならべて「きちい(キツい)」と呟く安元さん”というもの。その出来栄えに「たしかにテキーラを飲むこともあるし、よく“きちい”って言います」とまんざらでもない様子。

江口さんが生み出す独創的なイラストに、「金の匂いがするね!」と冗談を飛ばしました。


〈「アニメLIVE チャンネル」/『声優と夜あそび 2nd Season【月:安元洋貴×江口拓也】 #2』〉
<放送日時&番組URL>
放送日時:2019 年4 月15 日(月)夜10 時~夜11 時30 分
放送URL:
https://abema.tv/channels/anime-live/slots/DccafzfsCdimDH
出演者(敬称略):安元洋貴、江口拓也
※過去の放送回は、「Abema ビデオ」にて無料でご覧いただけます。
Abema ビデオ『声優と夜あそび 2nd Season』:
https://abema.tv/video/title/218-101


<『声優と夜あそび』について>
『声優と夜あそび』は、毎週月曜日から金曜日まで人気声優が2 名ずつ日替わりでMC を務める、業界初となるAbemaTV オリジナルの声優生放送レギュラー番組です。月曜日は安元洋貴さんと江口拓也さん、火曜日は金田朋子さんと木村昴さん、水曜日は内田真礼さんと下野紘さん、木曜日は浪川大輔さんとマンスリーMC(4 月は森久保祥太郎さん)、金曜日は関智一さんと大河元気さんがMC を担当し、トークセッションや、さまざまなコーナーに挑戦してゆきます。


<「AbemaTV」について>
「AbemaTV」は、”無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開する、新たな動画配信事業。2016年4 月の本開局から3 周年を迎え、『那須川天心にボクシングで勝ったら1000 万円』や『蒼井そら出産当日アジア同時生中継〜Welcome to the world, Sola’s baby〜』などの特別番組をはじめ、人気アニメ作品のスペシャル編成など、3 周年を彩る番組を数多く放送してまいります。

その他、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20 チャンネルも全て無料でご覧いただけます。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TV ファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応しています。さらに、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」やいつでも見たい番組を何度でも楽しめるオンデマンドエンタテイメント「Abema ビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。

(C)AbemaTV