レポート:待望のチマメ隊単独ライブも決定!『「ご注文はラジオですか??~チマメ隊のポポロンラジオ~」アニメジャパンスペシャル出張版』ステージレポート

2017年3月25・26日に東京・有明にある東京ビッグサイトで行われたAnimeJapan 2017において『「ご注文はラジオですか??~チマメ隊のポポロンラジオ~」アニメジャパンスペシャル出張版』が行われました。今回はこちらのステージをレポートします。

こちらのステージでは、「ご注文はラジオですか??」より、チノ役の水瀬いのりさん、マヤ役の徳井青空さん、メグ役の村川梨衣さんが登壇しました。

イベントが始まり、三人がステージに登場すると、大勢のファンが歓声をあげます。そこで、チマメ隊の三人がファンの人達に、文化放送で放送している『「ご注文はラジオですか??~チマメ隊のポポロンラジオ~」のリスナーの人は?』と問いかけると、殆どの人が手を挙げていました。

挨拶が終わった所で、今回のチマメ隊三人が揃うのは久しぶりで、珍しいという話の後に、三人がAnimeJapan 2017のコラボフードに興味を持ち、『今回のAnimeJapan 2017で提供されている「ご注文はうさぎですか??」のコラボフードをステージイベント前に食べた人は?』という質問にも、殆どの人が手を挙げ、作品ファンの多さを感じさせる一幕がありました。

そして、既にAnimeJapan 2017前に新作アニメスペシャルエピソードのサブタイトルが発表されましたが、「ご注文はうさぎですか??~Dear My Sister~」の話に。ご注文はうさぎですか??ブースでキービジュアルが展示されており、是非写真に撮って欲しいという話や、今年も6月末に開催される「まんがタイムきららフェスタ2017」の「ご注文はうさぎですか??」の参加が決定した事が早くも発表されました。

続いては、「チマメ探偵団」のコーナー。ラジオを聞いている方にはお馴染みのコーナーですが、今回は三人が別々にリスナーから届いたなぞなぞに答えます。一問目は、徳井さんと水瀬さんが正解しましたが、村川さんが大変苦戦する結果となりました。 二問目は、少し難易度が上がりましたが、徳井さんが見事正解し、結果として徳井さんが2ポイント、水瀬さんが1ポイント、村川さんが0ポイントの結果となりました。 この結果は、後日ラジオにも反映されるそうです。

クイズも盛り上がった所で、続いては事前に募集していたメッセージのコーナーで、一つ目はラジオでのキャラの誕生日企画の話から、徳井さんがごちうさ好きな人達がキャラを祝ってくれるのがとても嬉しいという話をされたり、三人で新作アニメのキービジュアルを見ながら、キャラの髪型がどれも可愛いと言ったりと、どれを取り上げても愛おしいというその愛情が見ていても伝わってきました。

話が終わり、時間になったので、ここでエンディング曲が流れた…と思いきや、途中で曲が止まり、会場もおかしいな?と思ったら、チマメ隊の三人がスペシャルサプライズと言う事を開かし、生ライブをすることに。「ときめきポポロン♪」がAnimeJapan 2017の会場で特別に披露されました。

生ライブが終わり、イベントが終了…と思いきや、再度サプライズが。なんと、6月3日(土)にチマメ隊のワンマンライブが決定!情報が解禁されると、会場からは割れんばかりの歓声が沸き上がりました。詳細は後日発表されるとのことなので、公式HPや公式Twitterなどをフォローして、楽しみに待っていてください。

最後に、チマメ隊の三人が「ご注文はうさぎですか??」の今後の展開に喜んでいるファンに、嬉しそうな表情で挨拶をして、イベントは終了しました。


<イベント情報>
日時:2017年6月3日(土)
タイトル:チマメ隊 ワンマンライブ chimame march
場所:東京・EX THEATER ROPPONGI
日時:2017年6月
タイトル:まんがタイムきららフェスタ2017


公式ホームページ:
http://www.gochiusa.com/

©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

レポート:4月からのアニメが待てない!『TVアニメ「進撃の巨人」Season2放送直前イベントステージレポート

2017年3月25・26日に東京・有明にある東京ビッグサイトにおいて、AnimeJapan 2017が行われていましたが、26日には『TVアニメ「進撃の巨人」Season2放送直前イベント』がAnimeJapan 2017 REDステージで行われました。今回はこちらのステージをレポートします。

こちらのステージでは、エレン・イェーガー役の梶裕貴さん、ミカサ・アッカーマン役の石川由依さん、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈さん、コニー・スプリンガー役の下野紘さん、サシャ・ブラウス役の小林ゆうさんが登壇されました。

進撃の巨人Season2が始まるにあたって、前作から約4年経ったという事で、時間の流れは感じてはいるとキャスト一同、話してはいましたが、井上さんはスピンオフ作品とのかかわりで、「四年経っていたかな?」と4年という時間が経っていたのかと感じたそうです。

他にも、メディアミックス展開で他の声優の方々も進撃の巨人関連の作品に関わっていたことで、久しぶりにアニメ「進撃の巨人」に携わるという感じではなかったそうです。

Season1の第一話も凄かったが、Season2の第一話は更に凄い話で、この作品は凄いと感じ、原作を知っている人も、アニメでの構成になっているので、新鮮に楽しめるのではないかという話をキャスト一同でされていました。

Season2では、キャラによっては出ない回もあり、メインよりも周りがどうにかしようという所にも注目して欲しいという話がありました。

イベントの前日にPVの第二弾が公開されましたが、そこでは巨人が遂に人間の言葉を話す者が現れ、どういう感じになるかが、キャスト陣からは要注目という話をされました。ここで、会場でも進撃の巨人Season2 PV第二弾が上映されました。映像は既にWebで見た人もいたかもしれませんが、食い入るように映像を見る人が多く見受けられました。

PVを見終えて、息を飲むキャスト一同。しかし、休む間もなく、今回のイベントのために、特別にSeason2の一話の一部がここで初公開。会場からも拍手が沸き起こり、上映されました。一話の一部の上映が終わると、気になる所で終わり、「ここで?」と気になる所で終わったことに、続きを見たいと声を上げるキャストもいました。

進撃の巨人Season2では、アニメの制作では珍しく、アフレコの時に既に絵が出来ており、微妙な心情の表現も声優が演じやすくていいとキャストからも好評なようでした。また、梶さんの話として、進撃の巨人のアフレコで喉を潰したそうですが、今回の進撃の巨人Season2でもその時以来、一回潰したそうで、「進撃の巨人に帰ってきたな。」と感慨深く思ったそうです。

そして、時間も終盤になり、キャスト一同が4月から放映される進撃の巨人Season2に軽く触れつつ挨拶をし、最後に進撃の巨人と言えば、決まりの挨拶である「心臓を捧げよ」でイベントが終わりました。


<作品情報>
原作:諫山創(別冊少年マガジン連載/講談社)
総監督:荒木哲郎
監督:肥塚正史
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:浅野恭司
総作画監督:浅野恭司、門脇聡、山田歩
助監督:田中洋之
アクション作画監督:江原康之、今井有文、胡拓磨
美術設定:谷内優穂
巨人設定:千葉崇明
プロップデザイン:胡拓磨
色彩設計:橋本賢
美術監督:吉原俊一郎
3DCG監督:廣住茂徳
3DCGプロデューサー:藪田修平
撮影監督:山田和弘
編集:肥田文
音響監督:三間雅文
音楽:澤野弘之
オープニング主題歌:Linked Horizon
音響効果:倉橋静男
音響制作:テクノサウンド
アニメーション制作:WIT STUDIO

<キャスト>
エレン:梶裕貴
ミカサ:石川由依
アルミン:井上麻里奈
ジャン:谷山紀章
アニ:嶋村侑
サシャ:小林ゆう
クリスタ:三上枝織
コニー:下野紘
ライナー:細谷佳正
ベルトルト:橋詰知久
ユミル:藤田咲
リヴァイ:神谷浩史
エルヴィン:小野大輔
ハンジ:朴璐美
ハンネス:藤原啓治


<放送情報>
TOKYO MX
2017年4月1日より
毎週土曜 22:00〜 / 毎週日曜 23:30〜
MBS
2017年4月1日より 毎週土曜 25:58〜
tvk
2017年4月6日より 毎週木曜 25:00〜
テレ玉
2017年4月5日より 毎週水曜 23:00〜
チバテレ
2017年4月5日より 毎週水曜 23:00〜
群馬テレビ
2017年4月5日より 毎週水曜 25:00〜
とちぎテレビ
2017年4月7日より 毎週金曜 23:30〜
テレビ愛知
2017年4月6日より 毎週木曜 25:35〜
福岡放送
2017年4月10日より 毎週月曜 26:04〜
北海道テレビ
2017年4月6日より 毎週木曜 26:05〜
東北放送
2017年4月7日より 毎週金曜 26:30〜
中国放送
2017年4月6日より 毎週木曜 26:25〜
山陽放送
2017年4月5日より 毎週水曜 25:50〜
新潟放送
2017年4月5日より 毎週水曜 26:20〜
信越放送
2017年4月7日より 毎週金曜 25:55〜
熊本放送
2017年4月16日より 毎週日曜 25:50〜
テレビ大分
2017年4月5日より 毎週水曜 25:59〜
BS11
2017年4月2日より 毎週日曜 25:00〜
静岡放送
IBC
あいテレビ
※放送日時は変更になる可能性があります


<CDリリース情報>
(仮)TVアニメ「進撃の巨人」キャラクターイメージソングシリーズ
価格:1,500円(本体)+税 (各商品共通)
仕様:アニメ描き下ろしイラストジャケット
発売日:発売中
Vol.01 エレン・イェーガー(CV:梶裕貴)
Vol.02 ミカサ・アッカーマン(CV:石川由依)
発売日:2017年4月26日(水)予定
Vol.03 アルミン・アルレルト(CV:井上麻里奈)
Vol.04 ジャン・キルシュタイン(CV:谷山紀章)
発売日:2017年5月24日(水)予定
Vol.05 ベルトルト・フーバー(CV:橋詰知久)&ライナー・ブラウン(CV:細谷佳正)
発売日:2017年6月21日(水)予定
Vol.06 リヴァイ(CV:神谷浩史)
Vol.07 エルヴィン・スミス(CV:小野大輔)


<Season1 Blu-ray/DVD BOX 商品情報>
発売日:2017年3月15日(水)
価格:Blu-ray/DVD:35,000円(税抜)
DISC枚数:7枚(本編・特典映像DISC5枚+ビジュアルノベルDISC2枚)
【仕様・封入特典】
・キャラクターデザイン浅野恭司描き下ろしイラストBOX
・未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)
※2013年発売のBlu-ray&DVD「進撃の巨人1」(PCXG.50271/PCBG.52221)に封入されていたものと同じものです
・「進撃の巨人」スペシャルフルカラーコミック
アニメ#11~#13本編内容に即した原作コミックエピソードをフルカラーで収録した80ぺ―ジを超えるスペシャルコミック!
コミックス収録予定話数:第13話 傷、第14話 原初的欲求
※2013年発売のBlu-ray&DVD「進撃の巨人5」(PCXG.50275/PCBG.52225)に封入されていたものと同じものです
・Blu-ray Disc ビジュアルノベル Vol.1
収録時間:約2時間
監修:諫山創 ゲームキャラクターデザイン:なまにくATK(ニトロプラス)
1.「Lost in the cruel world(ミカサ外伝)」
出演:
エレン・イェーガ―:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
シナリオ:瀬古浩司
2.「悔いなき選択[予告](リヴァイ&エルヴィン過去編)」
シナリオ:砂阿久雁(ニトロプラス)
制作協力:ニトロプラス、プロダクション I.G
※2013年発売のBlu-ray&DVD「進撃の巨人3」(PCXG.50273/PCBG.52223)に封入されていたものと同じものです
・Blu-ray Disc ビジュアルノベルVol.2
収録時間:約2時間
監修:諫山創 ゲームキャラクターデザイン:なまにくATK(ニトロプラス)
1.「悔いなき選択(リヴァイ&エルヴィン過 去編)」
シナリオ:砂阿久雁(ニトロプラス)
出演
リヴァイ:神谷浩史
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美 他
2.「ぬばたまの夜の森に、あかあかと燃ゆる(エレン&リヴァイ外伝)」
シナリオ:鋼屋ジン(ニトロプラス)
出演
エレン・イェーガ―:梶裕貴
リヴァイ:神谷浩史
他 リヴァイ班など
3.「Wall Sina, Goodbye(アニ外伝)」
シナリオ:瀬古浩司
出演 アニ・レオンハート:嶋村侑 他
制作協力:ニトロプラ ス、プロダクション I.G
※2013年発売のBlu-ray&DVD「進撃の巨人6」(PCXG.50276/PCBG.52226)に封入されていたものと同じものです
・オールカラー・スペシャルブックレット
【映像特典】
「進撃の巨人」ちみキャラ劇場“とんでけ!訓練兵団”全25話
ノンクレジットOP
ノンクレジットED
※仕様・特典は変更になる場合がございます


<ラジオ情報>
進撃の巨人ラジオ~梶と下野の進め!電波兵団~
放送日:2017年4月3日(月)~隔週月曜日配信
パーソナリティ:梶裕貴、下野紘
URL:
http://www.onsen.ag/program/shingeki/


TVアニメ公式HP
http://shingeki.tv/season2/

公式ツイッター
https://twitter.com/anime_shingeki

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

レポート:何度でも発見を見つけたくなるアニメ!「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」AnimeJapan 2017 GREENステージ・ステージレポート

2017年3月25・26日に東京・有明にある東京ビッグサイトにおいて、AnimeJapan 2017が行われておりますが、26日に「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」AnimeJapan 2017 GREENステージが行われました。今回はこちらのステージをレポートします。こちらのステージでは、鷲尾須美役の三森すずこさん、乃木園子役の花澤香菜さん、三ノ輪銀役の花守ゆみりさんが登壇されました。

三人が挨拶をすると、会場からも元気な声が返ってきて、キャストの三人も嬉しそうな表情をしていました。

挨拶が終わると、最初のコーナーである「Pick-up 名シーン!」ということで、劇場版第一章のシーンを振り返りながら、三人がトークを交えながら振り返ります。三森さんが実際に瀬戸大橋に入った話や、鷲尾須美が初めてお役目をするシーンを見た話や、食事のシーンが流れました。

その後に合宿のシーンが流れて、日ごろの旅行の時の話になり、三森さんと花澤さんは旅行は荷物が少ない派らしいですが、花守さんも最初は荷物が少ないが、帰りはなぜか増えているという話などを披露されていました。

パジャマトークシーンで焼き鳥の話になっていたところがあり、実際に焼き鳥が大好物という花守さんが語りだすと思いきや、実は三森さんも最近焼き鳥にはまっているということで、とても話が盛り上がりました。

続いて、銀が戦闘シーンで頑張るところでも、どういう状態に銀がなっているのかを理解したくて、実際に花守さんは絵に描いてみたそうですが、なかなか状況を理解するのに難しかったそうです。

変身シーンの映像については、色々こだわりがある部分が多くあり、乃木園子の変身シーンのこだわりについては、会場にいたファンも気づいていた人が少なかったようでした。

「Pick-up 名シーン!」のコーナーが終わり、第二章の「たましい」のPVが初公開されました。映像が流れたあとの会場は、見入った感じで、会場がシーンと静まり返った感じでした。キャストからの見どころとしては、キャスト陣も魂を削って全力で演じていたと話しており、その全力を楽しんでほしいと話しておりました。

次は、「1+1+1を10にせよ!コンビネーションクイズ」ということで。三人で力を合わせてクイズを行っていきます。奇問・難問に挑戦し、5問中4問と大健闘されました。

最後にキャスト三人からの挨拶として、花守さんは「キャスト三人の仲の良さが見せられてよかったです。」、花澤さんは「結城友奈シリーズが愛されている作品だと感じました。」、三森さんが「結城友奈シリーズを再度見てから、鷲尾須美シリーズを見ると楽しいと思います。」とコメントをされ、ステージは終了しました。


『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』<第1章>「ともだち」
大ヒット上映中!!

(C) 2017 Project 2H

レポート:羽多野渉があなたとフィリアを奏でた134分「Wataru Hatano Live Tour 2017 “LIVE CARAVAN” 東京 ・夜の部イベントレポート

2017年3月26日、東京・六本木にあるEX THEATER ROPPONGIにおいて、羽多野渉さんのライブイベント「Wataru Hatano Live Tour 2017 ”LIVE CARAVAN”」の千秋楽である東京公演が行われました。今回はその東京公演の夜の部のライブレポートをします。今回のライブは、昼夜計2800人のファンが足を運んだそうで、AnimeJapan 2017が裏であったにも関わらず、多くのファンが足を運んだのは、羽多野さんの人気の高さが伺われます。

ライブ開始前、青い光が会場内を照らし、ファンもペンライトを青にして、ライブ開始を待ち詫びています。時間になると、去年の後半、アニメ界の話題をさらった人気アニメ「ユーリ!!! on ICE」のED曲だった「You Only Live Once」が流れはじめ、舞台にも映像で「旅を始めよう」のメッセージが。羽多野さんが舞台上にあった大型の鞄から登場し、歌い始めます。アニメのイメージに合わせた感じで、曲の間奏部分でダンサーが登場し、歌に彩を加えます。

続けて、「君がいるセカイ、君のいない世界。」。歌い初めに、このステージが千秋楽ということで、燃え尽きたいという熱い思いを羽多野さんがファンの皆さんに伝え、歌い始めます。会場からも、曲に合わせ、熱いコールがこだまします。
三曲目は、「流星飛行」。会場が青から黄色に変化し、羽多野さんが歌で空を飛びます。黄色の流星の星空を舞うように、華麗に歌い上げました。

四曲目は、「Synchronic」今度は会場が緑に変わります。本格的なダンスナンバーの曲で、曲で聴かせると共に、ファンもペンライトの動きが一つの生き物のように独特な動きをし、不思議な光景でした。全体を見ても、羽多野さんも格好良いですし、ファンも格好良いという、不思議な曲でした。

五曲目は、「流転流浪」。先ほどのダンスナンバーとは一転し、純和風なメロディで羽多野さんの声自体が、楽器のような感じで聴かせてくれます。会場も赤一色に染まり、曲の雰囲気に沿った感じになっていました。

六曲目は「明日の篝火」。先ほどの落ち着いた純和風から、今度は重低音で腹の奥底から和太鼓の音が響いてきます。会場も完全に赤一色になり、激しい祭り舞台に会場が一変します。羽多野さんの熱く男らしい歌声も、聴いていて惚れ惚れします。男性女性問わず、聞き惚れます。それほどの熱く、力強さを感じました。

七曲目は「覚醒のAir~運命のCoda」。アップテンポで勢いが畳みかけてきます。会場もペンライトがアップテンポに振られ、羽多野さんの勢いを応援します。羽多野さんの後ろで映像が燃え上っていましたが、羽多野さんも燃え上っていましたし、ファンも燃え上っている一幕が見られた感じでした。

そして、運命のCodaに切り替わると、今までの燃え上る雰囲気とは異なるものの、羽多野さんが情熱的に歌い上げます。サビの部分もしっとりとメロディアスに歌い上げ、最後に映像でも炎が燃えていましたが、羽多野さんも燃え上っていました。
八曲目は、「リトル・レジスタンス」。羽多野さんが曲前に早着替えをして、曲調もチェンジ。バラード調の曲をしっとりとしながらも、羽多野さんらしく、しっかりと力強く歌い上げます。会場も緑の光に切り替わり、ゆったりとした雰囲気で応援していました。

九曲目は、「Rolling life」。曲前に羽多野さんが会場にタオルの準備を促し、会場全員がタオルを準備して、曲が始まります。曲中で会場全員がタオルを突き上げたり、タオルを振り回したりするのは壮観でした。曲の途中にギターパフォーマンスや、羽多野さんが会場にタオルをバズーカで投げ込むパフォーマンスなど、羽多野さんがライブを楽しむパフォーマンスが至る所で見られました。

九曲目が終わったところで、ここで初めてのMC。普段通りの羽多野さんらしいユーモアで会場を笑わせていました。ここで、スペシャルゲストで山下洋介さんが登場。登場したということは…。ということで、山下さんがスタンバイされたピアノの所に準備します。

十曲目は、「君はぼくが帰る場所」。今回のライブだけのピアノの弾き語りでの披露になります。会場は青いペンライトで羽多野さんを照らし、羽多野さんはその光の中で、しっとりと歌い上げます。三十分前までは燃え上げるような歌を歌っていた人とは思えないくらい、穏やかで優しい歌声が会場に響いていました。あまりの曲の良さに、関係者席でも涙ぐみながら聞き入る人がいる程でした。

十一曲目は「ブルーウォーター」。NHKで放送されていたアニメ「不思議の海のナディア」OP曲を羽多野さんがカバー。羽多野さんもこの曲が好きだということで、今回希望が叶ったとの事。会場も青一色に染まり、羽多野さんの目の前は海が広がるかの如く、大海原に乗り出さんとする感じで、気持ち良さそうに歌っていました。

十二曲目は、「I’m a Voice Actor」。今までの曲調とは一転、レトロゲームのようで、ポップでバラードなど様々な曲調の曲を華麗に歌い上げます。六本木会場だからの羽多野さんらしいアドリブを挟みつつ、ユーモアを交えて歌い上げていました。

十三曲目は、「Never be too late」。最初に会場の腕のPushの練習をしてから、歌が始まりました。会場も体感温度として、開始前より数度は間違いなく上がっており、会場の雰囲気はかなり盛り上がってきていると思います。会場全体が同じパフォーマンスをして、同じ時間を共有している姿は、一体感よりも強いものを感じさせられました。

最後の曲、十四曲目は、「You Only Live Once –everlasting-」。会場を青と白の光が、「ユーリ!!! on ICE」のED曲ということで、ライブの終わりを寂しく感じさえる面もありましたが、羽多野さんがコール&レスポンスで会場に「You Only Live Once」をして、歌が終わり、LIVE CARAVANは幕を閉じました。

…が、会場からの熱いアンコールの声に応え、再度羽多野さんがライブTシャツを着て登場。羽多野さんがトークで場面転換の間をつないで、ギターが用意され、アンコール一曲目に。

アンコール一曲目は、「Hikari Unplugged」。羽多野さんがギターの弾き語りで披露します。しっとりと歌い上げ、会場もその歌声をじっくりと聞き入っていました。会場内の応援している光が、青と赤と紫の様々な光が印象的でした。

アンコール二曲目の前にコーナーを挟み、「あなたがフィリア(親愛)を伝えたい人や物を教えて下さい。」の話になり、ファンのフィリアな話が披露されていました。そして、ここで、羽多野渉7thシングルの発売が発表され、会場からも大きな歓声が起こりました。

その興奮が冷めやらぬまま、アンコール二曲目は、「Sing and Dance!」へ。リズミカルな曲が、先ほどの7thシングル発表のテンションを更に高めてく、羽多野さんがセクシーに歌います。

アンコール三曲目は、「SEKAIはボーイミーツボーイ」。この曲は羽多野さんが大阪会場のライブでとても良かったということで、急遽今回のライブに入れることになった曲だそうです。曲の話になったところ、ファンからも歓声が所々から漏れており、楽曲の人気の高さが伺われましたが。実際に羽多野さんが歌を歌い始めると、あらぶっている人も見受けられました。

アンコール最終曲は、「はじまりの日に」。羽多野さんのライブでは定番の最終曲であり、ファンの人も、この曲がくれば最後と感じるみたいです。青と白の光が会場を照らし、羽多野さんも歌を歌うというよりも、物語を読む語り部のように、歌を歌います。しっとりと歌い上げ、暗転し、歌が終わりました。

最後に、羽多野さんが、今回のライブの総括をし、ファンやスタッフがあってこそだったと全ての人にお礼を述べて、ライブが終わりました。今回の羽多野さんのライブを取材させていただいての感想ですが、羽多野さんのライブは聞きに来るだけではなく、参加してこそのライブというのを強く感じました。一緒に作り上げてこそのライブが、羽多野渉さんのライブ。羽多野さんの人気の根源を見た気がします。


<シングル情報>
羽多野渉7thシングル発売決定!


羽多野渉初のミュージッククリップ集
「Wataru Hatano Music Clip 2011-2016」3月31日発売!


<セットリスト>
1. You Only Live Once
2. 君がいるセカイ、君のいない世界。
3. 流星飛行
4. Synchronic
5. 流転流浪
6. 明日の篝火
7. 覚醒のAir~運命のCoda
8. リトル・レジスタンス
9. Rolling life
10. 君はぼくが帰る場所
11. ブルーウォーター
12. I’m a Voice Actor
13. Never be too late
14. You Only Live Once –everlasting-
アンコール
15. Hikari Unplugged
16. Sing and Dance!
17. SEKAIはボーイミーツボーイ(アニメ「腐男子高校生活」キャラクターソング)
18 .はじまりの日に


羽多野渉公式サイト:
http://hatanowataru.dive2ent.com

レポート:4年越しのプロジェクトついに飛び立つ!「エスカクロン」ステージレポート

2017年3月25・26日に東京・有明にある東京ビッグサイトにおいて、AnimeJapan 2017が行われておりますが、25日にエイベックス・ピクチャーズブースで「エスカクロン」ステージが行われました。今回はこちらのステージをレポートします。

こちらのステージでは、「エスカクロン」制作進捗報告会&ミニライブということで、エスカ役の安済知佳さん、クロン役の安野希世乃さん、山口ひかる監督、エイベックス・ピクチャーズの田中宏幸さんが登壇しました。エイベックスの方自身も謎のベールに包まれた作品と紹介されたエスカクロンですが、エスカクロンのイベントチケットは200枚が30分で配券が終了したそうで、未知の作品にもかかわらず、人気の高さが伺われます。

ストーリーとしては、エスカとクロンという少女がゲストキャラと触れ合う事で、水島精二監督作品ではあるけれど、ハートウォーミングでピースフルなストーリーになる予定だそうです。

キャラクターについては、月と太陽をモチーフにしており、エスカとクロンはそれぞれ、月と太陽の関係だそうです。まさに、持ちつ持たれつであり、足りないところを補い合う関係だとか。エスカクロンのプロジェクトの原点の話になり、水島精二監督の作品である「UN-GO」で、安済さんと安野さんが関わったことで、次の仕事が出来ないかという話になり、4年の歳月が経って、人事異動で安済さんと安野さんがエイベックス・ピクチャーズに異動になり、日の目を見せたいとエイベックス・ピクチャーズが考え、現在に至ったとの事です。

結構、決まるまでは時間がかかってはいましたが、アニメ化には、水島精二さんと髙橋龍也さんとエイベックス・ピクチャーズの田中さんが話をして、田中さんが打診をしたら、水島さんと髙橋さんがやりたいと言ったそうです。そして、その日の夜にアニメ制作会社のLercheと田中さんが話を持つ機会があったので、Lercheの方に田中さんが話を打診をしたら、Lercheもやりたいということになって、アニメ化が進むことになったという、今まで進んでいなかったのが、一気に話が進んだ事に安済さんや安野さんも驚かれていたようでした。

山口監督からは、安済さんと安野さんが自然に演じられるようにしたいということや、可愛いキャラクターにしたいと話していました。そして、ここからは新情報発表として、一つは新キービジュアルの発表、二つ目はOVA化(全2話)決定が発表されました。エスカクロンでは、ゲストキャラクターがキーキャラクターとなりますが、一話では羽多野渉さん、二話では佐藤利奈さんが決定しました。

レコーディングの話となり、安済さんは歌が苦手と言いつつ、エスカクロンでは今まで歌でしか表現することがなかったが、演技をしてから、2話でも歌があるが、演技をしてからの歌が、どのような表現になっているのかが気になるという、本当に気になる話をされていました。

歌の話になったところで、安済さんと安野さんのミニライブへ。エスカクロンと言えば、この曲「Many colors, Many brights, Many more musics」を熱唱。歌もダンスも抜群のシンクロで、会場のファンを魅了していました。安済さんと安野さんが長年温めてきていた作品ということもあり、発表が出来たことで二人とも終始晴れやかな表情をしていたのが印象的でした。


<スタッフ>
総監督:水島精二
「機動戦士ガンダム00」
監督:山口ひかる
「銀魂」「おそ松さん」コンテ・演出
脚本:髙橋龍也
「アイドルマスター/シンデレラガールズ」
キャラクター原案:水無月徹
「ToHeart」
キャラクターデザイン:渡部里美
「アイカツ!」作画監督・デザインワークス
音楽:Hifumi,inc.
音楽制作:DIVEⅡentertainment
アニメーション制作:Lerche
「ダンガンロンパ」「暗殺教室」

<キャスト>
エスカ:安済知佳
クロン:安野希世乃
笠井隼太:羽多野渉(#1ゲストキャラクター)
斉藤 栞:佐藤利奈(#2ゲストキャラクター)


公式HP:
http://escha-chron.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/escha_chron

©Terminal/エスカクロンproject