レポート:地球の豆知識と等身大の男性の舞台が一粒で二度美味しい?!舞台「ひとりしばい vol.6 大平峻也 夏休みダヨ!『地球さんショー』」ゲネプロレポート

今回の「ひとりしばい vol.6」の作品は、「ひとりしばい vol. 6 大平峻也 夏休みダヨ!『地球さんショー』」が上演されました。

今回の舞台は、今までの「ひとりしばい」シリーズとは違い、事前に演者がどのような感じの役か発表されていましたが、今回大平さんが「地球さん」役を演じるという事もあり、どんな役なのだろうかと思った人も多かったと思います。公式Twitterの方でも、「たくさん想像を膨らませて欲しい。」とコメントがあり、当日に知らされるよりもさらに想像が掻き立てられたのではないでしょうか。

舞台が始まると、今までとは型破りの地球の被り物をした大平さん演じる「地球さん」が登場し、夏の過ごし方の話や、スケールの大きすぎる地球ギャグを披露し、笑いを誘っていました。

そして、ここからいよいよ「夏休みダヨ!『地球さんショー』」が開演。今までの「ひとりしばい」の中でも昭和歌謡を歌ったのは初めてかもしれません。次は「地球は一つの生命体?」という硬派な問いかけから、地球での様々な生物の話、地球の産まれた起源の説など、地球さんが実際に勉強になる話を披露されていました。

続いて、「銀河の鼓動」では、地球さんが和太鼓を演奏しながら、ダイヤモンドで出来ている珍しい星の話や、太陽系の星の話、人間が何もない状態から生まれてくる確率について、太鼓を叩きながら熱く解説していました。

その次のお便りのコーナーでは、地球さんならではの質問と回答に答えていくと、ここからは今までのコーナーとは打って変わり、お便りから舞台が展開されました。

三人家族の日常の生活風景からふとした瞬間に起きてしまった出来事、男が電車で寝過ごした事で、現実から逃避してしまった事実、現実に戻った時の妻と娘の対応など、大平さんの迫真の舞台が展開され、劇中劇の「振り続ける雨の中で」が演じられました。

最後に、再度地球さんが登場し、地球さんの格言「やまない雨はない」が飛び出し、一曲昭和歌謡を歌ったところで、舞台が終了しました。


<「ひとりしばい vol.6 大平峻也」アーカイブ配信、舞台写真販売決定!>
アーカイブ配信販売:
チケット:
販売開始8月30日(日)21:00~9月8日(火)20:00
視聴期間9月1日(火)12:00~9月8日(火)23:59
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=29791

舞台写真販売:
仕様:A/B セット 3 枚組
価格:各600円
販売日時:9月4日(金)12:00
Office ENDLESSオンラインショップにて販売開始
https://officeendlessshop.stores.jp/jp/


<「ひとりしばい」公演概要>
タイトル:「ひとりしばい vol.6 大平峻也」
公演日程:2020年8月30日(日)18:00
出演:大平峻也
作・演出:川本成
会場:Zoom
チケット料金:3,000 円 税込
主催:舞台「ひとりしばい」製作委員会
企画・制作:講談社/ Office ENDLESS


公式HP:
http://officeendless.com/sp/hitorishibai

公式ツイッター:
https://twitter.com/hitoshiba2020
ハッシュタグ「#ひとしば」

© 舞台「ひとりしばい」製作委員会