レポート:1月11日放送スタート!「小林さんちのメイドラゴン 第一話先行上映会」イベントレポート

2016年1月9日、東京・有楽町にある、丸の内ピカデリー3において、1月放送アニメ「小林さんちのメイドラゴン」の先行上映イベントである、『「小林さんちのメイドラゴン」第1話先行上映会』が行われました。今回はこちらのイベントをレポートします。
今回のイベントでは、ちょろゴンずからトール役の桑原由気さん、カンナ役の長縄まりあさん、エルマ役の高田憂希さんと監督の武本康弘さんが登場しました。

上映前に桑原さんと長縄さんと高田さんが登場し、挨拶と見どころを紹介し、早速上映会ですが、3人も挨拶後に会場の最前列で上映会に参加されました。

第一話の上映内容については、是非本放送を楽しみにしていただきたいと思いますが、上映が終わり、再度桑原さんと長縄さんと高田さんの三人と監督の武本康弘さんが登場し、4人でTVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」についての話となります。

ここからは、一部第一話の内容を含みますので、本放送を楽しみにしている方は、放送終了後読んで頂ければと思います。

最初に小林さんとドラゴンとの出会いの描画については、監督が「最初にドラゴンの描画をしっかりしたい。」と言う事で、冒頭部分に描いたという話を披露されました。そして、今回の上映会で最後に少し出てきたカンナが次回以降での展開について、長縄さんが触りの部分だけではあるものの、少し話をされ、実に今後の作品展開が楽しそうな内容の話をされました。

ここで、小林さん役の田村睦心さんから会場へお手紙と言う事で、高田さんが代表して読み上げられました。田村さんからの手紙も、小林さんに負けないくらいの心のこもった手紙で、キャストの3人もとても喜ばれていました。3人が田村さんの話で盛り上がり、スタジオに登場する田村さんの話から、アフレコスタジオでの座り位置や、どこで登場するか現時点では明かせない高田さんの座席位置など、聞いていても雰囲気の良いアフレコ現場が伺える話をされました。

監督からキャスト3人へのコメントとして、第一話上映会での感じで、キャラクターの演技がバッチリというお墨付きを貰っていました。ここからは、フリートークとなり、桑原さんから監督への質問として、「優しい世界を描きたい」という話を聞き、「ドラゴンが出てくるけど、それはそれで楽しみつつ、和んで楽しんで欲しい。」という話をされていました。

最後に挨拶として、武本監督からは「見た感想を周りの人と話して欲しい。」と話をされ、続いて高田さんは「エルマが登場したら、Twitterで呟いて欲しい。」、長縄さんは「凄く癒やされる作品だと思った。」、桑原さんは「癒やしを与えられるようなアニメになったら嬉しい。」とコメントし、イベントが終了しました。


<ストーリー>
独り身お疲れOLの小林さん。
そんな彼女の家に尋ねてきたのは、なんとドラゴンだった!?
茫然とする小林さんの目の前で、ドラゴンはメイド服を着た美少女へと変身する。
どうやら昨夜、自分で家に誘ったらしいが、泥酔していて全く覚えていない小林さん。
「メイドとして働かせてください!」――角に尻尾にメイドなドラゴン娘・トールとのポンコツでハチャメチャな新生活が始まる!

<放送情報>
ABC朝日放送:
2017年1月11日(水)深夜2時14分スタート
TOKYO MX1:
2017年1月11日(水)深夜0時スタート
テレビ愛知:
2017年1月11日(水)深夜2時5分スタート
BS11:
2017年1月12日(木)深夜0時スタート
※放送時間は都合により変更になる場合がございます。

<スタッフ>
原作:クール教信者 (双葉社「月刊アクション」連載中)
監督:武本康弘
シリーズ構成:山田由香
キャラクターデザイン:門脇未来
美術監督:渡邊美希子
色彩設計:米田侑加
小物設定:秋竹斉一
撮影監督:浦彰宏
音響監督:鶴岡陽太
音楽:伊藤真澄
音楽制作:ランティス
オープニング主題歌:fhána
「青空のラプソディ」
エンディング主題歌:ちょろゴンず(トール、カンナ、エルマ、ルコア)
「イシュカン・コミュニケーション」
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:ドラゴン生活向上委員会

<キャスト>
小林:田村睦心
トール:桑原由気
カンナ:長縄まりあ
エルマ:高田憂希
ルコア:高橋未奈美
ファフニール:小野大輔
滝谷真:中村悠一
才川リコ:加藤英美里
才川ジョージー:後藤邑子
真ヶ土翔太:石原夏織


公式HP:
http://maidragon.jp

公式Twitter
https://twitter.com/maidragon_anime

(C)クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会