レポート:「劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-」試写会レポート

人気アニメ「ソードアート・オンライン」の数年後を舞台にした「劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-」が2月18日から全国上映されますが、その上映に先立ち、メディア向け試写会が行われました。今回は、本編は実際に映画を見て楽しみたいと思う人が多いと思いますので、声優系メディアの視点から、作品について紹介させて頂きたいと思います。

ソードアート・オンラインと言えば、1と2が放送されていたと思いますが、映画をより楽しむと言う観点では、最低1は見ておいた方が数倍楽しめると思います。上映まで2週間となっているので、まだ観ていない方はネット配信やレンタルで楽しまれると良いと思います。
演技については、放映から少し時間が経っていますが、メインメンバーには違和感を特に抱くことはなく、TVアニメの時と同じ感覚で楽しめると思います。映画版については、ユナ役の神田沙也加さんについては、好演であり、適役だったのではないかと思います。

想像出来る年数での時代設定だったので、今使われている単語や、最新の単語が出てきたりして、多少難しく感じられる部分もあるかも知れませんが、今の時系列において、これほど様々な新しい単語が出てくるのは、かなり時代の先を見据えた作品と言えるのでは無いでしょうか。

映画を見終えた後は、設定について友達と話すのも楽しい内容だと思いますので、気になっている人は見に行って良い作品では無いでしょうか。映像については、日本アニメトップクラスの出来と言えるレベルだと思います。アニメの未来を見た気にもなれると思います。


『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
公開日:2月18日(土)全国ロードショー
配給:アニプレックス 上映時間:119 分


劇場版公式サイト
http://sao-movie.net/

公式Twitter
https://twitter.com/sao_anime

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project