レポート:4年越しのプロジェクトついに飛び立つ!「エスカクロン」ステージレポート

2017年3月25・26日に東京・有明にある東京ビッグサイトにおいて、AnimeJapan 2017が行われておりますが、25日にエイベックス・ピクチャーズブースで「エスカクロン」ステージが行われました。今回はこちらのステージをレポートします。

こちらのステージでは、「エスカクロン」制作進捗報告会&ミニライブということで、エスカ役の安済知佳さん、クロン役の安野希世乃さん、山口ひかる監督、エイベックス・ピクチャーズの田中宏幸さんが登壇しました。エイベックスの方自身も謎のベールに包まれた作品と紹介されたエスカクロンですが、エスカクロンのイベントチケットは200枚が30分で配券が終了したそうで、未知の作品にもかかわらず、人気の高さが伺われます。

ストーリーとしては、エスカとクロンという少女がゲストキャラと触れ合う事で、水島精二監督作品ではあるけれど、ハートウォーミングでピースフルなストーリーになる予定だそうです。

キャラクターについては、月と太陽をモチーフにしており、エスカとクロンはそれぞれ、月と太陽の関係だそうです。まさに、持ちつ持たれつであり、足りないところを補い合う関係だとか。エスカクロンのプロジェクトの原点の話になり、水島精二監督の作品である「UN-GO」で、安済さんと安野さんが関わったことで、次の仕事が出来ないかという話になり、4年の歳月が経って、人事異動で安済さんと安野さんがエイベックス・ピクチャーズに異動になり、日の目を見せたいとエイベックス・ピクチャーズが考え、現在に至ったとの事です。

結構、決まるまでは時間がかかってはいましたが、アニメ化には、水島精二さんと髙橋龍也さんとエイベックス・ピクチャーズの田中さんが話をして、田中さんが打診をしたら、水島さんと髙橋さんがやりたいと言ったそうです。そして、その日の夜にアニメ制作会社のLercheと田中さんが話を持つ機会があったので、Lercheの方に田中さんが話を打診をしたら、Lercheもやりたいということになって、アニメ化が進むことになったという、今まで進んでいなかったのが、一気に話が進んだ事に安済さんや安野さんも驚かれていたようでした。

山口監督からは、安済さんと安野さんが自然に演じられるようにしたいということや、可愛いキャラクターにしたいと話していました。そして、ここからは新情報発表として、一つは新キービジュアルの発表、二つ目はOVA化(全2話)決定が発表されました。エスカクロンでは、ゲストキャラクターがキーキャラクターとなりますが、一話では羽多野渉さん、二話では佐藤利奈さんが決定しました。

レコーディングの話となり、安済さんは歌が苦手と言いつつ、エスカクロンでは今まで歌でしか表現することがなかったが、演技をしてから、2話でも歌があるが、演技をしてからの歌が、どのような表現になっているのかが気になるという、本当に気になる話をされていました。

歌の話になったところで、安済さんと安野さんのミニライブへ。エスカクロンと言えば、この曲「Many colors, Many brights, Many more musics」を熱唱。歌もダンスも抜群のシンクロで、会場のファンを魅了していました。安済さんと安野さんが長年温めてきていた作品ということもあり、発表が出来たことで二人とも終始晴れやかな表情をしていたのが印象的でした。


<スタッフ>
総監督:水島精二
「機動戦士ガンダム00」
監督:山口ひかる
「銀魂」「おそ松さん」コンテ・演出
脚本:髙橋龍也
「アイドルマスター/シンデレラガールズ」
キャラクター原案:水無月徹
「ToHeart」
キャラクターデザイン:渡部里美
「アイカツ!」作画監督・デザインワークス
音楽:Hifumi,inc.
音楽制作:DIVEⅡentertainment
アニメーション制作:Lerche
「ダンガンロンパ」「暗殺教室」

<キャスト>
エスカ:安済知佳
クロン:安野希世乃
笠井隼太:羽多野渉(#1ゲストキャラクター)
斉藤 栞:佐藤利奈(#2ゲストキャラクター)


公式HP:
http://escha-chron.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/escha_chron

©Terminal/エスカクロンproject