レポート:5年間の成長を魅せた!Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポート

2017年7月16日、東京・渋谷の渋谷クラブククアトロおいて、声優・Machicoさんのメジャー1stアルバム「SOL」を引っさげてのワンマンツアー『Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」』が行われました。今回はこちらのライブをレポートします。
会場には多くのファンが詰めかけ、始まる前から会場の熱気も熱く、ライブの開始を今や遅しと待っているファンが多くいました。

時間となり、ライブが始まり、アップテンポの「ワイルドカード」、「fantastic dreamer」、「ラブ★スト」を澄んだハイトーンの声で華麗に歌い上げ、会場も歌と呼応して、一糸乱れぬ応援をmachicoに捧げた。

MCでは、『DAY’S melody:』に対しての意気込みや、メジャー1stアルバム『SOL』の話をして、次の曲へ。「OVER HEAT」、「キミコンパス」はミドルテンポの曲調を声の表現力で聴衆を魅了し、「勇気のつばさ」ではバラードで会場が穏やかな雰囲気になって聞き入っていました。

3曲歌い終えた所で今回の衣装の話になり、女性らしい衣装にした事と披露し、今回のライブではゾーンと言う事で、分けていて、次からのゾーンは寄り添いゾーンと話して曲へ。「カーテン」、「摩天楼グッバイ」は甘い歌声でしっとりと歌い上げ、曲が終わるとmachicoがいったん舞台から捌け、衣装チェンジをして戻ってきます。

着物を羽織りながら和傘を持って登場し、「紅花火」を情緒豊かに歌い上げ、今度は雰囲気が一変し、「key of the future」では疾走感ある歌声がライブハウスに響き渡ります。歌い終わった後、ライブハウスが静寂になり、「ココロメロディー」に。切なそうな歌声で、会場もその歌声を受け止めます。

ここからはラストスパートで一気に駆け抜け、「Million Smile」、「星屑プリンス」、「マケズギライなThank you」を明るく元気よく歌い、「青春オーバードライブ」、「TOMORROW」 を力強く歌い上げ、終了しました。

しかし、ファンからの熱いアンコールが会場にこだまし、machicoが再度登場。「ハナマル★センセイション」をスピード感溢れる歌声で歌い、続いてデビュー時の曲である「Magical Happy Show!」を楽しそうに歌い上げた。

最後のMCで小さい頃からの夢の話や、高校生の時のアニソンとの出会い、オーディションの話、声優アーティストの話を振り返り、応援してくれる人達に感謝を述べていました。そして、最後の曲として「花音」を出せる限りの感情を込めて歌いきり、ライブが終了しました。


<セットリスト>
M1 ワイルドカード
M2 fantastic dreamer
M3 ラブ★スト
M4 OVER HEAT
M5 キミコンパス
M6 勇気のつばさ
M7 カーテン
M8 摩天楼グッバイ
M9 紅花火
M10 key of the future
M11 ココロメロディー
M12 Million Smile
M13 星屑プリンス
M14 マケズギライなThank you
M15 青春オーバードライブ
M16 TOMORROW
EN1 ハナマル★センセイション
EN2 Magical Happy Show!
EN3 花音