レポート:キャストも作品の魅力にハマった!TVアニメ「十二大戦」先行上映会&トークショーイベントレポート

2017年9月16日、東京・新宿にある新宿バルト9において、TVアニメ「十二大戦」先行上映会&トークショーが行われました。今回は、こちらのイベントをレポートします。今回のイベントでは、寝住役の堀江瞬さん、失井役の梅原裕一郎さん、妬良役の五十嵐裕美さん、迂々真役の緑川光さん、異能肉役の日笠陽子さん、ドゥデキャプル役の安元洋貴さんが登壇されました。

最初にキャスト全員が挨拶をして、イベントが始まりました。十二大戦の作品の概要とPVが会場で上映され、会場も作品の迫力に驚いた様子でした。

今回、アニメ化と言うことで、キャストの方々が作品の見所についてのコメントがされ、「何気ないシーンが伏線になっている。」(堀江さん)、「バトルシーンの絵の綺麗さ。」(梅原さん)、「中村(光)先生の(イラストの)アニメのキャラクターデザイン」(五十嵐さん)、「何度も楽しめる作品」(緑川さん)、「キャラクターの衣装」(日笠さん)、「精神的に気持ち悪い所」(安元さん)を挙げられていました。

続いて、キャラクターを演じての見所やポイントの話題になり、「気怠げな感じで演じた。」(堀江さん)、「話し方が特徴的なので意識して演じた。」(梅原さん)、「他のキャラより異色で演じた。」(五十嵐さん)、「台詞をシリアスに演じるのが大変だった。」(緑川さん)、「気品のある役なので、意識して演じた。」(日笠さん)、「客観視を忘れずに演じていた。」(安元さん)と話をされていました。

最後に一言ずつキャスト全員からのコメントで「魂削りながら演じています。」(堀江さん)、「原作を見た人の期待を超えた作品になると思う。」(梅原さん)、「アニメでは原作を掘り下げている部分もあり、楽しめると思う。」(五十嵐さん)、「原作を読んでない人も楽しめると思う。」(緑川さん)、「西尾(維新)先生の作品の世界観を守りつつ、アニメ化されている作品。」(安元さん)、「次の話が見たいと思わせる作品。」(日笠さん)とコメントをされ、イベントが終了しました。


○テレビアニメ「十二大戦」概要
<放送局>
2017年10月3日(火)より放送開始!!
AT-X:
・10/3(火) 23:30~
・リピート放送:毎週(木)15:30/毎週(日)7:00/毎週(月)7:30
MBS:
・10/3(火) 26:30~
TOKYO MX:
・10/5(木) 24:00~
BS11:
・10/5(木) 24:30~

<STAFF>
原作:「十二大戦」
・小説:西尾維新
・イラストレーション:中村 光(集英社刊)
監督:細田直人
シリーズ構成:村井さだゆき
キャラクターデザイン:嘉手苅睦
音楽:椎名豪
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作:グラフィニカ

<CAST>
『子』の戦士 寝住:堀江瞬
『丑』の戦士 失井:梅原裕一郎
『寅』の戦士 妬良:五十嵐裕美
『卯』の戦士 憂城:岡本信彦
『辰』の戦士 断罪兄弟・兄:江口拓也
『巳』の戦士 断罪兄弟・弟:鳥海浩輔
『午』の戦士 迂々真:緑川光
『未』の戦士 必爺:チョー
『申』の戦士 砂粒:早見沙織
『酉』の戦士 庭取:佐倉綾音
『戌』の戦士 怒突:西村朋紘
『亥』の戦士 異能肉:日笠陽子
ドゥデキャプル 安元洋貴

<Introduction>
誇り高き十二戦士の、血戦の記録――
十二年に一度開催される第十二回目の十二大戦。
干支の名を宿す十二人の猛き戦士が互いの命と魂を賭けて戦う。
参加者は『子』『丑』『寅』『卯』『辰』『巳』『午』『未』『申』『酉』『戌』『亥』の十二人、異様なる戦士たち。
その戦いに勝利した者は、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。
どうしても叶えたいたったひとつの願い――
最後に生き残る者は誰か?
策謀と殺戮の渦巻く戦場で、流れるのは誰の涙か?
魂を揺さぶるバトルロイヤルが開戦する。


テレビアニメ「十二大戦」公式サイト
http://12taisen.com/

公式Twitter
https://twitter.com/12taisen

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会