ニュース:全米初登場1位ダイアン・レイン、ケビン・コスナー最新作『すべてが変わった日』ポスタービジュアル解禁!D・レイン、K・コスナーを引き裂く不穏なデザイン

ダイアン・レイン、ケビン・コスナー共演のサイコスリラー『すべてが変わった日』(8月6日公開)のポスタービジュアルが解禁となった。ティザービジュアルの様相とは大きく異なり、険しい表情を浮かべるレインと眉間に深い皺を寄せるコスナー、その2人の間にレスリー・マンヴィルの姿が妖しく浮かぶデザインに。

また、「行き過ぎた正義が、狂気を呼ぶ」というキャッチコピーも付き、“行き過ぎた正義”とは誰に、もしくは何に対するものなのか、また狂気を呼ぶとはどのような意味を持つのか。レインとコスナー、そして2人を引き裂くように描かれたマンヴィルの姿に、不穏な空気が漂うビジュアルとなっている。

『すべてが変わった日』は、週末興行収入が全米初登場1位を記録したダイアン・レイン、ケビン・コスナー共演の最新作です。1960年代を舞台に、暴力的な男と再婚した義理の娘と孫を連れ戻すべく、常識が通用しない異様な一家に立ち向かっていく夫婦を描く、西部劇の香りを纏わせたサイコスリラー。

共演は、『ファントム・スレッド』の名演で数々の映画賞にノミネート・受賞を果たしたレスリー・マンヴィル、『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、日本では海外ドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』の主演として人気を博したジェフリー・ドノヴァン、ディズニーチャンネルオリジナルムービー『ディセンダント』のジェイ役で注目を集めたブーブー・スチュワートが出演し、脇を固める。

本予告、ポスタービジュアルと公開し、ダイアン・レイン、ケビン・コスナーに襲い掛かる狂気が、より鮮明に、より気味悪さを増して映し出されていく本作。『すべてが変わった日』は8月6日(金)全国ロードショー。


<ストーリー>
1963年、モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジと妻のマーガレットは、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナが、ドニー・ウィボーイと再婚。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。しかしジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランチ・ウィボーイだった……。

[キャスト]
ダイアン・レイン、ケビン・コスナー、ケイリー・カーター、レスリー・マンヴィル、
ウィル・ブリテン、ジェフリー・ドノヴァン、ブーブー・スチュワート

[スタッフ]
監督・脚本:トーマス・ベズーチャ 原作:ラリー・ワトソン

ムビチケ:
ムビチケカード発売中。価格は1500円(税込)
※数量限定!海外版ビジュアル仕様

『すべてが変わった日』
8月6日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほかにて全国ロードショー

配給:パルコ ユニバーサル映画


公式サイト:
https://subetegakawattahi.com

Twitter:
https://twitter.com/subetegakawatta

Facebook:
https://facebook.com/subetegakawattahi

©2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.