レポート:「ニル・アドミラリの天秤」先行上映会第1部イベントレポート

2018年3月3日、東京・台場にある「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」において、4月からTVアニメとして放映開始する『ニル・アドミラリの天秤』先行上映会が行われました。今回は、第1部のイベントをレポートします。今回のイベントでは、久世ツグミ役の木村珠莉さん、尾崎隼人役の梶裕貴さん、星川翡翠役の逢坂良太さんが登壇されました。上映が終わると三人が登壇し、全員が一言挨拶をして、トークショーが始まりました。

最初は、今回上映した1,2話の話になり、登壇者も今回の上映会を見た人とほぼ同じタイミングで1,2話を見ているので、感想は同じ感覚なのでは?と話し、出来上がったものについては、今回の上映会で初めて見たそうです。

アニメについては、作品が大正時代を舞台にしているという事で、作画や音楽、背景が良いという話になり、色合いが独創的だという話が出ていました。そして、キャラクターの魅力の話となり、キャラによって、スタイルが違うのが格好良いという話になりました。
今回の上映話数で気になる箇所として、シリアスな展開の中で、梶さんは食事のシーンが良く描かれていて、そこのシーンを見ると「ほっこりする。」と話し、逢坂さんは「フクロウの大人数が凄い。」という話をし、その他ではキャストからはいきなり「フクロウです。」と呼ばれても、動物の梟と勘違いされているのではないかと話していました。

そして、この作品のナレーションは下野紘さんが担当しており、今回のナレーションでは、演出でこの時代の堅い読み方をされているそうです。ナレーション以外の場面でも下野さんが出ているそうなので、楽しみにして下さい。モブでもキャラ名がキャラの特徴をもじってつけれているそうで、キャストからは遊び心があり、設定が凝っていると話していました。

続いて、演じられているキャラクターについての話となり、木村さん、梶さん、逢坂さんキャスト陣が自ら演じるキャラクターを紹介し、他に登場するキャラクターについても、各人それぞれで印象が異なる話など、キャラクターの紹介でも演者視点と他者視点では違うという話で盛り上がりました。

アフレコ現場の雰囲気については、既にかなりの話数の収録が進んでいるそうです。原作であるゲームは一人で収録するのが普通ですが、アニメの場合は集まって、キャストの年齢層も近く、和気藹々とやっているそうです。木村さんについては、一話についてはセリフが多いのがプレッシャーだったという話でした。

プライベートで読書をするか?という話については、梶さんは「(自分の仕事に関係する)原作を読んだ」りしているそうです。逢坂さんは「辞典を見るのが好き」と話し、木村さんは「エッセーを見開き1ページ読む」そうです。三人とも今の流行としては、人気アニメの原作を読んでみたり、アニメの設定資料集を読んだり、人気タレントの作品を読むなど、バラエティに富んでいました。

最後の挨拶として、逢坂さん「(それぞれのキャラクターのルートも)ちゃんと描かれていたりするので、最後までお見逃しなく。」、梶さん「どのキャラクターのファンも楽しんで貰えるのでは。」、木村さん「(ツグミの)成長を最後まで見守って頂ければと思います。」とコメントをされ、イベントが終了しました。


<あらすじ>
時は大正25年。帝都トウキョウ。華族出身の久世ツグミは、傾きかけた家を守るための結婚を決意した矢先、弟のヒタキが「稀モノ」と呼ばれる、読んだ者に大きな影響を及ぼす本が起こした事件に巻き込まれてしまう。
ツグミはこれをきっかけに「アウラ」と呼ばれる、稀モノに宿った情念の輝きが見えるようになるが、混乱する彼女の前に「帝国図書情報資産管理局」通称「フクロウ」と呼ばれる「稀モノ」を保護・管理する組織の人間が現れ「稀モノ」に関する調査協力を依頼される。
ツグミは戸惑いながらも「フクロウ」での「稀モノ」調査に取り組むことを決意するのだが――。
天秤のように揺らぎうつろう一人の少女の運命の物語。


<CAST>
久世ツグミ(クゼツグミ):CV木村珠莉
尾崎隼人(オザキハヤト):CV梶 裕貴
鴻上 滉(コウガミアキラ):CV岡本信彦
星川翡翠(ホシカワヒスイ):CV逢坂良太
鵜飼昌吾(ウカイショウゴ):CV木村良平
汀 紫鶴(ミギワシヅル):CV鈴村健一
鷺澤 累(サギサワルイ):CV櫻井孝宏
久世ヒタキ(クゼヒタキ):CV村瀬 歩
朱鷺宮 栞(トキミヤシオリ):CV夏樹リオ
鴬地啓三郎(オウチケイザブロウ):CV小林範雄
隠 由鷹(ナバリユタカ):CV緑川 光
杙椰(クイナ):CV宮下栄治
猿子基史(マシコモトフミ):CV興津和幸
燕野太郎(ツバメノタロウ):CV榎木淳弥
四木沼 喬(シギヌマタカシ):CV遠藤大智
四木沼 薔子(シギヌマショウコ):CV眞田朱音
柾 小瑠璃(マサキコルリ):CV高橋未奈美
葦切拓真(ヨシキリタクマ):CV利根健太朗
笹乞藤一郎(ササゴイトウイチロウ):CV石井 真
雉子谷 新(キジタニアラタ):CV西田雅一
百舌山識郎(モズヤマシロウ):CV荻野晴朗
尾鷲英樹(オワセヒデキ):CV桜木章人
ナレーション:下野紘


<放送情報>
TOKYO MX
4月1日(日)より毎週22時~
サンテレビ
4月1日(日)より毎週日曜23時30分~
BSフジ
4月3日(火)より毎週火曜24時~他にて放送
dアニメストアにて4月9日(月)昼12時より最速配信予定!


<Blu-ray&DVD>
全4巻 2018年6月29日(金)より毎月第4金曜日発売予定
アニメイト限定版
Blu-ray:7,000円+税
DVD:6,000円+税
<アニメイト限定特典>
・原作イラストレーター:さとい氏描き下ろしカバー
・描き下ろしカバーイラスト缶バッジ2個
・原作イラストレーター:さとい氏描き下ろしミニキャライラスト アクリルキーホルダー2個
・全巻購入特典ドラマCD
<通常特典>
・見開きブックレット
・イベント応募券
・「放送直前特別番組~ようこそ帝国図書情報資産管理局へ~」 ディレクターズカット版
通常版
Blu-ray:5,800円+税
DVD:4,800円+税
<通常特典>
・見開きブックレット
・イベント応募券
・「放送直前特別番組~ようこそ帝国図書情報資産管理局へ~」 ディレクターズカット版


<音楽情報>
・オープニングテーマ
「耽溺ミラアジュイズム」kradness
2018年6月6日(水)発売予定
・エンディングテーマ
「Black Thunder」下野 紘
2018年3月14日発売予定

©IF/Nil Admirari PROJECT

レポート:キンプリのライブは出演者として歌は何点だった?「KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING! あの感動をもう一度プリズム☆シネマライブ」舞台挨拶レポート

2018年2月2日、東京・新宿にある新宿バルト9にて「KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING! あの感動をもう一度プリズム☆シネマライブ」が行われました。今回は、舞台挨拶の模様をお届けします。今回の舞台挨拶では、一条シン役の寺島惇太さん、鷹梁ミナト役の五十嵐雅さんが登壇されました。

今回のイベントはライブを映画館で見るというイベントだけあって、寺島さんは「まだ、映画公開から6月で半年経ったが、収録はその前からで、(2017年は)常にキンプラと一緒の一年だった。」と話していました。五十嵐さんはライブとほぼ同時期にキンプリの舞台も並列で練習を行っていましたが、「贅沢極まりない時間だった。素敵な仲間が支えてくれてやりきれた。仲間の大切さを感じた日々だった。」と述べていました。

ここからは、SUPER LIVEを振り替えりとして、印象に残っている出来事として、五十嵐さんは楽屋を挙げ、「中高生の雰囲気だった。」と話していました。寺島さんは「大きな舞台で五十嵐さんがサプライズというか、ハプニング…」という所で、舞台外から大きな声が。ここで、スペシャルゲストとして、大和アレクサンダー役の武内駿輔さんが舞台に登場。会場からも大きな声援で迎え入れられていました。

武内さんの印象に残っていることとして、「劇場版のシーンがライブで実現するのが凄かった。」と話していました。

ここで、テーマが変わり、自分の歌唱曲の点数は何点か?という質問に対し、武内さんは100点を付け、個人的に思うところはあったが、「100点のパフォーマンスを届けようとしていた。」ので、100点を付けられたそうです。五十嵐さんも全力投球でやっていて、100点以上をやっているが、自分自身が出てくると言うことで、78点と辛めの採点をされていました。五十嵐さん自身は80点満点だそうなのですが、「人は八分目」ということで、点数を付けているそうです。寺島さんは、二人の点数を踏まえ、「99点」ということで、100点はまだ決まってはいないが今年の出来事に取っておくと話していました。

お客さんがこれからSUPER LIVEを見るので、見所の話として、武内さんは「1回目のライブ、素敵な会場を用意して頂き、キンプリファンの皆さんのおかげですし、集大成が詰まっていたと思うので、思い返しながら見て欲しい。」と話し、五十嵐さんは「キンプリだけで開催したイベント、初回の、キンプリ色満載のその空間が幸せで、メンバーで歌っている曲はアイコンタクトをしていたりして、リアルに嬉しかった。」と話していました。寺島さんは、「全体曲やエーデルローズ7人で歌った曲とか、みんな同じ風にダンスの振り付けを習ったが、キャラごとに踊りにアレンジが加わっている所を見て欲しい。個人個人の個性を見て欲しい。」と話していました。

時間となり、最後のコメントとして、五十嵐さんは「キンプリはデビュー作であり、代表作になりました。皆さんの応援があってこそです。ここの舞台挨拶が私の原点です。キンプリの煌めきを応援よろしくお願いします。」。武内さん「五十嵐さんがライブの後に舞台版のキンプリがあって、ライブと舞台の架け橋になってくださったと思う。架け橋的な存在になって、中心になって下さってました。関わってくださって、見る側も作る側も楽しんでいたよと皆さんにも共有できたらなと思います。」。寺島さん「キンプリってキャスト陣もいろいろなタイプが揃っていて、ライブ前の楽屋でも盛り上がり、それを見て微笑んでいる人がいて、いろんなキャストが集まって、個性は尖っているけど、個性が良い感じに化学反応したと思います。キンプリはここまで煌めきを届けられる作品になったんだなと思っています。」とコメントされ、舞台挨拶は終了しました。


大好評発売中「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」
Bly-ray&DVD封入のイベント優先申込券の抽選受付期間が好評により2月18日まで延長決定!!
http://kinpri.com/discography/detail.php?id=1015334


<商品情報>
キンプリ初の単独ライブイベントが映像化!全19曲の愛がいっぱい詰まったライブをもう一度!!
KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING!Blu-ray&DVD
発売日:2018年3月30日(金)
価格(税抜):BD 8,800円 DVD 7,800円
仕様:ディスク2枚組、ブックレット(初回のみ)
収録内容:
【DISC1】本編映像
・全19曲
・オリジナルエンドロール
【DISC2】特典映像
・本番バックステージ映像
http://kinpri.com/discography/detail.php?id=1015480


「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」速水ヒロ プリズムキング王位戴冠記念BOX ※初回生産限定版
【Blu-ray】品番:EYXA-11796~7/B~C 価格:19,440円(税込)
【DVD】品番:EYBA-11791~2/B~C 価格:18,360円(税込)
【商品仕様】
深紅のベルベット風 箔押し三方背ケース収納
松浦麻衣氏描き下ろし 速水ヒロ肖像イラストジャケット
【初回封入特典】
・2018年6月開催 「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-発売記念 スペシャルトーク&ライブイベント」 優先販売申込券
(出演:寺島惇太、斉藤壮馬、八代 拓、畠中 祐、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬ほか)
・特製ブックレット20P
・「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」本編 縮刷アフレコ台本
・「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」速水ヒロ プリズムキング王位戴冠シーン 縮刷絵コンテ65P(絵コンテ:日歩冠星)
【DISC1】
・KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 本編
・特典映像:①特報 ②本予告 ③CM
・音声特典:①オリジナル 5.1chサラウンド ②オリジナル2.0chステレオ
③プリズム☆アフレコお手本音声 2.0chステレオ
④愛をいっぱい届けよう!プリズムスタァ応援上映音声~夏の終わりの男子祭&女子祭2017~ 女子祭ver./男子祭ver.
(※本編はプリズム☆アフレコお手本上映となります)
【DISC2】特典映像
・2016年9月11日Over The Rainbow SPECIAL THANKS PARTY!
(出演:柿原徹也、前野智昭、増田俊樹)
・2017年7月15日 Over The Rainbow舞台挨拶
(出演:柿原徹也、前野智昭、増田俊樹)
・2017年6月10日 劇場公開初日舞台挨拶
(出演:寺島惇太、斉藤壮馬、八代 拓、畠中 祐、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬、菱田正和監督)
・THUNDER STORM SESSION After Party!!!
(MC:DJ.COO/CV.森久保祥太郎)
・オリジナルウェルカムムービー集
① 応援上映マナー映像
② 4DX® 先付け映像
③ KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING!ライブビューイング告知映像
④ KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING!ライブ直前!スペシャルムービー
⑤ キャラクター生誕
一条シン&如月ルヰ/涼野ユウ/西園寺レオ/仁科カヅキ&香賀美タイガ
大和アレクサンダー/法月仁/速水ヒロ
⑥ ウェルカムムービー
共通ドラマ:ユニットプロジェクト ミニドラマ ~プロローグ~
[北海道・東北地区]ユキノジョウ&レオ [関東・甲信越地区]シン&カケル
[中部・東海地区]コウジ&ミナト [近畿・中四国地区]カヅキ&タイガ [九州・沖縄地区]ヒロ&ユウ
各ユニット別:組合せ決定編/現地到着編/作詞編/ビーチライブ開催編/帰り道編
【CD】
・速水ヒロ 王位戴冠記念メッセージ
・本編MIX音源
① EZ DO DANCE -THUDER STORM SESSION ver.-
② FREEDOM -THUDER STORM SESSION ver.-
・「KING OF PRISMラジオ シークレットローズタイム 王位戴冠記念特番」
(パーソナリティ:寺島惇太、畠中 祐/スペシャルゲスト:前野智昭)
【CDーR】 ※MP3収録
「KING OF PRISMラジオ シークレットローズタイム」過去全話アーカイブmp3データ(※一部編集しております)


公式サイト:
http://kinpri.com/

(C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムPH製作委員会

レポート:「王室教師ハイネ」スペシャルイベント~さあ、授業をはじめましょう~昼公演イベントレポート

2018年1月27日、東京・世田谷にある世田谷区民会館において、王室教師ハイネのスペシャルイベントである「~さあ、授業をはじめましょう~」が行われました。今回は、こちらの昼公演のイベントをレポートします。今回のイベントでは、ハイネ・ヴィトゲンシュタイン役の植田圭輔さん、カイ・フォン・グランツライヒ役の安里勇哉さん、ブルーノ・フォン・グランツライヒ役の安達勇人さん、レオンハルト・フォン・グランツライヒ役の廣瀬大介さんが登壇されました。

時間となり、イベントが始まると、最初は4人が「光を求めて」 ハイネ from P4 with T、「いざ いざ いざ 行かん!」カイ&ハイネ from P4 with T、「true IDENTITY」ブルーノ&ハイネ from P4 with T、「トルテをよこせっ!」レオンハルト&ハイネ from P4 with Tのキャラクターソングを披露し、会場も盛り上がっていました。

4人が登場した後、一旦キャストが捌け、舞台上のキャラクターを投影したスライドに声をあてて自己紹介をし、4人が会場の客席から登場すると、黄色い声援も上がっていました。

ここからは王室教師ハイネの作品にまつわる思い出話と言うことで、「王室の書庫を国王に内緒で覗いちゃおう!」と言うコーナーでは、「印象の残っているシーンは?」や「自分が演じたキャラクターの共感出来るところ」、「みんなから呼ばれている愛称を教えてください。」、という作品関連の物から、「あなたは何フェチですか?」、「教師になるなら何を教えたい?」、「今まで経験したアルバイトの中で一番楽しかったのは?」と作品以外の質問も出され、アルバイトに関しては、安達さんの地元茨城に関するアルバイト話が他のキャストからも異色度が群を抜いていて、安達さんがかなり話題を持って行く場面も見られました。

書庫のコーナーが終わったところで、蒼井翔太さんからのビデオメッセージが会場に流れ、作品への思い出話と「今回は仕事で行けなかったが、また機会があれば、是非ハイネのイベントに参加したい。」とコメントをされていました。

続いて、今度はクイズコーナーとなり、4人が力を合わせて答えていく事になりました。クイズの正解数が多いほど「ザッハトルテ」が全員で食べられますが、1問間違える毎に1ピース「雑なトルテ」に交換されることになり、キャストも気合いを入れて問題に解答していました。

最初は穴開け問題で2問出題され、1問目はポーカーの手札が問題で正解したものの、2問目はお菓子の原料が問題となって、キャストの想定外で当てることが出来ず。3問目と4問目は具体的な単語の回答となり、3問目はキャスト5人の中で一番弟キャラという問題は正解し、4問目は「学生時代に習った教科で、オトナになってから最も役に立っている教科」は、国語や社会科など、それぞれ考えが違うので、答えを合わせるのが難しいようでした。

結果として、4問中2問正解し、ザッハトルテは2/4、雑なトルテも2/4となりました。雑なトルテは植田さんと安達さんが引き当てましたが、植田さんは雑なトルテこと、タバスコ入りザッハトルテに悶絶をしていましたが、安達さんは食べても顔色も変わらないと言う事で、廣瀬さんが試しに食べたところ、タバスコ入りだったと言う事で、廣瀬さんが袖に捌けていく一幕がありました。安達さんは辛い物が得意という訳でもないそうですが、難なく完食されていました。

三番目のコーナーは、「グランツライヒ王国ナンバーワン選手権」と言うことで、個人で誰が一番になれるかを競いました。今回の商品は「王室教師ハイネ」に因んで、王室御用達の紅茶がプレゼントされていました。最初は、「箱の中身は何のフニ」と言う事で、箱の中に入っている物を当てるゲームでしたが、安里さん以外は全員が正解していました。「王子のたしなみ!文武両道選手権」では、乗馬をしながら射的をするというゲームで、このコーナーでは廣瀬さん以外全員的を外していました。最後に「巨大ジェンガ対決」は、各キャスト絶妙な所を引き、そして植田さんが下の方から崩れそうで崩れない部分を引き当て、その次の番である安里さんがジェンガを崩してしまいました。結果としてジェンガで加点された植田さんが最終的に優勝されました。

3つコーナーが続き、終わったところで、ここからは朗読劇と言う事で、内容としては「4人の王子達の秘密ごとからハイネがとある事に巻き込まれ…。」というシナリオで話が進んでいました。そして、朗読劇から流れるように「Prince Night~どこにいたのさ!? MY PRINCESS~」を4人が熱唱。会場も大いに盛り上がっていました。一曲終わったところで、スペシャルゲストとして、ここで坂本奨悟さんが登場し、「しょっぱい涙」を披露されました。

最後に今回登壇した5人からメッセージとして、

阪本さん「素敵なハイネさんのイベントで、素敵なセットで歌わせて貰って、素敵な皆さんと素敵な声優さんと一緒にイベントが出来てとても幸せです。」

廣瀬さん「こうしてイベントが出来るのは皆様のお力あってこそだと思っているので、今後とも何卒王室教師ハイネの応援を末永くして頂ければ幸いです。」

安達さん「キャスト、スタッフもそうですが、実際応援してくれる、皆さんと一緒の空気で、一期一会という言葉が大好きなのですが、ハイネと一緒に年を取っていきたいです。皆さんと年を取っていきたいです。最後までハイネ応援よろしくお願いします。」

安里さん「最初から最後まで凄く楽しくて幸せな時間を、ここに立っている人達と、皆さんと共有できたことが嬉しいです。また、このメンバーと蒼井翔太と一緒に、皆さんの前に出るように精一杯頑張りますので、王室教師ハイネよろしくお願いします。」

植田さん「去年一年はずっとハイネイヤーだったのですが、年を開けてからこうやって皆様と会う機会があったり、BD、DVD、サウンドコレクションが発売になって、ドラマCDの発売も決定していると言う事で、去年で終わってしまうんではないかと思っていたものが、また未来に繋がっていると言うことで、皆さんのお気持ちと、僕たちの思いがあれば、ハイネという作品は続いていくと言う事で原作も続いています。どうか王室教師ハイネを沢山沢山今まで以上に愛していただければ僕たちはに幸せです。」とコメントされ、イベントが終了しました。


「王室教師ハイネ」初となるドラマ CD が、2018年2月23日(金)に発売決定!
《あの夜》のハイネと王子達は――?空白のエピソードを音声化!おまけは…王室「猫」教師!!
商品概要:
商品名:王室教師ハイネ ドラマCD~森でのできごと~
発売日:2018年2月23日(金)
価格:2,500円+税
発売元:株式会社コンテンツシード
キャスト:
ハイネ・ヴィトゲンシュタイン :植田圭輔
カイ・フォン・グランツライヒ :安里勇哉
ブルーノ・フォン・グランツライヒ :安達勇人
レオンハルト・フォン・グランツライヒ:廣瀬大介
リヒト・フォン・グランツライヒ :蒼井翔太
シャドウ :真田 侑
http://heine-royal.com/discography/detail.php?id=1015550


ハイネと4王子が歌うキャラクターソングシリーズ発売中!!
・王室教師ハイネキャラクターソング「いざ いざ いざ 行かん!」カイ&ハイネ from P4 with T
・王室教師ハイネキャラクターソング「true IDENTITY」ブルーノ&ハイネ from P4 with T
・王室教師ハイネキャラクターソング「トルテをよこせっ!」レオンハルト&ハイネ from P4 with T
・王室教師ハイネキャラクターソング「Lollipop Candy」リヒト&ハイネfrom P4 with T

価格:各1,620円(税込)
商品ページ:
http://heine-royal.com/discography/index.php?tag=261


TVアニメ『王室教師ハイネ』ミュージックコレクション発売中!!
TVアニメ「王室教師ハイネ」の世界を彩る音楽達を収録したミュージックコレクション。
ハイネ(CV.植田圭輔)のソロ楽曲「光を求めて」も初収録!
価格:4,104円(税込)
商品ページ:
http://heine-royal.com/discography/detail.php?id=1015213

レポート:寒さも吹き飛ばす熱気に覆われた!TVアニメ『スロウスタート』主題歌CD「ne! ne! ne!」リリース記念イベントレポート

2018年1月23日、東京・池袋にある池袋サンシャインシティ噴水広場において、TVアニメ『スロウスタート』主題歌CD「ne! ne! ne!」リリース記念イベントが行われました。今回は、こちらのイベントをレポートします。今回のイベントでは、『スロウスタート』のOPを担当するSTARTailes☆の近藤玲奈さん、伊藤彩沙さん、嶺内ともみさん、長縄まりあさんが登壇されました。

時間となり、イベントが始まると4人が舞台に登場し、客席からも大きな声援が贈られました。4人が自己紹介をすると、会場からの声援もさらに大きくなり、ユニットのSTARTailes☆の決めの挨拶も4人でバッチリ決めていました!

そして、1曲目の「ne! ne! ne!」を熱唱する前に、STARTailes☆が会場との曲についてのコール&レスポンスの話をして、そして歌に。事前に客席と練習をしていた曲中のコール&レスポンス「ワッショイ」のかけ声も決まっていました。

今回、歌が初披露だっただけに、終わった後にSTARTailes☆のメンバーが歌うのに緊張したと言っていましたが、会場からの声援で乗り切れたと話していました。そして、「ne! ne! ne!」のレコーディング秘話が披露され、会場も秘話には聞き入っていました。続いて「夕焼けといっしょに」。ゆったりとした曲調に合わせ、会場全体も曲を静かに聞き入っていました。

主題歌CDの収録曲は2曲ですが、ここでもう1曲ということで、3月14日発売「スロウスタートキャラクターソングアルバム」より一之瀬花名(CV. 近藤玲奈)のキャラクターソング「みんなありがとう」が披露され、キャラクターのイメージがそのまま曲になったような曲を披露されました。

曲が終わった後、4人が舞台に再登場し、会場全体の集合写真を撮影して、イベントは終了しました。


TVアニメ『スロウスタート』公式ホームページ
http://slow-start.com

TVアニメ『スロウスタート』作品Twitter
https://twitter.com/slosta_anime

(c)篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会

レポート:キャストが巨人絵馬に書いた願い事は?『劇場版「進撃の巨人 Season 2 ~覚醒の咆哮~」』初日舞台挨拶レポート

2018年1月13日、東京・新宿にある新宿バルト9において、『劇場版「進撃の巨人 Season 2 ~覚醒の咆哮~」初日舞台挨拶』が行われました。今回はこちらの舞台挨拶をレポートします。

今回の舞台挨拶では、エレン・イェーガー役の梶裕貴さん、ミカサ・アッカーマン役の石川由依さん、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈さん、ライナー・ブラウン役の細谷佳正さん、ベルトルト・フーバー役の橋詰知久さん、監督の肥塚正史監督が登壇されました。

舞台挨拶が始まると、登壇者一同が客席の後ろ側から登場し、客席通路を歩いて舞台に降り立ち、これには会場内のお客様も登壇者が間近を通って驚かれていました。そして、登壇者が舞台に立って、キャスト同士の仲の良さが伺える挨拶が行われた後に、今回の『劇場版「進撃の巨人 Season 2~覚醒の咆哮~」についてのトークが始まりました。

今回の映画では「新規のシーン」や、「Season 3」を期待させる内容だったそうですが、1クール分が2時間の映画に詰まっていたのではないかと話されていました。それだけ、密度が濃い内容だったのではないでしょうか。

ここで、7月公開のTVアニメ「進撃の巨人 Season 3」のキービジュアルが公開されると、今回の登壇者のキャラクターが誰も登場していないと言うことで、キャストからも何故出てないという声がありましたが、原作を読んでいる人にはわかるキービジュアルの内容となっているので、是非Season 3も楽しみにしていてください。

そして、今年の抱負について各キャストが特製の巨人絵馬に書いた願い事について披露され、男性陣は「進撃の巨人」に関連した願い事もあれば、芝居の役についての願いもあり、女性陣は実際に実現したい目標が書かれている人など、男性と女性で願うことが分かれた結果となっていました。

舞台挨拶も終盤にさしかかり、ここで『劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~』の印象についての話となり、「芝居が楽しかった。」という感想や、「巨人化するシーン」の所を挙げる人や、「告白のシーン」の収録の話や、「自分のキャラクターの心の動き」が理解できたなど、各キャスト様々な感想を持たれていました。

最後に挨拶として、このSeason 2を皮切りに、Season 3に繋げていけたらと思いますとコメントをされ、最後にイベント恒例の「心臓を捧げよ」をして、イベントは終了しました。


劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~』
大ヒット上映中!!
配給:ポニーキャニオン

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会