レポート:キャストはラスボス揃い!「妖怪アパートの幽雅な日常」先行上映会レポート

2017年7月1日、東京・お台場にあるユナイテッド・シネマ アクアシティお台場において、夏アニメ「妖怪アパートの幽雅な日常」の先行上映会がありました。今回はこちらのイベントで行われたキャストトークショーのレポートをします。キャストトークショーには、稲葉夕士役の阿部敦さん、骨董屋役の速水奨さん、シロ役の田村睦心さん、OPテーマを歌うロザリーナさん、監督の橋本みつおさんが登壇されました。最初にMCも兼務する田村さんが会場後方から登場し、続いて阿部さん、速水さん、ロザリーナさん、橋本さんが登場しました。

妖怪アパートの話をイベントでキャストがするのは今回が初めてということで、阿部さんも「作品を客観的に見るのも気恥ずかしい。」とコメントすると、速水さんも「今回(1話)は出番がなかったけど…。」とコメントされていました。阿部さんが言うには、妖怪アパートの雰囲気については、1話とそれ以外の放送では雰囲気が違うそうです。

一つ目のテーマとしては、『ずばり!妖怪アパートの幽雅な日常」って一言で言う、どんな作品!?』と言うことで、料理や飲み物のシーンが魅力的と言うことや、ガヤの声も七色で演じ分けているキャストもいるそうです。作品については、コメディ要素もあるけど、深い話も多くて、ためになる作品ではないかと話していました。妖怪アパートの物件は曰く付きの物件の話と言うことで、速水さんが「聞こえちゃいけない声が聞こえたことがある。」という話には、会場も驚いていました。収録スタジオも曰く話が良くあるそうで、話が盛り上がっていました。

アニメ化するにあたって、意識していることについては、橋本監督からの話として、原作に忠実に、意識して作っているそうです。次のトークテーマは、「キャラクター紹介」と言うことで、阿部さんが演じる稲葉夕士については、5年前の最初のドラマCDではヤンキー気質のある設定で、作品で見えないのはアパートの人たちが年上という事であまり面が見えてないという話でした。速水さんが演じる骨董屋については、暑さ寒さに関わらず衣装が替わらないそうです。骨董屋の設定はアニメが進むにつれて、分かってくるそうなので、楽しみにして欲しいと思います。田村さんが演じるシロについては、人間の言葉を話す予定はないそうですが、田村さんは実際に暮らしている犬を演技の参考にしているそうです。アニメ時のディレクションは特にされないそうですが、監督からは全力で演じて欲しいという事でした。

各キャストの好きなキャラクターについては、阿部さんについては三匹の鳥で、鳥の裏話として、森川さん、子安さん、杉田さんが演じており、なかなか見られないキャスティングだと話していました。速水さんは佐藤さんが好きという話をされていました。ロザリーナさんは千秋先生を選んでいました。

次のトークテーマは「主題歌」と言うことで、OPのロザリーナさんの話で、監督と話した際に曲のテンポが速い曲に決まったけど、ロザリーナさんはテンポが速い曲を作るのが苦手だったそうで、色々考えながら作られたそうです。EDについては、阿部さんと中村さんの曲と言うことで、田村さんは同じ人と思ってしまうぐらい似ていたそうです。曲調が結構早めだったと言うことで、阿部さんも収録時に気をつけた部分だったそうです。

アニメのおすすめポイントの話は、速水さんは「声優の演技が怪しい。」という話で、男性キャストのラスボスっぽい所が見所という話をされていました。ロザリーナさんは、参考にするために漫画を読んだら、全部読み切ってしまったと言うくらい面白い作品と言うことを言っていました。監督は、縁に注目して欲しいと話していました。最後に挨拶として、阿部さんは「ドラマCDとキャストが変わらなかったことが嬉しい。」と話しイベントが終了しました。

レポート:念願のライブハウスでのライブを実現!「遠藤ゆりか・はぴゆり☆1st LIVE」昼の部レポート

2017年6月10日、東京・池袋にあるライブハウスBlack Holeで遠藤ゆりか「はぴゆり☆1st LIVE」が行われた。ライブハウスでのライブは声優アーティスト・遠藤ゆりかの念願でもあり、今回はそれが叶った形となる。ライブ会場は超満員で、当日は外気が30度を超す熱さだったが、ライブハウス内は更にそれを上回る暑さだったにもかかわらず、多くのファンがライブに熱狂し、盛り上がった。

遠藤は3rd Single「Melody and Flower」のCDジャケットでの衣装で登場し、「はじまりのうた」、「REBORN」においては遠藤がメロディアスに歌い上げてファンを魅了し、「黄昏ジュブナイル」では、エモーショナルながらも力強く歌い上げた。「流星のおとぎばなし」では、バラードを伸びやかな歌声で歌い上げ、その後も「勤労少女の告白」と「ふたりのクロノスタシス」を今度は甘く優しい歌声で歌い上げた。

途中、ノースリーブの黒いドレスに衣装チェンジをして、再登場し、歌声も更にパワーアップ。「Grimm Truth」では、テンポよくリズムを刻み、「黄泉のYou&Me」ではダンサブルな曲で会場全員を縦揺れにし、多いに盛り上がった。「Melody and Flower」では、遠藤の情緒的な歌声とファンの重低音のようなコールが入り乱れ、多層を織りなすハーモニーが生まれていた。「All my bravery」では、遠藤が時折デスヴォイスで激しく歌い上げ、「モノクロームオーバードライブ」、「knight-night.」は澄み切ったハイトーンの歌声を披露し、会場も最高潮に盛り上がった。

アンコールでは、「KAIJUハート」、「パラレルスパイラルライン」を披露し、楽しそうに聞き入るファンを見て、遠藤も晴れやかな表情で歌い上げ、様々な歌声でファンを魅了した。

レポート:下野さんのアルバイト体験映像に会場も騒然!「下野紘3rdシングル『Running High』リリースイベント・東京会場」イベントレポート

2017年6月17日、東京・品川にある品川インターシティホールにおいて、声優アーティスト下野紘さんのイベントである「下野紘3rdシングル『Running High』リリースイベント・東京会場」が行われました。今回は、こちらのイベントレポートをします。

時間となり、イベントが始まり、「Running High」の曲とともに、MCの伊達忠智さんと下野紘さんが登場しました。

最近の下野さんとしては、「カブキブ!」と言えば、「青春」、「青春」と言えば「アルバイト」と言う事で、アルバイトをやってみたいと言う話になり、最近某所でアルバイトをしてきたそうです。会場では、そのアルバイトの風景の映像をもとに、クイズコーナーが行われました。クイズは3択で、各問題で会場内で10名以上が正解したら、全員正解というルールで行われました。

練習問題として、下野さんの好きな乗り物の問題は、「車」、「電車」、「自転車」のどれか?という問題では、自転車が正解で、下野さんが自転車に乗れたのは小学校低学年ころではないか?と下野さんは振り返っていました。そして、下野さんのアルバイト体験映像が映され、一日アルバイト体験は接客業に挑戦したいということで、会場からも接客業への挑戦と言う話に驚きの声が上がっていました。アルバイトは、一件目はパチンコ店の一日アルバイトを行いましたが、アルバイト先の店長がまさかの下野さんのかなりのファンの男性で、下野さんを色々サポートして下さいました。

ここで、一問目として、「パチンコ店のアルバイト中、下野さんが北斗の拳の物まねをしましたが、どういう物まねをしたか?」で、「アタタタタ」、「イタタタタ」、「うたた寝」の三つの答えが下野さんから提示され、正解は「アタタタタ」でした。映像が続き、下野さんはパチンコ店で、店内の清掃や、店内アナウンス、街角でのティッシュ配りなどにもどれも全力で挑戦されて、一店目は終了しました。

二件目はカラオケ店に挑戦ということで、こちらでも実際に接客や厨房の対応をしていました。下野さんがメロンソーダを作ったり、からあげを作ったりしている映像のところで問題が出題されました。第二問は「下野さんが何個、からあげを揚げていたか?」で、「8個」、「6個」、「∞」の三つの答えが下野さんから提示されました。正解は「6個」でしたが、会場は10名以上の正解者がいたと言うことで、全員プレゼントの権利を得ていました。

その後、お店で出されるフライドポテト、おにぎり、カクテルを作ったり、実際に客室に料理を持って接客をしたり、カラオケルームの掃除を実際に体験され、下野さんが各作業のコツを解説しながら、映像で振り返っていました。アルバイト経験として、普段のお客として入っているイメージと実際に接客する側の大変さの違いを知る事が出来て、良い経験が出来たと語っていました。また、別のアルバイトにも挑戦したいと下野さんが述べて、映像が終了しました。

映像が終了したところで、MCの伊達さんから、下野さんの働いているアルバイト姿はどちらが格好良かったか?というアンケートになり、パチンコ店とカラオケ店も拮抗しましたが、会場の意見はややパチンコ店が良かったという声が多かったです。

そして、このアンケートの声を元に、伊達さんの呼び込みで下野さんが票の多かったパチンコ店でのユニフォームを実際に着て、舞台に再登場されました。そして、下野さんの今回のアルバイトの感想で、パチンコ店もカラオケ店も働き方の工夫を実感したのと、今回声優以外の経験が積めて良かったと話していました。そして、何より青春を感じられたそうです。

クイズの正解の商品として、会場のファン全員に「クイズ正解の認定証」と「実際に下野さんがパチンコ店で着たユニフォームの切断したかけら」が全員にプレゼントされました。

イベントの最後に下野さんが「リリースイベントということで、参加して頂きましたが、まさかのアルバイト体験と言う事で、見て頂きましたが皆さん楽しんでいただけましたでしょうか?ありがとうございます。僕自身、ソロ活動をはじめて、いろんな事を経験してきましたけど、まだまだ経験してないことがいっぱい有るなと実際にアルバイトをして思った部分もあるので、また、更に、まだこれやったことがないなと言う事があったら、僕自身挑戦していきたいなと思いますので、その際には皆さんに見て頂いて、そして面白いさまとかを笑っていただければと思います。アーティスト活動も今後とも頑張っていきますので、宜しくお願いします。ありがとうございました。」とコメントされ、イベントは終了しました。


<10/4発売!「下野 紘 バースデーライヴイベント 2017~Running High~」>
2017年4月30日に東京・NHKホールで行われたイベント、「下野 紘 バースデーライヴイベント 2017~Running High~」がBlu-ray&DVDで発売!
前半はバースデーならではのバラエティーコーナーに加え、大好評の単独朗読劇と後半は「下野ロック」で駆け抜けるアーティストライブがたっぷり詰まったスペシャルなパッケージです。


<「下野 紘 バースデーライヴイベント2017~Running High~」商品詳細>
◆Blu-ray Disc
品番:PCXP.50519
価格:5,500円(税込価格5,940円)
映像:カラー/MPEG-4AVC/片面2層/16:9ワイドスクリーン
音声:リニアPCM/2ch/ステレオ
初回限定仕様:特製三方背ケース
特製デジパック
ライブフォトブックレット
※初回仕様は数量限定により、なくなり次第通常仕様となります
映像特典:バックステージ映像ほか予定
◆DVD(2枚組)
品番:PCBP.53276
価格:5,500円(税込価格5,940円)
映像:カラー/MPEG-2/片面1層/16:9LB
音声:リニアPCM/2ch/ステレオ
初回限定仕様:特製三方背ケース
特製デジパック
ライブフォトブックレット
※初回仕様は数量限定により、なくなり次第通常仕様となります
映像特典:バックステージ映像ほか予定
きゃにめ特典:朗読劇 Running High』のミニ台本(Blu-ray/DVD共通)
さらに詳しくはこの後の続報をお待ちください。

レポート:新アルバム制作決定!2nd Liveも!「AYA UCHIDA Early summer Party~Everlasting Parade~」ライブレポート

2017年6月25日、東京・新木場の新木場STUDIO COASTで内田彩さんのライブイベント「AYA UCHIDA Early summer Party~Everlasting Parade~」(夜公演)が行われました。昼・夜ともに2000人と合計4000人のファンがイベントに駆けつけました。今回はこちらのライブをレポートします。

今回のライブは、内田彩さんが声帯手術をしてからの本格的なライブであり、多くのファンが復帰を待ちわびていました。チケットはイベント当日には既に完売で、イベント当日も会場は超満員でライブが行われました。

時間となり、イベントが始まると、会場からは大きな声援が起き、1曲目は「Floating Heart」で始まり、内田の甘い歌声が会場内に響き渡り、ピンクの光で会場が埋め尽くされます。内田さんについては、スミレ色のワンピースとスカートに白いシースルーの生地の衣装で登場されました。

2曲目は、「Party Hour Surprise!」。曲が始まると、会場から大きなコールとともに始まりました。黄色い光が会場を照らし、先ほどのFloating Heartの甘さに加え、アップテンポも加わり、会場も盛り上がります。2曲目が終わると、MCとなり、今回のライブイベントの説明として、昼はバンドスタイルでしたが、夜は内田さんソロで、ライブを行っていく話をされていました。

3曲目は、「Merry Go」。綺麗な高音の歌声で始まり、会場が七色の光に煌めきます。会場全体がダンスホールトなり、内田さんの歌声と踊りの振りに会場全体がシンクロしていました。4曲目は、「リードを外して」。会場が赤と青の光に分かれ、会場もコールで歌に一緒に参加していました。内田さんは切なそうな歌声で可憐に歌い上げていました。

MCとなり、次の曲はキーボードでのソロ演奏という予告をされて、5曲目は「笑わないで」。切なそうな歌声でバラードを披露し、先ほどまで熱気で支配していたライブ会場の熱気が少し落ち着いた感じになりました。会場全部の視線が内田さんの歌っている姿をじっと見ていました。曲が終わると、会場から大きな拍手が起こりました。6曲目も続いてキーボードの曲となり、「ピンクマゼンダ」。優しく甘い歌声でしっとりと歌い上げます。途中から、力強い歌声に変わり、そして伸びやかな歌声と彩り豊かな歌声に、会場はじっと内田さんの歌声に聞き入りました。二曲終えて、MCとなりアコースティックな曲を今回やって、目標としてアコースティックなライブもやってみたいと目標に加えたそうです。

7曲目は、「Daydream」。切なそうな歌声で歌い始め、途中から高音の歌声で、曲の世界観が表現されたような感じで、会場全体が静かに聞き入りました。続けて、8曲目は、「Like a Bird」。先ほどまでのバラードやアコースティックから、一転してアップテンポの曲となり、会場のファンが激しく盛り上がります。

9曲目は「Ruby eclipse」。会場全体が深紅に染まり、内田さんも激しく情熱的に歌を歌い上げます、会場も熱く盛り上がりました。三曲終えたところで、MCとなり、9曲目の「Ruby eclipse」の武道館での話や、普段のライブだとコンセプトに合わてセットリストを作るが、今回はいつもと違うセットリストにしたそうです。次の曲のヒントが出ると、会場から声が漏れ、ピンク色に染まりました。

10曲目は、「with you」。甘い歌声で優しく歌い上げ、会場も内田さんが腕を左右に振ると、会場も左右にペンライトが揺れ、会場全体での強い一体感を感じました。11曲目は「Everlasting Parade」。今回のライブのタイトルの曲が歌われると、会場も熱気が最高潮になります。内田さんの甘い歌声が会場全体を魅了し、会場からも大きなコールが起きていました。「Everlasting Parade」を歌い終えてから、今回のライブは手術をして、また歌が歌えたことに感謝の言葉をファンの皆さんに言っていました。

そして、ここで発表として、2017年9月13日に新アルバムの発表がされました。しかも、フルアルバムでリリースすることが決定。タイトルは「ICECREAM GIRLS(仮)」。発表時は多少自分自身をネタにされつつ、アイスクリームの様々な味のように、挑戦していきたいと話していました。さらに、アルバムをリリースしてから、幕張メッセイベントホールでワンマン2nd Liveが行われる事が決定しました。

今回のライブの最後の曲「Sweet Dreamer」。優しい歌声が会場を包み込み、ライブに来ていたファンの表情も今回のライブの最後の曲ということで、真剣に聞き入っていました。全12曲を歌い終え、内田さんも笑顔で歌いきり、最後にファンの人たちに感謝の言葉を述べて、ライブは終了しました。


<CD>
2017年9月13日(水)発売
ALBUM「ICECREAM GIRL(仮)」
初回盤A:5500円(+tax)
初回盤B:4000円(+tax)
通常盤:3000円(+tax)
*10月14日開催の幕張メッセワンマンライブチケット先行申し込みシリアル封入


<LIVE>
2017年10月14日(土)
内田彩 ワンマンライブ開催決定!
会場:幕張メッセ イベントホール


<SET LIST>
1. Floating Heart
2. Party Hour Surprise!
3. Merry Go
4. リードを外して
5. 笑わないで
6. ピンクマゼンダ
7. Daydream
8. Like a Bird
9. Ruby eclipse
10. with you
11. Everlasting Parade
12. Sweet Dreamer

レポート:新川直司先生書下ろし応援イラストも公開!舞台「四月は君の嘘」制作発表会レポート

2017年6月20日、都内で舞台「四月は君の嘘」の製作発表会が行われました。発表会では、有馬公生役の安西慎太郎さん、宮園かをり役の松永有紗さん、澤部椿役の河内美里さん、渡亮太役の和田雅成さん、井川絵見役の山下永夏さん、相座武士役の横井翔二郎さん、ピアノ奏者の松村湧太さん、ヴァイオリン奏者の小林修子さんが登壇されました。

MC「役に決まった時の気持ちは?」
安西さん「嬉しいという気持ちと光栄という気持ちがありました。気持ちが苦しくなる作品だが、凄く前向きになれる作品だと思います。有馬君の話をすると、音楽で苦しんだ彼が、かをりと会って、友達の影響を受けて、母親や友達との接触をして、成長していく魅力ある物語だと思っています。」
松永さん「決まった時は凄くびっくりしました。オーディションの前に他の仕事でオーディションに遅れて、ダメかと思ったけど、受かった話を聞いてとても嬉しく思いました。原作を読んだときは、胸がキュッとする思いでした。四月は君の嘘というタイトルの意味を知って、宮園かをりちゃんのことを考えて、涙が出ました。」
河内さん「学生ものだけど、学生以外の人にも楽しんで欲しいです。今回、芝居をさせて頂くにあたり、椿ちゃんが好きなのですが、その役を出来て嬉しいです。天真爛漫なところと儚い所を演じられたらと思います。」
和田さん「学生時代、学ランだったけど、ブレザーが着られて嬉しい…と思ったのですが、キービジュアルでは、肩にかけてて着られていないです。学生時代のあこがれだったので、着てみたいです。」
山下さん「音楽を通じて、切磋琢磨して成長していくところに興奮しました。ただの青春漫画ではなく、言葉が一つ一つ重くて、そういう素晴らしい作品に出させていただけて、純粋に嬉しいです。井川絵美はクールなキャラクターに見られやすいのですが、実際は感受性豊かなキャラなので、演じるのが楽しみです。」
横井さん「この作品は前から好きで、舞台化に驚いて、様々な媒体で作品化されているのに出られて嬉しいです。お互い、支えあって、乗り越えていくのが素敵だと思います。その中で、相座武士の演技を楽しみにやっていきたいと思います。」

MC「学生時代に何か嘘をついたことはありますか?」
安西さん「稽古とかをしていると先輩とご飯を食べに行く誘いを断って、台本を読むために家に帰って寝ることがあります。」
松永さん「凄い仲のいい友達に、進学するときに、『転校することになった』と言ったら、軽い感じで返されて、凹んだが、ほかの人にその嘘をつくことを事前に話していて、それが聞こえていて、嘘が成立しなかったことがあります。」
河内さん「小学校6年生の時に、女友達と男友達2人の4人で映画を見に行こうとなった時に、当時家が厳しくて、誰と何しに行くのかを家にいう必要があった。小学生の時は友達と映画を見に行ったが、後日母親にばれて怒られました。その後、男友達と遊びに行くことは無くなりました。」

MC「学生時代に青春話はありますか?」
和田さん「後輩が色紙を書いてくれました。」
山下さん「卒業式の日、最初に教室を出て、家でこもっていました。」
横井さん「小学校から中学校の頭まで通信簿にムードメーカーと書かれていたのですが、中学生で中二病を患い、変わってしまったのだが、一人だけ仲が良かった友達がいて、今も夢を追っかけあって、信頼できる友達がいるのが宝物です。」
演者の方への質疑応答が終わった後、松村さんと小林さんが登場し、「序奏とロンド・カプリチオーソ」が演奏されました。

MC「演奏を聴いてどうでしたか?」
安西さん「初めて(クラシックを)聴きましたが、音に力があると思いました。想像力を刺激されて、楽しかったし、音楽ってすごいなと思いました。」
松永さん「凄かったです。生のヴァイオリンを聴いたのは初めてだったのですが、もっともっと聞いていたいと思いました。」

MC「ここで、原作の新川直司先生の応援イラストを公開します。」

MC「最後に一言を」
小林さん「素敵な演奏を、舞台で宮園かをりちゃんの演奏が届けられるよう頑張ります。」
松村さん「世界中に多くのファンがいる作品、自分自身が大好きな作品の舞台化ということで、演奏家としての挑戦であり、演奏家冥利に尽きます。作品と向き合い、曲とも真摯に向き合い、心を込めて演奏したいと思います。」
横井さん「いろんな媒体を通して作品化されている作品をやれる感謝と、最高の形でお客様に届けたいと思います。」
山下さん「本当にたくさんの方に愛されている作品だと思うので、舞台「四月は君の嘘」も見て頂いた方に、愛されるような作品になるよう頑張ります。」
和田さん「渡は公生に影響が与えれるように、個人としても影響を与えたいです。作品を通して、見に来て下さったお客様が、生で「四月は君の嘘」を生で体感するのはお客様が初めてなので、世界観の影響が与えられるように頑張ります。」
河内さん「舞台ならではの世界観を皆さんに肌で感じてもらえるように素敵な作品に出来るようにしたいと思います。」
松永さん「君嘘のカラフルで切ないあの世界観を、皆様に届けられるように、そして見てくださった人の心に残るような舞台に心を込めて全力で頑張りたいと思います。」
安西さん「四月は君の嘘、素敵な作品なので、素敵な作品の力に負けない舞台版も負けないように作っていきたいと思います。僕たちも舞台を見て違った景色が届けられるように頑張ります。」


<舞台「四月は君の嘘」>
出演:
【有馬公生】安西慎太郎
【宮園かをり】松永有紗
【澤部椿】河内美里
【渡亮太】和田雅成
【井川絵見】山下永夏
【相座武士】横井翔二郎
【落合由里子】那珂村たかこ
【高柳明】三上俊
【柏木奈緒】五十嵐晴香
【瀬戸紘子】小玉久仁子
【有馬早紀】田中良子
<演奏者>
PIANO:松村湧太
VIOLIN:小林修子
※出演者は変更になる可能性があります

<スタッフ>
原作:新川直司『四月は君の嘘』
(講談社「月刊少年マガジン」所載)
脚本:三浦香
演出:伊勢直弘
主催:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
公演スケジュール:
東京:2017年8月24日(木)~9月3日(日)
大阪:2017年9月7日(木)~9月10日(日)
<公演劇場>
東京:AiiA 2.5Theater Tokyo
大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
<チケット>
・プレミアムシート9,800円(税込/全席指定)
※特典付き・前方座席
・一般席6,800円(税込/全席指定)
※枚数制限:1申込みにつき1公演、2枚までとさせていただきます
※未就学児の入場は不可となります
・チケット受付期間
チケット一般発売中!
詳細:
http://kimiuso-stage.com/ticket_schedule.php


舞台「四月は君の嘘」公式サイト
http://kimiuso-stage.com/

公式Twitter
https://twitter.com/kimiuso_stage

©新川直司・講談社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社