ニュース:TVアニメを映画館で見る文化を根付かせたい!「一年中アニメを大型スクリーンで上映」をコンセプトにした『アニメZONE』が2019年7月19日よりシネ・リーブル池袋でスタート!

左:東京テアトル西澤彰弘さん、右:スロウカーブ東大介さん

2019年7月19日、東京・池袋にあるシネ・リーブル池袋において、「一年中アニメを大型スクリーンで上映する」をコンセプトにした『アニメZONE』が7月19日(金)よりスタートしました。

第一弾の上映作品は、7月19日~9月19日までの間、「さらざんまい」「フルーツバスケット」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」「プリティーリズム・レインボーライブ」「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 劇場編集版」「ちはやふる」「鬼平」「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝」「あの夏で待ってる」と9作品が上映される予定です。

今回、上映が開始されたと言う事で、シネ・リーブル池袋を運営する株式会社東京テアトルの執行役員映画興業部長の西澤彰弘さんと、コンテンツの調達を担当する株式会社スロウカーブのプロデューサーの東大介さんに話を伺いました。


Q.「アニメZONE」の企画の経緯は?
西澤さん:
一年半前から池袋地区の新しいコンテンツを開発したいなと思いまして、実質一年くらい前から企画を立ち上げました。今の時代、どうしても映画のジャンルが邦画、洋画、アニメとジャンルがここ5、6年で確立されてきていて、ある程度売り上げも取っているのですが、映画館も色んなジャンルを上映していて、作品が出尽くしています。

「新しい事をやりたいな。」と思っていて、ただ新しい事をやろうとしても、映画を作るにしても、一から作品を(作るのは)お金がかかる。素材を作るにしてもお金がかかる。宣伝にしてもお金がかかる。その中で、新しい物を作り上げるのではなく、掘り起こすことを考えました。

そうなると、アニメと言う枠の中で、まだ映画館で上映していないものが「TVアニメ」なんですよ。TVアニメを掘り起こすという事で膨大なコンテンツがある。素材もBlu-rayというものがあって、作品にお客様もついていて、宣伝もある程度認知されている所から、掘り起こしを考えて企画しました。

東さん:
西澤さんと弊社(スロウカーブ)の代表が最初にこちらの企画を作っていて、私も全体の企画のプロデュースをしています。メインの企画が作品の調達という事で、劇場のアニメの上映で流すと言うことで、どういう事をやっていこうかを考えています。

今、「さらざんまい」(取材日に上映されていたコンテンツ)というTVアニメで放送していたものをやっているのですが、アニメの昔見ていたコンテンツを流していきたい。

作品の調達に関しても、西澤さんの方から「今流行りの作品とか、そういった縛りが無くて、面白い企画性のあるものをやって欲しい。」というオーダーをして貰っていて、今、調整しているものも、自分で見たい物や、各ユーザーさんが昔見ていたコンテンツを映画館で見たいと思う物を取って行こうという事で、調達をしたり、企画の方をしています。


Q.「アニメZONE」についてお客様からの反響は?
西澤さん:
反響は凄くあるのですが、新しい事なので、凄い長い目で見ないといけないなと思います。今の時代、TwitterやFacebookなどのSNSがあるのですが、伝達能力は一般の人にも伝わりやすいのですが、これを持続させていくのが僕らのこれからの使命だと思っています。

TVアニメを映画館で上映するというのは、今まで何故出来なかったのかというのは凄い色んな縛りがあったので出来なかったのですが、色んなことがあって出来なかったのを、今回は一年間かけてその縛りを一つ一つ解いて行って、ここまで持ってきたのは、もの凄い事なんです。それを帯(毎日同じ時間帯)で上映するのはかなり映画館としても画期的な事なので、これを新しいムーブメントの走りにしていきたいです。お客様の反応が良いです。

目新しい物なので、RTしようかなとか、そういうのも出てくるのですが、お問い合わせも凄く多くなってきています。一歩お金を払って、劇場に足を運ばせるという作業は普通の映画よりハードルが高いんです。それを踏み出せるような施策を考えています。


Q.「アニメZONE」今後のラインナップは?
東さん:
ラインナップはリリースをさせて頂いていますが、8月に「ちはやふる」という作品をやるのですが、終わった後に「ばくおん!!」や「あの夏で待ってる」、「鬼平」、「まじっく快斗」という作品を用意・準備しています。

今後、Twitterの方でユーザーさんの声が直接聞けているので、ユーザーさんの方からも「シティーハンター」をやって頂きたいとか、こういう作品をやって欲しいというご意見を頂いているので、その意見を反映させながら、作品の方を今後色んな企画をして、調達していきたいです。

西澤さん:
反響は各配給会社さん、アニメの制作会社さん、プロデューサーさんからうちの方にも問い合わせが来ています。通常付き合っている配給会社さんからも問い合わせがあって、この作品も参加したいと相当数貰っています。注目はされているんだなと感じています。

東さん:
色んな見せ方が出来ると思っています。アニメを今後、二期、三期をやる時に一期のプロモーションとして、今までの振り返り上映をしたりとか、ユーザーさんが昔見ていた作品をOVAでビデオで見たり、DVDで見ている物をみんな好きな人達と見て、劇場で合わせて見て、大きなスクリーン、音響の良い環境で、映像を見るというのをそういった環境を提供できると思っています。ユーザーさんのそういった声を引き続き拾っていきたいです。

西澤さん:
7,8,9月はこういう形、ワンスクリーンでやっていきますが、年間を通しては20:00から2時間くらいの帯で6話ずつ、ずっとやって行こうかなと思っています。試行錯誤の上映形態でやってみて、どこでお客様にピンポイントにハマるかなと思っています。


Q.どの年齢層をターゲットに今後(10月以降)作品を上映していきたいですか?
西澤さん:
基本は、ここの映画館はアニメを中心にやっているのですが、(東京テアトルでは)有楽町、渋谷、新宿、池袋と都内でアートハウスとして展開していて、それぞれコンセプトを持ってやっているんです。

池袋のコンセプトは20代中心の若者をターゲットのアニメやアニメ原作の実写の邦画をティーン、20代中心の男性女性を中心に幅広く展開しています。今回のターゲットも勿論親和性の高いターゲットのティーンから20代の作品を中心に基本は展開して行こうかなと思っています。

この秋以降、一年中やる展開に関しては、夜8時から10時以降の展開になるので、少し上の40代、50代も懐かしめる作品を幅広くやっていきたいなと思います。


Q.お客様に向けてのメッセージ
西澤さん:
是非、応援して頂きたいです。この「TVアニメを映画館で見る」というのを是非楽しんで頂きたいのと、我々も正直商売抜きでやっているところもあるので、一緒になって盛り上げていければなと思います。

東さん:
TVアニメはTVで見れたり、ネットの環境が流行っているので、スマートフォンで誰でも見れてしまうのですが、「良い音響、大きいスクリーン、自分たちの好きな作品を同じ仲間で見る」という楽しみというのがあると思うので、ユーザーさんに引き続きこの企画を続けていきたいと思っていますので、是非一緒に応援するような形で見に来て欲しいと思います。是非とも引き続きユーザーさんも池袋に足しげく運んで頂ければと思います。


<アニメZONEとは>
年間200に近いアニメ作品がTVで放送される中、インターネット環境の充実による動画配信サイトの増加により、アニメの視聴方法もテレビ放送に限らず、パソコンやスマートフォンでの動画配信サイトでの視聴など環境も多種多様となってきています。

そうした中で、映画館のスクリーンでアニメ作品を連続で楽しむ“一挙見上映”や、TV放送に先駆け楽しめる“先行上映”など劇場でのアニメ鑑賞も浸透してきており、さらには“応援上映”“絶叫上映”などより企画性の高い上映も実施されています。

アニメ聖地の一つである池袋から、劇場へと足を運ばれるアニメファンの皆様へ向けた新しいアニメ視聴スタイルが、今夏に誕生します!

公式サイト:
https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/topics/

公式Twitter:
https://twitter.com/animezone_movie

ニュース:TVアニメ「戦×恋」3週連続メインキャスト発表!恋して強くなる戦乙女、メインの三つ子を演じるのは 本渡楓、加隈亜衣、日高里菜に決定!!主人公・拓真を演じるのは広瀬裕也に決定!!

月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)にて大人気連載中のコミック「戦×恋(ヴァルラヴ)」。“恋”をすればするほど強くなる9人姉妹の戦乙女と、極度の人見知りなのに彼女たちの恋人に選ばれてしまった青年が、悪魔から世界を救う物語。ついに2019年10月にてAT-X、TOKYO MX、サンテレビ、BS11にて放送開始となる!

このたび、今週から3週連続でキャスト発表することが決定!本日1週目は、メインキャラクターである人間恐怖症の亜久津拓真、そして、恋を原動力に悪魔と戦う9姉妹の戦乙女の中で三つ子である七樹、五夜、六海を演じるキャストを解禁しました!キャストコメントも到着!

来週の発表もお楽しみにお待ちください!

ますます盛り上がりをみせるTVアニメ「戦×恋(ヴァルラヴ)」にご注目ください。


<主人公・拓真、七樹、五夜、六海を演じるメインキャストを解禁!>
戦乙女の9人姉妹と共に暮らすことになった亜久津拓真役に広瀬裕也、美人だが気が強い性格の早乙女七樹役に本渡楓、生徒会長を務める早乙女五夜役に加隈亜衣、人気急上昇中のアイドル早乙女六海役を日高里菜が演じる。

亜久津拓真(あくつ たくま)CV:広瀬裕也
【身長】180cm 【年齢】16歳
大きい体躯と顔の怖さから周囲に「アクマ」と呼ばれるようになった16才男子高校生。その威圧感から友達もできず孤立した結果、”人間恐怖症”を発症してしまう。他人と関わらず生きていこうとするものの、戦乙女の9人姉妹と共に暮らすことになり悪魔との戦いに巻き込まれていく。

広瀬裕也コメント:
『戦×恋』は魅力的なキャラクター!熱い戦闘!ギャグ満載!ちょっぴりエッチ、、、といろんなものが詰まった作品です!そんな素敵な作品がTVアニメ化し、さらに主人公を演じさせていただけるということでとても嬉しかったです!僕が演じる亜久津拓真は、皆からは「アクマだ!」「怖い!」と恐れられているのですが、本当は臆病で優しい心を持っている繊細な男の子なんです!戦乙女たちと出会い、日々を過ごしていく中で拓真がどう変わっていくのか、見届けていただきたいです!

早乙女 七樹(さおとめ なつき)CV:本渡楓
【身長】155cm 【年齢】16歳 【能力】「剣」
9人姉妹の7女で、拓真と同じクラス。学園内では可憐で天使のようと人気だが、実は気が強い性格である。拓真に命を救われたことから、彼に対して特別な感情を抱いている。一人称は「ボク」で、他の姉妹より胸が小さいことを気にしている。

本渡楓コメント:
原作の女の子の破壊力が凄まじく、毎度ドキドキしながら読み、アフレコをして…と挑んでいる最中です。アニメになった時どこまで謎の光が入るのだろうか…それとも……。とても楽しみです。七樹は物事をズバッと言ったり、戦いでは主力になれる頼もしい子です。が、意外とおバカだったり素直になれないという面も可愛いです。七樹はもちろん、拓真やみんなが手を取り合った時、どこまで成長できるのか楽しみにしていてください!

早乙女 五夜(さおとめ いつよ) CV:加隈亜衣
【身長】165cm 【年齢】16歳 【能力】「鎖」
9人姉妹の5女。拓真と同じ学園に通い生徒会長を務めている。美しい顔立ちと賢さを兼ね備えているが、拓真を利用し人間界に貢献することで父親になでなでしてもらう欲望を持つファザコンである。

加隈亜衣コメント:
五夜はクールそうに見えて色んな表情を見せてくれます。可愛い一面が沢山あるので、アニメならではの動く姿を見るのが楽しみです。

早乙女 六海(さおとめ むつみ)CV: 日高里菜
【身長】160cm 【年齢】16歳 【能力】「翼」
9人姉妹の6女。人気急上昇中のアイドルで、拓真と同じ学園にも通っている。拓真に好意を寄せており、内気な性格とアイドル活動の忙しさからなかなかデートに行けないことを残念に思っている。

日高里菜コメント:
六海ちゃんは人気アイドルで頭も良くスタイルもとっても良い!でもちょっぴり気弱な可愛らしい女の子です。ドキッとしてしまうようなシーンや、思わずクスッと笑ってしまうような可愛らしいシーンもたくさんあります。六海の他にも魅力的な女の子がいっぱい出てきますので推しの子がきっと見つかるはずっ♪主人公拓真の成長もしっかり描かれていますので、そちらにも是非注目してみてください!よろしくお願いします!


<TVアニメ「戦×恋(ヴァルラヴ)」作品概要>
・イントロダクション
人類に迫りくる悪魔を迎え撃つ9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)彼女らの原動力は1人の高校生との“恋”だった――――

「アクマ」というあだ名をつけられるほどの強面の風貌から周囲に怯えられ、上手く他人と関わることができない孤独な高校生・亜久津拓真。一人の少女を助けたことをきっかけに、悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)の恋人となって育て、人間界を守ってほしいと頼まれる。

その方法は…戦乙女と“恋(イチャイチャ)”をすること!!

9人姉妹と恋人契約を結んだ拓真は彼女らと一つ屋根の下で暮らし、様々な濃いミッションを乗り越え、彼女らを戦いへ導くことに…

恋が世界を救うことを証明せよ!戦乙女(ヴァルキリー)、発動――

<キャスト>
亜久津 拓真(あくつ たくま):広瀬裕也
早乙女 七樹(さおとめ なつき):本渡楓
早乙女 五夜(さおとめ いつよ):加隈亜衣
早乙女 六海(さおとめ むつみ):日高里菜

<スタッフ>
原作:朝倉亮介(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:直谷たかし
シリーズ構成:髙橋龍也
キャラクターデザイン・総作画監督:立石聖
音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
アニメーション制作:フッズエンタテインメント
製作:「戦×恋」製作委員会


公式サイト:
https://val-love.com

公式Twitter:
https://twitter.com/val_love_pr


<原作コミック情報>
ガンガンコミックス/「戦×恋(ヴァルラヴ)」朝倉亮介著
1~7巻絶賛発売中!! 最新8巻は9/12(木)発売!!毎月12日発売の月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)にて大人気連載中!

©朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会

ニュース:7月19日より公開の新海誠監督最新作『天気の子』より、TOHO animation STORE限定商品が登場!

「TOHO animation STORE」は、2019年7月19日(金)公開の『天気の子』より、TOHO animation STORE(以下、TaS)限定商品として、「キャラファイングラフ」「サコッシュ」「グラスチョーカー」「折りたたみ傘」をそれぞれ発売する。

キヤノンが開発した高品位美術印刷技術により、高品質・高細にて印刷した「キャラファイングラフ」では、空ビジュアル・晴れビジュアル(B2サイズ)と、本作の見どころのひとつと言える美しい風景が描かれたさまざまなシーン6カット(B5サイズ)を商品化。額装・ シリアルナンバー付でお届けする。

更に、作中で帆高が着用している鞄をイメージして再現した「サコッシュ」、陽菜が身につけている“チョーカー”をグラスジュエリーを用いて再現した「グラスチョーカー」、作品イメージの「折りたたみ傘」など作品の世界観が楽しめる各種アイテムを商品化。全商品、TaSにて予約受付中。
https://tohoanimationstore.com/shop/a/arelease0719-tenki/

お届けはキャラファイングラフはご注文確定後から約1か月程度、「サコッシュ」「グラスチョーカー」「折りたたみ傘」は2019年9月を予定。

【商品詳細】※価格は全て税込(8%)価格です

◇B2キャラファイングラフ全2種 各29,700円

◇B5キャラファイングラフ全6種 各9,720円

◇サコッシュ 2,160円

◇グラスチョーカー 4,860円

◇折りたたみ傘 4,050円

©2019『天気の子』製作委員会

ニュース:TVアニメ『キャロル&チューズデイ』7月31日発売『VOCAL COLLECTION Vol.1』トレイラー第2弾公開!

7月31日に発売される『VOCAL COLLECTION Vol.1』のトレイラー第2弾が公開された。

第1クール後半に登場する楽曲で構成されたトレイラーは、Benny Sings(ベニー・シングス)、Taylor McFerrin(テイラー・マクファーリン)、 Madison McFerrin(マディソン・マクファーリン)、G.RINA(ジー・リナ)、Maika Loubté(マイカ・ルブテ)、JEN WOOD(ジェン・ウッド)、Evan “kidd” Bogart(エヴァン・“キッド”・ボガート)など個性豊かなコンポーザーによるトラックにキャロル&チューズデイ(Vo. Nai Br.xx&Celeina Ann)、アンジェラ(Vo. Alisa)などのボーカリストが色を添えるバラエティに富んだ楽曲が収録されている。

いよいよ発売が間近に迫った「VOCAL COLLECTION Vol.1」、アニメという枠を大きく逸脱した奇跡の1枚に期待が高まる。


VOCAL COLLECTION Vol.1 トレイラー第2弾:


公式サイト:
http://caroleandtuesday.com/

Twtter:
https://twitter.com/carole_tuesday

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

ニュース:オーイシマサヨシのニューシングル「楽園都市」ミュージックビデオが解禁!東京・大阪にてリリースイベントの開催も決定!

8月21日(水)にニューシングルCD「楽園都市」を発売するオーイシマサヨシ。TOKYO MX、BS11他にて放送中のTVアニメ「コップクラフト」OPテーマとなっている「楽園都市」のミュージックビデオが7月18日(木)20:00に公開される。

監督は、数々のアーティストのミュージックビデオを手掛けているフカツマサカズ。TVアニメ「コップクラフト」は、賀東招二によるライトノベルが原作のバディポリスアクション作品。ガガガ文庫より、6巻まで発売されており累計発行部数20万部を突破している。監督・板垣伸、アニメーション制作:ミルパンセによるアニメ化となる。

ニューシングル「楽園都市」は、さらに7月27日(土)19時より配信スタート予定のアニメ「モンスターストライク」~ノア方舟の救世主~主題歌「Hero」、アニメ「モンスターストライク」~ノア方舟の救世主~挿入歌「Departure」が収録される。8月24日(土)は、大阪・あべのキューズモール、8月25日(日)は、東京・ダイバーシティ東京プラザにてリリースイベントを行う予定だ。

オーイシマサヨシ「楽園都市」 Official Video(Short edit.):

<商品情報>
2019年8月21日(水)発売
TVアニメ「コップクラフト」オープニングテーマ
楽園都市
仕様/品番/価格:

通常盤 PCCG.01806 1,250円+税

アニメジャケット盤 PCCG.01805 1,250円+税
発売元/販売元:ポニーキャニオン

収録楽曲:
1.楽園都市(TVアニメ「コップクラフト」OPテーマ)
2.Hero(アニメ「モンスターストライク」~ノア 方舟の救世主~主題歌)
3.Departure(アニメ「モンスターストライク」~ノア 方舟の救世主~挿入歌)
4.楽園都市(TV edit.)
5.楽園都市(KARAOKE)
6.Hero(KARAOKE)
7.Departure(KARAOKE)


<リリースイベント情報>
【大阪】
日時:2019年8月24日(土)14:30スタート
会場:あべのキューズモール 3F スカイコート
内容 :トーク&ミニライブ&特典会
特典会内容:オーイシマサヨシ直筆サイン入り「楽園都市」告知ポスターお渡し会

【東京】
日時:2019年8月25日(日)
・1部:12:30集合/13:00スタート
・2部:15:00集合/15:30スタート
会場:ダイバーシティ東京 プラザ
内容 :トーク&ミニライブ&特典会
特典会内容:オーイシマサヨシ直筆サイン入り「楽園都市」告知ポスターお渡し会

店舗特典情報:
全国アニメイト(オンラインショップ含む) 複製サイン・コメント入2Lブロマイド
ゲーマーズ全店(オンラインショップ含む) L判ブロマイド
とらのあな全店(一部店舗除く)・通信販売 L判ブロマイド
TSUTAYA RECORDS(※一部店舗除く)/TSUTAYAオンライン L判ブロマイド
楽天ブックス L判ブロマイド
げっちゅ屋(Getchu.com) L判ブロマイド
あみあみ L判ブロマイド+缶バッチ(44mm)
セブンネットショッピング L判ブロマイド
玉光堂・バンダレコード/ライオン堂 L判ブロマイド
ネオウイング L判ブロマイド
Amazon.co.jp デカジャケット
きゃにめ 複製サイン・コメント入L判ブロマイド

大石昌良・オーイシマサヨシ 公式サイト CLUB014:
https://www.014014.jp/

TVアニメ「コップクラフト」公式サイト:
http://copcraft.tv


<TVアニメ「コップクラフト」>
放送情報:
TOKYO MX 毎週月曜 24時00分~
KBS京都 毎週月曜 24時30分~
BS11 毎週月曜 24時00分~
AT-X 7月8日(月)24時30分~
(リピート放送:毎週水曜16時30分~/毎週土曜8時30分~/毎週日曜26時30分~)
WOWOW 毎週水曜 24時30分~(第1話は無料放送)
放送中。
※放送日時は都合により変更になる場合がございます。

<スタッフ>
原作:賀東招二『コップクラフト DRAGNET MIRAGE RELOADED(小学館「ガガガ文庫」刊)』
キャラクター原案:村田蓮爾
監督:板垣伸
シリーズ構成:賀東招二
キャラクターデザイン:木村博美
美術監督:坂上裕文・加藤浩(ととにゃん)
色彩設計:山上愛子(T.D.I)
撮影監督:大見有正(天狗工房)
編集:平木大輔(アッセフィノーファブリック)
音楽:岩崎琢
音響監督:郷田ほづみ
アニメーション制作:ミルパンセ

<キャスト>
ケイ・マトバ CV:津田健次郎
ティラナ・エクセディリカ CV:吉岡茉祐


<アニメ「モンスターストライク」~ノア 方舟の救世主~>
<スタッフ>
監督:辻本貴則
CG監督:斎藤瑞季
企画:伊香佑志
シリーズ構成:本田雅也
アートディレクター:伊藤嘉康
音響監督:明田川仁
背景美術監督:徳田俊之
主題歌制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:StudioGOONEYS
製作:XFLAG

<キャスト>
ノア CV:斉藤壮馬
オペコ CV:田所あずさ
パンドラ CV:小倉唯
ケセド CV:千葉繁

©賀東招二・小学館/STPD