レポート:羽多野渉があなたとフィリアを奏でた134分「Wataru Hatano Live Tour 2017 “LIVE CARAVAN” 東京 ・夜の部イベントレポート

2017年3月26日、東京・六本木にあるEX THEATER ROPPONGIにおいて、羽多野渉さんのライブイベント「Wataru Hatano Live Tour 2017 ”LIVE CARAVAN”」の千秋楽である東京公演が行われました。今回はその東京公演の夜の部のライブレポートをします。今回のライブは、昼夜計2800人のファンが足を運んだそうで、AnimeJapan 2017が裏であったにも関わらず、多くのファンが足を運んだのは、羽多野さんの人気の高さが伺われます。

ライブ開始前、青い光が会場内を照らし、ファンもペンライトを青にして、ライブ開始を待ち詫びています。時間になると、去年の後半、アニメ界の話題をさらった人気アニメ「ユーリ!!! on ICE」のED曲だった「You Only Live Once」が流れはじめ、舞台にも映像で「旅を始めよう」のメッセージが。羽多野さんが舞台上にあった大型の鞄から登場し、歌い始めます。アニメのイメージに合わせた感じで、曲の間奏部分でダンサーが登場し、歌に彩を加えます。

続けて、「君がいるセカイ、君のいない世界。」。歌い初めに、このステージが千秋楽ということで、燃え尽きたいという熱い思いを羽多野さんがファンの皆さんに伝え、歌い始めます。会場からも、曲に合わせ、熱いコールがこだまします。
三曲目は、「流星飛行」。会場が青から黄色に変化し、羽多野さんが歌で空を飛びます。黄色の流星の星空を舞うように、華麗に歌い上げました。

四曲目は、「Synchronic」今度は会場が緑に変わります。本格的なダンスナンバーの曲で、曲で聴かせると共に、ファンもペンライトの動きが一つの生き物のように独特な動きをし、不思議な光景でした。全体を見ても、羽多野さんも格好良いですし、ファンも格好良いという、不思議な曲でした。

五曲目は、「流転流浪」。先ほどのダンスナンバーとは一転し、純和風なメロディで羽多野さんの声自体が、楽器のような感じで聴かせてくれます。会場も赤一色に染まり、曲の雰囲気に沿った感じになっていました。

六曲目は「明日の篝火」。先ほどの落ち着いた純和風から、今度は重低音で腹の奥底から和太鼓の音が響いてきます。会場も完全に赤一色になり、激しい祭り舞台に会場が一変します。羽多野さんの熱く男らしい歌声も、聴いていて惚れ惚れします。男性女性問わず、聞き惚れます。それほどの熱く、力強さを感じました。

七曲目は「覚醒のAir~運命のCoda」。アップテンポで勢いが畳みかけてきます。会場もペンライトがアップテンポに振られ、羽多野さんの勢いを応援します。羽多野さんの後ろで映像が燃え上っていましたが、羽多野さんも燃え上っていましたし、ファンも燃え上っている一幕が見られた感じでした。

そして、運命のCodaに切り替わると、今までの燃え上る雰囲気とは異なるものの、羽多野さんが情熱的に歌い上げます。サビの部分もしっとりとメロディアスに歌い上げ、最後に映像でも炎が燃えていましたが、羽多野さんも燃え上っていました。
八曲目は、「リトル・レジスタンス」。羽多野さんが曲前に早着替えをして、曲調もチェンジ。バラード調の曲をしっとりとしながらも、羽多野さんらしく、しっかりと力強く歌い上げます。会場も緑の光に切り替わり、ゆったりとした雰囲気で応援していました。

九曲目は、「Rolling life」。曲前に羽多野さんが会場にタオルの準備を促し、会場全員がタオルを準備して、曲が始まります。曲中で会場全員がタオルを突き上げたり、タオルを振り回したりするのは壮観でした。曲の途中にギターパフォーマンスや、羽多野さんが会場にタオルをバズーカで投げ込むパフォーマンスなど、羽多野さんがライブを楽しむパフォーマンスが至る所で見られました。

九曲目が終わったところで、ここで初めてのMC。普段通りの羽多野さんらしいユーモアで会場を笑わせていました。ここで、スペシャルゲストで山下洋介さんが登場。登場したということは…。ということで、山下さんがスタンバイされたピアノの所に準備します。

十曲目は、「君はぼくが帰る場所」。今回のライブだけのピアノの弾き語りでの披露になります。会場は青いペンライトで羽多野さんを照らし、羽多野さんはその光の中で、しっとりと歌い上げます。三十分前までは燃え上げるような歌を歌っていた人とは思えないくらい、穏やかで優しい歌声が会場に響いていました。あまりの曲の良さに、関係者席でも涙ぐみながら聞き入る人がいる程でした。

十一曲目は「ブルーウォーター」。NHKで放送されていたアニメ「不思議の海のナディア」OP曲を羽多野さんがカバー。羽多野さんもこの曲が好きだということで、今回希望が叶ったとの事。会場も青一色に染まり、羽多野さんの目の前は海が広がるかの如く、大海原に乗り出さんとする感じで、気持ち良さそうに歌っていました。

十二曲目は、「I’m a Voice Actor」。今までの曲調とは一転、レトロゲームのようで、ポップでバラードなど様々な曲調の曲を華麗に歌い上げます。六本木会場だからの羽多野さんらしいアドリブを挟みつつ、ユーモアを交えて歌い上げていました。

十三曲目は、「Never be too late」。最初に会場の腕のPushの練習をしてから、歌が始まりました。会場も体感温度として、開始前より数度は間違いなく上がっており、会場の雰囲気はかなり盛り上がってきていると思います。会場全体が同じパフォーマンスをして、同じ時間を共有している姿は、一体感よりも強いものを感じさせられました。

最後の曲、十四曲目は、「You Only Live Once –everlasting-」。会場を青と白の光が、「ユーリ!!! on ICE」のED曲ということで、ライブの終わりを寂しく感じさえる面もありましたが、羽多野さんがコール&レスポンスで会場に「You Only Live Once」をして、歌が終わり、LIVE CARAVANは幕を閉じました。

…が、会場からの熱いアンコールの声に応え、再度羽多野さんがライブTシャツを着て登場。羽多野さんがトークで場面転換の間をつないで、ギターが用意され、アンコール一曲目に。

アンコール一曲目は、「Hikari Unplugged」。羽多野さんがギターの弾き語りで披露します。しっとりと歌い上げ、会場もその歌声をじっくりと聞き入っていました。会場内の応援している光が、青と赤と紫の様々な光が印象的でした。

アンコール二曲目の前にコーナーを挟み、「あなたがフィリア(親愛)を伝えたい人や物を教えて下さい。」の話になり、ファンのフィリアな話が披露されていました。そして、ここで、羽多野渉7thシングルの発売が発表され、会場からも大きな歓声が起こりました。

その興奮が冷めやらぬまま、アンコール二曲目は、「Sing and Dance!」へ。リズミカルな曲が、先ほどの7thシングル発表のテンションを更に高めてく、羽多野さんがセクシーに歌います。

アンコール三曲目は、「SEKAIはボーイミーツボーイ」。この曲は羽多野さんが大阪会場のライブでとても良かったということで、急遽今回のライブに入れることになった曲だそうです。曲の話になったところ、ファンからも歓声が所々から漏れており、楽曲の人気の高さが伺われましたが。実際に羽多野さんが歌を歌い始めると、あらぶっている人も見受けられました。

アンコール最終曲は、「はじまりの日に」。羽多野さんのライブでは定番の最終曲であり、ファンの人も、この曲がくれば最後と感じるみたいです。青と白の光が会場を照らし、羽多野さんも歌を歌うというよりも、物語を読む語り部のように、歌を歌います。しっとりと歌い上げ、暗転し、歌が終わりました。

最後に、羽多野さんが、今回のライブの総括をし、ファンやスタッフがあってこそだったと全ての人にお礼を述べて、ライブが終わりました。今回の羽多野さんのライブを取材させていただいての感想ですが、羽多野さんのライブは聞きに来るだけではなく、参加してこそのライブというのを強く感じました。一緒に作り上げてこそのライブが、羽多野渉さんのライブ。羽多野さんの人気の根源を見た気がします。


<シングル情報>
羽多野渉7thシングル発売決定!


羽多野渉初のミュージッククリップ集
「Wataru Hatano Music Clip 2011-2016」3月31日発売!


<セットリスト>
1. You Only Live Once
2. 君がいるセカイ、君のいない世界。
3. 流星飛行
4. Synchronic
5. 流転流浪
6. 明日の篝火
7. 覚醒のAir~運命のCoda
8. リトル・レジスタンス
9. Rolling life
10. 君はぼくが帰る場所
11. ブルーウォーター
12. I’m a Voice Actor
13. Never be too late
14. You Only Live Once –everlasting-
アンコール
15. Hikari Unplugged
16. Sing and Dance!
17. SEKAIはボーイミーツボーイ(アニメ「腐男子高校生活」キャラクターソング)
18 .はじまりの日に


羽多野渉公式サイト:
http://hatanowataru.dive2ent.com

レポート:4年越しのプロジェクトついに飛び立つ!「エスカクロン」ステージレポート

2017年3月25・26日に東京・有明にある東京ビッグサイトにおいて、AnimeJapan 2017が行われておりますが、25日にエイベックス・ピクチャーズブースで「エスカクロン」ステージが行われました。今回はこちらのステージをレポートします。

こちらのステージでは、「エスカクロン」制作進捗報告会&ミニライブということで、エスカ役の安済知佳さん、クロン役の安野希世乃さん、山口ひかる監督、エイベックス・ピクチャーズの田中宏幸さんが登壇しました。エイベックスの方自身も謎のベールに包まれた作品と紹介されたエスカクロンですが、エスカクロンのイベントチケットは200枚が30分で配券が終了したそうで、未知の作品にもかかわらず、人気の高さが伺われます。

ストーリーとしては、エスカとクロンという少女がゲストキャラと触れ合う事で、水島精二監督作品ではあるけれど、ハートウォーミングでピースフルなストーリーになる予定だそうです。

キャラクターについては、月と太陽をモチーフにしており、エスカとクロンはそれぞれ、月と太陽の関係だそうです。まさに、持ちつ持たれつであり、足りないところを補い合う関係だとか。エスカクロンのプロジェクトの原点の話になり、水島精二監督の作品である「UN-GO」で、安済さんと安野さんが関わったことで、次の仕事が出来ないかという話になり、4年の歳月が経って、人事異動で安済さんと安野さんがエイベックス・ピクチャーズに異動になり、日の目を見せたいとエイベックス・ピクチャーズが考え、現在に至ったとの事です。

結構、決まるまでは時間がかかってはいましたが、アニメ化には、水島精二さんと髙橋龍也さんとエイベックス・ピクチャーズの田中さんが話をして、田中さんが打診をしたら、水島さんと髙橋さんがやりたいと言ったそうです。そして、その日の夜にアニメ制作会社のLercheと田中さんが話を持つ機会があったので、Lercheの方に田中さんが話を打診をしたら、Lercheもやりたいということになって、アニメ化が進むことになったという、今まで進んでいなかったのが、一気に話が進んだ事に安済さんや安野さんも驚かれていたようでした。

山口監督からは、安済さんと安野さんが自然に演じられるようにしたいということや、可愛いキャラクターにしたいと話していました。そして、ここからは新情報発表として、一つは新キービジュアルの発表、二つ目はOVA化(全2話)決定が発表されました。エスカクロンでは、ゲストキャラクターがキーキャラクターとなりますが、一話では羽多野渉さん、二話では佐藤利奈さんが決定しました。

レコーディングの話となり、安済さんは歌が苦手と言いつつ、エスカクロンでは今まで歌でしか表現することがなかったが、演技をしてから、2話でも歌があるが、演技をしてからの歌が、どのような表現になっているのかが気になるという、本当に気になる話をされていました。

歌の話になったところで、安済さんと安野さんのミニライブへ。エスカクロンと言えば、この曲「Many colors, Many brights, Many more musics」を熱唱。歌もダンスも抜群のシンクロで、会場のファンを魅了していました。安済さんと安野さんが長年温めてきていた作品ということもあり、発表が出来たことで二人とも終始晴れやかな表情をしていたのが印象的でした。


<スタッフ>
総監督:水島精二
「機動戦士ガンダム00」
監督:山口ひかる
「銀魂」「おそ松さん」コンテ・演出
脚本:髙橋龍也
「アイドルマスター/シンデレラガールズ」
キャラクター原案:水無月徹
「ToHeart」
キャラクターデザイン:渡部里美
「アイカツ!」作画監督・デザインワークス
音楽:Hifumi,inc.
音楽制作:DIVEⅡentertainment
アニメーション制作:Lerche
「ダンガンロンパ」「暗殺教室」

<キャスト>
エスカ:安済知佳
クロン:安野希世乃
笠井隼太:羽多野渉(#1ゲストキャラクター)
斉藤 栞:佐藤利奈(#2ゲストキャラクター)


公式HP:
http://escha-chron.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/escha_chron

©Terminal/エスカクロンproject

レポート:活動4年目になってもますます絶好調!「AnimeJapanへいくぞ!がんばっぺ!Wake Up, Girls!」ステージレポート

2017年3月25・26日に東京・有明にある東京ビッグサイトにおいて、AnimeJapan 2017が行われておりますが、25日には「AnimeJapanへいくぞ!がんばっぺ!Wake Up, Girls!」が行われました。今回はこちらのステージをレポートします。こちらのステージでは、「Wake Up, Girls!」の吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さんが登壇しました。

時間になり、Wake Up, Girls!の七人が登場するや、さっそく、「7 Girls War」が始まり、会場は最初から最高潮に達します。WUGerもコールと思い思いの色のペンライトを振って応援していました。一曲目が終わり、各メンバーの自己紹介をし、メンバーが去年はAvexブースだったが、今回はBLUEステージに立てたことを喜んでいました。

続いて、「素顔でKISS ME」。WUGerのテンションも先ほどよりも一段と高まっり、Wake Up, Girls!のパフォーマンスもキレが増します。

連続で「ゆき模様_恋のもよう」。先ほどまでの情熱的で熱い曲とは一転し、優しくしっとりと歌い上げます。三曲歌ったところでMCとなり、三曲目の曲が青山さんが主演を務める恋愛暴君の主題歌のカップリングの話になり、そこから主題歌「恋?で愛?で暴君です!」を今回初披露することに。

「恋?で愛?で暴君です!」はポップでリズミカルな曲で、アニメはまだ放送されていませんが、雰囲気は伝わってくる感じだと思います。

曲が終わり、今度はWake Up, Girls!からのお知らせで、Wake Up, Girls!新章のI-1clubの新ビジュアルが公開されました。

ライブも時間となり、最後の曲は「タチアガレ!」。最後の曲ということで、WUGerのテンションが再度盛り上がり、曲名に恥じない盛り上がりを見せていました。


<セットリスト>
M1. 7 Girls War
M2. 素顔でKISS ME
M3. ゆき模様_恋のもよう
M4. 恋?で愛?で暴君です!(テレビアニメ『恋愛暴君』オープニングテーマ)
M5. タチアガレ!


Wake Up, Girls! 新章 第二弾ビジュアルは、I-1club!
2017年放送予定のアニメ「Wake Up, Girls! 新章」の第二弾ビジュアルが公開になった。
第一弾で登場のWake Up, Girls!のライバルユニットである「I-1club」が公開。
アイドル界の頂点に君臨する圧倒的存在感を表すイラスト。
各キャラクターデザインも公開。TVアニメの今後の情報にも要注目だ。


<放送>
2017年TVアニメ
<スタッフ>
原作・脚本:Green Leaves
監督:板垣伸
キャラクター原案:近岡直
キャラクターデザイン:菅原美幸
音楽:神前暁 MONACA
音楽制作:DIVE II entertainment
アニメーション制作:ミルパンセ
<キャスト>
島田真夢:吉岡茉祐
林田藍里:永野愛理
片山実波:田中美海
七瀬佳乃:青山吉能
久海菜々美:山下七海
菊間夏夜:奥野香耶
岡本未夕:高木美佑


○I-1clubとは…
アイドル界の頂点に君臨する国民的人気アイドルユニット。
モットーは「休まない、愚痴らない、考えない、いつも感謝」
現在のセンターは鈴木萌歌。

・鈴木萌歌(CV.山本希望)
I-1clubセンター。
選抜メンバー内では最年少の逸材。渾名は「もか」。
・近藤麻衣(CV.加藤英美里)
I-1clubキャプテン。一期生。200人あまりのメンバーを束ねるリーダー。
メンバーの多くに恐れられている。渾名は「まいまい」。
・吉川愛(CV.津田美波)
真夢の数少ないI-1clubでの友人。
今もメールを送り、近況報告をしている。渾名は「よしめぐ」。
・相沢菜野花(CV.福原香織)
I-1クラブ二期生。奇矯な言動が目立つ「へっぽこ番長」。
しかしその腹はなかなか読めない。渾名は「ナノカス」。
・鈴木玲奈(CV.明坂聡美)
「W鈴木」のひとり。萌歌と姉妹ではない。
I-1クラブ二期生。努力型の苦労人。
歌唱力はグループトップクラス。渾名は「れんれん」
・小早川ティナ(CV.安野希世乃)
I-1クラブ三期生。イギリス人とのハーフ。
スタイル・ファッションセンスが抜群。渾名は「てぃーな」
・高科里佳(CV.上田麗奈)
I-1clubの第5期生。岩崎志保のアンダーを務める少女。


Wake Up, Girls!新章HP:
http://wakeupgirls3.jp/

(c)Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

レポート:愛は次へと続く!!!「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! ALL STAR!」@両国国技館夜の部 イベントレポート

2017年3月18日、東京・両国にある両国国技館において、「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! ALL STAR!」が行われました。今回は、夜の部のレポートをします。

今回のイベントは、箱根有基役の山本和臣さん、由布院煙役の梅原裕一郎さん、鬼怒川熱史役の西山宏太朗さん、鳴子硫黄役の白井悠介さん、蔵王立役の増田俊樹さん、ウォンバット役の麦人さん、別府月彦役の河本啓佑さん、別府日彦役の村上喜紀さん、ダダチャ&ズンダー役の安元洋貴さんの9人が登壇されました。

両国国技館内は、相撲の土俵が分かる方は似たような舞台と思って頂ければと思いますが、会場の中央にLEDが敷き詰められた舞台に、頭上四方に大型ディスプレイが設置されており、さらにメディア向けの席は最後方で舞台全体が見られる形でしたが、そこからでも普通のイベント会場よりもキャストの方々の顔が分かる位に近く感じられ、普段よりキャストと距離が近く感じられた人も多かったのでは無いでしょうか。会場はイベントが始まる前から、多くのファンの方がペンライトを好きなキャラクターの色にして、音楽に合わせて開始を待っている姿が印象的でした。

時間となり、イベントが始まりますが、各キャストが順番に花道から登場すると、会場からは黄色い歓声がこだまします。キャスト一同が勢揃いし、挨拶すると早速最初のコーナーへ。

一つ目のコーナーは「風呂トーーク」。ここからは安元さんがMCの担当となり、司会進行で進められます。風呂トーークでは各キャスト陣がランダムでペアを組む形となり、予想できない組み合わせでの思い出話が披露されます。そのとき、舞台の床が銭湯の画像になり、ステージ上があたかも銭湯そのものに見える演出で行われました。

最初は山本さんと村上さんの二人が風呂に入浴し、トークを披露します。銭湯にいるていなので、舞台上でまさに風呂に浸かっているような姿には、会場からは一つ一つの動作でも大きな歓声が上がります。山本さんと村上さんはゲームで遊んだ話などで盛り上がりました。

次に麦人さんと河本さんの二人が銭湯に浸かりますが、麦人さんの銭湯内でのリラックスぶりを見て、安元さんが思わず「僕たちの遊びに付き合ってくれているだけ。」と補足を入れ、会場の笑いを誘っていました。河本さんがアニメの収録の話をされ、河本さんが麦人さんの芝居の凄さを語ると、麦人さんが謙遜し、麦人さんが「役はどうだったのか?」という質問を河本さんにぶつけ、自身の役である別府月彦の本編での成長と一緒に、自分も声優として成長出来たと返されていました。

次に西山さんと白井さんの二人ですが、西山さんがLINEで白井さんの誕生日を祝うボイスメッセージを送っていたが、なぜ同じセリフが3度も?という謎に対して、西山さんが弁明されていました。最後に増田さんと梅原さんの二人で、なぜか梅原さんが増田さんの背中を洗い流す小芝居が始まり、そのやりとりにはたびたび悲鳴にも近い歓声があがっておりました。

次のコーナーは「LOVE!LOVE! ALL STAR! 感謝祭」ということで、様々なクイズなどに答えてラブポイントを集め、勝負する内容でした。

最初は「モザイクビジョンこれなぁ~に?」と言うことで、書き下ろしのイラストが粗いモザイクから細かいモザイクで徐々に表示され、誰が早く答えられるかを競い合いました。一問目は回答するのに苦戦しましたが、「防衛部がツイスターゲームをしている。」が正解で、画像が出た瞬間は会場から大きな歓声が起こりました。二問目は、画面真ん中のキャラクターはわかったものの、そこからが苦戦していましたが、「防衛部が蔵王立の誕生日を祝っている。」で見事正解。三問目は、なかなか難しい問題でしたが、1期も関係あるというヒントで、「草津錦史郎と鬼怒川熱史がプラネタリウムを見ている。」で正解されました。

続いては、「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! クイズ!」と言う事で、4択クイズが出題され、アニメに関連する問題が出題されます。

一問目は、「増田さん演じる蔵王のモチーフである蔵王温泉は肌を白くする○○の湯という異名があります。次のうちどれでしょう。」で、「1.桃、2.姫、3.月、4.生娘」のうちどれかと出題され、各人悩みます。回答者間で巧みな心理戦?なども展開されていました。こちらは答えが2番の姫が正解でした。

二問目は、始まる前に出題者が映像で流れ、その出題者は箱根強羅役の杉田智和さんが登場しました。そして、杉田さんからの出題として「箱根兄弟はその名から分かるとおり箱根温泉から来ています。箱根と言えば、毎年年明けには箱根駅伝が行われていて、今年の箱根駅伝で優勝したのは青山学院大学でした。青山学院大学が三連覇する前はどこの大学が優勝していたでしょう。」と言う問題で、「1.日本体育大学、2.早稲田大学、3.東洋大学、4.駒澤大学」のうちどれでしょうか。こちらは安元さんが色々ヒントを出していましたが、正解は3番で、全員不正解でした。

三問目は、こちらも始まる前に出題者が映像で流れ、草津錦史郎役の神谷浩史さんが登場しました。神谷さんはLOVE!LOVE! の収録時の思い出話をされていたのが印象的でした。神谷さんからのクイズは「神谷さんが演じる草津錦史郎はその名から分かるとおり、草津温泉から来ていますが、草津温泉の特徴は次のうちどれでしょう。」で、「1.全てのホテル・旅館が源泉掛け流し、2.源泉が飲める、3.アルカリ性の温泉質、4.温泉施設が500箇所以上ある」のどれでしょうか。こちらは、正解が1番でした。

次のクイズは、「LOVE! LOVE! チャレンジ」と言う事で、4人がお題のテーマに合わせた内容をする対決でした。一問目は、山本さん、西山さん、白井さん、村上さんが問題に挑戦しました。問題は、「動物モノマネでパンダ怪人を倒せ」で、4人が可愛い動物のモノマネで対決。それぞれが持ち前の可愛らしさを振りまきながら動物のモノマネを披露し、最終的には猫のモノマネをした村上さんが勝利をおさめます。

続く二問目は、梅原さん、増田さん、河本さん、麦人さんが問題に挑戦し、「イケメンポーズで豆腐怪人を倒せ」と言う事で、ナルシスト具合で勝負が決まると安元さんも話していました。

ここでも挑戦者の皆さんがそれぞれ思う”イケメンポーズ”を披露。しかし、梅原さんのパフォーマンスをきっかけに破天荒な展開を見せてしまうことに。しかし、ここではセクシーさを武器にした河本さんが観客の拍手判定の末に見事勝利しました。ここで、今までの勝負の集計が行われ、結果としては一番が河本さん、二番が村上さんと言う事で、VEPPerがワンツーフィニッシュとなり、VEPPerの勝利となりました。

豪華優勝賞品は、両国国技館に因み、「ちゃんこ鍋」。二人が「あーん」と食べさせあう姿には、会場も大盛り上がりでした。

LOVE! LOVE! 感謝祭は以上で終わり、続いては朗読劇になりました。朗読劇の内容は台本なのかアドリブなのか、境目が全く分からず会場からの反応を見て、演技の内容を変えているのも印象的でした。

アニメ本編にも出てくる美男子コンテストがテーマとなった朗読劇は、防衛部のいつも通りの何気ない日常風景から始まります。そこからコンテストのシーンでは防衛部やVEPPerが観客に向けてアピールタイムを披露するなど、ファンには嬉しい内容でした。

さらに後半はVEPPerと防衛部による歌対決に突入。

「☆Star☆The☆VEPPer☆」の曲と共に、まずはVEPPerの二人が登場し、今まで座って舞台を見ていたファンも全員が立ち上がり、会場はライブの雰囲気に一転。今まで見せてきたライブと違って、360度がVEPPerの舞台だったので、普段見られない角度から見られるVEPPerの姿も印象的だったと思います。

続いては、VEPPerと入れ替わりで、地球防衛部が変身シーン上映ののちに登場。五人が名乗りを挙げて、「沸点突破☆LIVE IS POWER☆」が始まると、会場にはさらに熱狂的な盛り上がりを見せます、続く「絶対無敵☆Fallin’ LOVE☆」でもファンとのコール&レスポンスが抜群にはまっていて、キャストとファンが一緒に作る舞台の完成形を見せられた感じでした。VEPPerと防衛部それぞれの歌唱パートが終わると、「全員優勝」と言う事で、朗読劇は幕を引きました。

そして、キャスト全員が再度舞台上に登場すると新情報が発表されました。

一つ目は、「美男高校地球防衛部LOVE!CG LIVE!」と言う事で、地球防衛部やVEPPer、生徒会がCGキャラとなって、ライブが披露されると言う物です。

そして二つ目に、OVA「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!」が発表されると、会場からはマイクを通して話す山本さんの声がかき消されてしまうほどの大きな歓声が巻き起こり、この日一番の歓声となりました。キービジュアルも公開され、今後の展開が期待されます。

最後に、キャスト一同がイベントの感想とファンへ感謝の気持ちを伝えると、オールスターイベントは最後まで温かな愛に包まれたまま終わりました。


<セットリスト>
M-1 ☆Star☆The☆VEPPer☆
M-2 純情革命D.F.G
M-3 沸点突破☆LOVE IS POWER☆
M-4 絶対無敵☆Fallin’ LOVE☆


<OVA「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!」制作決定!>
OVA「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!」の制作が決定!
さらに今夏、劇場にてリミテッド上映も決定しました!


<美男高校地球防衛部LOVE!CG LIVE!開催決定!>
美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!のキャラクターたちによるCGライブの開催が決定しました!
等身大の防衛部はもちろん、生徒会やVEPPerも登場します!
タイトル:
美男高校地球防衛部LOVE! CG LIVE!
日程&会場情報:
5月27日(土)東京 / ディファ有明
6月18日(日)東京 / ディファ有明
7月9日(日)東京 / ディファ有明
7月17日(月・祝)大阪 / Zepp Osaka Bayside


公式ホームページ:
http://boueibu.com/

公式Twitter:
https://twitter.com/boueibu

(C)馬谷くらり/黒田湯保存協会

レポート:目の前には3次元の「おそ松さん」の世界が現実に広がっていた!「おそ松さん かくれエピソードドラマCD『松野家のなんでもない感じ』全3巻リリース記念イベント」第1部イベントレポート

2017年3月20日、東京・代々木にある山野ホールで「おそ松さん かくれエピソードドラマCD『松野家のなんでもない感じ』全3巻リリース記念イベント」のイベントが行われました。今回は、こちらのイベントをレポートします。

今回のイベントは、おそ松さんの6つ子の着ぐるみが、初の舞台を演じることと、6つ子とのチェキ会ということで、異色尽くめのイベントでしたが、合計1000人ものファンがイベントに駆け付けたということで、改めて「おそ松さん」人気を感じさせるものでありました。

イベント構成としては、アニメのオープニングテーマに合わせて6つ子が踊った後に、本編であるエピソードドラマCDに合わせた着ぐるみおそ松さんたちの芝居、最後にアニメのエンディングテーマに合わせて6つ子が踊り一旦締めて、その後にチェキ会という構成となっていました。

イベント開始当初は、ファンの方も6つ子の様子を伺っている感じに見受けられましたが、エピソードドラマCDでの6つ子の完璧すぎる芝居には、前のめりになって見ている人も見受けられ、着ぐるみとオーディオドラマを合わせた今までに無かった舞台というのも、新しい体験だったのではないでしょうか。


<セットリスト>
OP『はなまるぴっぴはよいこだけ』
1.『マッサージ』(出演:十四松、おそ松、チョロ松)
2.『トッティのお願い』(出演:トド松、一松、おそ松)
3.『チョロプレックス』(出演:カラ松、チョロ松、トド松)
4.『定例会議』(出演:6つ子全員)
ED『SIX SAME FACES~今夜は最高!~』


おそ松さん かくれエピソードドラマCD「松野家のなんでもない感じ」 第1巻
発売日:2月22日
価格:2,700円(税込)
出演:松野おそ松&松野カラ松&松野チョロ松&松野一松&松野十四松&松野トド松
(cv.櫻井孝宏&中村悠一&神谷浩史&福山 潤&小野大輔&入野自由)
構成・脚本:松原秀
収録内容:
01 参ったぜ
02 マッサージ
03 イカ
04 銭湯
封入特典:なんでもないコースター(ジャケット絵柄)
発売・販売:エイベックス・ピクチャーズ


おそ松さん かくれエピソードドラマCD「松野家のなんでもない感じ」 第2巻
発売日:3月29日
価格:2,700円(税込)
出演:松野おそ松&松野カラ松&松野チョロ松&松野一松&松野十四松&松野トド松
(cv.櫻井孝宏&中村悠一&神谷浩史&福山 潤&小野大輔&入野自由)
構成・脚本:松原秀
収録内容:
01 ひまつぶし
02 オレ
03 これでいいのか?
04 チョロプレックス
05 一松病院
06 定例会議
封入特典:なんでもないコースター(ジャケット絵柄)
発売・販売:エイベックス・ピクチャーズ


おそ松さん かくれエピソードドラマCD「松野家のなんでもない感じ」 第3巻
発売日:4月26日
価格:2,700円(税込)
出演:松野おそ松&松野カラ松&松野チョロ松&松野一松&松野十四松&松野トド松
(cv.櫻井孝宏&中村悠一&神谷浩史&福山 潤&小野大輔&入野自由)
構成・脚本:松原秀
収録内容:
01 トッティのお願い
02 日曜大工
03 寝起きドッキリ
04 なんでもない感じ
封入特典:なんでもないコースター(ジャケット絵柄)
発売・販売:エイベックス・ピクチャーズ


(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会