ニュース:舞台「東京リベンジャーズ」―聖夜決戦編― ライブ配信が決定!さらにグッズ情報も解禁!!

12月22日(金)から大阪で幕を開ける舞台「東京リベンジャーズ」―聖夜決戦編―。この度、ライブ配信情報とグッズラインナップが解禁された。ライブ配信は大阪公演が12月23日(土)の昼・夜の2公演。そして東京公演は1月7日(日)の昼・夜に加えて1月8日(月・祝 )の大千穐楽も配信決定!大阪配信公演ではアフタートークの様子も配信予定!全公演見逃し配信付き、5公演FULLセットの購入者から抽選で出演者によるサイン色紙もプレゼント!詳細は特設サイトをご確認ください。
https://www.dmm.com/digital/stage/-/theater/=/name=tokyo-revengers3/

さらに公式HPでは公演グッズのサンプル画像も公開!観劇GUIDEやQ&Aも更新された。大阪公演、東京公演のチケットも絶賛発売中!CHECKしてお見逃しなく!
https://officeendless.com/sp/revengers_stage/

『東京卍リベンジャーズ』とは、2017年、26歳のダメフリーターとして人生どん底の生活を送っていた花垣武道が、ある日ニュースで中学時代の人生唯一の彼女だった橘 日向が弟の直人とともに悪党連合“東京卍會(東卍)”の抗争に巻き込まれ死亡したことを知る。翌日、バイト帰りの武道は電車のホームから何者かに突き飛ばされ転落してしまう。死を覚悟した武道であったが、目を開くと人生の絶頂期だった12年前の2005年にタイムリープし、中学生に戻っていた。恋人を救うため、逃げ続けてきた自分の人生へのリベンジを開始する!


<公演概要>
タイトル:舞台「東京リベンジャーズ 」-聖夜決戦編-
原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社週刊少年マガジン)
公演日程/会場:
大阪公演:2023年12月22日(金)~12月25日(月)/東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール
東京公演:2023年12月29日(金)~2024年1月8日(月・祝)/東京プリンスホテル品川ステラボール
チケット:
チケット料金(全席指定)
S席:11,000円(税込)
A席:10,000円(税込)
U-18チケット:5,000円(税込)
※東京公演のA席は、演出の都合上、一部見えづらい場面がございます。あらかじめご了承ください。
※U-18チケットは、来場時に18歳以下のみ購入可。当日引換券。開演1時間前から、整理番号順に「当日券受付」にて、年齢明記の身分証提示の上、座席指定券と交換。1人2枚まで。

チケット好評発売中!残り僅かな公演多数!
https://officeendless.com/sp/revengers_stage/schedule/


<ライブ配信情報>
舞台「東京リベンジャーズ」―聖夜決戦編―ライブ配信が決定!DMM TVにて独占配信!12月23日(土)12: 00/17:00公演、1月7日(日)12:00/17:00 公演、1月8日(月・祝 )13:00 公演、全5公演のライブ配信をDMM TVにて独占配信することが決定いたしました!本日よりチケット販売が開始しており、5公演FULLセットでご購入のお客様には抽選で「出演キャストのサイン色紙」をプレゼント。見逃し配信もあるので、ご自宅でも「リベステ」を応援してください!

TICKET ※すべて見逃し配信 付き
【セットチケット】
5公演FULLセット(特典プレゼント抽選券付き):12,000円(税込)
大阪公演セット(12月23日の昼・夜公演):6,000円(税込)
東京公演セット(1月7日の昼・夜公演):6,000円(税込)
※東京公演セットに1月8日(月・祝)大 千穐楽の配信は含まれておりません

【1公演チケット】
12月23日(土)12:00公演:3,500円(税込)
12月23日(土)17:00公演:3,500円(税込)
1月7日(日)12:00公演:3,500円(税込)
1月7日(日)17:00公演:3,500円(税込)
1月8日(月・祝)13:00公演:3,500円(税込)

◆見逃し配信
大阪公演
開始:12月26日(火 )19:00
終了:12月31 日(日)23: 59まで

東京公演
開始:1月9日(火)19:00
終了:1月14 日(日)23:59 まで

■5公演FULLセット購入特典映像
出演キャストの特典映像

チケット購入はこちら
https://www.dmm.com/digital/stage/-/theater/=/name=tokyo-revengers3/


<グッズ情報>
◆公演パンフレット 全46P 2,500円(税込)

◆個人ブロマイド 3枚1セット 各600円 全15種
花垣武道/木津つばさ
松野千冬/植田圭輔
柴 太寿/新井 將
柴 八戒/田中涼星
柴 柚葉/飯窪春菜
橘 直人/野口 準
三ツ谷 隆/相澤莉多
稀咲鉄太/結城伽寿也
半間修二/菊池修司
羽宮一虎/赤澤 燈
佐野エマ/伊藤萌々香
乾 青宗/糸川耀士郎
九井 一/橋本祥平
龍宮寺 堅/陳内 将
佐野万次郎/松田 凌

◆ランダムブロマイド 全25種 200円(税込)
ソロショット 14種
(花垣武道/松野千冬/柴 大寿/柴 八戒/橘 直人/三ツ谷 隆/稀咲鉄太/半間修二/羽宮一虎/林田春樹/
乾 青宗/九井 一/龍宮寺 堅/佐野万次郎)
複数ショット 11種
2ショット:
(花垣武道&松野千冬/花垣武道&橘 日向/松野千冬&羽宮一虎/柴 八戒&三ツ谷 隆/橘 日向&佐野エマ/稀咲鉄太&半間修二/乾 青宗&九井 一/龍宮寺 堅&佐野万次郎)
3ショット
(柴 大寿&柴 八戒&柴 柚葉/柴 大寿&乾 青宗&九井 一/龍宮寺 堅&佐野万次郎&佐野エマ)

◆ランダムアクリルスタンド 1,000円(税込) 全13種
(花垣武道/松野千冬/柴大寿/柴八戒/橘直人/三ツ谷隆/稀咲鉄太/半間修二/羽宮一虎/乾青宗/九井一/龍宮寺堅/佐野万次郎)

◆ランダムダイカットステッカー 600円(税込) 全13種※ホログラム加工あり
(花垣武道/松野千冬/柴 大寿/柴 八戒/橘 直人/三ツ谷 隆/稀咲鉄太/半間修二/羽宮一虎/乾 青宗/
九井 一/龍宮寺 堅/佐野万次郎)

◆絵馬 各1,000円(税込) 全14種
(キービジュアル/花垣武道/松野千冬/柴 大寿/柴 八戒/橘 直人/三ツ谷 隆/稀咲鉄太/半間修二/羽宮一虎/乾 青宗/九井 一/龍宮寺 堅/佐野万次郎)


【出演者/スタッフ】
◆キャスト一覧
花垣武道:木津つばさ
松野千冬:植田圭輔
柴 大寿:新井 將/柴 八戒:田中涼星/柴 柚葉:飯窪春菜
橘 日向:花瀬琴音/橘 直人:野口 準(東京公演のみ)
三ツ谷 隆:相澤莉多/稀咲鉄太:結城伽寿也/半間修二:菊池修司/羽宮一虎:赤澤 燈/林田春樹:中島大地/佐野エマ:伊藤萌々香
乾 青宗:糸川耀士郎/九井 一:橋本祥平
龍宮寺 堅:陳内 将/佐野万次郎:松田 凌
アンサンブル
次原恭兵/椎野コウスケ/松山拳也/瑞野史人/
塚田知紀/榮桃太郎/佐々木駿也/村上歩夢/清水優志/織田俊輝

◆スタッフ
脚本・演出:伊勢直弘
美術:乘峯雅寛
技術監督:寅川英司
舞台監督:櫻井健太郎
照明:大波多秀起(デイライト)
音響効果:天野高志(RESON)
衣装:雲出三緒
ヘアメイク:木村美和子(dot)
アクション 新田健太(Japan Action Enterprise)
演出補佐:中島大地
演出助手:入江浩平
宣伝美術 羽尾万里子(Mujina:art)
宣伝写真 金山フヒト
Webデザイン EAST END CREATIVE
制作 Office ENDLESS
プロデューサー 下浦貴敬
大阪公演共催:PFI 東大阪市文化創造館株式会社
主催:舞台「東京リベンジャーズ」製作委員会

公式サイト:
https://officeendless.com/sp/revengers_stage/

公式X:
https://x.com/revengers_stage

ハッシュタグ:#東リベ #リベステ

©和久井健・講談社/舞台「東京リベンジャーズ」製作委員会


<TVアニメ放送情報>
TVアニメ『東京リベンジャーズ』天竺編
2023年10月3日(火)24:00より、MBS・テレビ東京・AT-Xほか全国34局にて順次放送中!

ニュース:舞台『モノノ怪』2024年3月上演決定!!第2弾の演目は「座敷童子」主演の薬売り役は新木宏典が続投!

この度、人気アニメ『モノノ怪』の舞台化第2弾として「座敷童子」が舞台化されることが決定。「座敷童子」は2007年に放送された『モノノ怪』の一幕目となるエピソードです。

2024年3月21日(木)から24日(日) までIMM THEATER、3月29日(金)から31日(日)までCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホール、4月4日(木)から7日(日)までIMM THEATER (東京凱旋)にて、上演される予定です。


<「モノノ怪」について>
2007年にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送された『モノノ怪』は、「ノイタミナ」15周年の企画として行われたファン投票で、数十作品の中で上位となった人気作。また『空中ブランコ』『C』『つり球』『ガッチャマンクラウズ』などの個性的な作品を作り続けてきた中村健治監督の原点となる作品です。

昨年、『モノノ怪』の放送から15 周年の記念企画のひとつとして、大奥を舞台とした、完全新作の劇場版プロジェクトが発表されました。2024年夏、劇場版ならではのスケールで“完全新作”の『モノノ怪』が誕生します。


<舞台『モノノ怪~座敷童子~』作品情報>
【タイトル】舞台『モノノ怪~座敷童子~』(読み ブタイ「モノノケ~ザシキワラシ~」)
【原作】モノノ怪「座敷童子」
【脚本】高橋郁子
【演出・映像】ヨリコジュン
【公演日程】
東京:2024年3月21日(木)~24日(日)
大阪:2024年3月29日(金)~31日(日)
東京凱旋:2024年4月4日(木)~7日(日)
【会場】
東京・東京凱旋:IMM THEATER https://imm.theater/
112-0004  東京都文京区後楽1-3-53
大阪:COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール https://cjpo.jp/
〒545-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3-6
【チケット販売】
オフィシャル先行(抽選)2023年11月30日(木) 正午12:00 ~12月24日(日)23:59
※オフィシャル先行は公式サイトよりお申し込みいただける先行です。
※詳細は申し込み画面にてご確認ください。
※申し込みサイトに記載してあります注意事項をよくお読みの上お申し込みください。
【チケット料金】
全席指定(特典付き)13,000円(税込)、全席指定(特典なし)11,000円(税込)
【チケットに関するお問合わせ】
公演事務局 0570-200-114(11:00~18:00※日・祝休業)
【主催】舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会
【制作】Office ENDLESS
【公演に関するお問合せ】
info@officeendless.com(平日10:00~17:00)
※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。なお、内容によってはご回答までに少々お時間をいただく場合もございますので予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
【公式HP】
https://officeendless.com/sp/mononoke_stage
【公式X】
https://x.com/mononoke_stage
ハッシュタグ「#モノノ怪」「#モノステ」

・舞台『モノノ怪~座敷童子~』あらすじ
「私は、どうしても産みたいんです!」老舗宿に駆け込んだ訳ありの女・志乃は、お腹の赤子のためにどうしても泊めて欲しいと懇願する。根負けした女将・久代に開かずの間に通された志乃は、居合わせた薬売りと共に奇怪な現象に巻き込まれていく。薬売りが斬りに来たと言うモノノ怪の正体と、開かずの間に隠された秘密とは?――。


<スケジュール>
■出演者
薬売り役:新木宏典

西銘 駿/白又 敦※Wキャスト
大平峻也
岡田夢以
新原ミナミ
加藤里保菜
中村哲人
西 洋亮
高山猛久


<コメント>
◆監督:TV シリーズ『モノノ怪』監督:中村健治
アニメ版「座敷童子」を作ることになった時、舞台で活躍されていた高橋郁子さんの顔がすぐ浮かびました。物語のテーマも高橋さんの描きたいものと「モノノ怪」がどうコラボレーション出来るかを優先した結果です。結果かなり生々しいお話になり自分もニュアンスを掴むため「妊婦さん」にお話を聞いたりして演出に活かしました。色々な要素が「命の誕生」の瞬間にはあり、その前段にも沢山の「思い」「辛さ」「嬉しさ」「必死さ」「不安」「愛」「孤独」などがあることを自分も学んだ作品です。舞台「化猫」のチームならば、そして高橋さん直々の脚本ならば見事な舞台として産み落としていただけるはず。大きな産声の予感がしています。

◆薬売り役:新木宏典
舞台『モノノ怪』が、新作で戻ってくる事になりました。前作を行った際に、達成感に近いくらい、出来る事を全て使った気でおり、今回どのような作品になるのか、私自信想像出来ません。
前作を超えることは自覚を作る上で必須であり、これにプレッシャーを感じないと発言するのは、偽りの言葉を使おうとしても難しいですが、楽しみに思っている事は確かです。今の自分からでは生み出せないような世界をお見せする事が出来るよう、カンパニー一同で精進して参ります。

©舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会

ニュース:舞台「地獄楽-終の章-」2024年2月東京・大阪にて上演決定‼新規キャスト含む豪華出演陣16名が大集結!

賀来ゆうじ原作コミック「地獄楽」(集英社 ジャンプ コミックス刊 全13巻)の舞台化となる『舞台「地獄楽-終の章-」』が2024年2月15日(木)~2月25日(日)、東京・大阪にて上演されることが決定した。前作から続投となる木津つばさ・白本彩奈・太田夢莉のほか、佐奈宏紀・小南光司・佐々木喜英ら新キャスト含む総勢16名の豪華出演陣が一斉解禁、第2弾から新たなキャラクターの登場も発表となった。合わせて、メインビジュアル・ソロビジュアルと特報PVも公開となった。さらに、全キャスト16名と原作の賀来ゆうじよりコメントも到着。


<「地獄楽」について>
原作はマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にてシリーズ累計発行部数650万部を突破した賀来ゆうじによる同名コミック「地獄楽」(集英社 ジャンプ コミックス刊 全13巻)。江戸時代末期、かつて石隠れ最強の忍として恐れられた囚われの死罪人“画眉丸”が打ち首執行人を務める“山田浅ェ門 佐切”と共に不老不死の仙薬を探しに向かう忍法浪漫活劇で、美麗かつ悲壮感あふれるタッチで描かれる人間ドラマが読者からの高い反響を巻き起こしました。2023年2月に初の舞台化、2023年4月には気鋭のアニメーションスタジオ・MAPPA制作のもとTVアニメも放送され、国内はもちろん海外からも高い人気を誇り、全世界で大きな注目を集めました。


1.「地獄楽-終の章-」 2024年2月 東京・大阪にて上演決定‼

2.木津つばさ・白本彩奈・太田夢莉ら続投キャスト&佐奈宏紀・小南光司・佐々木喜英ら新規キャスト含む総勢16名を一斉解禁!!
2023年2月に上演された舞台「地獄楽」の続編を描く、『舞台「地獄楽-終の章-」』の続報が解禁となりました。舞台第1弾は2023年2月にヒューリックホール東京にて上演され、気迫のアクションや殺陣、極彩色の映像演出、コンテンポラリーダンスの美しく優雅な舞、生演奏による楽器の音色、全てが融合し、“地獄楽”の怪しくも美麗な世界観が見事に表現されました。2023年4月には数々のヒット作を手掛けるアニメーションスタジオ・MAPPA制作のもとTVアニメが放送され、より大きな注目を集めています。

そんな待望の舞台化第2弾となる『舞台「地獄楽-終の章-」』が2024年2月15日(木)~2月25日(日)に東京と、初となる大阪公演が決定致しました。併せて、本日は総勢16名の出演キャストが一斉解禁となり、前作に続いて画眉丸役:木津つばさ、山田浅ェ門 佐切役:白本彩奈、山田浅ェ門 桐馬役:田淵累生、杠役:太田夢莉、山田浅ェ門 士遠役:中村太郎ら豪華キャストが続投致します。

主演の木津つばさは「大切な人の為に、己を鼓舞し戦う姿をぜひ劇場で体感して頂きたい」と最終章に向けた意気込みを語りました。また、新たな出演者として、亜左 弔兵衛役に「Paradox Live on Stage」では主役も演じ、演技から歌唱までマルチに活躍する実力派・佐奈宏紀が参戦。さらに、物語において大きな鍵を持つ天仙を演じるのは、舞台「鬼滅の刃」其ノ肆 遊郭潜入にて鬼舞辻無惨を演じ、圧倒的な存在感を放つ佐々木喜英と、「“Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live」タキシード仮面役から「進撃の巨人」-the Musical- ハンジ・ゾエ役など、ボーダーレスに様々な役を演じる立道梨緒奈の2名。天仙の持つ “陰と陽”の側面を2人で見事に表現致します。

第2弾では、“神仙郷”への新たな上陸組として、新キャラクターが登場致します。山田浅ェ門 殊現を演じるのは、ミュージカル「コードギアス 反逆のルルーシュ 正道に准ずる騎士」では主役を務めるなど幅広く活躍中の小南光司。「初演の皆さんで作り上げた舞台『地獄楽』に更なる火力を引き出せるよう、全力で楽しみたいと思います。」と強い覚悟を語りました。ほかにも、山田浅ェ門 十禾を、舞台「転生したらスライムだった件」ほか数々の人気2.5次元舞台作品に出演中の松田 岳、画眉丸を崇拝する石隠れ衆の刺客・シジャを、舞台「キノの旅 -the Beautiful World-」では主役を演じ、高い演技力を持つ櫻井圭登が演じるなど豪華キャスト16名が大集結致しました。

本作では、画眉丸(木津つばさ)ら先発上陸組 vs 山田浅ェ門家の新たな刺客(小南光司・松田 岳)&石隠れ衆のシジャ(櫻井圭登)ら追加上陸組 vs 天仙(佐々木喜英・立道梨緒奈)が繰り広げる、三つ巴の最終決戦を、物語の結末まで描きます。物語の結末は、“地獄”か“極楽”か。そして、死闘の果てにたどり着く、“神仙郷”の真実とは。生死を賭けた激闘に、ぜひご期待ください。

本日より各チケット公式HP先行も開始となりますので、この機会をお見逃しなく。
https://jigokuraku-stage.jp/#schedule

また、本日11月23日(木・祝)にはANIMAXの「地獄楽」特集として、10:00~アニメの一挙放送、16:30より舞台の放送が行われます。第2弾に向けての予習・復習にぜひご視聴ください。
https://www.animax.co.jp/special/2023_jigokuraku


<メインビジュアル&ソロビジュアル、解禁映像も公開!!>
本日公開されたメインビジュアルではクライマックスに向けて激化する闘いが表現され、強敵を迎え撃つ画眉丸(木津つばさ)と佐切(白本彩奈)に加え、新たに参戦する殊現(小南光司)・十禾(松田 岳)・シジャ(櫻井圭登)が描かれました。天仙は“陰と陽”が表現され、役を演じる佐々木喜英と立道梨緒奈が2人で1つのビジュアルになっております。
ソロビジュアルでは、亜左 弔兵衛(佐奈宏紀)・山田浅ェ門 桐馬(田淵累生)・杠(太田夢莉)・ヌルガイ(吉浜あずさ)は、新たな衣装または髪型へと変貌を遂げているので、ぜひ前作と見比べながらお楽しみください。


<木津つばさらメインキャスト16名と原作・賀来ゆうじ先生より意気込みコメント到着!>
■原作者:賀来ゆうじ
改めまして、舞台「地獄楽」第二弾おめでとうございます。
舞台「地獄楽」のいちファンとして、僕もとても嬉しいです。前回公演の千秋楽直後からずっっっと楽しみにしていました。
DVDも今日までに何度見返したかわかりません。第二弾にはあの人は登場するんだろうか?あの人はどう演出されるのだろうか?
第一弾の観劇体験を思い返せば、期待せずにはいられません。

■画眉丸役:木津つばさ
舞台「地獄楽-終の章-」、引き続き画眉丸を演じさせて頂きます、木津つばさです。
アニメの放送もあり、より多くのファンの皆様に支持されている素敵な作品の続編を、
第2弾という形で再び板の上に生きれる事を幸せに思います。
今作からは新たなキャラクターも登場し、残念ながら出演が叶わなかった仲間の為にも、この素晴らしい
キャスト一丸となって神仙峡を生き抜かねばと良い意味でのプレッシャーと覚悟を強く抱いております。
「成長」をテーマに、画眉丸とカンパニーの皆様とそしてお客様と紡がれる時間を大切に演じていきたいと
思っておりますので、大切な人の為に己らを鼓舞し戦う僕たちの、業を報いる姿を是非劇場で体感して頂けると幸いです。

■山田浅ェ門 佐切役:白本彩奈
待望のアニメ放送を経て、こうしてまた佐切に息を吹き込めること、沸々と喜びを感じています。
人はそれぞれに恐怖や葛藤があり、どれもが”愛”と隣合わせ。
その先の決意を味方につけることが、どれだけ心を強くさせるか、そんなことを思いながら、
また丁寧に、優しく、この世界に色付けしていきたいです。
新たな仲間を迎え、さらにパワーアップした舞台「地獄楽-終の章-」を、
是非楽しみにお待ちいただけると嬉しいです!

■亜左 弔兵衛役:佐奈宏紀
元々原作を楽しく読ませて頂いていた一ファンです。
舞台化の発表を見た時は、「僕も極楽浄土に連れてって」と嘆いたほど…
なので、こうしてご縁を頂けて、とても嬉しく思います。
亜左 弔兵衛ほどの激情をもった人物を演じるのは、
自分にとって新たな挑戦になる気がしていますが、性根は自分とすごく近いものがあると感じています。
とにかくワクワクが止まりません。勇之介の思いもしっかり繋いで、役作りしていきます!!

■山田浅ェ門 桐馬役:田淵累生
舞台「地獄楽」の第2弾がついにきました。
第1弾に引き続き上演できること、桐馬を演じることができることを嬉しく思います。
アニメ化も始まり、盛り上がっている中で
舞台が完結ということで最高の締めくくりができるよう精一杯尽力します。
兄さんと並んで戦えるように、強く変化していく桐馬をお楽しみに!では劇場でお会いしましょう。

■杠役:太田夢莉
第一弾に引き続き、杠を演じさせていただきます。
テレビアニメが放送されて以降、私の身近でも「地獄楽」の話題を耳にすることが増え、
更にファンの方が多くなったように感じております。
原作を大切にしながら、舞台ならではの世界観を楽しんで演じたいです。
そして、今回、新しい衣装を製作してくださりました!
再現度の高い素敵な衣装もお楽しみください。ご来場をお待ちしております!

■山田浅ェ門 士遠役:中村太郎
前作に引き続き山田浅ェ門 士遠役を演じさせていただきます、中村太郎です。
また「地獄楽」の世界の中で士遠として生きることが出来るのがとても嬉しいです。
典坐を失った悲しみをより強く感じる続編となりますが、彼の師匠で居続けられるように、
いつかまた会えた時に恥のないよう生きたいと思います。
今作の応援もよろしくお願いします。

■ヌルガイ役:吉浜あずさ
ヌルガイ役を演じさせていただきます、吉浜あずさです。
またこの作品に帰って来られたことを心から嬉しく思います。
前作で培った経験と想いを胸に、今作でもヌルガイと共に全力で生き抜きたいと思います。
より一層パワーアップした舞台「地獄楽-終の章-」を、
皆様にお届けできるよう精一杯頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください!

■民谷 巌鉄斎役:郷本直也
前作に続けて民谷 巌鉄斎を演じさせて頂く事になりました郷本直也です。
とても光栄で御座います。
ようやく私の剣豪っぷりを皆様にお見せ出来る事になるのかと思うと冷や汗が止まりません…笑。
ナントカエモンとそして仲間達と力を合わせて
物作りに取り組んでいこうと思いますので何卒宜しくお願い致します。

■山田浅ェ門 付知役:宮崎 湧
山田浅ェ門付知役を演じさせていただきます、宮崎湧です。
初演に続き、第二弾も付知くんを演じられることを心から嬉しく思います。
彼の人間味のある豊かな心を表現できるよう、もっともっと彼を掘り下げて、
憑依してもらえるように探求を続けます。
細やかで素早い戦闘を殺陣で表現できるよう、身体作りと素振りに勤しみ稽古に臨みます。
物語が紡ぐメッセージをしっかりとお客様に届けられるよう、誠心誠意向き合います。
応援のほど、よろしくお願いいたします。

■山田浅ェ門 殊現役:小南光司
舞台「地獄楽-終の章-」にて、「山田浅ェ門 殊現」を演じさせて頂きます。小南光司です。
この度、舞台「地獄楽」に携われる事とても嬉しく思います。原作も元々知っていて、
漫画を読み、アニメを観ていたのでオファーを頂いた時はすんごく嬉しかったです。
それともう一つ。主演の木津つばさくんの熱量を初演で演じていた方々から聞いていたので、
その辺りも含めて今からとても楽しみです。
珠現というキャラクターは作中でもかなり力があって、作品的にも影響力のある役なので
とても役作りに苦戦するんだろうなぁとわくわくです。
初演の皆さんで作り上げた舞台「地獄楽」に更なる火力を引き出せるよう、全力で楽しみたいと思います。
よろしくお願い致します。

■山田浅ェ門 十禾役:松田 岳
山田浅ェ門 十禾役を演じさせて頂くことになりました松田 岳です。
地獄と極楽を同時に味わうような強烈な世界観に一瞬で引き込まれたのを覚えています。
息が浅くなるような緊迫感と予測不能な展開が続き、ラストまで目が離せませんでした。
演じさせて頂く十禾さん。重要人物で気が引き締まりますが
ご本人ののらりくらりとした脱力感も見習い、十禾さんに近づいていけたらなと思います。

■シジャ役:櫻井圭登
この度、シジャ役を演じさせて頂きます。櫻井圭登です。
原作を読ませて頂いて、シジャの人間像に圧倒されっぱなしでした。
役者としても、とてつもない挑戦になると思います。
初演も観させて頂いたのですが、凄まじい熱量と運動量に圧巻されました。
そんな作品に携われる事、心から幸せに思います。
待ってて下さい、画眉丸さん!

■メイ役(Wキャスト):澤田理央
今回も前作に引き続きメイ役で出演させていただく、澤田理央です。
大好きなこの作品にもう一度メイとして舞台に立てる事をとても嬉しく思います。
不思議な力を持ったメイの魅力を皆様にお届けできるように精一杯演じます!
どうぞよろしくお願いします。

■メイ役(Wキャスト):高乘蒼葉
こんにちは!メイ役を演じます、小学5年生11歳の高乘蒼葉です。
前回に引き続き、またメイちゃんになれると聞いた時は、とても嬉しかったです。
私は原作を読むたびに、メイちゃんの決断に涙が出ます。
そしてその『勇気』にいつも励まされているので、
舞台からも、メイちゃんの『勇気』と『思い』を皆さまにいっぱいお伝えできるように、がんばります!

■天仙役:佐々木喜英
今作より天仙役を演じさせていただきます、佐々木喜英です。
「地獄楽」の原作が好きで、初演の舞台も一ファンとして客席から観劇していたので、
今回この作品に携われる事を大変光栄に思います。
立道梨緒奈さんと2人で天仙を演じ、陰と陽の両極を表現しながら物語を最後まで紡いでいけるよう
精一杯努めて参りますので、応援の程よろしくお願いいたします。
皆様と劇場でお会いできる日を楽しみにしています。

■天仙役:立道梨緒奈
このたび天仙役を演じさせていただくことになりました、立道梨緒奈です。
もともとアニメを観ていたので、お話をいただいたときは驚くと同時にとても嬉しかったです。
出演が決まってから原作も拝読し、美しくも狂っていたり、
冷たさの中にある温かさであったり、一言では説明のできない世界観にのめり込みました。
様々な人間模様や心理描写に目が離せなかったです。
このシーンは、あのシーンは…そして今作は天仙2人での戦闘シーン…舞台ではどのように描かれるのか。
私も楽しみに稽古に臨みたいと思います。是非、劇場でお会いしましょう。


<舞台「地獄楽」作品情報>
特報PV:

https://youtu.be/bN1LzINkPYo

公式サイト:
https://jigokuraku-stage.jp/

公式X:
https://x.com/jigokuraku_st
#舞台地獄楽
#じごステ

©賀来ゆうじ/集英社・エイベックスピクチャーズ


JR_stag2e_logo

<日程・劇場>
2024年2月15日(木)~2月18日(日)
・東京:シアター1010 東京都足立区千住3丁目92 千住ミルディスⅠ番館

2024年2月23日(金)~2月25日(日)
・大阪:クールジャパンパークTTホール 大阪府大阪市中央区大阪城3−6
※公演回数・日時は変更の可能性があります

<チケット>
【東京公演】
●S席:12,500円(税込)
S席特典:1階席+神仙郷お土産付き
神仙郷お土産:特製巾着
●A席:8,900円(税込)
※お席は2階席のご案内となります。

【大阪公演】
●S席:12,500円(税込)
S席特典:ステージ寄り前方席+神仙郷お土産付き
神仙郷お土産:特製巾着
●A席:9,900円(税込)

《オフィシャルHP1次先行》
受付期間:11月23日(木)12:00~12月10日(日)23:59
東京公演:
https://w.pia.jp/t/jigokuraku-stage/
大阪公演:
https://w.pia.jp/s/jigokuraku24of/

■原作
「地獄楽」賀来ゆうじ(集英社 ジャンプ コミックス刊)

■演出
加古臨王

■脚本
Spacenoid Writers’ Room(月森葵、野ノ栖千晶、会沢青)

■出演者
【画眉丸】木津つばさ
【山田浅ェ門 佐切】白本彩奈

【亜左 弔兵衛】佐奈宏紀
【山田浅ェ門 桐馬】田淵累生
【杠】太田夢莉

【山田浅ェ門 士遠】中村太郎
【ヌルガイ】吉浜あずさ
【民谷 巌鉄斎】郷本直也
【山田浅ェ門 付知】宮崎 湧

【山田浅ェ門 殊現】小南光司
【山田浅ェ門 十禾】松田 岳

【シジャ】櫻井圭登

【メイ】澤田理央・高乘蒼葉(Wキャスト)

【天仙】佐々木喜英・立道梨緒奈

〈 アンサンブル 〉
片伯部浩正/藤原儀輝/小林聖尚/福島悠介/小川丈瑠
栁原華奈/市川絵美/岡本真友/山田美貴/中込萌/中野紗耶可

※出演者は変更になる可能性がございます。

■スタッフ
音楽: 佐々木久夫(SeanNorth)
美術: 乘峯雅寛
技術監督:寅川英司
舞台監督: 田中 翼/佐光 望
照明:大波多秀起
音響:前田規寛
映像:O-beron inc.
衣裳:雲出三緒
ヘアメイク:木村美和子(do:t)
小道具:黒瀬有美/翁長聖菜
アクション:船木政秀
演出助手:野田麻衣/齋藤有里
振付:富田 彩
宣伝美術:五島英一
制作:Office ENDLESS

■主 催
エイベックス・ピクチャーズ

【イントロダクション】
賀来ゆうじ原作・マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」より
シリーズ累計650万部を突破・アニメ化も果たした「地獄楽」。
全世界が注目する話題作が再び舞台へー。

ここは“神仙郷”。死罪人と打ち首執行人が幕府の命により上陸する。
彼らの目的はただひとつ。
生き残り、「不老不死の仙薬」を持ち帰ること。

石隠れ最強の忍として恐れられた死罪人・画眉丸は、山田浅ェ門 佐切と共に、いくつもの死線を超えていく。
全ては最愛の妻と再会するためにー。

“仙薬奪取”の為に、共闘をはじめる上陸者たち。
激戦の中で立場をこえた“絆”を結びながらも、圧倒的な力を持つ“天仙”を前に、志半ばで倒れていく。

混沌極まる事態の中、新たな曲者たちが上陸する。
様々な思惑が錯綜し、戦場は混乱の渦へー。

死闘の果てにたどり着く、“神仙郷”の真実とは。
この物語の結末は、“地獄”か“極楽”か。
生死を賭けた最終決戦、いざ開幕。

―必ず生きて帰る…君の為に。

■「地獄楽」原作者情報
賀来(読み:かく)ゆうじ
2009年第14回SQ.グランプリ佳作受賞『おもいで税関』でデビュー。「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.19」などで読み切りを数本発表後、2013年より「ジャンプSQ.」にて『FANTASMA』を初連載。2018年より「ジャンプ+」にて『地獄楽』を連載開始、2021年1月に堂々完結。2021年11月より「週刊少年ジャンプ」で『アヤシモン』(全3巻)を連載。

ニュース:舞台「らぶフォー the stage -DIVINE 爆誕!-」加藤里保菜が出演決定!ビジュアルも初解禁!12月21日(木)~25日(月) 新宿 スペース・ゼロにて上演!

株式会社AOI Pro.は、SHOWROOM株式会社、株式会社ピアラ、株式会社ポニーキャニオン、株式会社エースクルー・エンタテインメントと共同で新規IPプロジェクト「らぶフォー」を立ち上げ、第一弾舞台公演として「らぶフォー the stage -DIVINE 爆誕!-」を、12月21日(木)~12月25日(月)にこくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロにて上演さされる。

舞台「らぶフォー the stage -DIVINE 爆誕!-」は運命的に出会った5人の少女が復讐のためにアイドルユニット「DIVINE」を作る物語。出演キャストは、最上羅巫役に岡田夢以、星希星役に長城祝華、竹部聖月役に葉月ひまり、丘野七音役に反田葉月、浜辺陽子役に川村海乃、そして最上晴役に工藤晴香が出演することは既報のとおりだが、この度、今回のゲスト出演として、『D4DJ』の青柳椿役や「けものフレンズ」タヌキ役の声優を務める加藤里保菜が決定!物語の重要な役として出演する。

「らぶフォー」は、『ポケモン』や『すとぷり』への楽曲提供や『D4DJ』など数多くのメディアミックスコンテンツを手掛ける音楽プロデューサー・都田和志が企画を務める、「占い」をテーマにした新規IPプロジェクト。

舞台「らぶフォー the stage -DIVINE 爆誕!-」の脚本・演出を手掛けるのは、根強いファンを獲得した舞台「銀河英雄伝説シリーズ」のステージプロデューサーを務め、今年2月には飛行船シアターにて舞台「モノノ怪〜化猫ayakashi〜」を上演したヨリコジュン。主催・企画は、CMをはじめとする映像の企画・演出・制作を行うアジアトップクラスのプロダクションであるAOI Pro.において、映画『怪物』(東宝・ギャガ配給/2023年)やドラマ『いちばんすきな花』(フジテレビ/毎週木曜22時〜放送中)、『うちの弁護士は手がかかる』(フジテレビ/毎週金曜21時〜放送中)などこれまで多くの劇場映画、テレビドラマの制作を担当したエンタテインメントコンテンツプロデュース部。

AOI Pro.は2023年から本格的に演劇事業に参入し、4月には篠原涼子出演で上演された朗読劇『したいとか、したくないとかの話じゃない』(俳優座劇場/脚本:足立紳・新井友香/出演:篠原涼子他)や、コント公演『混頓(こんとん)』シリーズ(シアターマーキュリー新宿/vol2.出演:堀田茜、樋口日奈他/2023年12月15日〜上演・チケット発売中)などテレビドラマ・映画と関係性のある俳優との新作公演に力を入れている。

加藤里保菜は関西テレビ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』三井春菜役や日本テレビ系『地獄先生ぬ~べ〜』吉野桜子役等に出演。さらに『けものフレンズ2』では控えめな性格のタヌキ役で声優活動を開始し、その後『D4DJ』青柳椿役へ抜擢。現在は、12月8日より飛行船シアターにて上演される桜花浪漫堂朗読劇『人間失格・紅』にツネ子役で出演するなど精力的に活動している彼女が、今作ではどのような役どころを演じるのか、続報をお待ち下さい!

チケットはイープラスにて絶賛発売中! 劇場映画・テレビドラマを数々手がけたAOI Pro.がプロデュースする公演にご期待ください。


<公演概要>
公演日程:
2023年12月21日(木)~12月25日(月)  全8ステージ

脚本・演出:
ヨリコ ジュン

出演:
岡田夢以・長城祝華・反田葉月・葉月ひまり・川村海乃/工藤晴香/
加藤里保菜

あらすじ:
千葉の競馬場の近くの畑の真ん中、「お化け屋敷」と言われる一軒家。誰しもが認める占い師だったおばあちゃん・最上晴(もがみはる)は天国に行こうとしている一歩手前で、それを最上羅巫(もがみらぶ)が看病している。小学校高学年になると羅巫も目をつむってもタロット占いができる様になっていた。しかし、中学でのある出来事をきっかけに孤独となり悩み苦しむ日々が続く。おばあちゃんが息を引き取る前に羅巫へ託した手紙とは…。「先祖から大切にされたお守りが隠された場所が記された手紙なんよ。これを制する者はタロット史上最強のカード the woldを 手にする事が許されるらしいんよ。頑張って見つけてみんさい!」その時、様々な事情で同じく苦しみを抱えた四人、星希星(ほしきらら)、丘野七音(おかのどれみ)、竹部聖月(たけべみずき)、浜辺陽子(はまべようこ)が同時刻に同じ三日月を 見て涙して死を決意している。天涯孤独になり寂しさの中から首吊り自殺を図ろうとする羅巫。死の一歩手前で羅巫は四人に助けられ、タロットではこれから始まる冒険を意味するカードが出る。みんなの得意なことを合わせてアイドルユニットを作って世間を見返すことに! 物語もここから始まる!

会場:
こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ
(〒151-0053東京都渋谷区代々木2-12-10)

上演日時:
12月21日(木) 18:30
12月22日(金) 18:30
12月23日(土) 12:30 / 17:00
12月24日(日) 12:30 / 17:00
12月25日(月) 12:30 / 17:00
ロビー開場 60分前
客席会場 30分前予定

チケット:
一般発売中
[料金(全席指定・税込)]
一般8,500円(入場者特典ステッカー付)
S席12,000円(限定マフラータオル・お見送り付)
SS席18,500円(音リハ鑑賞チケット・限定マフラータオル・お見送り付)
※未就学児のご入場はお断りいたします。

[音リハ]
対象:SS席チケットをお持ちのお客様
ロビー開場:音リハより15分前(開演90分前)
客席入場時間 :音リハ5分前より随時(開演80分前)
実施時間:各ステージ開演の75分前
所要時間:15分程度
終了後は開場中のロビーにてお待ちいただけます。

[チケット取扱]
イープラス:
https://eplus.jp/luv-stage/

スペース・ゼロ チケットデスク:
https://www.spacezero.co.jp/

公演公式HP:
https://officeendless.com/sp/luvfor_stage

公演公式X:
https://x.com/LuvFor_stage

主催:
AOI Pro.


<スタッフ>
チーフプロデューサー:保坂暁(AOI Pro.)
プロデューサー:黒澤優介(AOI Pro.)・伊藤夏恵(AOI Pro.)
制作プロデューサー:下浦貴敬(Office ENDLESS)
アシスタントプロデューサー:鈴木伊織(AOI Pro.)・石井寛人(Office ENDLESS)
制作:Office ENDLESS
宣伝:る・ひまわり

<提携>
こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ

【AOI Pro.】
1963年の設立以来、テレビCM制作を中心とした映像プロダクションとして国内で業界トップクラスの地位を確立。年間約1,000本を超える映像を手がけ、グループ内に企画、演出、プロデュース、3DCG制作、最新機材を備えた撮影スタジオやポストプロダクションなど、映像制作に関わるリソースを完備しています。海外にも制作拠点を持ち、グローバル案件にも幅広く対応。2023年で設立60周年を迎え、映像事業会社として映像+αのコンテンツやサービスのプロデュースを行っています。エンタテインメントコンテンツプロデュース部では、映画やドラマなどのコンテンツプロデュースに加えて、これまで培った実績を活かし様々なエンタテインメントビジネスをプロデュースします。


AOI Pro.公式サイト:
https://www.aoi-pro.com/

AOI Pro.エンタテインメントコンテンツプロデュース部公式サイト:
https://entertainment.aoi-pro.com/

AOI Pro.エンタテインメントコンテンツプロデュース部公式サイト 「AOI STAGE」ページ:
https://entertainment.aoi-pro.com/library/stage.html

©2023 らぶフォー製作委員会/AOI Pro.

ニュース:「朗読×和楽器“天守物語”2023」11月3日(金・祝)12時よりチケット一般販売スタート!配信チケットも発売開始!!

2023年11月29日(水)~12月2日(日)にMixalive TOKYO 6F Theater Mixaにて行われる、朗読×和楽器“天守物語”2023のチケット一般販売(先着順)が本日3日(金・祝)12時よりスタート。また同時刻に、ライブ配信チケットの販売も開始します。配信公演でも公演後のアフタートークをご視聴いただけ、さらに購入者特典としてデジタルブロマイドをプレゼント。本会場、そして配信でも朗読×和楽器“天守物語”2023の世界をご堪能ください。


♦公演情報
朗読×和楽器“天守物語”2023

<原作>
泉鏡花

<演出>
尾上菊之丞

<出演者>
富姫:篠井英介

図書之助・亀姫(11/29):橘龍丸

図書之助・亀姫(11/30):和田琢磨

図書之助・亀姫(12/1):佐藤拓也

図書之助・亀姫(12/2):下野紘

薄:小西成弥

朱の盤坊:坪倉康晴

<公演時間>
11月29日(水):16:30/19:30
11月30日(木):15:00/19:00
12月1日(金):15:00/19:00
12月2日(土):14:00/17:00

※開場時間は、開演時間の30分前からを予定しております。

<『天守物語』あらすじ>
姫路城の天守から、妖しい夫人が地上を高みの見物のように見下ろしている。夫人が地上での鷹狩の最中に不思議な力で鷹を武士らから奪い取ると、若い美男の鷹匠・図書之助が鷹を追って天守に上がってくる。恋に落ちる夫人と図書之助。そして事態は思わぬ方向へ…。

<会場チケット>
〇チケット価格(全席指定席)
・1階席:9,500円(税込)
・2階席:8,500円(税込)
〇一般発売
2023年11月3日(金)12:00~
受付URL:
https://l-tike.com/tenshu_story/
店頭購入:ローソン、ミニストップ店内Loppi(Lコード: 35026)
※予定枚数終了次第販売終了となります。
チケット取り扱い:ローソンチケット


◆配信情報
<日程>
2023年11月29日(水) 19:30~
2023年11月30日(木) 19:00〜
2023年12月1日(金) 19:00〜
2023年12月2日(土) 17:00〜

<チケット>
◯チケット価格
1公演チケット4,000円(税込) ※アフタートーク付き
4公演セット券12,000円(税込) ※アフタートーク付き

◯配信購入者特典
デジタルブロマイド

◯販売期間
[11/29 19:30公演]
11/29 19:30〜12/6 21:00
[11/30 19:00公演]
11/30 19:00〜12/7 21:00
[12/1 19:00公演]
12/1 19:00〜12/8 21:00
[12/2 17:00公演]
12/2 17:00〜12/9 21:00
[4公演セット券]
11/29 19:30〜12/6 21:00

○視聴期間
[11/29 19:30公演]
11/29 19:30〜12/6 23:59
[11/30 19:00公演]
11/30 19:00〜12/7 23:59
[12/1 19:00公演]
12/1 19:00〜12/8 23:59
[12/2 17:00公演]
12/2 17:00〜12/9 23:59

〇受付URL
https://l-tike.zaiko.io/e/tenshu-story
チケット取り扱い:ローソンチケット


〈オリジナルグッズ販売決定!〉
・パンフレット 2,000円
・製本台本 2,000円
・個人ブロマイド(L判3枚セット) 600円

グッズ詳細は後日公式HP及びSNSにてお知らせいたします。


特設サイト:
https://officeendless.com/sp/tenshu_story/

公式X:
https://twitter.com/tenshu_story
♯天守物語2023

主催:
『朗読×和楽器“天守物語”2023』製作委員会


<公演に関するお問い合わせ>
Mixalive TOKYOお問い合わせフォーム
https://www.mixalivetokyo.com/contact/


<「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」とは>

池袋駅東口サンシャイン60通り沿いに誕生したLIVEエンターテインメントの複合施設ビル。講談社、テレビ東京、キングレコード、ブシロード、ネルケプランニングほか様々なエンターテインメント企業が集まり、舞台、音楽ライブ、トークショー、イベント、ライブカフェなど、6つのホールから多種多様なLIVEエンターテインメントを世界に発信する。ソフトバンクとの協業により全フロア5G化し、リアル&リモートのLIVEエンターテインメントを発信する「ハイブリッドシアター」として本格始動した。