ニュース:ポニーキャニオンがSDGs宣言サステナビリティステートメントと2030年までの目標を公表

株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村隆)は、事業活動を通じ持続可能な社会づくりに貢献するため、サステナビリティステートメントと、重点取り組みテーマにおける2030年までの目標を公表しました。これまでも、地域の課題解決を目的としたエリアアライアンス事業など、エンターテイメントを通じた社会貢献にチャレンジしてきた当社が、改めて優先課題と重点取り組みテーマを特定し、その実現に全社で取り組むことを宣言します。


サステナビリティステートメント:
「エンターテイメントの力で、クリエイターと社会を繋ぎ、心が通い合う未来を創る。」ポニーキャニオンは、オンリーワンな才能を持つクリエイターたちと、多様な「好き」を持つ個人の集まりである「社会」とを、エンターテイメントで繋ぐことで、感動を分かち合える瞬間を創り続けます。世界中の人と、遠くの人と、繋がることができる今だからこそ。あなたの好きは誰かの好きで、あなたとの共感を誰かがきっと待っている。誰もが自分らしさを尊重され、お互いを認め合える世界にするために、エンターテイメントの力で貢献します。

重点取り組みテーマと2030年までの目標:
当社の多領域に及ぶ事業活動の各所で発生する正負の影響を、社内ヒアリングを含めて洗い出し、課題を特定しました。負の影響については、発生可能性が高く、かつ深刻度の高い項目を、優先が高いと評価しました。正の影響については、社会にもたらしうる便益が高く、かつ事業にもたらしうる便益が高い項目を、優先度が高いと評価しました。そして、各事業で優先度が高く、かつ各事業間で重複する課題を、全社としての優先課題と特定しました。さらには、優先課題をテーマごとに分類し、以下4つの重点取り組みテーマに集約しました。
1. エンターテイメントを通じた社会課題解決
2. ダイバーシティ&インクリュージョン
3. クリエイターとのフェアな取引
4. 環境に配慮した創造

1. エンターテイメントを通じた社会課題解決
エンターテイメントが持つ、人を引き付ける力・情報発信力を活用し、社会課題解決に貢献します。すでに事業化している地方創生の取組のほか、SDGs達成に向けた新たな事業・コンテンツの創出を目指します。
<優先課題>
・地方経済の後退、地域格差
・社会の需要・倫理観の変化
・持続的な事業展開
・事業領域の拡大
<2030年目標>
・社会貢献へ向けたコンテンツの活用:SDGs推進に寄与する、多彩なコンテンツ創出・事業創造を行う
・SDGs推進を企図したコンテンツ・事業の創造:SDGsを推進する事業創造

2. ダイバーシティ&インクリュージョン
多様なお客さまの”好き”に応えるコンテンツを届けるには、それを企画するわれわれ社員自身が多様であることが大切です。そして新たな価値を生み出すために、社員全員が”その人らしく”活躍できる環境の実現を目指します。
<優先課題>
・多様な社員の登用・育成
・多様性を受容する組織風土
・アンコンシャス・バイアスの自覚とコントロール
・ジェンダー平等
・障害者雇用比率向上
<2030年目標>
・全体:多様性に関わる項目(※)のエンゲージメントリサーチ指数向上 ※2022年4月実施分の指数が出たところで目標値を設定
・アンコンシャス・バイアスの自覚とコントロール:指標は22年度内に策定予定
・ジェンダー平等な機会及び待遇:ジェンダーギャップを解消し、社員全員が”自分らしく”最大限発揮できる環境の実現。それぞれのライフプランに合ったキャリアを設計するために、以下施策の実施。
①ライフイベント支援
例)希望する男性社員の育休取得率100%
②キャリア形成支援
例)世代別キャリア研修の定着化
・障害者が働きやすい社内環境整備と雇用創出:国が定める障害者法定雇用率の達成

3. クリエイターとのフェアな取引
持続的なエンターテインメントの発展を目指し、クリエイターの方々と弊社の関係性をよりフェアで透明性のあるものとします。また、クリエイターの方々が抱える諸問題の把握と解決、支援の実行を目指します。
<優先課題>
・クリエイターとのフェアな関係性が必ずしも築けていない業界としての現状
・クリエイターを取り巻く劣悪な労働環境
<2030年目標>
・フェアな取引ルール:策定したフェアな取引ルールを100%遵守する
・クリエイターの支援:クリエイターの抱える課題の解決・支援ができている状態

4. 環境に配慮した創造
持続的なエンターテインメントの提供を目指し、環境への影響を考え、改善に向けた取り組みを行います。最適な素材の選択を行い、プラスチック使用量の削減など環境に配慮したクリエイティブを推進します。
<優先課題>
・プラスチック製造による環境負荷
・プラスチック廃棄による環境負荷
<2030年目標>
・全体:プラスチック使用量80%削減
・素材を切り替える:環境に配慮した資材を100%採用。リサイクル素材などを採用し得る協力会社との共創関係の確立
・置き換える:完全データ送付へ移項。宣材や販促物を有形から無形に

この他にも、基本方針やトップコミットメント、重点取り組みテーマにおける2023年度の中間目標や2021年度の実績など、SDGsへの取り組みの全貌については、当社サステナビリティページで詳細をご覧いただけます。

ポニーキャニオンサステナビリティページ
https://www.ponycanyon.co.jp/sustainability/


<株式会社ポニーキャニオン>
所 在 地:東京都港区六本木一丁目5番17号 泉ガーデンANNEX
会社設立:1966年10月1日
代 表 者:代表取締役社長 吉村 隆
資 本 金:1億円
事業内容:音楽、教養、文芸、スポーツ、映画、娯楽など各種オーディオ・ビジュアルコンテンツ、及び書籍の企画、制作、販売、映画配給、イベントの企画制作、地方創生事業

ニュース:部活動に励む高校生たちにエールを!『映画 バクテン!!』×高校生たちの“青春”が詰まったスペシャルPV「エール ~放課後の君たちへ~」が解禁!

2021年4月8日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送されたオリジナルTVアニメ「バクテン!!」。本作は、フジテレビが東日本大震災から10年となる2021年に、岩手県・宮城県・福島県の被災3県を舞台にしたアニメ作品を発表し、アニメツーリズムを推進するプロジェクト「ずっとおうえん。プロジェクト 2011+10…」の一環として制作された。「バクテン‼」は宮城県岩沼市を舞台に、『男子新体操』と出会い、強烈に魅せられた少年・双葉翔太郎が、私立蒼秀館高等学校(通称:アオ高)男子新体操部に入部。ときに挫折し、すれ違うも、共に仲間と過ごす毎日の中で一つの目標に向かって、チームでひた走る姿を描いた「スポ根×青春群像劇」。

そしてTVアニメ最終話放送後に映画化が発表され、『映画 バクテン‼』が7月2日(土)に公開。


<“部活動に励む高校生にエールを送る” スペシャルPV解禁!>
アニメ「バクテン‼」の物語は、新体操の競技面だけでなく、新体操を通して人として成長していくキャラクターたちの姿が大きく描かれており、部活動という経験を持った多くの人たちにとっても共感性の高い作品。そしてこの度、『映画 バクテン!!』の公開を記念し、部活動に励む高校生たちの青春の一瞬を切り取ったスペシャルPVを作成。

この「エール ~放課後の君たちへ~」と題された映像は、「バクテン!!」の本編映像に加え、アニメの舞台となった東北に実在し、作品とも縁のある2つの高校「青森山田高校」「宮城県名取高等学校」の放課後にカメラが入り、日々部活動に励む高校生たちの様子、放課後の日常を捉えている。部活を始めた理由や仲間の存在について答える姿は、まさに青春”そのもの。中には、作中に登場する私立蒼秀館高等学校(通称:アオ高)の参考にもなった宮城県名取高等学校男子新体操部の部員たちも登場するなど、アニメの世界とリンクする構成となっている。

いつか終わりがくるそれぞれの「青春」の日々にすべてを懸け、仲間たちと共に一歩ずつ進もうとする学生たちの姿は、今部活動に励んでいる学生の皆さん、そして、挑戦をし続けるすべての人の心に、エールを届けてくれるのではないでしょうか。映画の主題歌「僕らの一歩」を歌うwacciの優しい歌声を通し、部活動に励み、その青春を謳歌する全ての高校生たちへ“エール”を送りたい、そんな思いの込められた映像が完成した!


スペシャルPV「エール ~放課後の君たちへ~」:

https://youtu.be/C2QQ7HQ_Ja4


<サンリオキャラクターズとのコラボ決定!「映画 バクテン!!」公式デフォルメキャラクター公開!>
サンリオキャラクターズとのコラボが決定!アオ高6人と仲良くコラボするのは、ポチャッコ、リトルツインスターズ、ハローキティ、シナモロール、マイメロディ、バッドばつ丸!それぞれお揃いのアオ高ジャージを着ています。また、作中に登場する青い鳥(オナガ)に扮したアオ高オナガ部が登場!アオ高メンバー6人がそれぞれの趣味にちなんだイラストに仕上がっています!どちらも様々な商品企画が進行中です。お楽しみに!

映画 バクテン!!×サンリオキャラクターズコラボ

アオ高オナガ

 


<『映画 バクテン!!』×牛たん炭焼利久 コラボ決定!>
この度、6月17日(金)より牛たん炭焼利久と『映画 バクテン!!』のコラボが決定。各店舗にはコラボキャンペーンポスターも掲示している。


<プレゼントキャンペーン>
お食事のご利用で、お会計の際に利久公式Twitterフォロー画面の提示で「バクテン」×利久コラボうちわを各店舗先着50名様にプレゼント!


<Twitterリツイートキャンペーン>
利久公式Twitterをフォロー&リツイートで抽選で『映画 バクテン‼』オリジナルグッズを計30名様にプレゼント!
①利久公式Twitterアカウントをフォロー
https://twitter.com/rikyu_info
②対象のツイートを引用リツイート
#牛たんが大好きだ #バクテン をつけて投稿してください


<「映画 バクテン!!」劇場物販情報>
7月2日(土)より各劇場にて「映画 バクテン!!」商品を発売。アニメイラスト以外にも、サンリオキャラクターズコラボやアオ高オナガ部イラスト商品もご用意!数に限りがございますので、お早めにお求めください。また、7月19日(火)からはノイタミナショップ公式サイトでも販売開始します。


ノイタミナショップ公式サイト:
https://www.noitamina-shop.com/event/id/991

©映画バクテン製作委員会

ニュース:エンタメ物販の行列密を回避する“会場受取事前注文サービス”「NOLETS(ノーレッツ)」宝塚歌劇 宙組 東京ガーデンシアター公演『FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)』にて導入決定!

株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港区)のグループ会社で、各種デザイン制作、グッズ企画制作、印刷、WEB関連サービスなどを事業展開する株式会社ポニーキャニオンプランニング(本社:東京都港区 代表取締役社長:大柳英樹)が提供する、イベントやライブなどのエンタテインメント業界に特化した“会場受取事前注文サービス”「NOLETS(ノーレッツ)」は、【宝塚歌劇宙組 東京ガーデンシアター公演『FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)』】グッズ販売にて導入が決定、6月3日10時より公式グッズの事前注文受付を開始した。

コンサート・イベント物販現場の最前線から生まれた本サービスにより、グッズの販売所などの混雑しやすい環境でも、お客様の待ち時間を減らして密を避けるソリューションを提供し、物販運営の効率化に貢献する。


🔶「NOLETS(ノーレッツ)」について
株式会社ポニーキャニオンプランニングと株式会社LBB(所在地:大阪市中央区、代表取締役:宮本敦史)との共同事業の一環として、最前線の現場ニーズをもとに開発された《エンタメ特化型・会場受取事前注文サービス》。コンサート・イベントグッズを事前注文・決済し、指定した時間帯での受け取りを可能とすることで会場での長蛇の列を回避、2021年1月のローンチ以来、安心・安全なイベント運営の一助として、アリーナクラス、ホール、ライブハウス、劇場など様々な会場、ジャンルのグッズ販売において採用されている。


🔶「宝塚歌劇 宙組 東京ガーデンシアター公演『FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)』」について
SUZUHO MAKAZE SPECIAL RECITAL@TOKYO GARDEN THEATER
『FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)』
Produced by TEAM GENESIS from LDH JAPAN
構成・演出/野口 幸作


2020年、東京ベイエリア「有明ガーデン」敷地内に、国内最大の劇場型ホールとして誕生した「東京ガーデンシアター」。臨場感溢れるこの夢の舞台に、今なお進化を続ける宙組トップスター真風涼帆が登場、新たな歴史を刻みます。EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEなど数々のアーティストを生み出し、時代をリードするLDH JAPANのライブの企画・演出を手掛けるクリエイティブチーム「TEAM GENESIS」によるプロデュースが実現。想像を超える圧巻のステージに挑戦いたします。

劇場全体を「空港」および「宙(ソラ)」に見立て、大空や銀河などをテーマにした壮大なコンセプトのもと、「Love(愛)」と「Dream(夢)」と「Romance(浪漫)」溢れる構成でお届けするLDH JAPANと宝塚歌劇の初のコラボレーションが、皆様に、未来への希望に満ちた究極の「Happiness(幸せ)」をお届けいたします。


公演期間:2022年6月10日(金)~6月12日(日)
会場:東京ガーデンシアター 東京都江東区有明2丁目1−6
グッズ事前注文受付期間:6月3日(金)10時〜6月11日(土)14時
https://nolets.jp/page/guide/FWM2206
※商品よび事前注文についての詳細はこちら:
https://www.tca-pictures.net/stage/2022/flywithme/

※商品に関するお問い合わせは
宝塚クリエイティブアーツカスタマーセンターTel.0797-83-6000 (日曜休)受付時間10:00〜17:00まで

ニュース:ポニーキャニオン、独立系レコード事業者のグローバル展開を支援する一般社団法人IMCJ へ、6月1日付けで正会員として入会

株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村隆、以下「ポニーキャニオン」)は、独立系のレコード事業者及びアーティストのグローバル展開を支援する非営利組織である一般社団法人Independent
Music Coalition Japan(所在地:東京都港区、理事長:山下雄史、大石征裕、以下「IMCJ」)へ、2022年6月1日付けで正会員として入会する事を決定した。

IMCJ は、国際機関であるWorldwide Independent Network(以下WIN)の会員組織として、2017年の設立以来、その世界的なネットワークを活用して、日本の独立系レコードセクターの発展と競争力の向上に焦点を当てた活動を行っている団体です。

ポニーキャニオンでは、2015年、業界に先駆けてIMCJの関連機関でもあるデジタルライツエージェンシーMerlin Networkに加盟し、ストリーミングによるグローバル展開を強化して参りました。今回新たにIMCJに加盟することで、当社は国際的な独立系セクターの一員として、そのネットワークを活用した更なるグローバル戦略を加速するものであります。


<株式会社ポニーキャニオン 代表取締役社長 吉村隆 コメント>
音楽業界がストリーミングビジネスに移行した事で、マーケットが国内中心からグローバル市場へと拡大しました。アニメ「進撃の巨人 The Final season Part2」のオープニング曲としてリリースしたSiM の「The Rumbling」は、ストリーミング総再生数1億4,500万回以上で、海外シェア88%。エンディング曲のヒグチアイ「悪魔の子」は海外シェア64%というように、海外比率の高い作品が増加傾向にあります。変化の激しいデジタル環境の中で、特にグローバル志向の高まる独立系レコード会社にとってはデジタルマーケットの最新動向や戦略ノウハウ等を貪欲に吸収する必要があり、この度IMCJへの加入を決定いたしました。


<一般社団法人Independent Music Coalition Japan (IMCJ) 理事長 山下雄史コメント>
国内独立系レコード事業者として業界をリードされるポニーキャニオン様のご入会を大変嬉しく存じます。IMCJ 及びWINの国際ネットワークが、ポニーキャニオン様、ひいては日本の独立系セクター全体のグローバル展開の一助となるべく、精一杯務めさせて頂きます。


<ポニーキャニオン、ならびに一般社団法人Independent Music Coalition Japan (IMCJ) 会社概要>
株式会社ポニーキャニオン
所在地 : 東京都港区六本木一丁目5番17号 泉ガーデンANNEX
会社設立 : 1966年10月1日
代表者 : 代表取締役社長 吉村隆
資本金 : 1億円
事業内容 :
音楽、教養、文芸、スポーツ、映画、娯楽など各種オーディオ・ビジュアルコンテンツ、及び書籍の企画、制作、販売、映画配給、イベントの企画制作、地方創生事業

一般社団法人Independent Music Coalition Japan (IMCJ)
所在地 :東京都港区海岸1-7-1東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階CiP内
団体設立 :2017年12月18日
代表者 : 理事長 山下雄史、大石征裕
活動内容 : インディペンデントレコード事業者の国際機関であるWorldwide Independent Network(以下WIN)の会員団体。WINのネットワークを活用した多国団体との連携、知見及びリソースの共有、そして公平な競争環境の整備を行うことで、会員事業者のグローバル展開を支援、促進する非営利組織。

WIN について:
Worldwide Independent Network: 2006 年ロンドンにて設立。全世界29 カ国、33の独立系レコード会社の業界団体を会員に持つ非営利組織。インディペンデントレコードセクターのグローバルな発展と持続性に焦点を当てた、調整及び支援機関。


株式会社ポニーキャニオン:
https://www.ponycanyon.co.jp/

一般社団法人IMCJ:
http://www.imcj.or.jp/

Worldwide Independent Network (WIN) :
https://winformusic.org/

MERLIN Network:
https://merlinnetwork.org/ja/

ニュース:CloverWorks・ウィットスタジオ・アニプレックス・集英社の4社による、制作スタジオが主体の企画・プロデュースを行う株式会社JOEN設立

株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:岩上敦宏、以下、アニプレックス)と、アニプレックスのグループ会社である株式会社CloverWorks(本社:東京都千代田区、代表取締役:清水博之・清水暁、以下、CloverWorks)は、株式会社ウィットスタジオ(以下、ウィットスタジオ)、株式会社集英社との4社共同出資により株式会社JOEN(以下、JOEN)を5月30日付けで設立した。

JOENの主な事業は、アニメーション作品の企画、プロデュースおよび制作です。CloverWorksとウィットスタジオの制作スタジオ2社が主体となって連携し、企画立案からすべての工程に関わり、最終的な映像のクオリティ、ビジネスの形をイメージしながら作品をプロデュースしていきます。

制作スタジオが連携して作品を自らプロデュースし、ビジネススキームを構築することで、制作スタジオ、クリエイターの貢献に合わせて利益を還元し、質の高いアニメーションを継続的に制作する環境を整える新たなアニメの構造の軸を作っていくことを目指します。


<株式会社JOENについて>
商号:株式会社JOEN
設立年月:2022年5月30日
本店所在地: 東京都千代田区六番町4番地5
代表者:代表取締役 福島祐一/代表取締役 中武哲也
株主構成:株式会社CloverWorks/株式会社ウィットスタジオ
株式会社アニプレックス/株式会社集英社
出資金:100,000,000円
公式サイト:
https://jo-en.co.jp


<アニプレックス 概要>
商号:株式会社アニプレックス
本店所在地:東京都千代田区六番町4番地5
代表者:代表取締役 岩上敦宏
主な事業内容:アニメーションを主とした映像・音楽作品の企画製作、ゲームの企画・開発、それらに関連するライセンス、商品企画・販売、興行
公式サイト:
https://www.aniplex.co.jp/


<CloverWorks 概要>
商号:株式会社CloverWorks
本店所在地:東京都千代田区六番町4番地5
代表者:代表取締役会長 清水博之/代表取締役社長 清水暁
主な事業内容:アニメーションの制作
公式サイト:
https://cloverworks.co.jp/