ニュース:参加型上映の火付け役!キンプリがTIFFで上映決定!! DJ KOOがキンプリスペシャルDJパーティーも開催!寺島惇太ほか出演キャストによる舞台挨拶も予定!

第31回東京国際映画祭特別企画「TIFFプラス」にて『新作公開記念!!「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」上映会& THUNDER STORM SESSION DJ Party!!! Presented by DJ KOO』を10月30日(火)に開催することが決定。

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」は劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016年1月9日公開)に続くシリーズ2作目として2017年6月10日に公開された劇場アニメ。個性豊かなプリズムスタァ候補生たちが、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指して様々な試練や困難に立ち向かっていくストーリー。興行収入は6億円、観客動員数は34万人を超え、シリーズ累計80万人を動員。シリーズ最新作となる「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」が2019年春に劇場公開、そしてTVアニメ放送開始がすでに発表されている。

今回の上映は日本のアニメ100周年を迎えた2017年に『アニメのチカラを世界へ』のコンセプトに立ち上げたプロジェクト、アニメフィルムフェスティバル東京と東京国際映画祭(TIFF)のコラボレーション企画で実現したもの。世界へ発信する新たな日本のカルチャーのひとつとして、TIFFの特別企画「TIFFプラス」に応援上映や参加型上映ブームの火付け役となったKING OF PRISMが選出された。

本イベントでは、今までにない“参加型上映”の新たな試みとして日本を代表するDJ、DJ KOO(TRF)によるDJイベント付きの上映会を実施。作中でカバーしたTRFの代表曲に加え、キンプリシリーズを飾った楽曲でDJ KOOが一夜限りのDJパーティーで会場を盛り上げる。さらに、新作の公開を記念して本作のキャラクターボイスを務めた寺島惇太(一条シン役)ほか出演キャストによる舞台挨拶も行われる予定だ。


<イベント実施概要>
イベントタイトル:
新作公開記念!!「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」上映会& THUNDER STORM SESSION DJ Party!!! Presented by DJ KOO
開催日:10月30日(火)
場所:EXシアター六本木
開場:19:00 / 開 演:19:30
登壇者:寺島惇太(一条シン役)
ゲスト:DJ KOO(TRF)
金額:3,000円(税込)
※本上映は応援上映となります。
※チケットの購入については決まり次第、公式サイトにてお知らせいたします。

10月に新宿で開催される、上映会を中心にしたアニメフィルムフェスティバル東京と連動したアニメイベントを開催。ライブシーンでコールや応援をしたり、キャラクターのセリフに応えて字幕を読み上げる”生アフレコ”など、観客席が一体となって楽しめる参加型の上映形式「応援上映」を世に広めた「KING OF PRISM」がTIFFに登場。最新作の劇場公開を記念して、キャストの舞台挨拶つき「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」の応援上映を実施。さらに、作中を彩る名曲の数々をDJ KOOが贈る、スペシャルパーティーで会場を盛り上げます。

主催:東京国際映画祭実行委員会
企画:アニメフィルムフェスティバル東京実行委員会 / エイベックス・ピクチャーズ株式会社

上映作品:劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」
製作年/製作国/上映時間:2017年/日本/69分


<第31回東京国際映画祭 開催概要>
開催名称:第31回東京国際映画祭
会期:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催:経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)、東京都(コンペティション部門、ユース部門)
公式サイト:
https://www.tiff-jp.net

第31回東京国際映画祭では多彩なジャンルの文化とコラボレーションし、”東京国際映画祭にプラスする” 特別企画、「TIFFプラス」を実施いたします。世界が注目する日本のカルチャーイベントや、2020年の東京オリンピックが待ち遠しくなるスポーツイベント、食欲の秋にピッタリのグルメ企画など、「観光×食」「ファッション」「音楽」「アニメ」「eスポーツ」「スポーツ」の6ジャンルとこれまでにない企画を実施。


<アニメフィルムフェスティバル東京2018開催概要>
開催名称:アニメフィルムフェスティバル東京2018
2018年10月6日(土)~10月22日(月)
開催地区:新宿地区
プログラム内容:
①イベント上映
②ライブ
③コラボカフェ
④コラボ商品
⑤アニメラリー
⑥TIFFプラス
主催:アニメフィルムフェスティバル東京実行委員会
公式サイト:
http://animefilmfestivaltokyo.jp
※プログラムの名称、内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

アニメフィルムフェスティバル東京実行委員会参加会社:
株式会社トムス・エンタテインメント
株式会社サンライズ
東映アニメーション株式会社
株式会社アサツー ディ・ケイ
株式会社アニプレックス
エイベックス・ピクチャーズ株式会社
日本アニメーション株式会社
株式会社ぴえろ

「アニメフィルムフェスティバル東京2018」は一般社団法人日本動画協会『アニメNEXT_100』プロジェクトが提唱する「アニメのチカラを世界へ」のコンセプトに連動し、2017年10月13日(金)~10月15日(日)の3日間をメインに約2週間、新宿地区で第一回を開催。約10万人を動員した「アニメフィルムフェスティバル東京2017」から一年、第二回を迎える今回は、2018年10月6日(土)から「アニメの日」である10月22日(月)までを実施期間として、全9館となる新宿の映画館と連携、制作会社の枠組みを超えてお届けする多彩なイベント上映会を中心に、アニソンライブやコラボカフェ、新宿大型商業施設との商品コラボ、スタンプラリーなど、芸術の秋をアニメで彩ります。


HP:
http://kinpri.com/

Twitter:

(C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムPH製作委員会

ニュース:岡本信彦&堀江瞬がMC!好評放送中の『ボドゲであそぼ』から#10のあらすじと先行カットをご紹介!!

ボードゲームが大好きな声優・岡本信彦さんと堀江瞬さんがボードゲーム同好会を発足!でも、会員はまだ二人だけ……。そこで、同好会に毎回ゲストを呼び、一緒にボードゲームで遊んで、同好会へ勧誘することに――!!

ゲストはもちろん、今までボードゲームに触れてこなかった方にもその魅力を伝え、「楽しそうだからやってみたい!」と思ってもらおうというのが『ボドゲであそぼ』(通称『ボドあそ』)。

9月5日(水)22:30から放送される『ボドあそ』#10のゲストは、#9に引き続き小野友樹さん、千葉翔也さん!前回に引き続き、病原体の感染拡大を防いでいく、プレイヤー協力型ゲーム『パンデミック』で遊ぶ。

プレイヤーは病原体対策チームの一員となり、4種類の病原体による感染症の世界的流行を防ぐ。少しでも手を抜いてしまうと病原体はすぐに広がりゲームオーバー。プレイヤー同士、協力して病原体に対応する治療薬を発見できれば勝利できる、というのもの。

“ジェイコブ千葉”こと千葉さんのカードは吉と出るか凶と出るか……そして、ポカをしてしまった“ジェフ岡本”こと岡本さんの結末は……? 果たして人類滅亡を阻止することはできるのか?


<#10先行カット>


・番組概要
タイトル:『ボドゲであそぼ』
放送日:毎週水曜22:30~23:00
放送局:TOKYO MX
※インターネット配信エムキャス(PC・スマホ対応)でもリアルタイム視聴が可能です。
出演者:
岡本信彦
堀江瞬
ウサこま役:
村瀬歩
第10回ゲスト:
小野友樹
千葉翔也


公式サイト:
http://www.movinonweb.com/bodoaso/

公式ツイッター:
https://twitter.com/bodoaso

(C) bodoaso

ニュース:ゲーム「ラングリッサーⅠ&Ⅱ」の情報が解禁!メインキャストに逢坂良太、佐倉綾音、大坪由佳、喜多村英梨、酒井広大、下野紘、大西沙織、小澤亜李、早見沙織、東城日沙子等を起用!

先日、名作シミュレーションRPGシリーズである「ラングリッサー」シリーズの系譜を継ぐ「ラングリッサーⅠ&Ⅱ」がPlay Station®4とNintendo Switchで発売されることが発表されましたが、本日制作発表会が行われ、発表からベールに包まれていたゲームの詳細部分が発表されました。

最初に「ラングリッサーⅠ&Ⅱ」のゲームの歴史の説明がされた後、今回のゲームの特徴として、3つの点を挙げ、一つ目は「グラフィックリファイン」と言う事で、今回新たに凪良さんによるイラストのリメイクが行われています。

そして、今回のゲームではボイスキャストも一新し、レディン役に逢坂良太さん、クリス役に佐倉綾音さん、ナーム役に大坪由佳さん、ジェシカ役に喜多村英梨さん、エルウィン役に酒井広大さん、リアナ役に大西沙織さん、ヘイン役に下野紘さん、シェリー役に小澤亜李さん、ルリシス役に早見沙織さんが発表されました。

ここで、エルウィン役の酒井さんがステージに登場し、「ラングリッサーⅠ&Ⅱ」についての話として、意識された点については、「ストーリーの分岐でキャラクターの顔が変わる。」と話し、主人公なのにこういう顔になるのか?という話もされていました。

ルートやストーリーによって、ダークヒーローになると言うことで、「エルウィンの色んな顔を見せられたのでは無いか。」と話していました。

収録時の話については、「エルウィンについては前向きに演じられたが、ネガティブなセリフもあって、収録後半でそういうセリフも録っていたが、ダークな心のエルウィンに自分自身の心が支配されていた。」とも話していました。

最後に酒井さんから「長く愛されている作品に関われて、嬉しいです。プレイヤーの皆さんの選択によって、ストーリーが多岐にわたるので、皆さんの思う覇道を進めて欲しい。」とコメントし、退場されました。

続いて、ゲームの二つ目の特徴として、最新のプラットフォームに合わせて、ユーザーインターフェースを一新し、前にゲームで遊んだ人も新たな感覚でゲームを遊ぶことが出来るように改善されています。

そして、「ラングリッサーⅡ」から導入されていた、分岐システムを今回は「ラングリッサーⅠ」にも採用していることと、その追加されたルートでは、新規ヒロインの「ベティ」が登場するルートも追加されました。

ここで、新規ヒロインであるベティ役を演じた東城日沙子さんが登場し、ベティ役について、「新しいキャラとの出会いに感動したのと、魅力的な作品が出てくる作品の中に、ベティの魅力が発揮できるか?と気合いを入れて収録に挑みました。」と話されていました。

東城さんがキャラの特徴について発表された後、MCの方から突然「ラングリッサーⅠ&Ⅱ」の宣伝大使に任命され、東城さんも「ラングリッサーⅠ&Ⅱを広めていきたい。」と力強い抱負を述べられました。

最後に東城さんから「新規ヒロインなので、現状で話せることは少ないですが、『ラングリッサーⅠ&Ⅱ』やベティの情報を幅広く多くの人に愛されるように広めていきたい。」と述べられて、ステージを後にしました。

次にゲームのBGMもオリジナルの音源を作られた方がアレンジBGMを制作されたと言う事で、当時のゲームでは表現出来なかった音色が会場内でも公開されました。

「ラングリッサー」の版権を有しているエクストリーム社社長の佐藤さんによるラングリッサーの歴史の話や、中国でラングリッサーのゲームを展開されている天津紫龍奇点互動娯楽有限公司の王一さんの説明が行われました。ここで、中国や他の国で展開されているスマートフォン版のラングリッサーの日本市場配信が発表されました。

最後に、限定版のイラストがうるし原智志さん書き下ろしが発表され、ゲームもダウンロードコンテンツで、うるし原智志さんのイラストバージョンで楽しめる事が発表されたのと、ここでシークレットゲストでうるし原智志さんがステージに登場されました。

うるし原さん本人も「好みが分かれる絵でここまでやってこれたのは凄い。」と話し、ユーザーの人たちに育てて貰ったと語っていました。「今回のラングリッサーが今の時代にあったものになっていると思うので、楽しみにして欲しい。」とコメントされ、制作発表会が終わりました。


タイトル:ラングリッサーⅠ&Ⅱ
対応機種:PlayStation®4、Nintendo Switch
ジャンル:戦術型シミュレーションRPG
発売予定:2019年2月7日発売予定
価格:
通常版・ダウンロード版:6800円(税別)
限定版:9800円(税別)
・限定版同梱物①:設定資料集
・限定版同梱物②:オリジナルサウンドトラックCD
※PlayStation®4、Nintendo Switch共に同じ価格です。
発売:株式会社角川ゲームス
企画・制作:株式会社キャラアニ
監修:株式会社エクストリーム
2018年9月6日(木)より予約受付開始!


公式ページ
https://www.langrisser.com/1_2/

© extreme / © Chara-ani Corporation

ニュース:TVアニメ『プラネット・ウィズ』最終話 先行上映会 開催決定!ゲストは 声優の阿部敦・原田彩楓・井澤詩織 ! !

ますます盛り上がりを見せるTVアニメ『プラネット・ウィズの最終話先行上映会が開催決定!ゲストに黒井宗矢役:阿部敦さん、高天原のぞみ役:原田彩楓さん、黒井銀子役:井澤詩織さんをお迎えして、一足先に最終話をスクリーンで上映!


イベント名:
「TVアニメ「プラネット・ウィズ」最終話先行上映会

開催日時:
2018年9月22日(土) 12:00開演(予定)

場所:
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内

出演者:
(予定)
・黒井宗矢役:阿部 敦
・高天原のぞみ役:原田彩楓
・黒井銀子役:井澤詩織
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

チケット:
チケット額:2,500円(税込)
※お一人2枚までお申し込み可能

<プレオーダー (抽選)>
チケット受付URL:
http://l-tike.com/planet-with
Lコード:35347
受付期間:9/1(土) 10:00 ~ 9/9(日) 23:59
当落確認:9/11(火) 13:00 ~ 9/13(木) 21:00
入金期間(当選時のみ):9/11(火) 13:00 ~ 9/13(木) 21:00

注意事項
・事前にローソンチケット無料会員登録が必要となります。
・受付方法:WEB/モバイルにて (PC/モバイル/スマホ)
・ご購入の際は各種手数料がかかります。手数料:581円/1枚(内訳:システム利用料216円、店頭発券手数料108円、先行予約サービス料257円)
・お席はお選びいただけません。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・未就学児のご入場はご遠慮下さい。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。

※イベントの内容は予告なく変更になる場合がございます。

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

ニュース:「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」イケメン新キャラクターが登場!?ルックスよし!歌もよし!池袋エィスの設定画が到着!The シャッフルのメンバーも揃い踏み!

KING OF PRISMシリーズ第3弾となる新作「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」(2019年春劇場公開&TVアニメ放送)に登場する新キャラクター・池袋エィスの存在が明らかになった。

本作は、劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016年1月9日公開)、劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(2017年6月10日)に続く、KING OF PRISMシリーズの最新作。本シリーズは、プリズムスタァを目指す個性豊かな男の子たちが、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指して様々な試練や困難に立ち向かっていくストーリー。フィギュアスケート、歌、ダンス、そして心の飛躍を表現するプリズムジャンプを組み合わせた“プリズムショー”が一度、観た人へ忘れられない衝撃を贈る。

前作で登場した敵対勢力・シュワルツローズに所属する高田馬場ジョージ(CV.杉田智和)のゴーストシンガーと噂された池袋エィス。新作では、各キャラクターをフィーチャーして毎話構成される予定となっており、エィスは“ジョージ回”にTheシャッフルのメンバーと共に登場する。

デザインはメインキャラデザイナーの原将治によるもので、キャラクターボイスは前作でジョージのゴーストシンガーとして出演した小林竜之が務める。公開された池袋エィスは、身長162cmとほかのメンバーに比べて少し背が低くかわいいルックスのイケメンキャラクター。歌もうまく、いつかステージに立ちたいと夢見るプリズムスタァ候補生だ。

さらに、合わせてThe シャッフルのメンバー4名(御徒町ツルギ/五反田ココロ/鶯谷モンド/神田ミツバ)の設定画も今回新たに描き起こされた。名前もないキャラクターからスタートした彼らがついに新作で動き出す。

非の打ち所がないようにも思えるエィス、そしてThe シャッフルのメンバーとジョージとの関係性が明らかになる本作の新たな展開にご期待ください。


<「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」作品概要>

池袋エィス(CV.小林竜之)
デザイン:原将治

鶯谷モンド、五反田ココロ、神田ミツバ、御徒町ツルギ
デザイン:水澤智可

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-(キングオブプリズム シャイニーセブンスターズ)
「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」劇場編集版 2019年春 全国ロードショー
「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」2019年春劇場公開&TVアニメ放送開始

<キャスト>
一条シン:寺島惇太
太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬
香賀美タイガ:畠中祐
十王院カケル:八代拓
鷹梁ミナト:五十嵐雅
西園寺レオ:永塚拓馬
涼野ユウ:内田雄馬
如月ルヰ:蒼井翔太
大和アレクサンダー:武内駿輔
高田馬場ジョージ:杉田智和
神浜コウジ:柿原徹也
速水ヒロ:前野智昭
仁科カヅキ:増田俊樹
氷室 聖:関 俊彦
黒川 冷:森久保祥太郎
山田リョウ:浪川大輔
法月 仁:三木眞一郎

<スタッフ>
監督:菱田正和
シリーズ構成:青葉譲
CGディレクター:乙部善弘
キャラクター原案:松浦麻衣
キャラクターデザイン:原 将治
サブキャラクターデザイン:戸田さやか・諏訪壮大
プリズムショー演出:京極尚彦
音楽:石塚玲依
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:長崎行男
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
アニメーション制作:タツノコプロ
配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作:キングオブプリズムSSS製作委員会


劇場編集版タイトル表記<全4編>
・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ
・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- II カケル×ジョージ×ミナト
・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク
・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown


公式ホームページ:
http://kinpri.com/

Twitter:
https://twitter.com/kinpri_PR

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会