ニュース:『うる星やつら』2022年10月放送!第1弾KV&PV公開!チェリー役に高木渉、サクラ役に沢城みゆき!

小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを全4クールに渡って、完全新作としてTVアニメ化する『うる星やつら』。このたび、2022年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほか各局での放送が決定!そして第1弾キービジュアルとPVが解禁となった。

キービジュアルは、道路の中央に立つあたると、宙に浮かぶラムが見つめ合う、まさにボーイ・ミーツ・ガールなデザイン。また、第1弾PVは、あたる、ラム、しのぶ、面堂、サクラ、錯乱坊と映し出され、“動くやつら”が初公開となりました。さらに、チェリーこと錯乱坊役に高木渉、サクラ役を沢城みゆきが務めることが決定。これまでと同じく、チェリーと高木、サクラと沢城のリンクビジュアルのほか、2人からはコメントも到着。

「うる星やつら」は、今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー作。地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まります。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。主人公の“ダーリン”こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守が演じる。

公開された第1弾キービジュアルは、道路の中央に立つあたると、逆さまに宙に浮かぶラムが見つめ合うデザイン。ストーリーの舞台であろう町並みが描かれているものの、家々の姿はぼやけ、あたるとラムの2人だけにピントが合っているという“エモく”そして“キュン”となるビジュアルとなっている。

第1弾キービジュアルと共に公開された第1弾PVは、宇宙人に襲われるあたる、空を飛ぶラム、怒りで机を持ち上げるしのぶ、カッコ良さ漂う“感じ”で名乗る面堂、眉間に皺を寄せるサクラ、食事中の錯乱坊が映し出されていき、キスをするあたるとラムや、電撃を浴びるあたるなど、ドタバタ感とワクワク感が織り交ざる、期待高まる映像となっている。

そして、チェリーこと錯乱坊役に高木渉、サクラ役を沢城みゆきが務めることも発表された。これまでのあたると神谷浩史、ラムと上坂すみれ、しのぶと内田真礼、面堂と宮野真守と同じく、チェリーと高木、サクラと沢城のリンクビジュアルも公開され、“チェリー柄”のシャツを着た高木とチェリー、スタイリッシュなファッションの沢城とサクラという、キャラクターとキャストを“リンク”させたビジュアルとなっている。

少しずつ全貌が見え始めた『うる星やつら』。今後の発表にも注目してください。

宇宙人に襲われるあたる、空を飛ぶラム、怒りで机を持ち上げるしのぶ、カッコ良さ漂う“感じ”で名乗る面堂、眉間に皺を寄せるサクラ、食事中の錯乱坊が映し出されていき、キスをするあたるとラムや、電撃を浴びるあたるなど、ドタバタ感とワクワク感が織り交ざる、期待高まる映像となっております。


<キャラクター&キャスト情報公開>
チェリーこと錯乱坊役に高木 渉さん、サクラ役を沢城みゆきさんが演じる。キャラクターとキャストが繋がったリンクビジュアル、各キャストよりコメントも到着。今後追加されていく、ビジュアル&キャスト情報にもご期待ください

・錯乱坊(さくらんぼう 通称チェリー) cv高木 渉
“錯乱坊”と書いて“チェリー”と読む旅の僧。あたるを見るなり不吉な人相だと言い、たびたび悪い予感を的中させる。

◆高木渉コメント
Q1.高木さんにとって「うる星やつら」とは?
二枚目と見せかけて案外ポンコツだったり、可愛いけど怪力だったり、美人だけど大食漢、みたいな二面性のあるキャラクターがたくさん出てきて登場人物に惹かれますね。ドタバタコメディかと思いきやシリアスなお話も入ってきたりして、どこを切っても楽しめるエンタメの金太郎飴って感じです(笑)。

Q2. 錯乱坊(チェリー)の魅力と、その役を演じるにあたり大切にしたいこと、楽しみなことなど教えてください。
神出鬼没で錯乱坊が絡むと大概事態が悪化するので、言ってみれば疫病神なんですけど(笑)、登場しないとちょっと寂しいというか、なんか憎めないんですよね。永井一郎さんの絶妙なさじ加減と、とてもチャーミングに演じてらしたキャラクター作りはとても真似出来ないのですが、物語のスパイス的な存在になれるように僕自身楽しんで引っ掻き回していきたいなと思っています。

・サクラ(さくら) cv沢城みゆき
スタイル抜群な美女。巫女としての顔を持ち、あたるを見るなり“女難の相が出ている”と忠告する。

◆沢城みゆきコメント
Q1. 沢城さんにとって「うる星やつら」とは?
今回参加させていただくにあたり、改めて見直してみましたが、登志夫さんはじめ先輩方のエネルギーの凄まじさ(そして、その中にあってふわりふわりと異次元のキュートさで存在するラムちゃんの可愛さ)に、尻餅してしまいました。参りました…!!

Q2.サクラの魅力と、その役を演じるにあたり大切にしたいこと、楽しみなことなど教えてください。
いったい本心はどこにあるのやら…(笑)掴みどころのない不思議な魅力の人だなと、個人的には感じています。少しづつ仲良くなっていかれたらいいなと思っています。


<Introduction>
「でもうちは、やっぱりダーリンが、好きだっちゃ。」
地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まった…!
今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー作「うる星やつら」。小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを4クールに渡ってテレビアニメ化!(第1期2022年放送予定)
監督は「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」を手掛けた髙橋秀弥・木村泰大、シリーズ構成に「はたらく細胞」の柿原優子、キャラクターデザインに「おそ松さん」「映像研には手を出すな!」の浅野直之、アニメーション制作は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、「炎炎ノ消防隊」のdavid productionが担当。そして、主人公の“ダーリン”こと諸星あたると、ヒロイン・ラムという稀代のカップル役を神谷浩史と上坂すみれが演じる。
大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。
目を見て「好き」と言えない今だからこそ届けたい。
ゴージャスでタフ、クレイジーな“やつら”の青春がかけめぐる!


◆作品紹介
<放送>
2022年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始

<原作>
高橋留美子「うる星やつら」(小学館 少年サンデーコミックス 刊)

<スタッフ>
監督:髙橋秀弥 木村泰大
シリーズディレクター:亀井隆広
シリーズ構成:柿原優子
キャラクターデザイン:浅野直之
サブキャラクターデザイン:高村和弘 みき尾
メカニックデザイン:JNTHED 曽野由大
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術設定:青木 薫
美術監督:野村正信
色彩設計:中村絢郁
CGディレクター:大島寛治
撮影監督:長田雄一郎
編集:廣瀬清志
音楽:横山 克
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:david production

<キャスト>
諸星あたる:神谷浩史
ラム:上坂すみれ
三宅しのぶ:内田真礼
面堂終太郎:宮野真守
錯乱坊:高木渉
サクラ:沢城みゆき


公式HP:
https://uy-allstars.com

公式Twitter:
https://twitter.com/uy_allstars

推奨ハッシュタグ:#うる星やつら


<原作情報>
小学館文庫『うる星やつら』
著:高橋留美子
全18巻好評発売中
ウェブコミック配信サイト「サンデーうぇぶり」でも配信中


©高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

ニュース:22年夏放送アニメ「神クズ☆アイドル」公式サイトがやる気ゼロ!?前代未聞の“紙くず”サイトに変貌‼今井文也&喜多村英梨演じるボイスドラマも公開!

2022年夏から放送予定のTVアニメ「神クズ☆アイドル」(一迅社「月刊コミックZERO-SUM」にて好評連載中)の公式サイトが主人公・仁淀ユウヤのやる気のない性格を可視化したようなやる気ゼロの”紙くず”サイトにリニューアルされ期間限定で公開開始となった。

また公式Twitterでは仁淀ユウヤ(CV.今井文也)&信濃社長(CV.喜多村英梨)による紙くずサイト制作の経緯を追えるショートボイスドラマもあわせて公開された。

<TVアニメ「神クズ☆アイドル」について>
原作は気鋭の新人・いそふらぼん肘樹による「月刊コミックZERO-SUM」(一迅社刊)で好評連載中のアイドルコメディ漫画。顔はいいが全くやる気のない“クズアイドル”仁淀ユウヤが伝説の“神アイドル”最上アサヒの幽霊に出会い、自身に憑依させることでアイドル界のトップを目指していくドタバタコメディで、個性的なアイドルの面々や、彼らを応援するファンの一喜一憂に“推し活をしたことのある人なら思わず笑ってしまう!“とSNSを中心に男女を問わず幅広い層で人気を集め、2019年には「次にくるマンガ大賞」第3位を受賞しております。

TVアニメは2022年夏に放送が決定。主人公の仁淀ユウヤを今井文也、幽霊の神アイドル最上アサヒを東山奈央、仁淀の相方アイドル吉野カズキを堀江瞬が演じることが決定しており、放送に先駆け仁淀&吉野によるアイドルユニット“ZINGS”が歌うデビューシングル「恋のBANG」・2ndSINGLE「MORNING」が続々リリース中。3月20日(日)には初の生配信イベント「ZINGSお見立て会」が開催され、今井・堀江がトーク&生ライブを披露するなど早くも活躍の場を広げております。


<TVアニメ「神クズ☆アイドル」公式サイトがやる気ゼロの“紙くず”サイトに変貌‼仁淀ユウヤがSNS隊長に任命!?今井文也&喜多村英梨演じるボイスドラマも公開!>
TVアニメ「神クズ☆アイドル」の公式サイトが、”神クズ“ならぬ”紙くず“サイトにリニューアルされました。
https://kami-kuzu.com

本作の主人公・仁淀ユウヤが作ったという体で公開された紙くずサイトは、手書きで綴られたメニュー一覧やセロハンテープで切り貼りされた作品ロゴなどアナログ感満載のデザインに、肝心の情報は「Twitterに載ってるんでそっち見てください」と記載しているのみなど、仁淀本人のやる気の無い性格が可視化されたかのような公式サイトとしては前代未聞の”やる気無し仕様”となっております。さらに「これからやること」として未解禁の情報解禁スケジュールも一部メモのように掲載されてしまっているなど、本作の今後の動向も気になる内容となっております。

また本サイト公開に合わせて公式Twitterでは紙くずサイト制作に至る経緯を追った仁淀ユウヤ(CV.今井文也)&信濃社長(CV.喜多村英梨)のショートボイスドラマも公開。
https://twitter.com/kamikuzu_PR

TVアニメ化を控える中いつまでもやる気のない主人公・仁淀にSNS隊長として公式サイトを作るよう任命する信濃社長とのミニドラマが楽しめる。

なお紙くずサイトに掲載されている手書きのキービジュアルイラストは仁淀ユウヤを演じる声優・今井文也による直筆描きおろしイラストとなっており、紙くずサイト公開記念としてこちらのキービジュアルイラストを公式Twitterにて配布中。

紙くずサイトに掲載されている情報によると来週には新たなPVやキービジュアルも解禁になるとのことで、今夏のTVアニメ放送に向けますます盛り上がりを見せる本作の今後の展開が期待される。

今後の最新情報はアニメ公式HPとアニメ公式Twitterにて随時発表となります。
https://kami-kuzu.com
https://twitter.com/kamikuzu_PR

ティザーPV公開中‼:
https://youtu.be/yWxSZCS7cM4

今井文也&喜多村英梨ショートボイスドラマ:
https://youtu.be/PRrntX0vzt4


公式サイト:
https://kami-kuzu.com

公式Twitter:
https://twitter.com/kamikuzu_PR

©いそふらぼん肘樹・一迅社/「神クズ☆アイドル」製作委員会

ニュース:うじたまい、TikTokでバズリ中の「タッチ」ダンス動画に日髙のり子(本人)降臨!!

TVアニメ『タッチ』の主題歌「タッチ」のTikTokのダンス動画にアニメで浅倉南役を努めた声優・日髙のり子本人が登場し、ネット界隈がざわついている。

日髙のり子がTikTokデビューを飾ったのは通称”うじたま”の愛称でTikTokでZ世代を中心に注目を集めるマルチクリエイト・シンガーソングライターのうじたまいのアカウント。

ソングライティングにとどまらず、イラストや映像制作、コスプレファッション動画から振り付け動画の発信など、マルチクリエイターとしての才能とその発信力で、50万人を超えるフォロワーを抱える人気TikTokerでもある。

今回のサプライズは、日髙のり子がパーソナリティを務める文化放送 超!A&G+ 『ノン子とのび太のアニメスクランブル』にうじたまいがゲスト出演した際に、TikTokに興味を持った日髙のり子の「TikTok動画の制作にチャレンジしたい」という言葉がきっかけとなって実現したもの。動画の公開を受け、日髙のり子は自身のTwitterで「アニスクがきっかけで、TikTokの先生(うじたまい)と出会いました」と喜びのツイートを投稿している。

動画内では二人がアニメ『タッチ』のイラストが書かれたTシャツを着てコミカルに踊る10秒ほどの動画だが、二日間で100万再生を突破する勢いを見せている。なお、日髙のり子の公式YouTubeチャンネルでは、ダンス動画の撮影を終えたばかりの二人によるアフタートークが公開されている。

ちなみに日髙のり子は5月21日に自身が主宰する音楽イベント『Non Fes Ⅲ』をLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて開催する。このイベントには日髙のり子の他、きただにひろし、奥井雅美、水樹奈々、平野綾、中島愛、GARNiDELiA、井上喜久子、真田アサミ、熊田茜音、山口勝平といったゆかりのある声優&アニソンシンガーたちの出演が発表されており、この日限りの珠玉のパフォーマンスに期待が寄せられている。

ひょっとしたらこのイベントで、還暦目前でTikTokデビューした日髙のり子のパフォーマンスが見られるかもしれない。


うじたまい「タッチ」ダンス動画:笑顔で撃ち抜いていただいた。
https://www.tiktok.com/@ujitama0/video/7097545602636074242?is_from_webapp=1&sender_device=pc&web_id=7041366032347235841

アフタートーク動画:日髙のり子、TikTokデビュー!?【うじたまい】#Shorts
https://www.youtube.com/shorts/06PUx2HWb74

日髙のり子Official Website:
https://norikohidaka.com

日髙のり子Twitter:
https://twitter.com/nonko_hidaka531

日髙のり子Instagram:
https://instagram.com/nonko_hidaka531

日髙のり子YouTubeチャンネル:
https://youtube.com/c/nonko_hidaka531


<Non Fes Ⅲ (読み:ノンフェス・サード)>
開催日時:5月21日(土) 開場16:30 開演17:00
会場:LINE CUBE SHIBUYA https://linecubeshibuya.com/#access
出演:日髙のり子/きただにひろし/奥井雅美/水樹奈々/平野綾/中島愛/GARNiDELiA/井上喜久子/真田アサミ/熊田茜音/山口勝平
サポートメンバー:清水信之(Key)/鳥山雄司(Gt)/海老原諒(Dr)/ハピネス徳永(Bs)/山下あすか(Perc)
MC:長谷川のび太(文化放送アナウンサー)

イベントの詳細(「Non Fes Ⅲ」公式Twitter):
https://twitter.com/nonfes2022

うじたまいTikTok:
https://www.tiktok.com/@ujitama0

うじたまいOfficial YouTube:
https://www.youtube.com/c/ujitama0

うじたまいOfficial Twitter:
https://twitter.com/ujitama0

うじたまいOfficial Instagram:
https://www.instagram.com/ujitama0/


<うじたまいProfile>
東京生まれ東京育ちのマルチクリエイター。中学生からベースボーカルとしてバンド活動をはじめ、音楽に没頭する。その後は声優アーティストを目指し専門学校へ入学、そこで自分の表現したいものを型に捉われず自由に表現したいと強く思うようになり、フリーで活動を始める。現在はスーパーディレクション所属。

TikTokを軸に”身近に寄り添ううた”をコンセプトとして様々なオリジナル楽曲をリリースしている。代表作「#しまうまになりたいな」は#チャレンジとなり、1億7500万再生を超えTikTokのトレンドとして大流行。さらにTikTokへ投稿した自分自身に歌った「独りうた〜September調子はどうだい〜」も、多くのユーザーに拡散され瞬く間にSNSで大流行し、ユーザーによる拡散動画の総数は1000万再生を超える。

ニュース:主題歌「ヒーローライセンス」のCD発売!音楽とボイスドラマで展開される『PRELUDERS』の天堂黎役は田丸篤志、倫役は浅沼晋太郎!二人のコメントも到着!

5月18日(水)、『PRELUDERS』の主題歌「ヒーローライセンス」のCD発売と同時に、未発表となっていた「Vice Versa」の「天堂黎」と「倫」のキャストが公開され、天堂黎役は田丸篤志、倫役は浅沼晋太郎であることが明らかになった。

本作は、3月に開催されたAnimeJapan内でその全貌が明らかになった、豪華声優陣によって音楽とボイスドラマで展開されるコンテンツ。この5月から順次楽曲のリリースが開始し、8月にはアルバムもリリースされる。そして各楽曲のリリースと同時にボイスドラマもCDや配信で同時に展開される。

すでに先行配信されていた「High Five」と「S-quad」の総勢8人が歌う「ヒーローライセンス」(作詞作曲:大石昌良)だが、5月18日(水)に遂にCDがリリース。配信も同時に開始し、同曲をそれぞれのチームが歌う「High Five版」と「S-quad版」、そしてボイスドラマの第1章「因縁」(Fate)が公開され、同時に、天堂黎役は田丸篤志、倫役は浅沼晋太郎であることも公開。2人からは

コメントも届いている。


<田丸篤志(天堂黎役)―>
始動したばかりなので、まだまだ分からないことだらけです。ヒーローにはヒーローの。ディスコードにはディスコードの戦う理由があるのでしょうか…?彼らがどのような戦いを繰り広げるのか、楽しみにしていてください。

<浅沼晋太郎(倫役)―>
エキセントリックで掴めないディスコード〝倫〟を演じさせていただきました。個性豊かなヒーローたちの、バラエティに富んだ能力バトルを、心ゆくまでお楽しみください!


今後、「Vice Versa」を演じる2人のサイン入り色紙プレゼントキャンペーンや、「天堂黎」と「倫」の日常が垣間見える動画の公開なども予定しているとの事なので、是非公式Twitterや

公式YouTubeチャンネルをチェックして頂きたい。

公式YouTubeチャンネルでは「ぷれりゅの舞台裏」というキャスト陣による配信番組もスタートしており、第1回と第2回は榎木淳弥と天﨑滉平でお贈りしている。

さらに、CD発売を記念して、天﨑滉平、岩崎諒太、内田雄馬、堀江瞬の4名による座談会を実施。その様子は公式HPのニュースにてご覧いただきたい。

是非チェックして頂き、今後の「PRELUDERS」の展開を見逃さないで頂きたい。


<PRELUDERS>
声優×ヒーロー×音楽!新プロジェクト「PRELUDERS」始動!豪華声優陣による「歌」と「ボイスドラマ」でお贈りする新時代のヒーローコンテンツ!

ヒーローのあり方は一つじゃない。人の数だけヒーロー像がある―これは、力と志を持った若者たちが、それぞれのヒーローの形を目指す物語。

<CAST>
★High Five
護人明日可(CV.榎木淳弥)、仲光舜(CV.鈴木崚汰)、春馬湊(CV.岩崎諒太)、柏木世良(CV.堀江瞬)

★S-quad
久地守凰(CV.内田雄馬)、三角智影(CV.伊東健人)、蘭堂あゆむ(CV.西山宏太朗)、烏丸琥太(CV.天﨑滉平)

★Vice Versa
天堂黎(CV.田丸篤志)、倫(CV.浅沼晋太郎)

<STAFF>
原案:W・A / PONY CANYON
キャラクターデザイン:POKImari
シナリオ:八城雄太
主題歌:「ヒーローライセンス」歌:PRELUDERS(High Five&S-quad)
作詞/作曲:大石昌良
楽曲制作:APDREAM
音響制作:PONYCANYON ENTERPRISE
制作:ARCH
宣伝:PONY CANYON
ARCH PR
企画・製作:PONY CANYON


<CDリリース情報>

★ヒーローライセンス(High Five&S-quad)
歌:PRELUDERS
作詞/作曲:大石昌良
発売中
品番:PCCG-02142
価格:2,420円[税込]

[収録楽曲]
1.ヒーローライセンス(High Five&S-quad)
2.ヒーローライセンス(High Five)
3.ヒーローライセンス(S-quad)
4.ボイスドラマ第1章「因縁」(Fate)
[特殊内容/特典] 描き下ろしスリーブケース仕様


★I’m a HERO(High Five)
発売日:2022/06/29
品番:PCCG-02143
価格:2,420円[税込]

[収録楽曲]
1.I’m a HERO(High Five)
2.運命共同体のうた(High Five)
3.ボイスドラマ第2章「交叉」(Cross)

[特殊内容/特典] 描き下ろしスリーブケース仕様


★DGAF(S-quad)
発売日:2022/07/20
品番:PCCG-02144
価格:2,420円[税込]

[収録楽曲(予定)]
1.DGAF(S-quad)
2.タイトル未定(S-quad)
3.ボイスドラマ第3章「融解」(Melting)

[特殊内容/特典] 描き下ろしスリーブケース仕様


★PRELUDERSアルバム「タイトル未定」
発売日:2022/08/31
品番:PCCG-02145
価格:3,630円[税込]

[収録楽曲(予定)]
1.タイトル未定(Vice Versa)
2.タイトル未定(S-quad)
3.タイトル未定(Vice Versa)
4.タイトル未定(High Five)
5.第4章「邂逅」(Encounter)
6.第5章「光芒」(Ray)

[特殊内容/特典] 描き下ろしスリーブケース仕様


主題歌「ヒーローライセンス」ミュージックビデオ:

https://youtu.be/0qqQsnEDuQE


PRELUDERS公式サイト:
https://preluders.jp

PRELUDERS公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCKdhv42rQ4UovLRCE77RjEA

PRELUDERS公式Twitter:
https://twitter.com/preluders

(C)PRELUDERS

ニュース:『最近雇ったメイドが怪しい』2022年7月TVアニメ化決定!

月刊「ガンガンJOKER」にて好評連載中、累計部数45万部(電子含む)を突破。『ジャヒー様はくじけない!』の原作者でもある昆布わかめ先生が贈る、からかいメイドと無自覚タラシ坊ちゃまの、攻守逆転ラブコメディ『最近雇ったメイドが怪しい』。

そんな話題沸騰中の本作のTVアニメ化が決定!2022年7月からABCテレビ・テレビ朝日系列全国24局ネット(『ANiMAZiNG!!!』枠)にてTVアニメが放送スタート。

TVアニメ化の発表にあわせ、キービジュアル&ティザーPVが公開。リリスを“怪しい”と覗き込むお屋敷の主・ゆうりと、どこか“怪しい”メイド・リリスが描かれたキービジュアル。そしてティザーPVでは両親の残した屋敷に一人で住むゆうりの元に突然、「雇ってください」とリリスがやってくる2人の出会いと、これから始まる2人の生活が垣間見られる映像となっている。正体不明、謎に包まれたリリスとの生活はどうなってしまうのか。TVアニメで描かれる二人の関係にご期待ください。

また、ゆうり&リリスのキャラクタービジュアルに加え、キャスト情報が公開された。田舎の小さな屋敷に一人で暮らす純真無垢な少年・ゆうりを早見沙織、ゆうりの前に突然現れた、吸い込まれるような紫色の瞳が特徴の怪しいメイド・リリスを高橋李依が演じる。両キャストからはTVアニメ化に際して、キャストコメントも到着。

メインスタッフは総監督・シリーズ構成に『迷宮ブラックカンパニー』『ジャヒー様はくじけない!』などを手掛けた湊未來。監督は『ジャヒー様はくじけない!』『Deep Insanity THE LOST CHILD』の演出を手掛けた星野美鈴、キャラクターデザインは吉野万智、音楽は藤本コウジ(Sus4 Inc.)/ササキオサム、アニメーション制作はSILVER LINK.×BLADEの、豪華制作陣にてお送りする。

さらに、原作:昆布わかめ先生からTVアニメ化を祝して、描き下ろしイラストとコメントが到着。

本解禁と合わせて、TVアニメ公式HP&Twitterもオープン。最新情報を随時発信していきますので、ぜひ公式Twitterのフォローをよろしくお願いします。


TVアニメ『最近雇ったメイドが怪しい』ティザーPV

https://youtu.be/wxT61uWZlYs


<ゆうり&リリスのキャラクタービジュアル・キャスト情報公開>
ゆうり&リリスのキャラクタービジュアルに加え、キャスト情報が公開された。田舎の小さな屋敷に一人で暮らす純真無垢な少年・ゆうりを早見沙織、ゆうりの前に突然現れた、吸い込まれるような紫色の瞳が特徴の怪しいメイド・リリスを高橋李依が演じる。両キャストからはTVアニメ化に際して、キャストコメントも到着しました。

・ゆうり cv早見沙織
田舎の小さな屋敷に一人で暮らす純真無垢な少年。ある日、突然現れた怪しいメイド・リリスを雇うことになる。秘密主義のリリスを怪しんでおり、その正体を暴こうと毎日観察している。

早見沙織さんコメント
Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
「怪しい」とタイトルにありますが、中身は基本的に和やかで、微笑ましい作品だと思いました。コミカルなシーンがたくさん出てくるので読んでいて楽しい気持ちにしてくれますし、根底にあるちょっぴり謎めいた部分も気になります。アフレコの最初に監督からは、温かくハートフルな作品にしたいというお話を頂きました。ゆうりとリリスのやりとりや、舞台となるお屋敷の空気感が映像ではどのようになるのか、私自身とても楽しみです。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。
眩しいくらい素直で純粋なお坊っちゃまです。リリスの秘密を暴こうと奮闘する姿は可愛らしく、また無自覚が故のストレートな言葉が魅力的。お屋敷に一人で暮らしているので寂しさを抱える所もあるのですが、主人として立派に努めようとする姿は健気で応援したくなりました。物語の序盤は特にリリスと二人での掛け合いが続きますので、高橋李依さんと息を合わせつつ、ゆうりとリリスの絆を紡いでいきたいと思っております!


・リリス cv高橋李依
ある日、ゆうりの前に突然現れた怪しいメイド。漆黒の髪と褐色の肌、吸い込まれるような紫色の瞳が特徴。あまり自身のことを話したがらず、何かと秘密にしがちなため、ゆうりにものすごく怪しまれている。

高橋李依さんコメント
Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
まずは絵や表情がとにかく可愛い!リリスの瞳がどのコマでも深い紫色で描かれているのも、怪し可愛くて印象的でした。そして、眺めているだけでもニマニマしてしまう二人のやりとり。坊っちゃまの真っ直ぐすぎる言葉選びには、私も身悶えております。この温かい日常をいつまでも見守り、リリスと坊っちゃま、2人からニマニマさせられたいです。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。
リリスは、坊っちゃまに攻める瞬間と、照れてしまうリアクションにギャップがあって魅力的だなあと。どちらの表情も、仕草や照れ具合が毎回絶妙に違うため、繰り返す掛け合いの中でも、常に新鮮なものがお届けできたらいいなあという意気込みです。それと個人的に、ゆうり役の早見沙織さんと過ごす時間も大好きなので、毎回のアフレコが楽しみでもあります。作品のもつ温かな雰囲気と、坊っちゃまと過ごす幸せをたくさん感じながら、丁寧に演じて参りたいです。


<メインスタッフ情報・昆布わかめ先生からTVアニメお祝いイラスト&コメント到着!>
昆布わかめ先生 TVアニメお祝いイラスト&コメント

・コメント
『最近雇ったメイドが怪しい』アニメ化決定ありがとうございます!twitterの投稿から始まりこうしてアニメ化して頂ける日が来るとは感無量です!これも応援して下さる読者の皆さまのおかげです!いつもありがとうございます!動いてしゃべるリリスと坊ちゃまたちを観るのが今から楽しみです!原作も引き続き頑張ります!

・イラスト


<作品概要>
・イントロダクション
最近、メイドを雇った。仕事熱心で真面目だけど、とても…
――怪しい――
田舎の小さな屋敷の主人・ゆうりは、突然現れたメイド・リリスの正体を探っていた。素性も目的も不明だが、不自然なほど良く働き、料理も洗濯も怖いほどに完璧。そして、あの吸い込まれるような紫の瞳。
きっとリリスは何か企んでいるに違いないと、怪しすぎて、怪しすぎて、ゆうりは何も手につかなくて困っている……。
これは孤独だった1人の少年と、突然現れた怪しいメイドが、少しずつ、絆を育んでいく物語。

・放送情報
2022年7月からABCテレビ・テレビ朝日系列全国24局ネット(『ANiMAZiNG!!!』枠)にて放送

・スタッフ
原作:昆布わかめ(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
総監督・シリーズ構成:湊 未來
監督:星野美鈴
助監督:伊部勇志
キャラクターデザイン:吉野万智
音楽:藤本コウジ(Sus4 Inc.)/ササキオサム
アニメーション制作:SILVER LINK.×BLADE

・キャスト
ゆうり:早見沙織
リリス:高橋李依

・公式HP
https://maid-ga-ayashii.com/

・公式Twitter
https://twitter.com/maidga_ayashii
#最近雇ったメイドが怪しい


・原作
『最近雇ったメイドが怪しい』
原作 昆布わかめ(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
コミックス第1~5巻まで好評発売中!

©昆布わかめ/SQUARE ENIX・「最近雇ったメイドが怪しい」製作委員会