ニュース:桑島海空1st写真集「初ランジェリー&すっぴんカット披露!」

2022年に『ヤングマガジン』(講談社)で初グラビアを披露し、“新時代のショートカット美少女”として瞬く間に注目を集めた桑島海空(くわじま・みく)の1st写真集から、先行カット第2弾をお届け!今回公開されたのは彼女が初めて披露するランジェリー姿の2カットと、ローラースケートを履いた元気一杯のカットの 1枚。

ランジェリーの写真は、宿泊したホテルで早朝に撮影。起きてからすぐに撮影した貴重な「ガチすっぴん姿」で、普段よりさらにナチュラルな表情がポイント。純白のランジェリーを纏った色っぽさとあどけなさの絶妙なバランスが見どころです。

ローラースケートの写真は、オーストラリアに着いて一番最初に撮影したカット。最初はスケートに慣れない様子でしたが、撮影しているうちに徐々に滑れるように!海空ちゃんらしい笑顔満開のカットになりました。

今作は、彼女が初めて訪れるオーストラリア・ケアンズで5日間にわたる撮影を敢行。美しい自然の中で「日本一太陽が似合う19歳」が魅せる、みずみずしいフレッシュな姿を思う存分詰め込みました。

彼女のチャームポイントである太陽のような笑顔、そして今まで見たことのない新たな一面。可能性しかない美少女・海空ちゃんの「今」を全て詰め込んだ、必見の一冊です!

写真集の公式Xアカウントも開設いたしましたので、ぜひフォローをお願いいたします。

公式Xアカウント:
https://x.com/kuwajimamiku1st

また写真集の刊行を記念して、海空ちゃんに会えるお渡し会も6月8日(土)に開催いたします。詳細はHMV&BOOKS SHIBUYAのHPをご覧ください 。
https://www.hmv.co.jp/store/event/49995/


<本人コメント>
今回、初のランジェリーに挑戦しました〜!
朝起きてほとんど寝起きのままの素顔で撮影したので、
リラックスした自然体の私が見られると思います。
写真集の中にはさらに「ドキッ」とするカットもあるので楽しみに待っていてください!
初めてのローラースケートは少し怖かったけど、やっていくうちに滑れるようになって楽しかったです!笑
スタッフさんに「似合ってるね!」と言ってもらえて嬉しかったです!


<注目ポイント>
●海空ちゃんらしい、眩しすぎる「王道ビキニ」はもちろんたっぷり収録!
●開放的な海外で見せる、自然体でキュートな「リラックスした素顔」。
●今まで解禁してこなかった「初ランジェリーショット」もお披露目!
●ココでしか見られない、海空ちゃん史上最高の「セクシーショット」にも挑戦
●初恋が蘇るような、まっすぐであどけない彼女をお届けします。


<プロフィール>
桑島海空(くわじま・みく)
2004年7月1日生まれ。東京都出身。
女優、グラビアアイドルとして活動し「どこか懐かしさを感じる無加工美少女」として話題に。2022年に講談社『ヤングマガジン』で初グラビアを披露し、『ヤンマガ Web 』にて公開されたアザーカットが同サイトの歴代最高 PV を更新。現在は様々な媒体で表紙を飾る。集英社『週刊プレイボーイ』が選出する「グラジャパ!アワード2023」で最優秀新人賞を受賞。


<書籍概要>
桑島海空1st写真集タイトル未定
撮影:LUCKMAN
予価:3,278 円(税込)
A4 判128ページ
発売日:2024年6月5日(水)

ⒸLUCKMAN /講談社

ニュース:静謐にして妖艶。女優・逢沢りなが放つ新たな魅力とはー。12 年ぶりの 撮り下ろし写真集 『 月刊 逢沢りな 』6 月 12 日 発売決定!

2008年放送のスーパー戦隊シリーズ『炎神戦隊ゴーオンジャー』で女優デビューを果たし、その後テレビ・映画・グラビア・ファッション誌などで多岐に渡る活動をしてきた逢沢りな。グラビアでは、永遠の「少女感」を漂わせ、いつまでも変わらない透明感のある姿でファンを魅了してきました 。

そんな彼女が、30歳を超えたこのタイミングで写真集 を 発売 する事が決定しました。12年ぶりの写真集、やるならとことんやり切って、今までとは全く異なる新しい自分を見てもらいたいと決意。新しい姿を見せるため、写真は ND CHOWと初タッグを組 みました 。

【作品概要】
熱気あふれるベトナムの地で展開されるさまざまな魅力撮影の舞台はベトナム。同国を舞台にした名画『愛人/ラマン』をイメージさせるような世界観に彩られた展開になってい ます。ホーチミンの喧騒の中、生活感あふれるアパートや街に佇む素朴な姿は、デビューから 20年近く 経っても なお失われない純真さと儚さに満ち、かたやラグジュアリーなクラシックホテルでは、大人の女性としての魅力たっぷりなブラックのランジェリーでエレガントな雰囲気を醸し出し、刻々と色彩が移ろいでいく夕景の海では、アンニュイな表情で魅せます。

「NDさんはシチュエーションやイメージを決め込まずに、その時のインスピレーションでどんど んアイデアを出していくので、その スタイル に、何も考えずについていきました」という逢沢りな。かつてない大胆な露出感やポージング、さらには「写真を見て自分でも驚いた」というエモーショナルでセクシーな表情など、「初めて」だらけの3泊4日を、逢沢りなは女優として、また一人の旅人として駆け抜けました。

様々な魅力が堪能でき、ときにそのギャップに驚きさえ感じる見ごたえ抜群の本書。見たことのない逢沢りなが濃厚に詰め込まれた一冊です。

【プロフィール】
1991年 7月 28日生まれ、東京都出身。 O型。
2008年『炎神戦隊ゴーオンジャー』で女優デビュー。 2023年『サブスク彼女』、『18歳、新妻、不倫します。』、『警視庁強行犯係・樋口顕』などに出演。 2024年4月6日スタート『おいハンサム !!2』(東海テレビ・フジテレビでは鼻血を自由自在にあやつれる翔子役で出演。

【書籍概要】
タイトル:
月刊 逢沢りな
発売日:
2024年6月12日
定価:
3,960円(税込)
判型:
A4
ページ数:
128ページ
撮影:
ND CHOW(アンディ チャオ)
プロデュース:イワタ
発⾏元:講談社

Ⓒ ND CHOW/講談社

ニュース:Staging!! Vol.1『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』キャスト情報解禁&チケット申し込み開始!

「Staging!!」とは、ひとつの物語を「素材」として、様々な演出家(ディレクター)が独自の解釈とキャスティング、演出により自由に「料理」する朗読劇です。

音響監督、映画監督、舞台演出家など様々なジャンルの演出のプロが「原作」を読み、解釈したうえで、キャスティング、音や光、音楽、演技などを自由に演出する、「演出」にスポットをあてた本企画。

案内人として神谷浩史を迎え、すべての公演を観劇したくなる、新しくてチャレンジングな朗読劇が幕を開けます。「最高の素材」から生まれる、演出の違いによる「極上の味(舞台)」をご堪能ください。

Vol.1となる『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』は、原作を小川哲、脚本・演出を水島精二、若林和弘、伊藤マサミが務めます。

このたび、各公演に出演するキャストが下記の通り決定いたしました。また、本日よりチケットの申し込みを開始いたします。


■公演日時/キャスト/配役 ※敬称略
<水島精二演出回>
2024年6月14日(金)
【夜公演】開場19:00/開演19:30
蘇我慶太 役:浦和希
千葉沙羅 役:岩田陽葵
船橋彰 役:吉永拓斗

2024年6月15日(土)
【昼公演】開場14:30/開演15:00
【夜公演】開場17:30/開演18:00
蘇我慶太 役:阿座上洋平
千葉沙羅 役:田所あずさ
船橋彰 役:吉永拓斗

2024年6月16日(日)
【昼公演】開場13:30/開演14:00
【夜公演】開場16:30/開演17:00
蘇我慶太 役:石川界人
千葉沙羅 役:東山奈央
船橋彰 役:吉永拓斗

<若林和弘演出回>
2024年6月28日(金)
【昼公演】開場15:30/開演16:00
蘇我慶太 役:入野自由
千葉沙羅 役:宮本侑芽
船橋彰 役:石川界人
【夜公演】開場19:00/開演19:30
蘇我慶太 役:小野賢章
千葉沙羅 役:宮本侑芽
船橋彰 役:細谷佳正

2024年6月29日(土)
【昼公演】開場13:30/開演14:00
蘇我慶太 役:石川界人
千葉沙羅 役:瀬戸麻沙美
船橋彰 役:濱野大輝
【夜公演】開場17:00/開演17:30
蘇我慶太 役:島﨑信長
千葉沙羅 役:佐倉綾音
船橋彰 役:細谷佳正

2024年6月30日(日)
【昼公演】開場13:30/開演14:00
蘇我慶太 役:小野賢章
千葉沙羅 役:佐倉綾音
船橋彰 役:石川界人
【夜公演】開場17:00/開演17:30
蘇我慶太 役:小野賢章
千葉沙羅 役:瀬戸麻沙美
船橋彰 役:石川界人

<伊藤マサミ演出回>
2024年7月13日(土)
【昼公演】開場15:00/開演15:30
【夜公演】開場18:00/開演18:30
蘇我慶太 役:山下大輝
千葉沙羅 役:諸星すみれ

2024年7月14日(日)
【昼公演】開場15:00/開演15:30
【夜公演】開場18:00/開演18:30
蘇我慶太 役:神尾晋一郎
千葉沙羅 役:逢田梨香子

※7月15日(月・祝)の公演につきましては、後日発表いたします。


<Staging!! Vol.1『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』公演概要>
■「Staging!!」とは
ひとつの物語を「素材」として、様々な演出家(ディレクター)が独自の解釈とキャスティング、演出により自由に「料理」する朗読劇です。音響監督、映画監督、舞台演出家など様々なジャンルの演出のプロが「原作」を読み、解釈したうえで、キャスティング、音や光、音楽、演技などを自由に演出する、「演出」にスポットをあてた本企画。案内人として神谷浩史を迎え、すべての公演を観劇したくなる、新しくてチャレンジングな朗読劇が幕を開けます。「最高の素材」から生まれる、演出の違いによる「極上の味(舞台)」をご堪能ください。

案内人:神谷浩史(かみや ひろし)
1月28日生まれ。千葉県出身。A型。日本を代表する声優の一人。
「ワンピース」のトラファルガー・ロー、「進撃の巨人」のリヴァイ、「夏目友人帳」シリーズの夏目貴志、「物語」シリーズの阿良々木暦、「おそ松さん」のチョロ松、「うる星やつら」の諸星あたる等、数々の人気シリーズの主要キャストをはじめ、出演作は数知れず。「声優アワード」等の獲得数も挙げたらきりがない。
「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」等ラジオの パーソナリティーとしても大活躍。「Kiramune」のREADING LIVEについても、企画プロデュースの中心にいる。決して妥協することなく、仕事に向き合う姿勢は非常にストイック。そんな「神谷の仕事」は、業界全体が常に注目する。「Staging!!」は、 「Mixalive TOKYO」企画の一つとして、神谷浩史みずからが提案。

原作者:小川 哲(おがわ さとし)
渋谷教育学園幕張高等学校から東京大学理科一類を経て東京大学教養学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。数学者・論理学者のアラン・チューリングについて研究した。博士課程2年時の2015年、投稿作「ユートロニカのこちら側」が第3回ハヤカワSFコンテストで〈大賞〉を受賞し、作家デビュー。
2017年『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞、第31回山本周五郎賞を受賞。2020年には『嘘と正典』(早川書房)に収録の『魔術師』が中国にて銀河賞の銀賞に輝いた。2022年刊行の『地図と拳』で第13回山田風太郎賞、第168回直木三十五賞を受賞。同年刊行の『君のクイズ』は第76回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉を受賞。最新作『君が手にするはずだった黄金について』が2024年の本屋大賞にノミネートされている。

『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』あらすじ
午後六時、私の部屋のインターフォンが鳴った。恋人のアキラ君が予定より早く来たのだろうか? モニターを見ると、見覚えがあるような、ないような男が立っている。
「突然すみません。蘇我慶太です。僕のこと、覚えていますか?」
中学時代の同級生で、サッカー部のキャプテンで、生徒会長を務め、定期テストはいつも満点、県内で最も偏差値の高い高校に進学した蘇我君。
現役で東大に進学して、在学中に司法試験と医師国家試験に合格して、論文で何かの賞を受賞して、当時は天才としてテレビなんかにもよく出ていた。卒業後はしばらく研究者をしていたようだったけれど、三年前に投資会社を設立して、そこでも成功して上場したらしい。
でも、彼とは十三年間一度も会っていない。なぜいきなりうちに?
「僕は、あなたを救いに来た」驚く私に蘇我君は、「僕は二〇二二年の四月十一日を約千二百回繰り返しています」と告げた――。
半信半疑の私をよそに、蘇我君は誰も知らないはずの私の秘密を次々と言い当てていく。何度も私を助けようとして、その度に私は死んでしまったという。この男を信じていいのだろうか、そして私は死んでしまうのか? 不思議な、けれど途方もなく長い夜が始まった。

タイトル:Staging!! Vol.1『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』
案内人:神谷浩史
原作:小川哲
脚本・演出:水島精二、若林和弘、伊藤マサミ

【日時】
■水島精二演出回
2024年6月14日(金)【夜公演】開場19:00/開演19:30
15日(土)【昼公演】開場14:30/開演15:00
【夜公演】開場17:30/開演18:00
16日(日)【昼公演】開場13:30/開演14:00
【夜公演】開場16:30/開演17:00

■若林和弘演出回
2024年6月28日(金)【昼公演】開場15:30/開演16:00
【夜公演】開場19:00/開演19:30
29日(土)【昼公演】開場13:30/開演14:00
【夜公演】開場17:00/開演17:30
30日(日)【昼公演】開場13:30/開演14:00
【夜公演】開場17:00/開演17:30

■伊藤マサミ演出回
2024年7月13日(土)【昼公演】開場15:00/開演15:30
【夜公演】開場18:00/開演18:30
14日(日)【昼公演】開場15:00/開演15:30
【夜公演】開場18:00/開演18:30
※7月15日(月・祝)の公演の詳細は、後日発表いたします。

会場:
Mixalive TOKYO Theater Mixa
https://www.mixalivetokyo.com/
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3

チケット:
オフィシャル先行・小説現代先行受付 3月22日(金)0:00〜4月7日(日)23:59
オフィシャル先行URL:
https://w.pia.jp/s/staging-vol1of/
制作:Office ENDLESS
主催:講談社・Office ENDLESS
公演のお問合せ:Office ENDLESS
公演事務局:info@officeendless.com(平日10:00~17:00)
※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。
※お問い合わせの際は必ず公演名をお伝えください。

公式HP:
https://officeendless.com/sp/staging/
公式X:
https://x.com/Staging_reading
ハッシュタグ:
#ステージン #Staging


©小川哲・講談社/「Staging!!」vol.1製作委員会

ニュース:5月20日・トップ俳優の絆が生んだ豪華写真集がリリース!モデル・眞栄田郷敦、撮影・二階堂ふみ・役者同士だからこそ 、の上質な空間で紡がれ た176ページのサイレント・ ストーリー

1本の名画を味わうような重厚さが楽しめる本作品。エンタテインメントかつ、アートとしても成立するカットの数々は、まさに、役者同士でなければわからない、阿吽の呼吸から生み出され ました。ページをめくるほどに二人の信頼感や情熱の絆がセリフとなって聞こえてくるかのような珠玉のストーリーとなっています。編集に関しても二人が自ら時間をかけて手がけた 構成に加え、装丁 や使用する紙にもこだわり抜いた、 まさに「本物」の豊かさを感じさせ る一冊です。

<作品概要>
若手俳優として唯一無二ともいうべきその「武士」的な魅力で、話題の映画や大河をはじめとした注目ドラマからのオファーが 引きも切らない 眞栄田郷敦。かたや独特の存在感と瑞々しい感性で朝ドラからコメディ映画まで幅広い役を演じる一方、写真家としても非凡な才能を示す二階堂ふみ。

この二人が出会ったのは4年前。連続ドラマの共演者としてでした。ストーリー上 、 恋愛がらみの二人でしたが、実はそ の撮影期間に 表現者として強い絆で結ばれることになったそうです。

眞栄田は「俳優として駆け出しだった僕に、モノを作ることの姿勢を教えてくれたのは二階堂さんです」と最上級のリスペクトを覚え、二階堂は「この才能に満ちた青年の写真を撮りたい。豪快に見えて実は少年のように繊細な輝きを残したい 。 」と被写体としての彼に惚れ込 みます 。「いつか撮らせてね 。 」と二階堂が投げた言葉に「 僕 でよければいつでも 。 」と答えた眞栄田 でした が、さらに多忙を極める二人がチャンスを得たのは 3年後。それも 2日間という打ち合せさえままならない スケジュール。

それでも二階堂は「全然大丈夫。もう撮りたいものは決まって い ます 。 」と自信を見せ、眞栄田は「二階堂さんにすべて任せてます。僕は現場に行くだけですから 。 」と 事前の 衣装チェックさえしない信頼ぶり。

こうして始まった撮影は、まさに俳優二人によるロードムービーの撮影のよう でした。初日は都内某所。スタジオを中心に少し無精ひげをたくわえたワイルドな眞栄田が覚醒するさまは、まさに、鳥肌が立つ凄みを感じさせます 。 UKロックアーティストを思わせる衣装から湿度100%の濡れ姿、夕景の屋上でのスーツ姿に本作のキービジュアルともいうべきふんどし姿・・・。

しかし、シチュエーションは変わっても、カメラマンへの信頼にぶれは全く無し。二日目はとある浜辺の一軒家。アメリカンなシャツや海兵隊チックな衣装、ウッディーな室内にベッドでの姿もまた素直な少年ぽさを感じさせ、前日とは趣を異にしたボーイズライクな内面性が見えます 。

俳優二人の感性に満ちた現場は、ゆったりとしながらも緊張感に包まれた不思議な雰囲気を醸し、 新しい“何か”が生まれる、そんな予感を感じさせる 空間になっていました。

撮了間際には、二階堂はあまりの至福の時間とすべての一体感に感動し、涙 したというエピソードも。そんななかで生み出された写真は見る者を圧倒する「力」に満ちています。ちなみにタイトルの「A Beautiful Blink」は二階堂が名付け親。「美しい瞬きは眞栄田さんの強い目力と同時に、あの 2日間の峻烈な輝きをイメージしました」とのことです。


【プロフィール 】

■まえだ・ごうどん
2000年1月9日生まれ。アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。俳優。2019年映画『小さな恋のうた』で俳優デビュー。同年、池井戸潤原作のテレビドラマ『ノーサイド・ゲーム』で一気に注目され、その後は映画『東京リベンジャーズ』『ヒノマルソウル』『ゴールデンカムイ』 (24年 1月公開 )やドラマ『私の家政婦ナギサさん』『教場 2』『レンアイ漫画家』『エルピス』『大河ドラマどうする家康』などの話題作に続々出演。 CMでも数多くのクライアントを持つ 。

■にかいどう・ふみ
1994年9月21日生まれ 沖縄県出身 女優・写真家。2009年『ガマの油』でスクリーンデビュー。独特の存在感が話題となり映画、ドラマに次々出演。多くの賞を獲得する。また女優以外にも写真家として積極的に活動。 写真集の月刊シリーズや 山下智久を週刊プレイボーイの表紙巻頭で撮り下ろしのほか、ファッション
誌『ELLE』のウェブ連載『FOCUS ON』でも様々なテーマで発信し続けている。


【書籍概要】
タイトル:
「眞栄田郷敦 写真集 A Beautiful Blink」
撮影:
二階堂ふみ
発売日:
2024年5月20日(月)
定価:
7700円( 税込
判型:
A4版 特別装丁
ページ数:
176ページ
オリジナル銀塩プリント付き
(全3種のうちランダムで1枚封入 )
※銀塩プリント付きは初版限定
発行元:講談社


【イベント情報】
5月25日(土) に写真集 発売記念イベントの開催も決定
代官山蔦屋書店にてご予約のお客様を対象に下記写真集発売イベントを開催します。
〇抽選で「眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさんのトークショー+Wサイン本お渡し会」
〇先着で「お二人からのお渡し会」
詳細は代官山蔦屋書書店のHPをチェックしてください。スペシャルなイベント。ぜひ注目くださいませ。
https://store.tsite.jp/daikanyama/

Ⓒ二階堂ふみ/講談社

ニュース:舞台『モノノ怪~座敷童子~』全キャラクタービジュアルも公開!

人気アニメ『モノノ怪』の舞台化第2弾として、「座敷童子」の舞台が2024年3月21日(木)から24日(日) までIMM THEATER、3月29日(金)から31日(日)までCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホール、4月4日(木)から7日(日)までIMM THEATER (東京凱旋)にて上演される。

いよいよ本番が近づく中、本公演のチケット一般発売日を公開。また作品を彩る全キャストのキャラクタービジュアルを公開!このキャラクター達が舞台『モノノ怪〜座敷童子〜』でどのように活躍するかはぜひ劇場で確かめて欲しい。


<一般発売:3月2日(土)10:00~>
イープラス:
https://eplus.jp/mononoke_stage24/

チケットぴあ:
https://w.pia.jp/t/mononoke-stage24/

ローソンチケット:
https://l-tike.com/mononoke_stage24/

楽天チケット:
https://r-t.jp/mononoke_stage24

CNプレイガイド:
http://cncn.jp/mononoke_stage24/ 


<キャラクタービジュアル初公開>
薬売り役:新木宏典

志乃:岡田夢以

徳次:西銘駿/白又敦※Wキャスト

少年徳次:大平峻也

久代:新原ミナミ

若き久代:井筒しま

フク:加藤里保菜

ボボ:中村哲人

ステ:⽥上真⾥奈

トメ吉:西洋亮

イチ/直助:高山孟久

ヤス:波多野⽐奈

フジ:藤原ひとみ

モト:⻑島 静莉奈


<「モノノ怪」について>
2007年にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送された『モノノ怪』は、「ノイタミナ」15周年の企画として行われたファン投票で、数十作品の中で上位となった人気作。また『空中ブランコ』『C』『つり球』『ガッチャマンクラウズ』などの個性的な作品を作り続けてきた中村健治監督の原点となる作品だ。
2022年には、『モノノ怪』の放送から15 周年の記念企画のひとつとして、大奥を舞台とした、完全新作の劇場版プロジェクトが発表された。2024年夏、劇場版ならではのスケールで“完全新作”の『モノノ怪』が誕生する。


<舞台『モノノ怪~座敷童子~』作品情報>
タイトル:舞台『モノノ怪~座敷童子~』
原作:モノノ怪「座敷童子」
脚本:高橋郁子
演出・映像:ヨリコジュン

<公演日程>
東京:2024年3月21日(木)~24日(日)
大阪:2024年3月29日(金)~31日(日)
東京凱旋:2024年4月4日(木)~7日(日)

会場:
東京・東京凱旋:IMM THEATER
https://imm.theater/
〒112-0004  東京都文京区後楽1-3-53
大阪:COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
https://cjpo.jp/
〒545-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3-6

チケット販売:
チケット一般発売(先着)2024年3月2日(金) 10:00〜
※詳細は申し込み画面にてご確認ください。
※申し込みサイトに記載してあります注意事項をよくお読みの上お申し込みください。
チケット料金:
全席指定(特典付き)13,000円(税込)、全席指定(特典なし)11,000円(税込)

チケットに関するお問合わせ:(11:00~18:00※日・祝休業)
公演事務局 0570-200-114

主催:
舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会

制作:
Office ENDLESS

公演に関するお問合せ:(平日10:00~17:00)
info@officeendless.com
※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。
なお、内容によってはご回答までに少々お時間をいただく場合もございますので予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


公式HP:
https://officeendless.com/sp/mononoke_stage

公式X:
https://x.com/mononoke_stage

ハッシュタグ
「#モノノ怪」「#モノステ」

©舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会