ニュース:劇団おぼんろ第24回本公演『聖ダジュメリ曲芸団』キャストビジュアル公開&18歳以下無料ご招待チケット販売中!!

LIVEエンターテインメントビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」(東京都豊島区東池袋)内「Theater Mixa」にて2024年5月30日(木)より劇団おぼんろ第24回本公演『聖ダジュメリ曲芸団』を上演いたします。

この度、キャストのビジュアル写真が公開になりました。

社会から取り残され害虫サーカスを始めた貧しい2人、税金を取り立てる町役人、イイワケと共に大虐殺から逃げ延びた虚弱体質のダニ、先輩芸虫である職人気質のノミたち、そんな彼らを蔑み嫌い、いつか人間たちを駆逐してやろうと心に決めているマダニの兵隊。一座の害虫たちの報酬がわりに飼われている血吸わせ猫・・・などなど個性豊かなキャラクターたちが勢揃いしました。

<出演者>
カチグミ役:井俣太良(少年社中)

チュードク役:織部典成

ミチナカバ役:佐藤たかみち

ウチジニ役:塩崎こうせい

ツキソイ役:横井翔二郎

(以上、五十音順)
ジュンシ役:さひがしジュンペイ

ハイアガリ役:わかばやしめぐみ

イキザマ役:高橋倫平

イイワケ役:末原拓馬

(以上、おぼんろ)


また、今回の作品はコロナ禍で失われた子供たちの文化芸術の鑑賞・体験の機会を回復するための子供文化芸術活動支援事業の取り組みとして、舞台『聖ダジュメリ曲芸団』に小学生(6歳以上)~18歳のお子様を無料でご招待できることとなりました。ぜひたくさんのお子様方に本作品をご覧いただきたいと思っております。保護者の方も同伴の場合は半額でご覧いただけますので是非ご家族でもご参加ください。

劇団おぼんろが豪華客演陣とともに織りなす新作『聖ダジュメリ曲芸団』の儚くも美しい物語の世界。是非、たくさんのご来場をお待ちしております。


<こども無料チケットについて (18歳以下限定)>
【ご招待対象】
ご来場時に小学生~18歳以下のお子様
・一般チケット、2階席チケットの一部のお座席が対象です。
・未就学児のご入場はできません。
・小学生の方は保護者様同伴の上、ご来場いただきます。
・同伴の保護者様1名のみ半額対象です。ただし、子供3名以上の場合、 子供2名につき同伴者1名までを条件として半額料金が適用されます。
例)子供3名の場合→同伴者1名半額/子供4名の場合→同伴者2名半額
・こども無料チケット、保護者チケットは事前にご予約、チケット発券が必須です。
・こども無料チケットでご入場される方には当日劇場に年齢確認のできるものをご持参いただきます。(学生証・保険証・マイナンバーカード・パスポート)

こども無料チケットのご予約はこちらから
専用受付URL:
https://l-tike.com/st1/dajumel-kodomokanshou


<あらすじ>
昔々、はたまた未来か、あるいは現在か・・・
貧しい街の片隅では、今日も聖なる害虫たちのサーカスが繰り広げられております。
生まれながらにして一族を失い、自らの寿命もさほど長くないと知ったダニの「イイワケ」は、短くも輝かしい一生を夢見て座長に仕えることにしました。一座は街の害虫駆除計画のための税金を支払うために、日夜必死でお金を稼ぐのです。

社会から取り残され害虫サーカスを始めた貧しい2人、税金を取り立てる町役人、イイワケと共に大虐殺から逃げ延びた虚弱体質のダニ、先輩芸虫である職人気質のノミたち、そんな彼らを蔑み嫌い、いつか人間たちを駆逐してやろうと心に決めているマダニの兵隊。一座の害虫たちの報酬がわりに飼われている血吸わせ猫・・・個性豊かな命がけの登場人物たちが織りなす、童話的な叙情悲喜劇。聖ダジュメリとは? 物語は思わぬ方向に進み続け、そして終わらない終わりを迎えていく。


<公演概要>
劇団おぼんろ 第24回本公演
『聖ダジュメリ曲芸団』

作・演出:末原拓馬
日程:2024年5月30日(木)~6月9日(日) 全14ステージ
会場:Mixalive TOKYO Theater Mixa
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3 Mixalive TOKYO 6階
https://www.mixalivetokyo.com/

公演HP:
https://www.obonro-web.com/dajumel

<タイムテーブル>
5月
30日(木) 18:30
31日(金) 18:30
6月
1日(土) 13:00 / 18:00
2日(日) 13:00 / 18:00
3日(月) 休演日
4日(火) 13:00 / 18:30
5日(水) 13:00 / ☆19:00ダジュメリの秘密の晩餐会
6日(木) 休演日
7日(金)13:00 / 18:30 (収録日)
8日(土)13:00 / 18:00
9日(日)13:00
全14ステージ
開場は開演の45分前。受付開始は開演の1時間前。
※6月5日19:00の晩餐会は出演者によるトークイベントになります。本編の上演はございません。
※6月7日は終日収録用カメラが入ります。


<チケットについて>
◆発売開始日
一般発売受付:4月7日(日)正午開始

◆チケット価格(全席指定)
プレミアム特典付きチケット:12000円(税込)
前方中央のエリア指定席チケットになります。
特典:出演者全員集合印字サイン入りポストカード+ランダムステッカー(全3種)

一般チケット:8800円(税込)
2階席チケット:4800円(税込)

いいねチケット:投げ銭 (2階ベンチシート限定)
※いいねチケットは基本入場無料。終演後に言い値での投げ銭チケットになります。
お客様は事前にお席だけご予約してご来場いただき、チケット代は当日投げ銭になります。


<ダジュメリの秘密の晩餐会 トークイベント>
ダジュメリの秘密の晩餐会チケット:5500円(税込)(6月5日(水) 19:00限定)

チケット取り扱い:ローソンチケット
URL:
https://l-tike.com/dajumel/

店頭:
ローソン、ミニストップ店内Loppi (Lコード:33320)

※座席選択はWeb予約時に先着順でお客様ご自身で選択が可能です。ご予約後の公演日変更、キャンセル、返金はできませんのでご注意ください。チケットはローソンまたはミニストップ(店内のLpoppi)よりお引き取りいただきますようお願いいたします。
決済方法:店頭入金(ローソン・ミニストップ)、クレジット決済、携帯キャリア決済、PayPay決済

〈通常時プレミアム席〉

〈6月7日 収録日プレミアム席〉※グレーの席は非売席です。


<劇団おぼんろとは>
劇団おぼんろは大人のための寓話を紡ぎ出すことを特徴とし、その普遍性の高い物語と独特な舞台演出技法によって注目を集めてきた。主宰の末原拓馬の路上独り芝居に端を発し、現在は4000人近くの動員力を持つ劇団に成長。抽象舞台を巧みに用いるおぼんろは廃工場や屋形船、オリジナルの特設テントなど様々な場所でも公演を行い、どんな場所でもまるで絵本の中に潜り込んだようなエンターテインメントを紡ぎ出してきた。語り部の息遣いが聞こえ、温度さえも伝わる迫力に参加者(観客)は胸を高鳴らせ、日常を忘れて物語の世界に浸る。野外での特設テントでの上演や、サーカスパフォーマンスとの融合にも挑戦し、2023年に3階建ての特設劇場にて上演された『ゲマニョ幽霊』はモルドバでの演劇祭へ招聘され、高い評価を得た。老若男女、国内外の観客から絶大なる人気を誇る劇団。


<脚本・演出 末原拓馬 プロフィール>
劇作家、演出家、小説家、俳優、イラストレーター。
早稲田大学在学時、2006年劇団「おぼんろ」を旗揚げ。
「おぼんろ」は大人のための寓話を紡ぎ出すことを特徴とし、
その普遍性の高い物語と独特な舞台演出技法によって注目を集めてきた。
2021年「おぼんろ」オリジナル公演『瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった』を作・演出・出演。
さらに同作品の小説を講談社より出版。劇団公演は毎年実施しており、
近年は劇団だけでなく外部の舞台や朗読劇の脚本、演出など活動の幅を広げている。
他にもグッズのイラスト、小説の挿絵、舞台の衣装デザインなどアーティスト活動も行っている。


<Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)とは>
「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」とは、 池袋駅東口サンシャイン60通り沿いに誕生したLIVEエンターテインメントの複合施設ビル。
講談社、テレビ東京、キングレコード、ブシロード、ネルケプランニングほか様々なエンターテインメント企業が集まり、舞台、音楽ライブ、トークショー、イベント、ライブカフェなど、6つのホールから多種多様なLIVEエンターテインメントを世界に発信する。ソフトバンクとの協業により全フロア5G化し、リアル&リモートのLIVEエンターテインメントを発信する「ハイブリッドシアター」として本格始動した。


おぼんろ公式サイト:
https://www.obonro-web.com

おぼんろ公式X:
https://x.com/obonro_new

公演に関するお問い合わせ:おぼんろ制作部
obonro.info@gmail.com

劇場に関するお問い合わせ:
https://www.mixalivetokyo.com/contact/

主催:劇団おぼんろ/講談社/ホリプロインターナショナル/ローソンエンタテインメント

ニュース:LIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」再演&続編 上演決定!!2024年9月THEATER MILANO-Zaで開演!

2023年8月11日(金・祝)~8月20日(日)までTHEATER MILANO-Za にて上演したLIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」は、舞台ならではの多彩な演出で表現される物語とキャストによる生演奏・生歌唱を織り交ぜたパフォーマンスが反響を呼び、配信・公演を重ねるにつれ口コミが拡大。千穐楽では当日券を求め行列ができる超満員となり、熱狂の中幕を閉じました。

そしてこの度、2024年9月にLIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」再演&続編の上演が決定!

また、2024年2月28日(水)に発売のLIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」Blu-ray&DVDに、最速先行抽選販売申込券の封入も決定。


<公演概要>
LIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」2024年9月公演(再演&続編)
【公演時期】2024年9月
【会場】THEATER MILANO-Za
(〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町一丁目 29番 1号 東急歌舞伎町タワー 6階)

【原作】
はまじあき「ぼっち・ざ・ろっく!」(芳文社「まんがタイムきらら MAX」連載中)/
TVアニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」

【脚本・演出】
山崎彬
【CAST】
後藤ひとり:守乃まも
伊地知虹夏:大竹美希
山田リョウ:小山内花凜
喜多郁代:大森未来衣
ほか

※再演および続編は、それぞれ独立した公演となります。
※公演タイトルほか公演詳細については、後日発表いたします。


<最速先行抽選販売申込券について>
2024年2月28日(水)に発売のLIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」Blu-ray&DVD購入者特典として、LIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」2024年9月公演(再演&続編)の最速先行抽選販売申込券が封入されます。

公式サイトBlu-ray&DVDページ:
https://bocchi.rocks/stage/bddvd/

※次回公演情報及びチケット最速先行抽選受付に関する詳細につきましては本公式HPにて後日発表いたします。
※受付用シリアルコードは再発行できません。大切に保管をお願いします。


公式サイト:
https://bocchi.rocks/stage

公式X:
https://x.com/BTR_stage

©はまじあき/芳文社・アニプレックス
©LIVE STAGE「ぼっち・ざ・ろっく!」製作委員会

レポート:神谷「エンタメの楽しさ、本質に導けたら」案内人・神谷浩史が贈る朗読劇「Staging!! vol.1 四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男」記者会見レポート

2024年2月7日、都内において、「Staging!! vol.1 四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男」記者会見が行われました。今回の記者会見には原作の小川哲さん、脚本・演出の水島精二さん、若林和弘さん、伊藤マサミさん、案内人の神谷浩史さんが登壇されました。

今回の記者会見には全員がタキシード姿で登場し、会場にも今回の作品は普通の作品ではないという空気が漂いました。

「Staging!!」とは一つの作品を複数の脚本・演出家が様々な解釈で自由に物語を展開する舞台です。

今回の案内人でもある神谷さんが、今回の物語のあらすじを話し、ミステリーのような不思議な話を披露され、今回の作品は企画が出来てから、原作が出来たそうです。原作の小川さんは3人の脚本・演出があるので、様々な解釈が出来ても良いのでは?と思えるストーリー(ループもの)にされたそうです。同じ話を複数上演されるが、複数回見る方もいると思うので、作品がループものだと演出や解釈の余地が出来ると面白いのではないかと話されていました。

神谷さんは小川さんに「わからない企画を引き受けてくれて感謝。」と話し、小川さんも「よくわからない企画」に乗っかって、行われたそうです。小川さんの作品についても神谷さんは「玉虫色に(原作を)書いてくれて感謝。」と如何様にも作品が解釈出来ると思われたそうです。

水島さんは「演出に優劣が付くので嫌だな。」と思われたそうですが、「役者も大変だろうが、ワクワクする。」と「シンプルな朗読劇にチャレンジしてみたい。」と思って、引き受けられたそうです。

若林さんは「基本的にいつも声優にオファーをしているので、(自分自身も)言われたら引き受ける。」というスタンスを持って引き受けたそうです。

伊藤さんは「蓋を開けると錚々たるメンバーになぜ私を?」と思われたそうですが、「頂いたからには全うしたい。」と話していました。

本作品の演出プランについては、水島さんは「作品のイメージを大切にしたくて、見てくださっている方の没入感を邪魔せず、全部役者に読んでもらうのを模索しています。」、若林さんは「音を中心にやっているので、舞台上真っ暗にしてやろうとしたら、NGが出て、真っ暗じゃない形を練っていて、絵が浮かぶようなオーディオドラマが出来ればと思います。」、伊藤さんは「考察の余地があるこの人たちは何をする人たちなのかというクエスチョンが浮かぶと思うが謎解きをする雰囲気にしようと思いました。」と話していました。

神谷さんは「物を作っていくのに参加するのはワクワクしていて、今回三人の優れた演出家がいてそれぞれの解釈があって、それを聞いているだけでも楽しいです。」と作品に多大な期待をしていました。

一通り、説明が行われた後で質疑応答が行われましたが、「キャスティングは舞台によって異なるそうなので、楽しみにしておいてください。」という事で、一つの作品を見るのも良し、二人以上の演出家の作品を見て、作品の違いから考察するというのも楽しめる内容になるとの事でした。キャスティングについては、各脚本・演出家も互いに誰をキャスティングしたか知らず、もしかしたら、同じ人をキャスティングしているかも?と期待を膨らませてくれました。キャストについては、後日発表があるそうです。ちなみに神谷さんは出演の予定はありません。あくまでスタッフとしての位置づけだそうです。

最後に一言コメントとして小川さんは「純粋に一人の観客としてステージの日を楽しみにしています。」、水島さんは「頑張って作品に仕上げていきます。」、若林さんは「本業以外で参加するのは初めてで、自分の思っている形になるかはわかりませんが、頑張っていきたいと思います。」、伊藤さんは「一つの企画で三者三様の演出家が付くのは、朗読劇だから出来る企画だと思います。我々の一番のことは、見てくれる人が楽しんでくれることです。」と作品に期待しかさせないコメントを残していただけました。

神谷さんは「殆どの朗読劇は宣伝の仕方が、キャストがメインになっているように思います。脚本や演出がおざなりになっていると感じるんですよね。本来ならキャストだけがメインではありません。しかし今回の「Staging!!」では三人の演出家がメインです。そして僕はお客さんを導く案内役であり演出家によって同じ脚本が様変わりする様子を一番近くで見られる立場です。エンタメが作られていくのを特等席で見て、感じたことをさまざまな場所でみなさんに伝えて、エンタメの楽しさ、そして本質に導けたらなと思っています。」とコメントされ、記者会見が終了しました。


<『Staging!!』とは>
ひとつの物語を「素材」として、様々な演出家(ディレクター)が独自の解釈とキャスティング、演出により自由に「料理」する朗読劇。音響監督、映画監督、舞台演出家など様々なジャンルの演出のプロが「原作」を読み、解釈したうえで、キャスティング、音や光、音楽、演技などを自由に演出する、「演出」にスポットをあてた企画。案内人として神谷浩史を迎え、すべての公演を観劇したくなる、新しくてチャレンジングな朗読劇が幕を開ける。「最高の素材」から生まれる、演出の違いによる「極上の味(舞台)」をご堪能ください。

案内人:神谷浩史(かみや ひろし)
1月28日生まれ。千葉県出身。A型。日本を代表する声優の一人。
「ワンピース」のトラファルガー・ロー、「進撃の巨人」のリヴァイ、「夏目友人帳シリーズ」の夏目貴志、「物語シリーズ」の阿良々木暦、「さよなら絶望先生」の糸色望、 「おそ松さん」のチョロ松等、数々の人気シリーズの主要キャストをはじめ、出演作は数知れず。「声優アワード」等の獲得数も挙げたらきりがない。「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」等ラジオの パーソナリティーとしても大活躍。「Kiramune」のREADING LIVEについても、企画プロデュースの中心にいる。決して妥協することなく、仕事に向き合う姿勢は非常にストイック。そんな「神谷の仕事」は、業界全体が常に注目する。「Staging!!」は、 「Mixalive TOKYO」企画の一つとして、神谷浩史みずからが提案。

原作者:小川哲(おがわ さとし)
渋谷教育学園幕張高等学校から東京大学理科一類を経て東京大学教養学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。数学者・論理学者のアラン・チューリングについて研究した。博士課程2年時の2015年、投稿作「ユートロニカのこちら側」が第3回ハヤカワSFコンテストで〈大賞〉を受賞し、作家デビュー。2017年『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞、第31回山本周五郎賞を受賞。2020年には『嘘と正典』(早川書房)に収録の『魔術師』が中国にて銀河賞の銀賞に輝いた。2022年刊行の『地図と拳』で第13回山田風太郎賞、第168回直木三十五賞を受賞。同年刊行の『君のクイズ』は第76回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉を受賞。最新作『君が手にするはずだった黄金について』が2024年の本屋大賞にノミネートされている。

<『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』あらすじ>
午後六時、私の部屋のインターフォンが鳴った。恋人のアキラ君が予定より早く来たのだろうか? モニターを見ると、見覚えがあるような、ないような男が立っている。
「突然すみません。蘇我慶太です。僕のこと、覚えていますか?」
中学時代の同級生で、サッカー部のキャプテンで、生徒会長を務め、定期テストはいつも満点、県内で最も偏差値の高い高校に進学した蘇我君。
現役で東大に進学して、在学中に司法試験と医師国家試験に合格して、論文で何かの賞を受賞して、当時は天才としてテレビなんかにもよく出ていた。卒業後はしばらく研究者をしていたようだったけれど、三年前に投資会社を設立して、そこでも成功して上場したらしい。
でも、彼とは十三年間一度も会っていない。なぜいきなりうちに?
「僕は、あなたを救いに来た」驚く私に蘇我君は、「僕は二〇二二年の四月十一日を約千二百回繰り返しています」と告げた――。
半信半疑の私をよそに、蘇我君は誰も知らないはずの私の秘密を次々と言い当てていく。何度も私を助けようとして、その度に私は死んでしまったという。この男を信じていいのだろうか、そして私は死んでしまうのか? 不思議な、けれど途方もなく長い夜が始まった。


<Staging!! Vol.1『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』公演概要>
タイトル:
Staging!! Vol.1『四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男』

案内人:神谷浩史
原作:小川哲
脚本・演出:水島精二、若林和弘、伊藤マサミ

日時:
■水島精二
2024年6月14日(金)、15日(土)、16日(日)
■若林和弘
2024年6月28日(金)、29日(土)、30日(日)
■伊藤マサミ
2024年7月13日(土)、14日(日)、15日(月・祝)

会場:
Mixalive TOKYO Theater Mixa
https://www.mixalivetokyo.com/
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3

チケット:
オフィシャル先行・小説現代先行 3月22日(金)受付開始予定

制作:
Office ENDLESS

主催:
講談社・Office ENDLESS

公演のお問合せ:
Office ENDLESS

公演事務局:
info@officeendless.com
(平日10:00~17:00)

※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。
※お問い合わせの際は必ず公演名をお伝えください。


公式HP:
https://officeendless.com/sp/staging/

公式X:
https://x.com/Staging_reading

ハッシュタグ:
#ステージン
#Staging

©小川哲・講談社/「Staging!!」vol.1製作委員会

ニュース:舞台『モノノ怪~座敷童子~』アニメ映像を使用した豪華PV解禁!前回公演ダイジェスト映像など続々発表!

人気アニメ『モノノ怪』の舞台化第2弾として、「座敷童子」の舞台が2024年3月21日(木)から24日(日) までIMM THEATER、3月29日(金)から31日(日)までCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホール、4月4日(木)から7日(日)までIMM THEATER (東京凱旋)にて上演される。

上演に向けて新ビジュアルが解禁。第1弾に引き続き今回も主演を務める新木宏典扮する薬売りがどう立ち向かうのかぜひ注目してほしい。


<アニメ「モノノ怪」とリンクしたPVや前回公演ダイジェスト映像を公開!>
アニメ『モノノ怪』から、本編映像を使用した豪華PVが到着。また2023年に上演された舞台『モノノ怪〜化猫〜』の配信映像を使用したダイジェスト映像も公開され、3月の上演に向けて期待が高まる。

舞台『モノノ怪~座敷童子~』アニメPV

https://youtu.be/mmgf1jdGPdg

前回公演ダイジェスト映像

https://youtu.be/zhYwrQvmyS0


<モノノ怪」について>
2007年にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送された『モノノ怪』は、「ノイタミナ」15周年の企画として行われたファン投票で、数十作品の中で上位となった人気作。また『空中ブランコ』『C』『つり球』『ガッチャマンクラウズ』などの個性的な作品を作り続けてきた中村健治監督の原点となる作品だ。昨年、『モノノ怪』の放送から15周年の記念企画のひとつとして、大奥を舞台とした、完全新作の劇場版プロジェクトが発表され、2024年夏、劇場版ならではのスケールで“完全新作”の『モノノ怪』が誕生する。


<舞台『モノノ怪~座敷童子~』作品情報>
タイトル:
舞台『モノノ怪~座敷童子~』

原作:
モノノ怪「座敷童子」

脚本:
高橋郁子

演出・映像:
ヨリコ ジュン

公演日程:
東京:2024年3月21日(木)~24日(日)
大阪:2024年3月29日(金)~31日(日)
東京凱旋:2024年4月4日(木)~7日(日)

会場:
東京・東京凱旋:IMM THEATER
https://imm.theater/
〒112-0004  東京都文京区後楽1-3-53
大阪:COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
https://cjpo.jp/
〒545-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3-6

チケット販売:
プレイガイド先行(抽選)2024年2月14日(火) 18:00 ~2月20日(火)23:59
※詳細は申し込み画面にてご確認ください。
※申し込みサイトに記載してあります注意事項をよくお読みの上お申し込みください。

チケット料金:
全席指定(特典付き)13,000円(税込)、全席指定(特典なし)11,000円(税込)

チケットに関するお問合わせ:
公演事務局 0570-200-114(11:00~18:00※日・祝休業)

主催:
舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会

制作:
Office ENDLESS

公演に関するお問合せ:
info@officeendless.com(平日10:00~17:00)
※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。なお、内容によってはご回答までに少々お時間をいただく場合もございますので予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


・舞台『モノノ怪~座敷童子~』あらすじ
「私は、どうしても産みたいんです!」
老舗宿に駆け込んだ訳ありの女・志乃は、お腹の赤子のためにどうしても泊めて欲しいと懇願する。
根負けした女将・久代に開かずの間に通された志乃は、居合わせた薬売りと共に奇怪な現象に巻き込まれていく。
薬売りが斬りに来たと言うモノノ怪の正体と、開かずの間に隠された秘密とは?――。

・スケジュール
東京公演・西銘
3月
21日 18:30
22日 14:00 18:30
23日 12:00 16:30
24日 12:00 16:30

大阪公演・西銘、白又
3月
29日 18:30白又
30日 13:00西銘 17:30白又
31日 12:00白又 16:30西銘

東京凱旋公演・白又
4月
4日 14:00
5日 14:00 18:30
6日 13:00 17:30
7日 12:00 16:30

<出演者>
薬売り役:新木宏典
志乃:岡田夢以
徳次:西銘 駿/白又 敦※Wキャスト
少年徳次:大平峻也
久代:新原ミナミ
フク:加藤里保菜
ボボ:中村哲人
ステ:⽥上真⾥奈
トメ吉:西 洋亮
イチ/直助:高山孟久
若き久代:井筒しま
ヤス:波多野⽐奈
フジ:藤原ひとみ
モト:⻑島 静莉奈


HP:
https://officeendless.com/sp/mononoke_stage/

X:
https://x.com/mononoke_stage
ハッシュタグ「#モノノ怪」「#モノステ」

©舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会

ニュース:舞台「リコリス・リコイル」Life wonʼt wait. ティザービジュアル初解禁︕チケットオフィシャル先⾏販売スタート︕︕2024年6⽉7⽇(⾦)〜6⽉16⽇(⽇) 東京ドームシティ シアターGロッソにて上演︕

2022 年夏に放送開始され、男⼥問わず多くの⼈の⼼を掴み、倒的⼈気を誇ったオリジナルTV アニメ『リコリス・リコイル』の舞台化第2弾、舞台「リコリス・リコイル」Life wonʼt wait.が2024年6⽉に上演決定。

治安維持組織「DA」に所属する⼆⼈の少⼥の成⻑と絆を描いた舞台「リコリス・リコイル」(第1 弾)はキャラクターの再現度、作品のクオリティが⾼く評価され公演を重ねるごとに来場者を伸ばし、⼤盛況にて幕を閉じた。

その第2弾が、2024年6⽉7⽇(⾦)〜6⽉16⽇(⽇)東京ドームシティ シアターG ロッソにて上演される。

『リコリス・リコイル』は、2022 年夏に放送されたオリジナルTV アニメーションである。犯罪を未然に防ぎ、⼈知れず平穏な⽇々をもたらす秘密組織の⽀部である喫茶店「喫茶リコリコ」の店員でリコリスと呼ばれる⼆⼈の少⼥のハチャメチャな毎⽇を描く本作は、その独特な世界観、演出、⾼いストーリー性と可愛らしいキャラクターが、放送開始から⾼い評価を受け、最終話
放送から1年以上が経過した今もなお、熱を帯びたファンに⽀えられている。


<⼤好評を博した第1弾の脚本・演出・メインキャストの続投が決定︕>
第2弾では、第1弾に引き続き脚本を2.5次元舞台のみならず幅広いジャンルで活動するほさかようが務め、演出は劇団「悪い芝居」を主宰し、多⽅⾯へ活躍の場を広げている⼭崎彬が務める。

主⼈公である最強のリコリス『錦⽊千束』を、「マッシュル₋MASHLE₋ THE STAGE」レモン・アーヴィン役や「LIVE STAGE ぼっち・ざ・ろっく︕」伊地知星歌役などに出演し注⽬を集め、舞台を中⼼に活躍をする河内美⾥が務め、その相棒となるもう⼀⼈の主⼈公『井ノ上たきな』を、舞台「Collar×Malice -柳愛時編-」星野市⾹役や「バクテン‼ The Stage」栗駒あさを役など、活躍を続ける本⻄彩希帆が演じる。

また、千束とたきなを⽀え、時には⺠間の依頼も受ける、喫茶リコリコのメンバー『中原ミズキ』を、舞台「呪術廻戦」家⼊硝⼦役など幅広い役柄を演じる⽯井美絵⼦、『ミカ』を「HUNTER×HUNTER」 THE STAGE シルバ役などアクションを得意とする北村圭吾が務め、「ウォールナット」の名で知られダークウェブ界最強のハッカー『クルミ』を舞台だけでなく声優としても活動中の⼤渕野々花が演じる。

さらに、⽇本のみならず、世界で暗躍する謎の⽀援機関「アラン機関」の⼀員であり、ミカの旧友でもある『吉松シンジ』を、ミュージカル「新テニスの王⼦様」徳川カズヤ役など2.5次元作品を中⼼に活躍を続ける⼩野健⽃が、その側近『姫蒲』を舞台「メイジ・ザ・キャッツアイ」など話題作への出演を控える新⾕姫加が務める。

そして、治安維持組織「DA」の司令として⽇本の治安を維持する『楠⽊』を三枝奈都紀が務め、「DA」に所属する少⼥エージェント「リコリス」の『春川フキ』『⼄⼥サクラ』『蛇ノ⽬エリカ』はそれぞれ、⽥上真⾥奈、彩⽊咲良、井尻晏菜が演じる。

そして、⾃称「世界⼀のハッカー」としてウォールナット排除を⽬論む『ロボ太』には⽵内凜太郎が、歪な世界にバランスをもたらそうとするテロリスト『真島』にはミュージカル「⼑剣乱舞」シリーズの明⽯国⾏役など活躍の場を広げている仲⽥博喜が務める。

少⼥たちの⽇常と、その影に潜むガンアクションが、舞台上でどのように描かれるのか期待が⾼まる。舞台「リコリス・リコイル」Life wonʼt wait.は、2024 年6 ⽉7 ⽇(⾦)〜6 ⽉16 ⽇(⽇)東京ドームシティ シアターG ロッソにて上演。公演

チケットは、2024 年1 ⽉15 ⽇(⽉)18︓30 より、ローソンチケットにて受付開始。その他最新情報は、公演公式にて随時公開予定。

https://lycoris-recoil.com/stage/


・STORY
<舞台「リコリス・リコイル」Life wonʼt wait.>
――⾏こう、相棒
世界⼀の治安の良さで定評のある国、⽇本。
その治安の良さの裏側には、犯罪者を極秘裏に抹殺・消去する極秘の治安維持組織「DA」の存在があった。
DA は暗殺や戦闘の技術を⾝につけたエージェントの少⼥「リコリス」を数多く擁し、普段は⼥⼦⾼⽣に偽装した姿で市中に潜伏させ、有事の際に任務を与えて犯罪者を消去することで⽇本の治安を守っていた。
DA の⽀部の⼀つである喫茶店「喫茶リコリコ」には歴代最強と称されたリコリスで、看板娘として親しまれる底抜けに明るい少⼥錦⽊千束とDA 本部から異動してきた井ノ上たきなが所属する。
襲撃犯を撃退し、束の間平穏が訪れた喫茶リコリコメンバーだがお店の存続に関わる新たな問題が。
千束の過去についてミカとシンジの思いが交差する中、DA による⼤規模真島討伐作戦が開始される。
そして、物語の果てに⼆⼈が選び取る未来とは――
今を懸命に⽣きる⼆⼈の少⼥の物語が、今、始まる――


<舞台「リコリス・リコイル」Life wonʼt wait.概要>
【タイトル】舞台「リコリス・リコイル」Life wonʼt wait.
【原作】 Spider Lily
【脚本】 ほさかよう
【演出】 ⼭崎彬
【出演】
錦⽊千束︓河内美⾥ 井ノ上たきな︓本⻄彩希帆
中原ミズキ︓⽯井美絵⼦ クルミ︓⼤渕野々花
ミカ︓北村圭吾 楠⽊︓三枝奈都紀
春川フキ︓⽥上真⾥奈 ⼄⼥サクラ︓彩⽊咲良 蛇ノ⽬エリカ︓井尻晏菜
吉松シンジ︓⼩野健⽃ 姫蒲︓新⾕姫加 ロボ太︓⽵内凜太郎
真島︓仲⽥博喜


錦⽊千束︓河内美⾥

井ノ上たきな︓本⻄彩希帆

中原ミズキ︓⽯井美絵⼦

クルミ︓⼤渕野々花

ミカ︓北村圭吾

楠⽊︓三枝奈都紀

春川フキ︓⽥上真⾥奈

⼄⼥サクラ︓彩⽊咲良

蛇ノ⽬エリカ︓井尻晏菜

吉松シンジ︓⼩野健⽃

姫蒲︓新⾕姫加

ロボ太︓⽵内凜太郎

真島︓仲⽥博喜

【⽇時/会場】
2024年6⽉7⽇(⾦)〜6⽉16⽇(⽇) 東京ドームシティ シアターG ロッソ
【チケット情報】
S席特典付き 12,500円(全席指定・税込み)
S席 9,800円(全席指定・税込み)
A席 8,500円(全席指定・税込み)
オフィシャル先⾏(抽選)
応募受付期間︓2024年1⽉15⽇(⽉)18:30〜1⽉28⽇(⽇)23:59

【予約URL】
https://l-tike.com/st1/lycoris-recoil-oficl
アニプレックス先⾏(抽選)※アニプレックス先⾏限定グッズ付き
応募受付期間︓2024年3⽉1⽇(⾦)18:30〜3⽉14⽇(⽊)23:59

【予約URL】︓後⽇公開予定
※オフィシャル先⾏は公式サイトよりお申し込みいただける先⾏です。
※お申し込みには、ローソンチケットの会員ログインが必要です。
※詳細は申し込み画⾯にてご確認ください。
※申し込みサイトに記載してあります注意事項をよくお読みの上お申し込みください。


<チケットに関するお問合わせ>
ローソンチケット︓
https://faq.l-tike.com/

★アフタートーク出演者
6⽉11⽇(⽕) 14:00
MC: 北村圭吾
登壇: 河内美⾥、本⻄彩希帆
⼩野健⽃、仲⽥博喜

6⽉14⽇(⾦) 14:00
MC: 北村圭吾
登壇: 河内美⾥、本⻄彩希帆
⽯井美絵⼦、⼤渕野々花

開演時間
7日(金) 18:30
8日(土) 12:30 17:00
9日(日) 12:30 17:00
10日(月) 休演日
11日(火) 14:00 ★
12日(水) 14:00 18:30
13日(木) 14:00 18:30
14日(金) 14:00 ★
15日(土) 12:30 17:00
16日(日) 12:00 16:00

[銃器協⼒] TOKYO MARUI
【協賛】MEIKO

【主催】 舞台「リコリス・リコイル」製作委員会
【企画・制作】 ANIPLEX/Office ENDLESS

【公演のお問合せ】
公演事務局︓ info@officeendless.com(平⽇10:00〜17:00)
※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。なお、内容によってはご回答までに少々お時間をいただく場合もございますので予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


公式HP:
https://lycoris-recoil.com/stage/

公式X:
https://x.com/lycoreco_stage

©Spider Lily/アニプレックス・ABC アニメーション・BS11
©舞台「リコリス・リコイル」製作委員会