ニュース:松ステ2nd SEASONの6つ子・F6が、2024年新たなステージへ!新・喜劇「おそ松さん」& F6 LIVE「Destination」が開催決定!!

この度、大盛況で閉幕した舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~2nd SEASON』に出演した6つ子、トト子・イヤミ・チビ太・橋本にゃーの新キャストで新・喜劇「おそ松さん」が2024年8月にサンシャイン劇場にて開幕されることが決定した。さらに、F6は新キャストで初となる単独ライブ「Destination」が7月に豊洲PITで開催されることも決定。新・喜劇「おそ松さん」、F6 LIVE「Destination」のロゴも解禁され、おそ松役中西智也、F6おそ松役草地稜之よりコメントが到着した。


<舞台『おそ松さんon STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』2nd SEASONとは>
二十歳を過ぎてもニート生活を続けるどうしようもない6つ子たちがユーモアたっぷりに描かれ、2016年度流行語大賞にノミネートされるなど日本全国に旋風を巻き起こしたTVアニメ「おそ松さん」を舞台化した、『おそ松さんon STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』 。2016年の舞台化第1弾を皮切りに、2018年に第2弾、2019年に第3弾が上演され、TVアニメ「おそ松さん」の世界観をハイクオリティで再現しつつも、クズでニートな6つ子たちの1日を繰り広げた爆笑のステージは全公演で満員御礼の大ヒットを記録致しました。そして今年2nd SEASONと銘打ち、新キャストを迎えて新たな舞台「おそ松さん」が開幕。舞台「おそ松さんon STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~2nd SEASON」となって、2023年11月23日(木・祝)~27日(月)にて東京公演、2023年11月30日(木)~12月3日(日)にて兵庫公演が開催し、大盛況で幕を閉じました。


<新・喜劇「おそ松さん」&F6 LIVE「Destination」の開催が決定!!>
おそ松役・中西智也、F6おそ松役・草地稜之より意気込みコメントも到着!!

新・喜劇「おそ松さん」が来年2024年8月、サンシャイン劇場にて開幕。
出演キャストはおそ松役に中西智也、カラ松役に大野紘幸、チョロ松役に杉咲真広、一松役に三井淳平、十四松役に中村碧十、トド松役に本間一稀の6名、さらにトト子役に太田夢莉、イヤミ役に瀬戸祐介、チビ太役にkayto、橋本にゃー役に福山絢水と2nd SEASONに出演したフレッシュな面々が再集結。

新・喜劇「おそ松さん」はおそ松さんの神髄でもある「お笑い」に特化した舞台となっており、6つ子長男・おそ松役を務める中西智也は「僕たち6つ子、そして4人と一緒に力を合わせて皆様を満点の笑顔にできるよう精一杯頑張ります。」と2nd SEASONのキャストと再び立つ舞台に熱い思いを語りました。

そして新キャストでは初となる単独ライブ F6 LIVE「Destination」は2024年7月に豊洲PITで開催。出演キャストは2nd SEASONでF6を務めた、F6おそ松役に草地稜之、F6カラ松役に中本大賀、F6チョロ松役に松井健太、F6一松役に磯野亨、F6十四松役に木村優良、F6トド松役に松本勇輝の6名。会場の豊洲PITは先代F6の1st LIVE TOUR「satisfaction」初日が行われた、F6にとってもファンにとっても思い出の地となっており、F6おそ松役を務める草地稜之は「舞台おそ松さんから約半年。 さらにパワーアップした僕たちの姿を、お見せすることを約束します」とF6初単独ライブに向けて熱い意気込みを語っています。

・おそ松役・中西智也
新・喜劇「おそ松さん」 開催決定いたしました!
本当に嬉しいです!
支えてくださっている皆様の応援のおかげです。本当にありがとうございます。
僕たち6つ子、そして4人と一緒に力を合わせて皆様を満点の笑顔にできるよう精一杯頑張ります。
パワーアップした6つ子の姿を是非観てほしいです!
劇場でお待ちしています!!

・F6おそ松役・草地稜之
お嬢さんたちこんにちは!
F6おそ松役の草地稜之です!
舞台おそ松さんから約半年。 さらにパワーアップした僕たちの姿を、お見せすることを約束します!
みんなもその日を糧に毎日お仕事や学校アルバイト頑張ってね!
君たちの頑張りはちゃんと分かってる。いつも頑張ってる君は偉いよ。
当日は最高の1日を僕たちから君へプレゼントするよ。
何かあったらすぐ僕に頼ってね。 俺は君を守るためなら、なんだってできる。

公式HP:
https://osomatsusan-stage-2nd.com/

公式X:
https://x.xom/osomatsu_stage
#松ステ

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2023


■タイトル
新・喜劇「おそ松さん」

■原 作
赤塚不二夫「おそ松くん」

■日 程
2024年8月予定

■劇 場
サンシャイン劇場
〒170-8630 東京都豊島区東池袋3丁目1−4 文化会館ビル 4F サンシャインシティ

■出演者
【おそ松】中西智也 【カラ松】大野紘幸 【チョロ松】杉咲真広
【一松】三井淳平 【十四松】中村碧十 【トド松】本間一稀
【トト子】太田夢莉 【イヤミ】 瀬戸祐介 【チビ太】kayto 【橋本にゃー】福山絢水
※出演者は変更になる可能性がございます。

■タイトル
F6 LIVE「Destination」

■日 程
2024年7月予定

■会 場
豊洲PIT
〒135-0061 東京都江東区豊洲6丁目1−23
https://toyosu.pia-pit.jp/access

■出演者
【おそ松/F6】草地稜之 【カラ松/F6】中本大賀 【チョロ松/F6】松井健太
【一松/F6】磯野亨 【十四松/F6】木村優良 【トド松/F6】松本勇輝
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。
※出演者変更に伴うチケットの払戻しは致しません。


<舞台「おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~2nd SEASON」Blu-ray&DVDが2024年4月24日に発売!>
ご自宅で松ステの世界を何度もお楽しみください♪

詳細:
1おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~2nd SEASON Blu-ray 豪華版
【形態】Blu-ray Disc2枚組+CD
【価格】13,200円(税込)
【収録内容】
●DISC1:舞台本編映像
●DISC2:特典映像(バックステージ、稽古風景 ほか)
●CD:LIVE音源楽曲
【初回仕様】
●特殊ケース仕様
【初回封入特典】
●特製ブックレット ほか
2おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~2nd SEASON Blu-ray
【形態】Blu-ray Disc2枚組
【価格】9,900円(税込)
3おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~2nd SEASON DVD
【形態】DVD2枚組
【価格】8,800円(税込)
※Blu-ray&DVD共通
【収録内容】
●DISC1:舞台本編映像
●DISC2:特典映像(バックステージ、稽古風景 ほか)
【初回仕様】
●特殊ケース仕様
※商品の内容、仕様、デザイン、特典などは予告なく変更になる場合がございます。
★Blu-ray&DVD情報詳細:
https://osomatsusan-stage-2nd.com/bd-dvd-cd/detail/?id=1020043


<Blu-ray&DVDリリースイベント情報>
「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~2nd SEASON」Blu-ray&DVDの発売を記念いたしまして、キャスト登壇のトーク&ハイタッチ会の開催が決定しました!全国アニメイトにてご予約(内金有)もしくはご購入下さいましたお客様にイベント応募用紙をお渡しいたします。


<リリースイベント開催概要>
【東京1】
■日程:2024年5月26日(日)
■場所:都内某所
■イベント内容:トーク&ハイタッチ会
■出演者:中西智也さん(おそ松役)、杉咲真広さん(チョロ松役)、松井健太さん(F6チョロ松役)、松本勇輝さん(F6トド松役)

【東京2】
■日程:2024年6月1日(土)
■場所:都内某所
■イベント内容:トーク&ハイタッチ会
■出演者:中村碧十さん(十四松役)、本間一稀さん(トド松役)、中本大賀さん(F6カラ松役)、磯野亨さん(F6一松役)

【大阪】
■日程:2024年7月27日(土)
■場所:大阪市内某所
■イベント内容:トーク&ハイタッチ会
■出演者:大野紘幸さん(カラ松役)、三井淳平さん(一松役)、草地稜之さん(F6おそ松役)、木村優良さん(F6十四松役)
★リリースイベント情報詳細:
https://osomatsusan-stage-2nd.com/news/detail/?id=1112569

ニュース:佐渡ヶ島を舞台に紡がれる青く儚い物語「舞倒れ」2024年3月公開予定!

『踊る、ただ踊る。力尽きるともー』
佐渡ヶ島を舞台に、舞いに情熱を捧げる若者たちの葛藤と決意を、松田凌、橋本祥平、有澤彰太郎ら人気俳優が好演。キャストコーポレーション&OfficeENDLESS により企画・制作された、“能”ד舞踊”で魅せるハイブリッド青春映画が誕生!


美しい佐渡ヶ島の自然を背景に、 能” 舞踊 を融合した舞いでそれぞれの思いをぶつけ合う、若者たちの汗と涙の青春群像活劇『舞倒れ』が2024 年春に上映される。
本作は、若手人気俳優を多数擁する俳優事務所・キャストコーポレーションと、舞台制作を主とするOfficeENDLESS によって企画・制作された中編自主映画。
作品の舞台となる佐渡ヶ島は、かつては世阿弥など政争に敗れた文化人、知識人が流されていたことや、古くから金が採れる島として知られてきたことから、本土とはまた違った形で独自の芸能文化が発展している。島には過去には200 を超える能楽堂があり、島民にとって能は身近な存在であった。
そんな佐渡ヶ島には「舞倒れ」という言葉がある。京都の着倒れや、大阪の食い倒れと同様、能にのめりこみ過ぎて身上を潰すことを意味する言葉だ。
舞いに全てを捧げ、情熱を燃やす主人公・吾潟(あがた)を演じるのは、ミュージカル『薄桜鬼』斎藤一 篇や、映画『仁義なき幕末』など、数々の作品で主演を務める松田凌。吾潟の弟弟子・下戸(おりと)役には、舞台『機動戦士ガンダム00 』や映画『文豪ストレイドッグス BEAST 』で主演を務めた橋本祥平。吾潟、下戸の兄弟子・硲(はざま)役にはミュージカル『のだめカンタービレ』や『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』の有澤樟太郎と、2.5 次元舞台やグランドミュージカルで人気を博す俳優たちが中心となり、映画『ミュジコフィリア』『忌怪島/きかいじま』の川添野愛、NHK 大河ドラマ「青天を衝け」などに出演する舞踏家の田村一行、映画『楽園』『658km、陽子の旅』の黒沢あすかなど、確かな実力を持った俳優陣が彼らを支える。
監督はアメリカ・ベルギーに出自を持ち、独自の感性により作品を作り上げる横大路伸、脚本は様々な舞台作品のプロデュースを行う下浦貴敬が担当。作中の重要なファクターとなる“舞い”の振り付けは、劇団四季の「アイーダ」のオリジナルキャストや、「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」のダンスキャプテンとして活躍し、コンテンポラリーダンスを得意とする宮河愛一郎が独自の世界観・解釈による“舞い”を作り上げた。


<STORY>
昭和九九年、佐渡ヶ島。
日本は大国との戦争の渦中にあるが、日本最大の離島である佐渡ヶ島は戦火に巻き込まれることなく、
外部からもたらされる限られた情報と島内の伝統が混ざり合い、独自の文化が発展を遂げていた。
島の能文化の象徴である流派、鍍金流 ときんりゅう 。
次代当主の硲 はざま 、弟弟子の吾潟 あがた と下戸 おりと 。
三人は家元の千種(ちぐさ)とその妻、願(ねがい)や歌見(うたみ)らと共に、能楽を愛し、仲間を愛し、慎ましいながらも静かな時を過ごしていた。
しかし、一つの便りがその未来に影を落とす——。

【監督】横大路伸
【脚本】下浦貴敬


<キャストコメント>
◆吾潟役/松田凌
映画「舞倒れ」 佐渡ヶ島、沼津にて撮影させていただきました。
神秘的な大自然の中、舞に生きる人達の物語。
葛藤や苦悩もある中で自分の本当の心と向き合う人達、遠いようで近い世界。皆様の目と心にはどう届くのだろうか
撮影した夏の日々に思いを馳せています。
是非見届けていただけたら幸いです。

◆下戸役/橋本祥平
舞台は佐渡ヶ島、自然豊かで最高のロケーションの中お芝居をさせていただきました。
始まりは事務所の役者同士でお芝居をしたいという所から。
普段は舞台の中で多く生きる事が多いのですが、まさか家族の様な人たちと銀幕に挑戦できるとは… 良い物を作りたい一心で何度もディスカッションを重ね、素晴らしい周りの役者さんから刺激を受け、実りのある撮影期間を過ごさせていただきました。
フィルムの中に映像が一生残る様に、皆様の中にもこの作品が残り続けてくれます様に。

◆硲役/有澤樟太郎
以前からあった事務所メンバーと何かお芝居として関われたらいいねという声が映画というかたちで実現しました。
日本の古くからの芸術にフォーカスを当てての物語。
今回ロケ地で初めて佐渡ヶ島に行かせていただきましたが、物凄く神聖で素晴らしいう地でした。
初めての挑戦もさせていただきいろんなパワーをもらいながらお芝居をすることができました。
是非!劇場で観ていただけると嬉しいです。


<出演者>

◆吾潟(あがた):松田凌
ミュージカル「薄桜鬼」シリーズ
(2012 年~2014 年/演出:毛利亘宏)
映画「仁義なき幕末 龍馬死闘篇」
(2023 年/監督:橋本一 など)

◆下戸(おりと):橋本祥平
舞台「機動戦士ガンダム 00 」シリーズ
(2019 年~/演出:松崎史也)
映画「文豪ストレイドッグス BEAST 」
(2022 年/監督:坂本浩一 など)

◆硲(はざま):有澤樟太郎
ミュージカル「のだめカンタービレ」
(2023 年/演出:上田一豪)
ミュージカル「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」
(2024 年/演出:長谷川寧 など)

◆歌見(うたみ):川添野愛
映画「ミュジコフィリア」
(2021 年/監督:谷口正晃)
映画「忌怪島/きかいじま」
(2023 年/監督:清水崇 など)

◆千種(ちぐさ):田村一行
NHK大河ドラマ「青天を衝け」
映画「残穢」
(2016 年/中村義洋監督)など

◆願(ねがい):黒沢あすか
映画「楽園」
(2019 年/監督:瀬々敬久)
映画「658km、陽子の旅」
(2023年/監督:熊切和嘉 など)

◆鹿伏(かぶせ):新田健太
映画「東京リベンジャーズ」アクションクルー
(2021 年/監督:英勉 など)

◆岩首(いわくび):榎本純
舞台「ROOKIES 」
(2021 年/演出:伊勢直弘 など)

◆馬首(うまくび):秋山皓郎
舞台「幽☆遊☆白書」シリーズ
(2019 年~2020 年/演出:伊藤栄之進 加古臨王 荒木宏文 など)

◆阿佛坊(あぶつぼう):菊池宇晃
Netflix「サンクチュアリ 聖域」
(2023 年/監督:江口 カン など)

◆矢柄(やがら):相澤莉多
舞台「東京リベンジャーズ」シリーズ
(2021 年~/演出:伊勢直弘 など)

◆真更(まさら):滝川広大
舞台「弱虫ペダル」シリーズ
(2022 年~/演出:鯨井康介 など)

◆和木(わき):伊崎龍次郎
MANKAI STAGE『A3! 』シリーズ
(2019 年~/演出:松崎史也 など)

◆両尾(もろお):深澤大河
舞台『刀剣乱舞』 綺伝 いくさ世の徒花
(2022 年/演出:末満健一)など

◆黒姫(くろひめ):本西彩希帆
舞台「リコリス・リコイル」
(2023 年/演出:山崎彬 など)


<公開時期>
2024年3月公開予定
公開情報は公式サイト・公式Xをチェック

HPアドレス:
http://officeendless.com/sp/movie_maidaore

Xアカウント:
https://x.com/maidaore_2024

企画:キャストコーポレーhション/OfficeENDLESS
制作:OfficeENDLESS

©映画「舞倒れ」制作委員会

ニュース:諸葛孔明、今度は舞台に降臨!!舞台『パリピ孔明』2024年5月石田明(NON STYLE)脚本・演出!藤田玲主演で上演決定!12月22日(金)昼12:00よりチケット最速先行販売!

舞台『パリピ孔明』が2024年5月3日(金・祝)~5月6日(月・祝)に東京・天王洲 銀河劇場、5月10日(金)~5月11日(土)に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演する事が決定。上演決定に伴い、ティザービジュアルが解禁。さらに、脚本・演出として石田明(NON STYLE)、メインキャストとして藤田玲、岩田陽葵、小泉萌香、高尾楓弥(BUDDiiS)、なだぎ武、立道梨緒奈、大野紘幸、沖野晃司、碕理人が決定となり、石田明とメインキャスト5名のコメントも到着。

原作は、「ヤングマガジン」(講談社)にて連載中、累計発行部数200万部を突破した大人気コミック「パリピ孔明」。昨年放送されたTVアニメは日本中で大ブームを巻き起こし、圧倒的な支持を獲得、さらに実写TVドラマでは毎週話題を独占するなど、世の中は“パリピ”ブームの中での舞台化発表は、さらなるパリピ孔明熱を加熱させる。2024年5月の開幕に向けて、才気あふれるキャスト・スタッフが総力を上げて創り上げる舞台『パリピ孔明』に要注目だ!

また、本日12月22日(金)AM8:00、アニメ総集編『パリピ孔明 Road to Summer Sonia』(2024年3月1日〈金〉全国公開予定)の本予告編&メインビジュアルも同時解禁され、前売券も販売開始。映画公開を記念して、TVアニメ「パリピ孔明」の再放送も決定。


<舞台『パリピ孔明』について>
動乱の三国時代を、その卓越した知啓を武器に駆け抜けた中国の歴史的偉人・諸葛(しょかつ)孔明(こうめい)――
三国志の中でもひときわ異彩を放つ稀代の天才軍師・孔明が、現代の渋谷に転生⁉ 斬新なストーリー✕息もつかせぬ知略戦で巷をにぎわせ続ける話題作『パリピ孔明』が、2024年5月、いよいよ舞台に降臨いたします。
累計発行部数200万部を突破した原作コミックスや、アニメ版・ドラマ版でも描かれてきた緻密かつ鮮やかな知略戦はそのままに、人気お笑いコンビ「NON STYLE」の石田 明脚本・演出により、さらにキレを増したギャグシーンは必見!舞台版オリジナル楽曲も加わり、さらにパワーアップした『パリピ孔明』をお届けします。


<2024年5月に上演決定!ティザービジュアル公開!>
2024年5月、東京・大阪での舞台『パリピ孔明』上演決定に伴い、ティザービジュアルが解禁となった。主演の藤田 玲演じる中国の歴史的偉人・諸葛孔明の壮麗なコスチュームと、現代のクラブを想起させる幻惑的かつ都会的な空間が融合し、”舞台版ならでは”の『パリピ孔明』の世界を予感させる。三国時代に活躍した天才軍師・諸葛孔明が現代の渋谷に転生し、岩田陽葵演じる駆け出しのシンガーソングライター・月見英子と出会う事で、どのような化学反応が起きるのか!?原作コミックス・アニメ・ドラマと様々なメディアミックスを経て、満を持して舞台化を迎える『パリピ孔明』に期待が高まる。過去✕現在の狭間で邂逅する孔明と英子が、知略と才覚を結集させ、現代のミュージックシーンを駆け上がっていく、あの”逆”転生系☆痛快 成り上がりストーリーが舞台版ではどのように表現されるのか?俳優であり、ミュージシャンとしても活躍する藤田 玲が、本舞台で創り上げる新たな諸葛孔明は必見!


<脚本・演出が石田 明(NON STYLE)、メインキャストが藤田 玲、岩田陽葵、小泉萌香、高尾楓弥(BUDDiiS)、なだぎ武、立道梨緒奈、大野紘幸、沖野晃司、碕 理人に決定!意気込みコメントも到着>
舞台『パリピ孔明』を彩るスタッフ・メインキャストも解禁となりました。脚本・演出を務めるのは、日本最高峰の漫才コンテスト『M-1グランプリ』王者であり、舞台作品の脚本・演出も数多く手掛ける、人気お笑いコンビ「NON STYLE」の石田 明。主演の諸葛孔明役には、「仮面ライダー555」で14歳でデビュー以降、映像作品や人気舞台に数々出演、現在ではミュージカル『刀剣乱舞』シリーズやMANKAI STAGE『A3!』シリーズ、舞台「呪術廻戦」の夏油傑役など、幅広く活躍する藤田 玲。お笑い界の雄・石田 明✕実力派俳優・藤田 玲の初タッグに期待が高まります。

孔明と二人三脚でミュージックシーンを駆け上がっていく歌手志望の少女・月見英子役には、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』シリーズや声優ユニット「harmoe(ハルモエ)」など、声優としても活躍する岩田陽(はる)葵(き)。そして、岩田と同じ『少女☆歌劇——』にも出演し、同じく「harmoe」としてアーティスト活動も行う声優・女優の小泉萌香、”DIY”ダンス&ボーカルグループ「BUDDiiS」のラップ担当としても活動する高尾楓(ふみ)弥(や)、お笑い芸人としての活動に加え、TVドラマ・映画・舞台などに多数出演し、俳優としての評価も高いなだぎ武。

加えて、「進撃の巨人-the Musical-」にハンジ・ゾエ役で出演、ダンスやアクションもこなす立道梨緒奈、舞台「おそ松さん on STAGE」シリーズのカラ松役での好演が記憶に新しい、注目の若手俳優大野紘(ひろ)幸(ゆき)、斬劇『戦国BASARA』シリーズの石田三成役など、声優・俳優としても活躍目覚ましい沖野晃司、ミュージカル『テニスの王子様』シリーズほか2.5次元舞台などで無二の存在感を放つ碕(さき) 理人(まさと)ほか、個性豊かなキャスト陣が集結し、舞台『パリピ孔明』の世界をさらに盛り上げる。

そして、舞台『パリピ孔明』に挑むスタッフ・キャストの意気込みコメントも到着。

<脚本・演出:石田明(NON STYLE)>
今回、舞台『パリピ孔明』のお話をいただいた時、正直ニヤけてしまいました。ちょうど漫画好きの後輩に勧められて読み始めていたところだったんです。なので正直「え?ドッキリ?後輩が仕掛け人?」と疑いまくりました。でも本当だとわかりめちゃくちゃテンションが上がりました。そして漫画を読み切り、アニメを見て、一気に脚本をダーッと書きました。原作のいいところはそのままに、舞台ならではの楽しみ方や演出をコミカルに表現できればなと思っています。楽しみすぎてやばいです。原作好きの方も見たことない方も楽しめる舞台にしてみせます。みなさん、お楽しみに。

<諸葛孔明 役:藤田玲 コメント全文>
この度、諸葛孔明役を演じさせて頂きます。『パリピ孔明』はアニメ放送で拝見していた大好きな作品で、今回出演のお話をいただいた時、心から嬉しかったです。演出もNON STYLEの石田さんという事で、面白くない訳がない!座長としてカンパニーを率いて、皆様に素敵な舞台をお届けできるよう誰よりも精進致します。皆様どうぞ応援よろしくお願い致します。

<月見英子 役:岩田陽葵 コメント全文>
月見英子を演じさせて頂きます、岩田陽葵です。自分に自信がないけど、軍師・孔明と出会って周りから沢山の影響をもらいながら、夢に向かって真っ直ぐ突き進む英子に私もとても背中を押してもらいました。クスッと笑える軽快なシーンも、音楽や夢を必死に追いかける若者たちの姿も、舞台の上から届けられるものがきっと沢山あると思います。素敵な作品に携わらせて頂くプレッシャーもありますが、観にきてくださる皆さんに明日のエネルギーになれるような作品をお届けできるよう、精いっぱい英子ちゃんを演じさせて頂きます。ぜひ劇場に足を運びにきて頂けたら嬉しいです!

<久遠七海 役:小泉萌香 コメント全文>
舞台版キャストとして出演させていただく小泉萌香です!アニメ、音楽、そして三国志が大好きなあなたにはとってもブッ刺さる作品になっていると思います!作品内で、演奏シーンや歌唱シーンが結構多い印象だったのですが、舞台でどういう風な演出になるのか、私自身もすっごく楽しみです。たくさんの人に楽しんでもらえるように頑張りたいと思います!ぜひ観に来てください!

<KABE太人 役:高尾楓弥(BUDDiiS) コメント全文>
KABE太人役を務めます、高尾楓弥です。元々原作の『パリピ孔明』を読んだことがあったのですが、まさかあの「言葉の魔術師」KABE太人を自分が演じる日が来るとは思っていなくて、お話を頂いた時は驚きと喜びで急いで読み直しました!笑 普段はグループ活動でラップ担当をやっているので自分と重ねつつも、KABE太人の繊細な1面や、熱いバイブスを伝えられるよう精一杯演じたいと思っております!舞台を通して原作ファンの皆様により好きになって頂きたいですし、この舞台が初めての方にはより原作の良さを感じて頂ける作品にしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

<オーナー小林 役:なだぎ武 コメント全文>
あの華やかで艶やかな世界観と、アゲアゲのノリの中でもしっかりと描かれている人間ドラマ。漫画からアニメ、そしてドラマから次は遂に舞台化されます『パリピ孔明』 私はオーナー小林を演じさせて頂きます。強面で近寄り難い印象だが実は三国志オタク。人思いで優しさを持ちながらも紆余曲折な闇のバックボーンも抱えている小林。この魅力的なキャラクターをしっかりと丁寧に演じたいと思っております。原作ファンの方々を裏切らない舞台に致しますので、是非足を運んで頂けると嬉しいです。


<公演情報も決定!12月22日(金)昼12:00より、オフィシャルHP先行&キャスト先行にてチケット発売開始>
舞台『パリピ孔明』は、東京公演が2024年5月3日(金・祝)~5月6日(月・祝)天王洲 銀河劇場にて、大阪公演が2024年5月10日(金)~5月11日(土)サンケイホールブリーゼにて上演いたします。
また、12月22日(金)昼12:00より、舞台『パリピ孔明』オフィシャルHP先行、キャスト先行にてチケット販売も開始!どこよりも早く本作のチケットが手に入る、特別販売窓口をご用意いたしました。


<公演情報>
東京公演2024年5月3日(金・祝)~5月6日(月・祝)
会場:天王洲 銀河劇場
・日程
5月3日 13:00 18:00
5月4日 13:00 18:00
5月5日 13:00 18:00
5月6日 12:00 16:30
※ロビー開場は開演時間の1時間前、客席開場は開演時間の45分前を予定しております。

大阪公演2024年5月10日(金)~5月11日(土)
会場:サンケイホールブリーゼ
・日程
5月10日 12:00 16:30
5月11日 18:30
※ロビー開場は開演時間の1時間前、客席開場は開演時間の45分前を予定しております。

《チケット料金》
※東京公演・大阪公演共通
プレミアム(非売品グッズ付き):12,100円(税込)
※「プレミアム」は1階及び2階2列目までが対象エリアとなります。
※非売品グッズは当日劇場にてお受け取りください。
一般:9,900円(税込)
※「一般」は2階3列目以降が対象エリアとなります。東京公演では3階は全て「一般」となります。

オフィシャルHP先行URL:
https://w.pia.jp/s/paripikoumei24of/
エントリー期間:2023年12月22日(金)昼12:00~2024年1月8日(月・祝)23:59

キャスト先行URL;
https://paripikoumei-stage.com/news/detail.php?id=1113106
エントリー期間:2023年12月22日(金)昼12:00~2024年1月8日(月・祝)23:59

※出演者および公演スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。
※未就学児の入場は不可となります
※お一人様各公演4枚までお申し込みいただけます。
※お席の場所によりましては舞台の一部が見えづらい場合がございます。

舞台『パリピ孔明』、2024年5月に石田 明(NON STYLE)脚本・演出✕藤田 玲主演で上演決定!ティザービジュアル&公演情報解禁!メインキャストからコメントも到着!
公式サイト:
https://paripikoumei-stage.com

公式X:
https://x.com/paripi_stage

ⓒ四葉夕卜・小川亮・講談社/舞台『パリピ孔明』製作委員会


<舞台『パリピ孔明』公演情報>
タイトル:舞台『パリピ孔明』
公演期間:
【東京公演】2024年5月3日(金・祝)~5月6日(月・祝)
会場:天王洲 銀河劇場
【大阪公演】2024年5月10日(金)~5月11日(土)
会場:サンケイホールブリーゼ

【スタッフ】
原作:『パリピ孔明』四葉夕卜・小川亮(講談社「ヤングマガジン」連載)
脚本・演出:石田 明(NON STYLE)

【キャスト】
諸葛孔明:藤田 玲

月見英子:岩田陽葵
久遠七海:小泉萌香
KABE太人:高尾楓弥(BUDDiiS)
オーナー小林:なだぎ武

ミア西表:立道梨緒奈
ファン1号:大野紘幸
赤兎馬カンフー:沖野晃司
唐澤:碕理人

ほか

主催:舞台『パリピ孔明』製作委員会


<チケット販売に関するお問い合わせ>
チケットぴあ:
http://t.pia.jp/help/
DMM STAGE 舞台『パリピ孔明』担当窓口:
dmmstage-info@dmm.com

<公演に関するお問い合わせ>
舞台『パリピ孔明』公演事務局
TEL:03-6280-4670(平日11時~18時)
※尚、2023年12月30日(土)~2024年1月3日(水)はお休みとなります。


<劇場版アニメ新情報:アニメ総集編『パリピ孔明 Road to Summer Sonia』 本予告編&メインビジュアル解禁!前売券も販売開始!さらに、映画公開を記念してTVアニメ「パリピ孔明」の再放送も決定!>
先日、ドラマ「パリピ孔明」最終回で公開決定CMが放映され、「孔明の策略」だとSNSで大きく盛り上がりを見せたアニメ総集編『パリピ孔明 Road to Summer Sonia』より、待望の本予告編が解禁!さらに、メインビジュアルも解禁。クラブのきらびやかさを連想させる紙吹雪やレーザー光線が空間いっぱいに広がる超・パリピな1枚が完成いたしました。

そして、前売券の販売も決定!オンラインで購入できるムビチケオンライン券は、本日12月22日(金)AM8:00~販売開始。また、ムビチケコンビニ券の販売も決定。こちらも本日より、セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートにて購入できます。どちらも価格は1,700円(税込)で、【ムビチケカード型前売券】は2024年2月2日(金)より販売予定です。

さらに、劇場版アニメの公開を記念して、2022年放送のTVアニメ「パリピ孔明」の再放送が決定!来年1月9日(火)よりTOKYO MX、テレビ神奈川にて放送が開始され、今回の再放送ではアニメシリーズの第1話~第6話までを放送。この機会にアニメ「パリピ孔明」を復習して、舞台開幕と劇場公開に備えよう!


アニメ総集編『パリピ孔明 Road to Summer Sonia』本予告編

https://youtu.be/ZPoSoliF2Og

© 四葉タト・小川亮・講談社/「パリピ孔明 Road to Summer Sonia」製作委員会

ニュース:グラビアレジェンド・磯山さやか最新写真集!売り切れ続出につき重版決定!魅惑のヒップラインを披露した特別ショットを追加公開‼

バラエティ番組等で活躍を続け、グラビア界のレジェンドでもある磯山さやか(40)。6年ぶりに発表した最新写真集『and more』(講談社刊)が大反響、ネットを含む各書店で売り切れ続出のため重版が決定した。

今回、「どの角度がいちばんヒップラインを綺麗に見せられるか、といろいろ試しながら撮影しました」という、本人こだわりのショットを公開。


<白いボディスーツに身をまとい、オトナ可愛いヒップラインを披露!>
6年ぶりとなるファン待望の最新写真のテーマは「デビュー23 年目のグラビア原点回帰」。ロケ先は、グラビアの聖地・グアムです。青い海と白い砂浜、かわいいペンション、豪華なリゾートホテルなどで撮影し、弾けるビキニ姿、艶やかなランジェリー姿、そして写真集ならではの大胆ショットと、見どころ満載!キュートな笑顔、癒やしのマシュマロボディ、ナチュラルな艶っぽさ……、彼女の魅力を最大限詰め込んだ一冊です。今回のロケでは、オトナの魅力全開のレーシーな白いボディスーツを着用。キュートなヒップラインを披露しました(この衣装は、『and more』の姉妹版で、デジタル限定の写真集『and you』だけに収録されたもの)。


<プロフィール>
磯山さやか(いそやま・さやか)
1983年10月23日生まれ。茨城県出身。2000年にデビュー。グラビアで人気に火が付き、“いそっち”の愛称で親しまれる。バラエティやラジオで活躍するいっぽう、数々のドラマや映画に出演。プロ野球をはじめとするスポーツ番組のMC も務めるなど、マルチに才能を発揮している。

撮影/松田忠雄


タイトル:磯山さやか写真集『and more』
発売日:2023年10月20日
定価:3520 円(税込)
A4判
132 ページ
ISBN:978-4-06-534086-8

ニュース:舞台『モノノ怪』2024年3月上演決定!!第2弾の演目は「座敷童子」主演の薬売り役は新木宏典が続投!

この度、人気アニメ『モノノ怪』の舞台化第2弾として「座敷童子」が舞台化されることが決定。「座敷童子」は2007年に放送された『モノノ怪』の一幕目となるエピソードです。

2024年3月21日(木)から24日(日) までIMM THEATER、3月29日(金)から31日(日)までCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホール、4月4日(木)から7日(日)までIMM THEATER (東京凱旋)にて、上演される予定です。


<「モノノ怪」について>
2007年にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送された『モノノ怪』は、「ノイタミナ」15周年の企画として行われたファン投票で、数十作品の中で上位となった人気作。また『空中ブランコ』『C』『つり球』『ガッチャマンクラウズ』などの個性的な作品を作り続けてきた中村健治監督の原点となる作品です。

昨年、『モノノ怪』の放送から15 周年の記念企画のひとつとして、大奥を舞台とした、完全新作の劇場版プロジェクトが発表されました。2024年夏、劇場版ならではのスケールで“完全新作”の『モノノ怪』が誕生します。


<舞台『モノノ怪~座敷童子~』作品情報>
【タイトル】舞台『モノノ怪~座敷童子~』(読み ブタイ「モノノケ~ザシキワラシ~」)
【原作】モノノ怪「座敷童子」
【脚本】高橋郁子
【演出・映像】ヨリコジュン
【公演日程】
東京:2024年3月21日(木)~24日(日)
大阪:2024年3月29日(金)~31日(日)
東京凱旋:2024年4月4日(木)~7日(日)
【会場】
東京・東京凱旋:IMM THEATER https://imm.theater/
112-0004  東京都文京区後楽1-3-53
大阪:COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール https://cjpo.jp/
〒545-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3-6
【チケット販売】
オフィシャル先行(抽選)2023年11月30日(木) 正午12:00 ~12月24日(日)23:59
※オフィシャル先行は公式サイトよりお申し込みいただける先行です。
※詳細は申し込み画面にてご確認ください。
※申し込みサイトに記載してあります注意事項をよくお読みの上お申し込みください。
【チケット料金】
全席指定(特典付き)13,000円(税込)、全席指定(特典なし)11,000円(税込)
【チケットに関するお問合わせ】
公演事務局 0570-200-114(11:00~18:00※日・祝休業)
【主催】舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会
【制作】Office ENDLESS
【公演に関するお問合せ】
info@officeendless.com(平日10:00~17:00)
※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。なお、内容によってはご回答までに少々お時間をいただく場合もございますので予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
【公式HP】
https://officeendless.com/sp/mononoke_stage
【公式X】
https://x.com/mononoke_stage
ハッシュタグ「#モノノ怪」「#モノステ」

・舞台『モノノ怪~座敷童子~』あらすじ
「私は、どうしても産みたいんです!」老舗宿に駆け込んだ訳ありの女・志乃は、お腹の赤子のためにどうしても泊めて欲しいと懇願する。根負けした女将・久代に開かずの間に通された志乃は、居合わせた薬売りと共に奇怪な現象に巻き込まれていく。薬売りが斬りに来たと言うモノノ怪の正体と、開かずの間に隠された秘密とは?――。


<スケジュール>
■出演者
薬売り役:新木宏典

西銘 駿/白又 敦※Wキャスト
大平峻也
岡田夢以
新原ミナミ
加藤里保菜
中村哲人
西 洋亮
高山猛久


<コメント>
◆監督:TV シリーズ『モノノ怪』監督:中村健治
アニメ版「座敷童子」を作ることになった時、舞台で活躍されていた高橋郁子さんの顔がすぐ浮かびました。物語のテーマも高橋さんの描きたいものと「モノノ怪」がどうコラボレーション出来るかを優先した結果です。結果かなり生々しいお話になり自分もニュアンスを掴むため「妊婦さん」にお話を聞いたりして演出に活かしました。色々な要素が「命の誕生」の瞬間にはあり、その前段にも沢山の「思い」「辛さ」「嬉しさ」「必死さ」「不安」「愛」「孤独」などがあることを自分も学んだ作品です。舞台「化猫」のチームならば、そして高橋さん直々の脚本ならば見事な舞台として産み落としていただけるはず。大きな産声の予感がしています。

◆薬売り役:新木宏典
舞台『モノノ怪』が、新作で戻ってくる事になりました。前作を行った際に、達成感に近いくらい、出来る事を全て使った気でおり、今回どのような作品になるのか、私自信想像出来ません。
前作を超えることは自覚を作る上で必須であり、これにプレッシャーを感じないと発言するのは、偽りの言葉を使おうとしても難しいですが、楽しみに思っている事は確かです。今の自分からでは生み出せないような世界をお見せする事が出来るよう、カンパニー一同で精進して参ります。

©舞台『モノノ怪~座敷童子~』製作委員会