ニュース:大久保篤×david productionがおくる灼熱のダークバトルファンタジー始動!「炎炎ノ消防隊」TVアニメ化決定!ティザービジュアルが解禁!

大久保篤による『炎炎ノ消防隊』は、講談社「週刊少年マガジン」にて大好評連載中のバトルファンタジー。人が突如燃え出し、炎の怪物”焰ビト”となって、破壊の限りを尽くす”人体発火現象”。その脅威に立ち向かう特殊消防隊たちを描く本作。

その「炎炎ノ消防隊」が、TVアニメ化が決定した!

アニメーション制作は、「ジョジョの奇妙な冒険」「はたらく細胞」など様々な人気作品を手掛けるdavid production。合わせて、ティザービジュアルも解禁!

とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・森羅日下部(シンラ クサカベ)が消防服に身を包み、炎に立ち向かっていく姿が描かれております。また、本日より、公式サイト・公式ツイッターもオープン!今後も続々と公開になるTVアニメ「炎炎ノ消防隊」の最新情報にご注目ください。


<TVアニメ「炎炎ノ消防隊」作品概要>
introduction:
大久保篤(「ソウルイーター」)×david production(「ジョジョの奇妙な冒険」 「はたらく細胞」)が贈る灼熱のダークバトルファンタジー始動!

全人類は怯えていた──。
何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。
炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命。
とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・森羅 日下部(シンラ クサカベ)は、“ヒーロー”を目指し、
仲間たちと共に、“焰ビト”との戦いの日々に身を投じる!!


<スタッフ>
原作:大久保篤(講談社「週刊少年マガジン」連載)
アニメーション制作:david production


TVアニメ「炎炎ノ消防隊」公式サイト:
http://fireforce-anime.jp/

TVアニメ「炎炎ノ消防隊」公式ツイッター:
https://twitter.com/FireForce_PR

©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

ニュース:アニメ「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」乙女義勇軍製作委員会が新宿LOFT/PLUS ONEで開催!

2018年11月12日、東京・新宿にあるLOFT/PLUS ONEにおいて、アニメ「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」乙女義勇軍製作委員会が行われました。

今回のイベントには、アスタロト役の東城日沙子さん、音響監督の納谷僚介さん、集英社 プロデューサーの足立聡史さん、YTE プロデューサーの川崎夏子さん、絵梦 プロデューサーの岩崎善浩さん、バンダイナムコアーツ プロデューサーの吉江輝成さん、DMM.com プロデューサーの菊地一成さん、クランチロール プロデューサーの杉多久磨さん、宣伝プロデューサーの石川朱里さんが登壇されました。

会場には熱烈なファンが足を運び、製作陣から話される作品や業界の裏話に、会場からも笑い声が起きていました。また、アニメ「ユリシーズ」の人気のキャラクターや、場面についての日本と海外での受け方の違いなど珍しい話もあり、会場も登壇者の話に聞き入っていました。

そして、登壇者もアニメ「ユリシーズ」の作品愛を感じる話で白熱し、当初の予定を大幅に上回る時間でトークが行われ、会場も大いに盛り上がっていました。


ユリシーズ公式ホームページ:
http://ulysses-anime.jp/

ユリシーズ公式Twitter:
https://twitter.com/anime_ulysses

ニュース:ニュータイプ神話の行き着く先――『機動戦士ガンダムNT』11月30日全国ロードショー!『機動戦士ガンダムNT』の舞台挨拶全日程公開!全国18劇場で開催決定!

『機動戦士ガンダム』の宇宙世紀シリーズ最新作にして、大ヒットシリーズ『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、11月30日より全国90劇場でロードショー。先日開催が決定した「初日舞台挨拶」の他に、主要キャスト&スタッフ登壇の舞台挨拶の全日程を公開。


<舞台挨拶日程>
日程:12月1日(土)、12月2日(日)
会場(1日):ユナイテッド・シネマ豊洲(東京)、TOHOシネマズ錦糸町(東京)、MOVIXさいたま(埼玉)
会場(2日):会場:109シネマズ二子玉川(東京)、川崎チネチッタ(神奈川)、横浜ブルク13(神奈川)
登壇者:
榎木淳弥(ヨナ・バシュタ役)
村中知(ミシェル・ルオ役)
松浦愛弓(リタ・ベルナル役)
吉沢俊一(監督)
福井晴敏(脚本)
小形尚弘(プロデューサー)


日程:12月8日(土)、12月9日(日)
会場(8日):ミッドランドスクエアシネマ(愛知)、MOVIX京都(京都)、大阪ステーションシティシネマ (大阪)
会場(9日):なんばパークスシネマ(大阪)、TOHOシネマズ橿原(奈良)
登壇者:
榎木淳弥(ヨナ・バシュタ役)
吉沢俊一(監督)
福井晴敏(脚本)
小形尚弘(プロデューサー)


日程:12月15日(土)、12月16日(日)
会場(15日):鹿児島ミッテ10(鹿児島)、TOHOシネマズ光の森(熊本)、T・ジョイ博多(福岡)
会場(16日):ユナイテッド・シネマ キャナルシティ(福岡)、広島バルト11(広島)
登壇者:
榎木淳弥(ヨナ・バシュタ役)
村中知(ミシェル・ルオ役)
吉沢俊一(監督)
福井晴敏(脚本)
小形尚弘(プロデューサー)


日程:12月2②日(土)
会場:MOVIX仙台(宮城)、MOVIX宇都宮(栃木)
登壇者:
榎木淳弥氏(ヨナ・バシュタ役)
吉沢俊一(監督)
福井晴敏(脚本)
小形尚弘(プロデューサー)


『機動戦士ガンダムNT』の劇場公開を記念し、初日舞台挨拶に加えて18劇場での公開記念舞台挨拶の開催が決定。舞台挨拶にはヨナ役・榎木淳弥、ミシェル役・村中知、リタ役・松浦愛弓、監督・吉沢俊一、脚本・福井晴敏、プロデュサー・小形尚弘が登壇。

また、先日公開した、11月30日(金)に開催される「初日舞台挨拶」は、11月20日(火)より一般販売が開始される。お近くの劇場で行われる舞台挨拶に、奮ってご参加下さい。

チケット発売情報など、詳細は公式サイトをチェックして下さい。
http://gundam-nt.net/

※登壇者は劇場により異なります。
※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。


<劇場販売商品を公開!>
公開劇場で11月30日から販売が開始される商品の一覧を公開致します。パンフレット(2種類)のほか、主人公機・ナラティブガンダムのイラスト入りTシャツや、12点すべて描きおろしイラストの卓上カレンダー、話題のキービジュアルを使用したドアノブハンガーなど、様々なグッズをご用意!是非劇場でお買い求め下さい。
全商品は、公式サイトをご確認下さい。
http://gundam-nt.net/

パンフレット:

通常版 1,100円(税込)

特別版 2,200円(税込)

Tシャツ:

3,500円(税込)

ドデカポスター:

1,000円(税込)

機動戦士ガンダム卓上カレンダー2019:

1,800円(税込)

ドアノブハンガー:

1,200円(税込)


<キャスト>
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥
ミシェル・ルオ:村中知
リタ・ベルナル:松浦愛弓
ゾルタン・アッカネン:梅原裕一郎
ミネバ・ラオ・ザビ:藤村歩
ブリック・テクラート:古川慎
マーサ・ビスト・カーバイン:塩田朋子
モナハン・バハロ:てらそままさき
イアゴ・ハーカナ:中井和哉
アバーエフ:山路和弘
フランソン:星野貴紀
アマージャ:佐藤せつじ
タマン:駒田航
デラオ:荒井勇樹
パベル:島田岳洋
マウリ:玉野井直樹
ヨナ(8歳):中村文徳
ミシェル(8歳):横溝菜帆

<スタッフ>
企画・制作:サンライズ
原作:矢立 肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一
脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金世俊
メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司
色彩設計:すずきたかこ
CGディレクター:藤江智洋
ディスプレイデザイン:佐山善則
美術監督:丸山由紀子、峯田佳実
特殊効果ディレクター:谷口久美子
撮影監督:脇顯太朗
編集:今井大介
音響監督:木村絵理子
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹


公式サイト:
http://gundam-nt.net/

公式twitter:
https://twitter.com/g_narrative

©創通・サンライズ

ニュース:『PEACE MAKER 鐵』【後篇】・鉄之助と烝の想いが入り混じる後篇~友命~のPVが公開!オリジナルサウンドトラックCDのジャケットが公開!

TVアニメ、TVドラマ、舞台、ドラマCDと様々な展開を見せてきた黒乃奈々絵先生による「PEACE MAKER 鐵」(掲載「月刊コミックガーデン」/WEBコミックサイト「MAGCOMI」)。慶応三年・幕末動乱の時代を舞台に、武士になることを望み、京へと旅立ち懐かしき故郷にその錦を飾るため、戦いへと突き進んでいく若者たちの姿は、長年に渡り多くのファンを虜にしている。2018年・劇場アニメとして再びアニメ化。

監督には きみやしげる、シリーズ構成には「Re:ゼロから始める異世界生活」で脚本を手掛けた梅原英司、アニメーション制作は「刀語」「シュタインズ・ゲート」で丁寧な作品作りを見せるWHITE FOX。

11月17日(土)に公開が迫る後篇~友命~のPVが公開となった。

また11月28日(水)に発売いたしますオリジナルサウンドトラックCDのジャケットが解禁となり、さらにAmazonでのオリジナル購入特典としてデカジャケットのデザインも公開となった。

鉄之助と山崎の想いが入り混じる後篇~友命~のPVが公開!

11月17日(土)に公開が迫る劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」後篇~友命~の最新PVが公開となった!

市村鉄之助と山崎烝の声が重なって聞こえてくる本PVでは、2人の想いが入り混じり、後篇~友命~で起こるある出来事を想起させつつ、新撰組隊士達の行く末がどうなっていくのかが気になる内容となっている。


<11月28日(水)発売オリジナルサウンドトラックのジャケットが公開!>
11月28日(水)に発売いたします劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」オリジナルサウンドトラック。劇中を彩ったBGMや、ジェッジジョンソンによる前篇~想道~主題歌「Rust」、後篇~友命~主題歌「掴んだ影を離さぬように」をフルサイズで収録する本作の描き下ろしジャケットが公開いたしました。さらにAmazonでご購入の方にプレゼントいたしますオリジナル特典のデカジャケットのデザインも公開となった。

・詳細

劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」オリジナルサウンドトラック
発売日:2018年11月28日(水)
品番:LACA-9651 ~ LACA-9652
価格:3,500円(税抜)

店舗特典:
Amazon.co.jp
オリジナルデカジャケット


<劇場アニメ『PEACE MAKER 鐵』後篇~友命~ 作品概要>
・イントロダクション
武士になることを望み、京へと旅立ち懐かしき故郷にその錦を飾るため、戦いへと突き進んでいく若者たちの姿を描いた黒乃奈々絵による「PEACE MAKER 鐵」(掲載「月刊コミックガーデン」/WEBコミックサイト「MAGCOMI」)。

連載開始から長年多くのファンを虜にしてきた。TVアニメ、TVドラマ、舞台、ドラマCDと様々な展開を見せてきたが、再びアニメとして劇場公開することが決定。新撰組での生活の中で、出会いや別れを通して成長していく市村鉄之助と仲間達の物語を、2018年前篇・後篇2部作で描く。

・後篇ストーリー
慶応四年――幕府軍と薩摩軍の争い“鳥羽伏見の戦い”が始まった。土方は前線で指揮を執り、山崎は隊医として負傷者の救護にあたる。しかし圧倒的に不利な銃撃戦、淀城の薩摩への寝返りと、苦戦する新撰組は次第に追い詰められていく。 一方で、思いを寄せる少女・沙夜を身請けするため奔走していた鉄之助は、隊を離れたまま幕府軍大敗の知らせを聞く。自分は何のために新撰組に入ったのか――屯所へ来て間もない頃、山崎と交わした会話を思い出した鉄之助は、もう一度刀を手に、隊へと戻る決意をするが……抗うことの出来ない運命の戦いが幕を開ける。

・後篇スタッフ
原作:黒乃奈々絵(掲載「月刊コミックガーデン」/WEBコミックサイト「MAGCOMI」)
監督:きみやしげる
脚本:梅原英司
キャラクターデザイン・総作画監督:小磯沙矢香
セットデザイン:岩畑剛一
美術監督:甲斐政俊
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:佐藤光洋
編集:後藤正浩
音響監督:亀山俊樹
音楽:中西亮輔
主題歌:「掴んだ影を離さぬように」ジェッジジョンソン
アニメーション制作:WHITE FOX
配給:ショウゲート
特別協力:京都市

・後篇キャスト
市村鉄之助:梶裕貴(青年期)/小林由美子(少年期)
土方歳三:中田譲治
沖田総司:斎賀みつき
山崎 烝:櫻井孝宏
市村辰之助:うえだゆうじ
永倉新八:山口勝平
原田左之助:乃村健次
斉藤 一:松山鷹志
島田 魁:岩崎征実
近藤 勇:土師孝也
沙夜:高橋美佳子
大和屋 鈴:立花慎之介
山崎 歩:永島由子

後篇:PEACE MAKER 鐵 ~友命(フリガナ:ユウメイ)~2018年11月17日劇場公開予定

公式HP:
http://www.peacemakerk.jp/

公式Twitter:
https//twitter.com/peacemakeranime

©黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会

ニュース:「revisions リヴィジョンズ」内山昂輝・小松未可子出演【「revisions リヴィジョンズ」S.D.S.ミーティングニコ生 第2回】11月20日(火)放送決定!サプライズゲストも登場!

2018年10月より開始となる「海外にアニメカルチャーを広げたい」というコンセプトのもと、高品質で世界基準のアニメ作品を日本をはじめとして世界にも打ち出していく新アニメ枠・フジテレビ「+Ultra」。その第2弾作品として2019年1月より「revisions リヴィジョンズ」が放送される。

ある日突如奪われる日常。300年以上先の「未来」に渋谷ごと転送されてしまう少年少女達。未来で待っていたのは、広大無辺な荒野と森、点在する廃墟……そして、未来人「リヴィジョンズ」と彼らが操る巨大な機械の化け物だった。理由もわからぬまま化け物に蹂躙されていく渋谷を助けようと現れたのは、誘拐事件の大介の恩人と同名で瓜二つの少女・ミロ。

孤立した街。未知の敵。未確定な過去と運命の予言。少年少女たちが、「現在(いま)」を取り戻すために「未来」と戦う青春(ジュブナイル)“災害”(パニック)群像劇(アンサンブル)。

10月に放送し大好評を博したTVアニメ「revisions リヴィジョンズ」の魅力を深く掘り下げるニコニコ生放送での特別番組【「revisions リヴィジョンズ」S.D.S.ミーティングニコ生】の第二回目の放送が決定!

堂嶋大介役の内山昂輝、ミロ役の小松未可子が出演に加え、サプライズゲストも登場予定!新たな情報も明らかに…!是非ご覧ください。


<TVアニメ「revisions リヴィジョンズ」S.D.S.ミーティングニコ生 第2回>
日時:2018年11月20日(火)開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/gate/lv316827392
出演:内山昂輝(堂嶋大介役)・小松未可子(ミロ役)・サプライズゲスト

MC:柳原哲也(アメリカザリガニ)


<「revisions リヴィジョンズ」作品概要>
放送情報:
2019年1月フジテレビ「+Ultra」にて放送予定
NETFLIXにて全世界独占配信
関西テレビ
東海テレビ
テレビ西日本
北海道文化放送
BSフジ

〇イントロダクション
谷口悟朗×深見真×近岡直×白組
個性際立つクリエイター陣がおくる、青春(ジュブナイル)“災害”(パニック)群像劇(アンサンブル)──

7年前のあの日、彼女は言った。俺たちにいつか大変な危機が訪れる。みんなを守れるのは俺だけだと。誰も予言を信じていないけど、俺は毎日トレーニングして、常に大事な仲間を守ってる。そんな俺を認めてくれるように、俺と4人の仲間に一通のメールが届いた。そう。予言のときが、ついに、きたんだ……!

監督は、第36回星雲賞(アニメ部門)受賞作『プラネテス』や『コードギアス 反逆のルルーシュ』などで世界のアニメファンを魅了し続ける谷口悟朗。シリーズ構成・脚本はキャラクターの日常と闇を魅力的に浮かび上がらせる『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの深見真。キャラクターデザイン原案は、柔らかい質感で精緻に人物を描き出す『Wake Up, Girls!』の近岡直。アニメーション制作は『永遠の0』『ALWAYS 三丁目の夕日』など心揺さぶる数々の映像作品を生み出した白組が担当。

〇ストーリー
「これは予言よ。あなたたち五人に、いつか大変な危機が訪れるの。そのときみんなを守れるのはあなた」

幼いころ誘拐された過去をもつ高校2年生・堂島大介は、幼なじみのガイ、ルウ、マリマリ、慶作とともに、不可思議な現象──「渋谷漂流」に巻き込まれる。渋谷の中心部が跳ばされたのは300年以上先の「未来」。そこで待っていたのは、広大無辺な荒野と森、点在する廃墟……そして、未来人「リヴィジョンズ」と彼らが操る巨大な機械の化け物だった。

理由もわからぬまま化け物に蹂躙されていく渋谷を助けようと現れたのは、誘拐事件の大介の恩人と同名で瓜二つの少女・ミロ。彼女は、大介たちだけが操縦できる人形兵器「ストリング・パペット」を提供し、渋谷を守れと促す。

誘拐事件の恩人──ミロによる予言「仲間を守る運命」を信じて生きてきた大介は、ついに訪れた危機と手に入れた力に歓喜する。しかし、幼なじみ5人の絆は誘拐事件の影響でバラバラとなっていた。孤立した街。未知の敵。未確定な過去と運命の予言。少年少女たちは、「現在(いま)」を取り戻すために「未来」と戦う。必ず、元の時代へ戻る──

<スタッフ>
原作:S・F・S
監督:谷口悟朗
CG監督:平川孝充
シリーズ構成:深見真/橋本太知
キャラクターデザイン原案:近岡直
メカデザイン:新井陽平
CGキャラクターデザイン:白井順
BGコンセプトアーティスト:白田真人
MattePaintディレクター:大西穣
美術・設定:坂本竜
色彩設計:長尾朱美
撮影監督:高橋和彦
編集:齋藤朱里
音響監督:明田川仁
音楽:菊地梓
企画:スロウカーブ
アニメーション制作:白組
制作:リヴィジョンズ製作委員会

<キャスト>
堂嶋大介:内山昂輝
ミロ:小松未可子
張・剴・シュタイナー:島﨑信長
張・露・シュタイナー:高橋李依
手真輪愛鈴:石見舞菜香
浅野慶作:斉藤壮馬


公式HP:
http://revisions.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/revisions_PR

©リヴィジョンズ製作委員会