ニュース:2022年3月上演舞台「フルーツバスケット」紅葉、楽羅、利津、杞紗、燈路、魚谷ありさ、花島咲のキャラクタービジュアル解禁!さらにキャストよりコメントも到着!

2022年3月4日~13日上演の舞台「フルーツバスケット」について、キャラクタービジュアル第二弾として、草摩紅葉(古賀 瑠)、草摩楽羅(関根優那)、草摩利津(安達勇人)、草摩杞紗(鎌田英怜奈)、草摩燈路(陣 慶昭)、魚谷ありさ(南 千紗登)、花島 咲(中村裕香里)のビジュアルが解禁された。さらにキャストから意気込みコメントも到着。そして本日よりプレイガイド先行販売チケットの抽選受付が開始となった。


<「フルーツバスケット」について>
「フルーツバスケット」(原作・高屋奈月)は「花とゆめ」(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画で、全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、足掛け3年に渡りテレビ東京ほかにて放送された。

そして2022年2月18日(金)より、TVシリーズ総集編に新作映像を加えた「フルーツバスケット -prelude-」が全国の劇場にて上映されることが決定(劇場限定版Blu-ray同時発売)。また、舞台「フルーツバスケット」も2022年3月4日より日本橋三井ホールにて上演となる。


<キャラクタービジュアル第二弾解禁!キャストよりコメントも到着!>
今回新たに草摩紅葉(古賀 瑠)、草摩楽羅(関根優那)、草摩利津(安達勇人)、草摩杞紗(鎌田英怜奈)、草摩燈路(陣慶昭)、魚谷ありさ(南千紗登)、花島 咲(中村裕香里)のキャラクタービジュアルを公開。第一弾に引き続きキャラクター性が感じられる再現度の高いビジュアルとなっている。

さらに7名のキャストから意気込みコメントも到着。演じられる喜びや、作品に真剣に向き合っていきたい熱い想いなど、“フルバ愛”溢れたコメントが到着。


<草摩紅葉役 古賀瑠>
フルーツバスケットの原作を拝見させて頂き、沢山の切なさや感動をうけました。そんな作品に草摩紅葉役で出演させて頂くことを、本当に嬉しく楽しみに思っています。アニメや原作でみたフルーツバスケットを舞台でもキャストの皆さんと一緒に大切にお届けできるように、僕自身も全力で頑張ります。

<草摩楽羅 関根優那>
全話大号泣しながら観るくらい大好きなフルバの舞台に出演することができてとても嬉しいです。夾くんに真っ直ぐぶつかる楽羅を全力で演じたいと思います!

<草摩利津役 安達勇人>
草摩利津役の安達勇人です。 ずっと昔からたくさんの方々に愛されている作品「フルーツバスケット」。利津としっかり一つになってファンの皆さまにこの舞台をお届けできるよう全身全霊で向き合っていきたいと思います。心からお会いできる事を楽しみにしております。

<草摩杞紗役 鎌田英怜奈>
草摩杞紗役の鎌田英怜奈です。杞紗ちゃんの一つ一つの言葉・気持ちを大切にしながら演じたいと思っています!楽しみにしていてください!

<草摩燈路役 陣慶昭>
燈路に変身しました。燈路になりきりました。客席の皆さんと一緒に「フルーツバスケット」の世界に入りこむぞ~

<魚谷ありさ役 南千紗登>
小さい頃から読んでいた大好きな作品に関わる事ができてとても幸せです。かっこよくて優しいうおちゃん、精一杯努めたいと思います!

<花島咲役 中村裕香里>
フルーツバスケットの世界を生きられる日がくるだなんて、本当に夢のようです。作品とはなちゃんに、たくさん愛をそそいでいきます!


<公演情報>
タイトル: 舞台「フルーツバスケット」
上演期間:2022年3月4日(金)~13日(日)
劇場:日本橋三井ホール(〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2丁目2-1 COREDO室町1 5F)
チケット:プレイガイド先行販売チケット(抽選)受付開始!
・価格:9,800円(税込/全席指定)
・プレイガイド先行販売チケット(抽選)
〇楽天チケット:
http://r-t.jp/fruba_stage
〇ぴあ:
https://w.pia.jp/t/fruba-stage/
〇ローチケ:
https://l-tike.com/fruba-stage/
〇イープラス:
https://eplus.jp/fruba-stage/
・受付期間:1月20日(木)18:00~1月25日(火)18:00
※下記公演チケットに関しましては、予定枚数の上限に達したため受付はございません。
・3月6日(日)13:00~
・3月12日(土)13:00~
・3月13日(日)12:00~/16:00~
■来場者特典:舞台「フルーツバスケット」オリジナルクリアしおり(全14種)
※チケットや公演の詳細は公式HPをご確認ください


■スタッフ
原作:高屋奈月「フルーツバスケット」(白泉社・花とゆめCOMICS)
脚本・総合演出:毛利亘宏 (少年社中)
演出:長谷川太郎 (少年社中)
ほか

■キャスト
本田 透:吉田綾乃クリスティー
草摩由希:北川尚弥
草摩 夾:橋本祥平

草摩綾女:仲田博喜
草摩潑春:田村升吾

草摩紅葉:古賀瑠
草摩楽羅:関根優那
草摩利津:安達勇人
草摩杞紗:鎌田英怜奈
草摩燈路:陣 慶昭
魚谷ありさ:南千紗登
花島 咲:中村裕香里

本田今日子:芳賀優里亜
草摩藉真:稲垣成弥

草摩はとり:伊万里有

草摩紫呉:安里勇哉
ほか


■主催
舞台「フルーツバスケット」製作委員会2022

■あらすじ
唯一の家族だった母親を亡くした高校生の本田 透は、一人でテント暮らしをしていた。だが、その場所は学校の王子様的存在である草摩由希の暮らす『草摩家』の敷地内だった。

家主である草摩紫呉に家事の腕を買われた透は、彼らと一緒に住むことになる。由希を敵視する草摩 夾も加わり、透は想像もつかない運命に巻き込まれていく。

そう、『草摩家』が何百年も前から縛られている『呪い』という運命に…。


舞台「フルーツバスケット」公式サイト:
https://fruba-stage.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/fruba_stage

Ⓒ高屋奈月・白泉社/舞台「フルーツバスケット」製作委員会2022

ニュース:千葉県印西市のPRアニメ・主演:石原夏織、脚本:池田テツヒロによる 『印西あるある物語』公開!

宇宙人も移住したくなる街?これが未来の印西市だ!千葉県印西市のPRアニメ“印西あるある物語”公開!脚本池田テツヒロ、主演石原夏織による、市民から募集したアイデアをアニメ化。アニメ公開記念特別番組も配信中!

千葉県印西市のPRアニメ『印西あるある物語』が、同市プロモーション特設サイト『MAKE INZAI ORIGINAL(メイク・インザイ・オリジナル)』内及び、YouTubeで公開された。

印西市は、人口約10万人の千葉県北部に位置する都市。千葉県の地形をモチーフとしたキャラクター・チーバくんで例えると目のあたりに位置しており、都心へのアクセスも良好且つ、子育てしやすい街として注目され、住みよさランキングでも常に上位にあることで注目されている。

本作は、市民から募集したアイデアを、同市出身の漫画家中村ゆうひ氏の執筆による漫画をアニメ化した作品。脚本は俳優としても活躍している池田テツヒロ氏が担当、主人公の少女、西住印(にしずみしるし)を石原夏織が演じており、印西市の未来と何でも受け入れる市民性を、名作映画のパロディを交えながらコミカルに描いた、自治体PRアニメとしては珍しい宇宙人も巻き込んだファンタジー作品となっている。

作品には板倉正直市長も登場。市長自ら本人役として声優に初挑戦しており、「短いセリフなのに、こんなに難しいとは思わなかった。この作品を通して、印西市の魅力を感じてほしい」とコメントしている。

さらにアニメ公開に合わせて、株式会社ポニーキャニオン制作、石原夏織、井ノ上奈々、池田鉄洋出演による、『Nai★Nai一級市民』と題したアニメ公開特別番組もYouTubeにて配信されている。


MAKE INZAI ORIGINAL:
http://makeinzaioriginal.com


アニメ「印西あるある物語」:

https://youtu.be/RMjK9YXPATk

アニメ「印西あるある物語」配信記念特別番組「Nai★Nai一級市民」:

https://youtu.be/9bGvjG0ZLGE


<アニメ「印西あるある物語」>
【キャスト】
印:石原夏織
アル:伊藤彩沙
りんな:巽悠衣子
ともみ:鈴木美咲
ひろし:仲田ありさ
ユウタ:矢方美紀
益男:池田鉄洋
南:井ノ上奈々
ユウタのおじいちゃん:西村知道
印西市長:板倉正直(印西市長)

【スタッフ】
原案:中村ゆうひ
脚本:池田テツヒロ
監督:青木悠
アニメーション制作:アスラフィルム
プロデュース:ポニーキャニオン
企画:印西市


<石原夏織プロフィール>
8月6日生まれ。千葉県出身。2010年に「会長はメイド様!」で声優デビュー。2012年にアニメ「輪廻のラグランジェ」の京乃まどか役で初主演を果たす。2013年には第7回声優アワード新人女優賞を受賞。主な出演作に、「さよなら、ティラノ」プノン役、「色づく世界の明日から」月白瞳美役、「ソードアート・オンラインアリシゼーション」ティーゼ役など。アーティスト活動では7thシングル「Starcast」が発売中。また22年3月にはLIVE「Starcast」を開催予定!
http://ishiharakaori.com/

ニュース:舞台「BASARA」の舞台版キャラクタービジュアルが全公開!ライブ配信も決定!

2022年1月にシアターサンモールにて上演予定の舞台「BASARA」の全キャストビジュアルを解禁。チケットは只今カンフェティにて当日引換券を販売中。

また、1月16日17時公演と1月23日(日)16:00公演のライブ配信が決定。「BASARA」の世界がお家でもお楽しみいただけます!令和に生まれる新たな「BASARA」にご期待ください。


<「BASARA」とは>
「BASARA」(バサラ)は、田村由美による漫画作品で、『別冊少女コミック』(小学館)において、1990年9月から1998年6月まで連載された。単行本は全27巻。文庫版(小学館文庫)は全16巻。1993年に平成4年度(第38回)小学館漫画賞を受賞した。1998年にテレビアニメ化され、2012年から2019年にかけて舞台化され、連載終了後の今でも各世代に多くのファンを持つ人気作品。

<原作者紹介>
・田村由美
1983年、第12回小学館新人コミック大賞佳作受賞作「オレたちの絶対時間」(「別冊少女コミック」9月号増刊掲載)でデビュー。代表作は「巴がゆく!」「BASARA」「7SEEDS」「ミステリと言う勿れ 」ほか多数。1993年、「BASARA」にて第38回小学館漫画賞受賞。また、2007年には「7SEEDS」にて第52回同賞を受賞。現在、月刊フラワーズで連載中の「ミステリと言う勿れ」は2022年1月にフジテレビ系月9枠にて菅田将暉主演でテレビドラマが放送中。


<舞台「BASARA」 公演概要>
日程/会場:
2022年1月13日(木)~23日(日)/シアターサンモール

キャスト:
更紗:田中珠里/朱理:宇野結也

ナギ:岩永徹也/ハヤト:野口 準/
千手姫:上西 恵 田中美麗(Wキャスト)/
茶々:原あや香 相沢菜々子(Wキャスト)/
座木:熊沢 学 北村 海(Wキャスト)/
角じい:ナカヤマムブ/錵山将軍:阿見201/亜相:赤塚篤紀

更紗(幼少期):柿澤ゆりあ/飛車:真嶋真紀人/
月漉:小泉 丞/祭月:岩瀬拓光/
月城:山本佳志/榊:茶谷優太/タタラ:山下 凌/
アロ:藤田笑美/千草:大澤えりな/紋白:櫻井結衣

四道:細貝 圭/
揚羽:瀬戸祐介 久保田悠来(Wキャスト)

スタッフ:
原作:田村由美「BASARA」(小学館フラワーコミックス刊)
脚本:吉谷晃太朗/奥村直義
演出:久保田悠来
主催:2022舞台「BASARA」製作委員会

公式サイト:
https://officeendless.com/sp/basara-st/

公式Twitter:
https://twitter.com/BASARA2022
「#バサステ #舞台BASARA」


<キャラクタービジュアル公開!>
更紗:田中珠里

朱理:宇野結也

ナギ:岩永徹也

ハヤト:野口準

千手姫(Wキャスト):上西恵

千手姫(Wキャスト):田中美麗

茶々(Wキャスト):原あや香

茶々(Wキャスト):相沢菜々子

座木(Wキャスト):熊沢学

座木(Wキャスト):北村海

角じい:ナカヤマムブ

錵山将軍:阿見201

亜相:赤塚篤紀

四道:細貝圭

揚羽(Wキャスト):瀬戸祐介

演出/揚羽(Wキャスト):久保田悠来

更紗(幼少期):柿澤ゆりあ

飛車:真嶋真紀人

月漉:小泉丞

祭月:岩瀬拓光

月城:山本佳志

榊:茶谷優太

タタラ:山下凌

アロ:藤田笑美

千草:大澤えりな

紋白:櫻井結衣


<主題歌情報>
プランクトンが手掛ける舞台「BASARA」の主題歌が決定!
オープニングテーマ「灯火」
エンディングテーマ「砂の雫」
作詞:玉串一将/村瀬健
作曲:玉串一将
サウンドプロデュース:清水”カルロス”宥人
ミックスエンジニア:草間敬
トータルプロデュース:村瀬健

プランクトン:
名古屋を拠点に活動する4ピースバンド。オリジナル楽曲の作詞・作曲を にの(Key.)とTK(Dr.)がそれぞれ担当している。
Vocal/Guitar 川上葉南
Bass 古川さら
Keyboard 梅木廉
Drums 玉串一将


<チケット情報>
只今チケット好評販売中!各公演の前日20:00まで当日引換券を先着販売中。

チケット販売ページ・カンフェティ:
http://www.confetti-web.com/basara2022


<ライブ配信決定!>
舞台「BASARA」のライブ配信が決定いたしました!

配信日:
・2022年1月16日(日) 17:00公演
(見逃し配信:公演終了後〜2022年1月23日(日))
・2022年1月23日(日)16:00公演
(見逃し配信:公演終了後〜2022年1月30日(日))

チケット:
ファンキャス、Confetti Streaming Theaterにて配信チケットを販売します!
販売価格:3,800円(税込)

チケットのご購入はこちらから
・ファンキャス
舞台「BASARA」1月16日(日)17:00公演
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=36970

舞台「BASARA」1月23日(日)16:00公演
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=36971

・Confetti Streaming Theater


<公演概要>
タイトル:
舞台「BASARA」

公演期間/会場:
2022年1月13日(木)~23日(日)/シアターサンモール

キャスト:
更紗:田中珠里/朱理:宇野結也

ナギ:岩永徹也/ハヤト:野口 準/
千手姫:上西 恵 田中美麗(Wキャスト)/茶々:原あや香 相沢菜々子(Wキャスト)/
座木:熊沢 学 北村 海(Wキャスト)/角じい:ナカヤマムブ/錵山将軍:阿見201/亜相:赤塚篤紀

更紗(幼少期):柿澤ゆりあ/飛車:真嶋真紀人/
月漉:小泉 丞/祭月:岩瀬拓光/月城:山本佳志/榊:茶谷優太/タタラ:山下 凌/
アロ:藤田笑美/千草:大澤えりな/紋白:櫻井結衣

四道:細貝 圭
揚羽:瀬戸祐介 久保田悠来(Wキャスト)

※出演者は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

スタッフ:
原作:田村由美「BASARA」(小学館フラワーコミックス刊)

演出:久保田悠来
脚本:吉谷光太郎 奥村直義

主題歌:プランクトン
アクション:中村誠治郎 新田健太
振付:富田彩
美術:竹邊奈津子
音楽:こおろぎ
舞台監督:田中聡
演出部:土橋達也
照明:大波多秀起(デイライト)
音響:前田規寛
衣装:瓢子ちあき
ヘアメイク:黒田はるな
演出助手:石井寛人
小道具:平野雅史
制作協力:上野志津華

主催:2022舞台「BASARA」製作委員会


<チケット>
1月6日(木)19:00より当日引換券の販売開始
カンフェティ:
http://www.confetti-web.com/basara2022


公式HP:
https://officeendless.com/sp/basara-st

公式Twitter:
https://twitter.com/BASARA2022
ハッシュタグ
「#バサステ #舞台BASARA」

お問い合わせ:
Office ENDLESS
info@officeendless.com

©田村由美/小学館
©2022舞台「BASARA」製作委員会

ニュース:舞台「東京リベンジャーズ」―血のハロウィン編―公演スケジュール解禁&チケット先行受付開始!

2017年より講談社「週刊少年マガジン」にて連載中の和久井健・原作の『東京卍リベンジャーズ』。2021年8月には大阪・東京・横浜の3都市でタイトル初となる舞台が上演。大成功を収めた第1弾に引き続き、第2弾—血のハロウィン編—の上演が続投キャストと共に先日発表された。

チケットのオフィシャル先行と各キャストのFC先行は本日12時より受付開始!詳細な公演スケジュールはHPをCHECK!

『東京卍リベンジャーズ』とは、2017年、26歳のダメフリーターとして人生どん底の生活を送っていた花垣武道が、ある日ニュースで中学時代の人生唯一の彼女だった橘日向が弟の直人とともに悪党連合“東京卍會(東卍)”の抗争に巻き込まれ死亡したことを知る。

翌日、バイト帰りの武道は電車のホームから何者かに突き飛ばされ転落してしまう。死を覚悟した武道であったが、目を開くと人生の絶頂期だった12年前の2005年にタイムリープし、中学生に戻っていた。

恋人を救うため、逃げ続けてきた自分の人生へのリベンジを開始する!


<公演概要>
タイトル:舞台「東京リベンジャーズ 」-血のハロウィン編-
原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載)
公演日程/会場:
大阪公演:2022年3月18日(金)~3月21日(月・祝)/COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
東京公演:2022年3月25日(金)~4月3日(日)/サンシャイン劇場
公演スケジュール:
・大阪
3月18日(金) 18:00
3月19日(土) 12:00/17:30
3月20日(日) 12:00/17:30
3月21日(月・祝) 11:30/16:30
・東京
3月25日(金) 18:00
3月26日(土) 12:00/17:30
3月27日(日) 12:00/17:30
3月29日(火) 14:00
3月30日(水) 14:00/18:30
3月31日(木) 14:00
4月1日(金) 14:00
4月2日(土) 12:00/17:30
4月3日(日) 12:00/16:30
料金:11,000円(全席指定・税込)
公式サイト先行:2022年1月7日(金)12:00~1月30日(日)23:59
申込:
https://eplus.jp/revengers-stage2-hp/
脚本・演出:伊勢直弘
主催:舞台「東京リベンジャーズ」製作委員会

キャスト:
花垣武道:木津つばさ/橘日向:花瀬琴音/橘直人:野口準/佐野万次郎:松田凌/龍宮寺堅:陳内 将/千堂敦:中尾暢樹/三ツ谷 隆:相澤莉多/林田春樹:中島大地/長内信高:新田健太/半間修二:菊池修司 他


公式サイト:
https://officeendless.com/sp/revengers_stage2

公式Twitter:
https://twitter.com/revengers_stage

ハッシュタグ:
#東リベ
#リベステ

©和久井健・講談社/舞台「東京リベンジャーズ」製作委員会

ニュース:おぼんろ史上最大動員数を記録した物語「パダラマ・ジュグラマ」2022年2月Theater Mixaにて再演決定!

LIVEエンターテインメントビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」(東京都豊島区東池袋)内「Theater Mixa」にて2022年2月13日(日)より劇団おぼんろ第20回本公演「パダラマ・ジュグラマ」の再上演が決定。

劇団おぼんろ、最多数の客演を迎えての公演に挑戦!物語は普遍的であるというメッセージを体現すべく、単なるダブルキャストではなく、役柄固定のミックスキャストでの公演に挑戦する。見るたびに異なる組み合わせで紡ぎ出される物語は参加者たちにどう写るのか。おぼんろ史上最大の動員数を記録した「パダラマ・ジュグラマ」待望の再演にご期待ください。


<劇団おぼんろとは>
劇団おぼんろは大人のための寓話を紡ぎ出すことを特徴とし、その普遍性の高い物語と独特な舞台演出技法によって注目を集めてきた。主宰の末原拓馬の路上独り芝居に端を発し、現在は4000人近くの動員力を持つ劇団に成長。抽象舞台を巧みに用いるおぼんろは廃工場や屋形船、オリジナルの特設テントなど様々な場所でも公演を行い、どんな場所でもまるで絵本の中に潜り込んだようなエンターテインメントを紡ぎ出してきた。語り部の息遣いが聞こえ、温度さえも伝わる迫力に参加者(観客)は胸を高鳴らせ、日常を忘れて物語の世界に浸る。2019年にはサーカスパフォーマンスとの融合にも挑戦し、老若男女、国内外の観客から絶大なる人気を誇る。


<パダラマ・ジュグラマあらすじ>
何もかもがうまくいかない世界がありました。すべてのことは右肩下がり、良かったものは悪くなる、大切な物に手を伸ばしても届きもしない、何も願わず、他人のことは考えない。大切なのはそういうこと。その世界では、環境汚染のため、自然界に食べられるものはなく、誰もがいつだってお腹を空かしています。

ある日、他人のことなど知らぬ存ぜぬの邪な心を持ったトシリモという名前のキツネが、仲間と共にカイダムと呼ばれるニワトリ工場に盗みに入ります。

しかし、なんということでしょう。忍び込んだカイダムの中の様子は彼らが想像だにしなかった恐ろしい残酷な場所だったのです。数多くのニワトリたちが運命に絶望する地獄のような世界の中で、キツネたちは、一羽のヒヨコ、タックに出会います。タックはどういうわけか自らの運命をまったく知らず、キツネたちに心底懐いてしまうのでした。そして、トシリモが自らの都合のために話した根も葉もない嘘をまるっきり信じ切ってしまったことから、この物語は思わぬ方向へと動き始めます。

生き延びるためにメンドリのフリをしているオンドリのリンリン、弟を救うために葛藤しながらも盗みを働こうとするキツネのメグメ、ニワトリたちを管理するカイダムの工場長ジュンバ。2匹と2羽と1人の運命と決断が、複雑に絡み合って起こった、ひとつの小さな奇跡。おぼんろ が全身全霊をかけて紡ぎ出す、切なく美しい物語。


<末原拓馬コメント>
物語は世界を変えると信じ続けて、たくさんの物語を生み出してきました。実際に世界に触れていくために、僕らはひとつの物語を繰り返し繰り返し紡ぎ続けていく必要があると考えます。初演時、僕らは僕らのために公演をしていました。これから、もっと広い世界を巻き込んでいくための挑戦をしたいです。変わり続けてでも信念を貫くという覚悟を、いつまでも変えないつもりです。お会いできること、心待ちにしております。


<公演概要>
劇団おぼんろ 第20回本公演
『パダラマ・ジュグラマ』
【作・演出】末原拓馬
2022年2月13日(日)~2月20日(日)全14ステージ
Mixalive TOKYO Theater Mixa
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3Mixalive TOKYO 6階
https://www.mixalivetokyo.com/


<出演者>
タック役:末原拓馬(劇団員)
トシリモ役:富田翔/八神蓮
リンリン役:高橋倫平(劇団員)/塩崎こうせい
メグメ役:わかばやしめぐみ(劇団員)/岩田華怜
ジュンバ役:さひがしジュンペイ(劇団員)/登坂淳一
※役柄固定のミックスキャストで公演。キャスト出演スケジュールは後日発表いたします。


<ゲスト紹介>
◼トシリモ役・富田翔
<コメント>
末原拓馬とは、十数年前に彼の演出で舞台をやらせてもらいました。そのときのことは今でも印象深く覚えています。そこから時を経て、今度は彼の描く世界の中に生きられることが非常に楽しみです。

出演代表作:
・TVドラマ・スーパー戦隊シリーズ「爆竜戦隊アバレンジャー」
・舞台「炎の蜃気楼 昭和編」
・舞台『刀剣乱舞』-義伝 暁の独眼竜-

◼トシリモ役・八神蓮
<コメント>
この舞台の台本を見て、当たり前に対して疑問を持つ事の難しさや、当たり前に対して疑問を持つ事の大切さを知りました。人間だから色々なモノを食べます。植物も動物も当たり前の様に食べてきました。今回の物語の中に養鶏場の鶏が出てきます。人間が食べるために育てられている鶏です。動物たちの目線で、様々な事に疑問を持ち、観ている人間にも何かヒントを与えてくれるそんな舞台になりそうです。想いの詰まった舞台をお届けしたいです。

出演代表作:
・ドラマ「ごくせん 第3シリーズ」
・ミュージカル『テニスの王子様』
・ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』

◼リンリン役:塩崎こうせい
<コメント>
塩崎こうせいです。前作の公演に引き続きおぼんろさんには2回目の出演となります。あまり外部の役者さんを使わず、劇団メンバーのみの純度の高い作品が多い中で、連続で出演する機会をいただきまして嬉しい限りです。あのワクワクする空間を一つずつ積み上げる日々がまた始まります。1人では到達できない場所に辿り着きたいと思います。よろしくお願い致します。

出演代表作:
・舞台『イムリ』
・舞台『2.5次元ダンスライブ「ALIVESTAGE」Episode 4「WYD」』
・舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace~パノラマ島の怪人~』

◼メグメ役:岩田華怜
<コメント>
今回初めておぼんろさんの作品に出演させて頂くことになりました、岩田華怜です。主宰の末原さんともお話をさせて頂き、この「パダラマ・ジュグラマ」の世界観に一気に引き込まれました。今この時代だからこそ、沢山の方の心に届く作品になるのではないかと思います。座組では最年少と言うことで、周りの皆さんから沢山吸収して発散したいと思います。思い切り楽しみます!

出演代表作:
・舞台「ブライトン・ビーチ回顧録」
・舞台「こちとら大奥様だぜぃ」
・舞台「どれミゼラブル」

◼ジュンバ役:登坂淳一
<コメント>
新たな挑戦に踏み出して4年。いろいろ発見があります。でも舞台は想像もしていませんでした。今回オファーを頂き、おぼんろの紡ぐ世界を観て、参加してみたいと感じました。オールドルーキーにもご期待ください。


<タイムテーブル>
2月
13日(日)18:00
14日(月)13:00/ 18:00
15日(火)13:00/ 18:00
16日(水)15:00
17日(木)13:00/ 19:00
18日(金)13:00/ 19:00
19日(土)13:00/ 18:00
20日(日)11:30 / 16:00
開場は開演の45分前。受付開始は開演の1時間前。


<チケットについて>
チケット発売日
各種ファンクラブ先行発売受付期間:1月上旬開始予定
一般発売受付期間:1月下旬開始予定

チケット価格(全席指定席)
プレミアムチケット 10,000円(税込)
特典:毎ステージごとに内容が変わる「日刊パダラマ新聞」付き

一般チケット 7,800円(税込)

ひよっこチケット 4,000円(税込)※18歳以下 先行発売のみ予約受付。
いいねチケット 投げ銭 ※一般発売のみ予約受付。

※初日の13日18:00の回に座席数限定でいいねチケットを発売します。いいねチケットは基本入場無料。終演後に言い値での投げ銭チケットになります。お客様は事前にお席だけご予約してご来場いただき、チケット代は当日投げ銭になります。

チケット取り扱い:楽天チケット

さらに池袋サンシャインシティプリンスホテルでは、公演チケットをお持ちのお客様がお得に泊まれるチケット購入者優待プラン(特典付き)を実施します!
https://www.princehotels.co.jp/sunshine/
詳細は後日公式ホームページ及びTwitterでお知らせいたします。


<脚本・演出 末原拓馬 プロフィール>
末原拓馬 1985年7月8日生まれ 劇団おぼんろ主宰。
俳優、脚本家、演出家、絵本作家、画家、モデル、詩人、作曲家、作詞家。
劇団おぼんろの全ての作品の脚本・演出・出演を担いながら、舞台、映像などの企画や脚本・演出、アートディレクションを行う。舞台「イムリ」(俳優座劇場)脚本演出、クロジ「ポリトゥスの蟲」(全労済ホール・スペースゼロ)脚本、舞台「第五人格」(サンシャイン劇場)脚本、音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」(シアターGロッソ)出演。岡山に脚本提供した「月の鏡にうつる聲」は2014年台湾にて上演された。


<Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)とは>
「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」とは、 池袋駅東口サンシャイン60通り沿いに誕生したLIVEエンターテインメントの複合施設ビル。

講談社、テレビ東京、キングレコード、ブシロード、ネルケプランニングほか様々なエンターテインメント企業が集まり、舞台、音楽ライブ、トークショー、イベント、ライブカフェなど、6つのホールから多種多様なLIVEエンターテインメントを世界に発信する。ソフトバンクとの協業により全フロア5G化し、リアル&リモートのLIVEエンターテインメントを発信する「ハイブリッドシアター」として本格始動した。


おぼんろ公式サイト:
https://www.obonro-web.com

おぼんろ公式Twitter:
https://twitter.com/obonro_new

公演に関するお問い合わせ・おぼんろ制作部:
obonro.info@gmail.com

劇場に関するお問い合わせ:
https://www.mixalivetokyo.com/

主催:劇団おぼんろ/株式会社講談社/株式会社ホリプロインターナショナル