アニメ:TVアニメ『3D彼女 リアルガール』第15話『オレの家族にまつわる予想外な危機の件ついて。』あらすじと場面カットが公開!

原作コミックが電子含め累計150万部を突破し、2018年に実写映画化とテレビアニメ第1シーズンが放送定され話題沸騰中の『3D彼女 リアルガール』。1月22日放送テレビアニメの第15話のあらすじと場面カットを公開された。

二次元にしか興味のない超絶オタク・筒井光(上西哲平)と、学校一の超絶美少女・五十嵐色葉(芹澤優)の恋模様を描いた、学園ラブコメディー!


<第15話:『オレの家族にまつわる予想外な危機の件ついて。』>

ファミレスで色葉と過ごしていた筒井はふと別のテーブルの不倫カップルが気になる。そこにいたのは若いOL風の女性と一緒にいる筒井の父・充だった。普段は真面目で仕事で研究している接着剤にしか興味がない父親の予想外の姿に驚いた筒井は、母親には黙っていようと決意する。

翌朝、母・紀江から充が浮気をしていると告げられる筒井。泣き出す紀江に対して、充は「すまない」の一言で弁解もない。離婚届を用意した紀江は息子二人のうちどちらかを連れて実家に帰ると言い出した。青ざめる筒井と弟・薫。紀江の実家は北海道の長万部だった…。


<あらすじ>
高校三年生の筒井光(つつい・ひかり)はいわゆるオタク少年。ゲームやアニメの二次元の女の子さえいれば一人で生きていけると思っていた…。ところが、超絶3D(リアル)美少女・五十嵐色葉(いがらし・いろは)から、いきなり告白されて、お付き合いをすることに!奔放な色葉に振り回されながらどんどん好きになってしまう筒井だけど…。

<放送情報>
2018年1月8日から日本テレビAnichU他にて毎週火曜25時59分より絶賛放送中!

<配信情報>
日テレオンデマンド、Hulu、dアニメストア他

<キャスト>
五十嵐色葉役:芹澤優
筒井光役 :上西哲平
伊東悠人役:蒼井翔太
石野ありさ役:津田美波
高梨ミツヤ役:寺島拓篤
綾戸純恵役:上田麗奈
えぞみち役:神田沙也加

<楽曲情報>
オープニングテーマ「二人なら」BiSH(avex trax)
エンディングテーマフジファブリック「破顔」(Sony Music Associated Records)

<制作スタッフ>
制作:フッズエンタテインメント
監督:直谷たかし
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:栗田聡美


<原作情報>
原作:那波マオ『3D彼女 リアルガール』(講談社「KCデザート」刊)
累計発行部数150万部突破!(紙+電子)デジタル版が驚異的な売り上げ伸長率で話題沸騰中!新装版全12巻大好評発売中!!


アニメ公式サイト:
http://www.3dkanojo-anime.com

アニメ公式twitter:
https://twitter.com/3Dkanojo_anime

©那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

ニュース:TVアニメ「明治東亰恋伽」ゲストとして登場する偉人キャラクターを発表!11名のキャストを解禁!第2話あらすじ&先行カットを公開!

累計プレイヤー40万人を誇るタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』(めいじとうきょうれんか、通称:めいこい)。明治にタイムスリップしてしまった主人公・綾月芽衣(あやづきめい)が歴史上の偉人たちと出会い、恋に落ちるというストーリー。『めいこい』は、これまでミュージカル化、さらにアプリ化、実写ドラマシリーズ&実写映画化が決定している注目の作品だ。

好評放送中のTVアニメ「明治東亰恋伽」だが、第2話から岡倉天心、尾崎紅葉、渋沢栄一ほか11名の明治を代表する偉人たちがゲストキャラクターとして続々登場する。

そして、個性あふれる偉人たちを演じる豪華キャスト陣も発表となった!蒼井翔太、梅原裕一郎、白井悠介、津田健次郎、速水奨、堀江由衣、前野智昭、三森すずこ、安元洋貴、保村真、遊佐浩二ら総勢11名のキャストがゲストキャラクターを演じる。誰がどんなキャラクターを演じるのか、ぜひご注目ください。

また、本日1月16日(水)より、TOKYO MXほかにて第2話を順次放送開始!放送に向けて、第2話のあらすじと先行カットも公開となりました。物語とあわせてゲストキャラクターの登場もお楽しみください!


<ゲスト偉人キャラクター&豪華出演キャストを発表!>
・ゲスト偉人キャラクター ※五十音順
岡倉天心、尾崎紅葉、渋沢栄一、滝廉太郎、辰野金吾、樋口一葉、福沢諭吉、正岡子規、横山大観、与謝野晶子、???(シークレットゲスト)

・出演キャスト ※五十音順
蒼井翔太
梅原裕一郎
白井悠介
津田健次郎
速水奨
堀江由衣
前野智昭
三森すずこ
安元洋貴
保村真
遊佐浩二


<第2話あらすじ&先行カット公開!>
第2話「牛鍋は湯気にかすむロマン」

鹿鳴館で警官の藤田五郎から不審者扱いされた芽衣を、「僕の大事なフィアンセ」だと言い抱き寄せる鴎外。そのまま行き場のない芽衣を連れ帰り、記憶が戻るまでの間、屋敷にいて構わないと言う。鴎外の優しく甘い言葉に翻弄される芽衣。一方、同じ居候で美術学生の春草は、迷惑そうな様子で態度もつれないが……


<イベント情報>
甘いときめきの時間へご招待!『明治東亰恋伽 ハイカラ浪漫劇場~Honeymoon~』開催!

日時:
2019年6月22日(土)
【昼の部】開場12:30/開演13:30予定
【夜の部】開場17:00/開演18:00予定

場所:
舞浜アンフィシアター

出演者:
浪川大輔(森鴎外役)
KENN(菱田春草役)
鳥海浩輔(川上音二郎役)
岡本信彦(泉鏡花役)
福山潤(藤田五郎役)
立花慎之介(小泉八雲役)
蒼井翔太(滝廉太郎役)
森川智之(チャーリー役)

※敬称略・順不同

チケット:
【全席指定】8,640円(税込)
【全席指定(グッズつき)】11,448円(税込)

主催:
株式会社MAGES.

制作:
タブリエ・コミュニケーションズ株式会社

お問い合わせ:
【チケットに関するお問い合わせ】
キョードーインフォメーション 0570-200-114
(月–金 10:00~18:00)

【公演に関するお問い合わせ】
TLCユーザーサポート 03-5358-1301
(月–金10:00~18:00)


<TVアニメ「明治東亰恋伽(めいじとうきょうれんか)作品概要>
「ここは自分らしく居られるところ―」

TOKYO MX、テレビ愛知、BSフジほかで好評放送中!
TOKYO MX/毎週水曜23:30~
テレビ愛知/毎週水曜26:05~(※1/16 第2話は26:35~より放送)
サンテレビ/毎週土曜25:00~
KBS京都/毎週日曜23:00~(※2/24 第7話は24:20~より放送)
BSフジ/毎週日曜24:30~

・U-NEXTほか各社にて配信中!
U-NEXT、あにてれ、AbemaTV、 Amazon Prime Video、GYAO!、GYAO!ストア、クランクイン!ビデオ、J:COMオンデマンド、TSUTAYA TV、dアニメストア、ニコニコチャンネル、HAPPY!動画、バンダイチャンネル、ひかりTV、ビデオパス、ビデオマーケット、hulu、フジテレビオンデマンド(FOD)、Rakuten TV

<イントロダクション>
「不思議な世界があなたを誘う――今宵はストロベリームーンライト」

赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。目を覚ますと、そこは明治時代の「東亰」だった!戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。言われるがまま馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。
この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、「物の怪」たちが姿を現す。その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。慣れない生活の中、彼らと触れ合い芽生えていく恋心。「魂依」の力は、芽衣と彼らをより強い絆で結びつけていく。しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。芽衣が選ぶのは現代か、それとも……少し不思議な明治の東亰で、時を越えた恋の物語が開花する――

<CAST>
綾月芽衣:諸星すみれ
森 鴎外:浪川大輔
菱田春草:KENN
川上音二郎:鳥海浩輔
泉 鏡花:岡本信彦
藤田五郎:福山潤
小泉八雲:立花慎之介
岩崎桃介:細谷佳正
チャーリー:森川智之

<STAFF>
原作:MAGES./LOVE&ART
監督:大地丙太郎
キャラクターデザイン・総作画監督:山中純子
脚本:はるか、髙橋幹子
脚本監修:魚住ユキコ
美術監督:佐藤勝
色彩設計:加藤里恵
撮影監督:佐々木明美
編集:藤田育代
音響監督:たなかかずや
音楽:SHIKI
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

オープニングテーマ:『月灯りの狂詩曲(ラプソディア)』/KENN
エンディングテーマ:
『星屑の詠み人』/森鴎外(cv.浪川大輔)& 菱田春草(cv.KENN)
『メロウな夜に踊りましょう』/小泉八雲(cv.立花慎之介)& 泉鏡花(cv.岡本信彦)
『宵や、酔いや -Yoiya Yoiya-』/川上音二郎(cv.鳥海浩輔)& 藤田五郎(cv.福山潤)


アニメ公式サイト:
http://meikoi.com/tv-anime/

公式Twitter:
https://twitter.com/meikoi_staff

©MAGES./LOVE&ART
© LOVE&ART/めいこい製作委員会

ニュース:「RELEASE THE SPYCE」オリジナルサウンドトラック試聴Ver&きゃにめ特典特製リミックスCD「スパッと!スパイ&スパイス(y0c1e Remix)」「Hide & Seek(y0c1e Remix)」試聴Ver公開!

2019年1月16日発売「RELEASE THE SPYCE」オリジナルサウンドトラックの試聴VerがYouTubeにて公開された。収録楽曲はどれもユニークなタイトルが特徴のクールな楽曲となっている。

さらに、アニメ通販サイト”きゃにめ”購入特典のリミックスCDに収録される「スパッと!スパイ&スパイス(y0c1e Remix)」&「Hide & Seek(y0c1e Remix)」試聴Verも公開された。癖になり頭から離れないこと間違い無しのリミックス版2曲である。ぜひチェックして欲しい。

【RELEASE THE SPYCE】オリジナルサウンドトラック試聴Ver

【RELEASE THE SPYCE】「スパッと!スパイ&スパイス(y0c1e Remix)」「Hide & Seek(y0c1e Remix)」試聴Ver

さらに同日に「RELEASE THE SPYCE」第2巻も発売される。第2巻にはEPISODE:03&EPISODE:04が収録される。また、3月10日(日)に開催されるトーク&ライブイベント『スパッと!スパイス大作戦』夜の部のチケット優先販売申込券が封入。こちらもぜひゲットして欲しい。


<Blu-ray&DVD第2巻情報はコチラ>
https://releasethespyce.jp/products/bd/bd_2.php


<オリジナルサウンドトラック情報>
2019年1月16日発売
品番:PCCG-01750
価格:2,778円+税

収録楽曲:
M-01 THE SPYCE LOADED
M-02 BBBBB★ベイビッ!!
M-03 平穏
M-04 怪しい…
M-05 アイキャッチ
M-06 大・混・戦!!
M-07 Dawn of TSUKIKAGE
M-08 Determination
M-09 ひよっこチーム!
M-10 ツキカゲ秘密基地
M-11 モモ、浮かれすぎ?
M-12 Soldier
M-13 ピンチですっ!
M-14 師弟
M-15 折れないキモチ
M-16 Run and Catch☆
M-17 思考と閃き
M-18 Theme of NIRAIKANAI
M-19 (んあ)…来る!
M-20 緊・迫・戦!!
M-21 Heart of TSUKIKAGE
M-22 Theme of MOURYOU
M-23 対峙する心
M-24 裏切りと傷心
M-25 Clap Your Hands, Say Yes◎
M-26 大丈夫だよ
M-27 潜入ミッション!
M-28 洗脳、恐怖、混乱!!
M-29 UNION!!
M-30 POWER!!
M-31 MISSION in SORASAKI


<Blu-ray&DVD第2巻商品情報>
2019年1月16日発売
BD :PCXG-50652/7,000円 + 税
DVD:PCBG-53012/6,000円 + 税
発売元:ポニーキャニオン

収録話数:
・EPISODE:03「モウリョウ」
・EPISODE:04「Never Say Never Together」
仕様・特典:
キャラクターデザイン石野聡描き下ろしデジパック
なもり描きおろし表紙フルカラー16Pスペシャルブックレット
封入特典:
3月10日開催トーク&ライブイベント
「スパッと!スパイス大作戦」夜の部 イベント優先申込券
出演:ツキカゲ(安齋由香里、沼倉愛美、藤田茜、洲崎綾、のぐちゆり、内田彩)
場所:カルッツかわさき・大ホール
映像特典:
4話エンディング(ノンクレジョット)
Intermission Movie #1
Intermission Movie #2
Intermission Movie #3
Intermission Movie #4
WEB予告-EPISODE:04
WEB予告-EPISODE:05


<作品情報>
【STORY】
源モモは空崎市に住む女子高生。平凡な日々を過ごしていた彼女はとある事から私設情報機関「ツキカゲ」にスカウトされる。ツキカゲはどこの国にも属さず平和を影から守る正義のスパイ組織だった。
若い女性にしか効かないが能力を上昇させる特製スパイスをはじめ数々の秘密道具、鍛え上げた心身を武器に彼女達は戦う。
素人だったモモの面倒を見るのは高校の先輩でもある半蔵門雪。ツキカゲは師弟制度があり先輩が後輩を鍛えて技術を継承していくのだ。
今、大都市である空崎には犯罪組織「モウリョウ」がその魔手を伸ばしていた。モモは自分を取り巻く家族や友人、商店街の人達を守るため、仲間たちと力をあわせて悪を討つ。

【STAFF】
原作:SORASAKI.F
監督:さとう陽
原案・シリーズ構成:タカヒロ
キャラクター原案:なもり
キャラクターデザイン:石野聡
サブキャラクターデザイン:井上和俊、土生良介
美術デザイン:金平和茂
アートワークス:岡村天斎
プロップデザイン:赤石沢貴士
キーアニメーター:西島翔平、丹羽弘美、浅田路子
美術監督:宍戸太一
色彩設計:岩沢れい子
撮影監督:長田雄一郎/旭プロダクション
CGディレクター:坂本剛一/亡霊工房
編集:長坂智樹/ジェイ・フィルム
音楽:佐高陵平(Hifumi,inc.)
音楽制作:ポニーキャニオン
音響監督:藤田亜紀子
音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:Lay-duce

【CAST】
源モモ(みなもと もも):安齋由香里
半蔵門雪(はんぞうもん ゆき):沼倉愛美
相模楓(さがみ ふう):藤田茜
八千代命(やちよ めい):洲崎綾
石川五恵(いしかわ ごえ):のぐちゆり
青葉初芽(あおば はつめ):内田彩


公式HP:
http://releasethespyce.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/releasethespyce

LINEアカウント:
https://line.me/R/ti/p/%40mev8154k

(C) SORASAKI.F

ニュース:May’n・配信限定シングル ブラウザゲーム「恒星少女」OPテーマ『Starring』iTunes Store、レコチョク、moraほか主要配信サイトで1月30日より配信スタート!!

May’nがオープニングテーマを担当し、その楽曲の作詞も担当する事が発表された、話題のスペースオペラRPG「恒星少女(こうせいガール)」。ゲームの本格的なスタートを前に、『Starring』が配信限定シングルとしてリリースされる事が決定した。May’nの気持ちよく伸びるハイトーンボイスが、壮大な宇宙を感じさせるデジタルサウンドに溶け込む、疾走感溢れるロックサウンドに仕上がった。“今”の想いや感情を大切にしながら前へ進むことを後押ししてくれる、作品の世界観に合った歌詞にも注目だ。


Starring
作詞:May’n 作曲:中野領太 編曲:新田目翔

<May’n コメント>
今見えている星は何年も何百年も前の光。”いつか””だれか”に届く光があったとしても、それよりも今、大切な人に届けたい光がある。そんなことをずっと思いつづけながらわたしは今も夢を追いかけています。戦う恒星少女たちに。そして、毎日を精一杯生きているアナタに、届きますように。


<「恒星少女 -Do The Scientists Dream of Girls’ Asterism?-」とは?>
「わたし達は、この宇宙を照らす幾億の星」22世紀末。人類存亡の危機に直面していた主人公へと、地球外から宇宙船の設計図が届く。数年の後に建造された宇宙船だったが、それは何故か主人公だけを乗せ宇宙に旅立ってしまった。宇宙の果て、孤独な主人公の前に現れた存在「恒星少女(こうせいガール)」。彼女たちとの出会いにより、主人公は未知の敵との争いへと身を投じることに―――。宇宙船の設計図はどこから送られたのか?未知の敵とは?人類の存亡は?謎多き深宇宙の旅が始まる!

世界観監修に緻密なSF表現・設定考証を手掛ける小倉信也氏を、またシナリオには様々なヒット作を生み出すイシイジロウ氏を迎えた本格スペースオペラRPG。


公式サイト:
http://www.dmm.com/netgame/feature/asterism.html

公式ツイッター:
https://twitter.com/KouGirl_staff


May’n公式サイト:
http://mayn.jp

May’n公式ツイッター:
https://twitter.com/mayn_tw

© DMM GAMES

ニュース:押切蓮介、佐倉綾音らも推薦する映画『少女邂逅』のBlu-ray&DVDが本日発売!!

2018年6月の公開以降、新宿武蔵野館で異例の9週間のロングランの他、香港、上海、バルセロナの海外映画祭にも正式出品された映画『少女邂逅』のBlu-ray&DVDが本日1月16日(水)に発売される。

発売を記念し、藍にいな(イラストレーター)、押切蓮介(漫画家)、川谷絵音(アーティスト)、日下部克喜(山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局長)、ケニック(ケニックカレー)、佐倉綾音(声優)、嶌村吉祥丸(写真家)、長谷川圭佑(写真家)の8名による推薦コメントが寄せられた。


<推薦コメント>※五十音順
藍にいな/イラストレーター
この映画で描かれる少女達はあまりに脆くて、その脆さをどう守ったら良いのか分からないまま棘をまとってみたり、殻にこもってみたりして、狭い不自由な世界の中でどうにか息をしている。そんな姿は世の中じゃあ「思春期」とか一言でまとめられて、時には嘲笑までされるが、私にはそんな少女達の姿こそ輝いて見えた。脆いからこそ優しくて、脆いからこそ人を傷つけて、不器用な彼女達は上手く立ち回る方法なんて知らぬままとにかく生きていく。きっと、少女達は誰一人悪くない。ならば、誰が悪いのだろう?人は誰だって子供であったはずで、誰だって「大人に傷つけられたくない」という感情を持ったことがあるはずだ。その子供は、いつから子供を傷つける大人に変わるのだろう?この映画を見て、私自身がその「大人側」に変わりつつあったことに気付かされた。私達はいつの間に、あの鮮やかな感情を忘れてしまうんだろう。また忘れてしまいそうになった時、もう一度この映画を見たい。

押切蓮介/漫画家
糞めんどくせえ女子高生の描写に動悸が激しくなりました。その不器用さ、繊細さ、理不尽さにすっかりやられてしまい、なかなかへこたれております。自分が男子で良かったと思うくらい追い詰められました。それととにかく痛い。この映画にぶっさされた思いです。人を幸せには出来ない映画だと思いますが、こうも心を刺されるということは何か凄い映画だったんだなと感じます。

川谷絵音/アーティスト
僕が10代だったらこの映画を観てどんな影響を受けたのだろう。わからない。青春ってどこか危うげで、でも僕はそれをあたかも平穏なように過ごしたから、少女2人が羨ましくなりました。30歳の僕はもう逃げられないから、この映画をもう一度見てあたかも逃げた気になろうと思います。

日下部克喜/山形国際ドキュメンタリー映画祭 事務局長
ミユリとツムギが交わし合う視線や息づかい、2人の存在そのものに、強烈な生々しさがあった。それは枝優花監督の情念が呼び込んでしまったドキュメンタリー性のようなものかもしれない。この哀しくも妖しい物語は、観る者を異世界へ誘う危険性さえ宿している。だがそれ故に2人の少女が醸し出すこの濃密な空間、そのほんの些細な一瞬一瞬の中に「永遠」を見、その神々しさに平伏してしまうのだ。

ケニック/ケニックカレー
今回このような機会をいただきありがとうございます。本作を知ったきっかけはアルバイトの女優の子に枝監督を紹介いただいたことですが、その後別の友人繋がりでモトーラさんにも御来店いただいたり、DVDも友人が勤める会社から発売されるということで、縁について考えさせられましたし、本作を身近にも感じておりました。物語の分岐点となる場面について、個人的には”とある選択”について納得出来なかった部分もありますが、観る人の年齢や、性別や、その時の感情や、何度観たかによっても、捉え方は違うんじゃないか、自分の思う正解が必ずしもそうではないのではないかと次第に思うようになりました。「素晴らしい服・デザインとは、作り手が解釈を受け手に100%押し付けるものよりも、個々に自由に解釈できる余地を残しているものだ。」と、かつて私が好きなファッションデザイナーが語った言葉があるのですが、正にこの作品にも通じる話で、個々に自由に解釈する余地がある、それはつまり素晴らしい作品である証拠だと思うのです。むしろ、見終わった後に、一緒に見た人たちとあれこれ話すことこそ、醍醐味なのかなと思いました。

佐倉綾音/声優
生々しく、耽美で、目の離せない邂逅だった。目を離した隙に、女の子たちのまっすぐな狂気が、次の瞬間なにをするのかわからなくて。自分がかつてこういう生き物だったかと考えると反吐がでそうになるし、こういう生き方を通らなかったかと考えると惜しくもある。「知らないことはいくらだって悪く見える」という言葉が作品内で出てきたが、『少女邂逅』の世界を知った私たちは、この先どう生きていけばいい。

嶌村吉祥丸/写真家
他者のほとんどが家族と学校の友達だった頃、毎日をただ不器用に生きていた時間はとても貴重で、脆くて、美しかったのかもしれません。狂気的でもあり生々しい人間関係と、蚕というメタファーを通して改めて人間としての生き方について考えさせられました。映画という枠組みにとらわれずに、映像や写真を摘み取る枝優花監督の普段見ている景色を見てみたくなりました。

長谷川圭佑/写真家
どこにでもある教室という世界の明と暗、どちらにピントを合わせるかで写るモノは大きく変わりますが、暗部に当てられたピントが徐々に甘くなっていく様が少女という存在の曖昧さを表しているようでした。教室という狭い箱の中で生きる少女、「世界はもっと広いよ」という言葉。枝監督から少女達へのメッセージのように聞こえました。


先日開催された第28回TAMA映画祭でも特集上映が組まれるなど、注目を集める枝優花が監督を務めた本作は、いじめをきっかけに声が出なくなった少女と、そこから救い出してくれたある少女との出会いを描いた物語。国内外の映画祭でインディーズ映画ながら異例の好評価を受け、映画×音楽の祭典<MOOSIC LAB 2017>で観客賞受賞、インディーズ映画としては異例の香港国際映画祭、上海国際映画祭正式出品など多くの話題を集めた。

本日発売されるBlu-rayは【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】と題し、特製アウターケースや撮影中写真をたっぷり使用したフォトブックが付属、また映像特典として撮影中のメイキング映像も収録予定と、ファン必携の仕様となっている。


<商品情報>
『少女邂逅』
2019年1月16日(水)
Blu-ray&DVDリリース

<Blu-ray【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】>
価格:5,800円+税
枚数:Blu-ray1枚組
品番:PCXP.50618
<DVD>
価格:3,800円+税
DVD1枚組
品番:PCBP.53868

<収録時間>
本編約101分+映像特典
※映像特典はBlu-rayのみ

<Blu-ray限定特典>
・仕様:アウターケース
・封入特典:特製52Pフォトブック
・映像特典:メイキング
※DVD商品には上記特典は付属・収録されず本編ディスクのみとなります。

発売・販売元:ポニーキャニオン
(C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ


<ストーリー>
いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ(保紫萌香)。自己主張もできず、周囲にSOSを発信するためのリストカットをする勇気もない。そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕。ミユリは蚕に「紬(ツムギ)」と名付け、こっそり大切に飼っていた。「君は、私が困っていたら助けてくれるよね、ツムギ」この窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる――とミユリはいつも願っていた。ある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。唯一の友達を失ったミユリは絶望する。その次の日、ミユリの通う学校に「富田紬」という少女(モトーラ世理奈)が転校してくるーーー。

<スタッフ>
監督・脚本:枝優花
主題歌・劇中歌:転校生(EASEL LLC)

<キャスト>
保紫萌香(現・穂志もえか)
モトーラ世理奈
松浦祐也
松澤匠 ほか


関連HP:
映画『少女邂逅』公式サイト
http://kaikogirl.com/

(C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ